リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

Lars Jonsson のリュート

2017年04月19日 10時59分53秒 | 音楽系
4年前に発注したリュートが製作家の工房から発送されました。

4年前にスゥェーデンのLars Jonsson(oはウムラウト)製作を依頼したバロック・リュートが彼の工房を出立致しました。多分1週間くらいもあれば日本に到着するでしょう。



写真は彼のスタジオを出発する直前のお姿です。春に日本に届くのでとても安心です。もし到着が夏の暑い時期だと、楽器にはとても厳しいので到着を延期してもらわなくてはいけません。

ラースの楽器はナイジェル・ノースも使っていますが、とても繊細で明るい音の出る楽器です。4年以上待たなくてはならないのがタマにキズですが、スウェーデンの通貨であるクローナが円に対して安いことや多分スウェーデンの物価も安いからでしょうか、とても安く手に入ります。私の知る限りでは日本で製作しているどの製作家の楽器よりも安いです。それも一流のプロがコンサートで使っている楽器ですから、4年以上待てる!という方は「Lars lute」で検索!

ラースの新作楽器に張られている弦を教えて頂きましたが、なんとバス弦はカーボン(炭素繊維ではなくてフロロカーボンです)を使っていました。私と同じスキームですが、やはり同じところに行き着くんですねぇ。ちなみにナイジェル・ノースもヴァイスのレコーディングの第2集以降はバス弦にカーボンを使っているとのことでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オーバブッキング

2017年04月15日 17時10分16秒 | 日々のこと
ユナイテッド航空のオーバーブッキング関連の話が話題になっていますが、随分昔私もオーバーブッキングのため飛行機に搭乗できなくなったことがありました。

もう40年以上前ですが、オランダに滞在していてパリから飛行機で日本に帰る予定をしていました。やっとのことでパリの空港に着きましたら、オーバーブッキングで乗れないとのこと。で、いつの便なら乗れるかと尋ねましたら、3日後にチューリッヒから乗ってくれとおっしゃる。しかも南回りです。

当時のソ連上空は飛ぶことができなかったので、北極海を横切り、米国アラスカ州のアンカレッジを経由して行くのが最短距離でした。本来は私はこの北回りで帰る予定でしたが、倍くらい時間がかかる南回りに乗らされ、しかもパリからではなくスイスのチューリッヒから出発です。

めちゃくちゃな話ですが、同じ目に遭った日本人が数人いましたので、「団体交渉」をしてチューリッヒまでの飛行機代、ホテル滞在費、もちろんその間の食事も航空会社持ちということになりました。当たり前の話ですが、何も言わなければ、全て自腹ということになってしまっていました。ホントにいい加減な航空会社でした。

南回りはホントに長かったのを覚えています。バーレーンとバンコクで給油して行ったのですが、20時間以上飛行機に乗っていました。そうそう、チューリッヒの空港で正面から歩いてくる小澤征爾にばったり、「こんにちは」って声を掛けましたら、向こうも「こんにちは」って返事が返ってきました。彼は当時すでにスーパースターでしたから、向こうから歩いてくるが見えたときはびっくりしました。思っていたより小柄な方だというのが印象的でした。

まだヨーロッパ往復「格安」航空券が30万もして、シベリア上空(当時はソ連)の航路はまだなく、成田ではなく羽田から出発、帰着をしていた、そんな時代の話です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユナイテッド航空

2017年04月12日 13時47分06秒 | 日々のこと
ユナイテッド航空がまたやっちゃいましたね。(笑)

「また」といいますのは、以前こんなことがあったからです。

アメリカのカントリーミュージックのギタリストが、ユナイテッド航空に搭乗の際、楽器をキャビンの中にいれて欲しいと頼んだら拒否され、仕方なく貨物室に入れられ、到着地で楽器のケースを開けたら楽器が壊れていました。そこでユナイテッドに補償を申し入れたら拒否されたので、頭に来た件のギタリストは、歌とビデオ・クリップを作ってYouTubeに投稿しました。

United Breaks Guitars で検索してみてく ださい。
なかなかいい曲ですよ。

これは2008年のことで、それ以降アメリカに行くときは楽器を必ずキャビンに入れてくれるようになりました。

このときもユナイテッドは相当ダメージを受けたと思うのですが、まだ懲りていないようです。職員の質の問題でしょうか。臨機応変に対応ができなかったものでしょうか。

多分ユナイテッドは今後は、オーバーブッキングの際の「搭乗辞退御礼」を相当いい条件にするに違いありません。そうすると今度は、辞退する客が続出してキャビンはガラガラになってしまうかも知れません。あるいはそれが原因でまた一悶着があるかも知れません。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマザキマザック美術館コンサート

2017年04月04日 13時16分40秒 | 音楽系
ヤマザキマザック美術館コンサートが終了しました。ヤマザキマザック美術館はその名の通り工作機械大手メーカーのヤマザキマザックが2010年に設立した美術館です。年に数回ナイトミュージアムとして、美術館閉館後に軽食会を催しその後コンサートを聴くというイベントを行っているそうです。そのシリーズの中でリュートのコンサートを開催していただきました。


開演前です。この扉の向こう側の展示室がコンサート会場です。

私的には3月からずっと続いているアーチ・リュートのソロ・コンサートの最終回になります。今回のプログラムは休憩なしの1時間程度の会ですので、今までのよりは少し短めです。美術館の方からリュートのことはほとんどご存じないという方が多いと伺っていますので、一連のコンサートの曲目から聴き映えのする曲を選んでみました。豊橋やミューズサロン(名古屋)でのコンサートにお越し頂いた方もいらっしゃるとのことでしたので、これらのコンサートでは演奏していない曲も入れることにしました。



会場はとても残響が多くリュートの演奏にぴったりでした。こういうところでリサイタルなんかできるといいですけどねぇ。残念ながら一般の貸出しはやっていないとのことでした。また別の機会がありましたら演奏したいところです。



演奏した曲目は次の通りでした。

バラール作曲アントレとクーラント、カプスベルガー作曲ガリアルダ、ザンボーニ作曲ソナタ第9番ハ短調、サンス作曲カナリオス、オリジナルでガヴォッタ、朝の10時に、ワルツM、ハナ・ファンタジー、夏のプレリュード、夜間飛行 アンコールにハーツ・イーズを演奏しました。

今回のコンサートでちょっと一段落です。桜も見頃になってきましたので、近所の桜スポットに出かけることにしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のファミリー・ツリー

2017年04月01日 00時01分30秒 | ウソ系
私の名前の「祥」の字は祖父重太郎の父親、祥左衛門から取ったのだと小さいときから聞かされてきた。祥左衛門はとても頭がよく体も丈夫であったとのことだが、ウチは大した家柄でもないので写真や家系図もなく、どういう人物であったのかはよくわからない。祖父重太郎は三重県鈴鹿市の白子(しろこ)地区から桑名に来たので、おそらく白子に住んでいた人ではあろう。

私は大学に入った頃、中学生と高校生の家庭教師をしていたが、二人の生徒の叔父にあたる人から気になることを聞いたことを覚えている。その二人の生徒を彼らの叔父の家で教えていたのだが、家が飲食店を経営していて、より静かな環境の叔父宅で教えてもらうことになったようだ。下の生徒が無事高校に合格し、あいさつに伺った帰りしな、どういう話の流れで出てきたのかは覚えていないが、私の家族の出自について歳をとったらわかることがある、というようなことを聞いたのだ。その人は私の父親と昵懇で、私の家族のことをいろいろ聞いていたのかもしれない。それはそのときはどういう意味かよくわからなかったが、心の片隅にいつもひっかかっていた。

私は散歩するとき、その人の家の前をよく通るのだが、いつもはわざわざ訪ねて挨拶をするでもなくただ懐かしい思いに浸りながら通り過ぎるだけだった。ある時ふと思いついて訪ねてみた。もうあれから40数年経っていたが、その方はご健在でもう90歳を超える歳になっていた。向こうも最初は私が誰だか分らなかった様子だったが、話をするとすぐに思い出してくれた。私の家族のことや、家庭教師をしていたその方の甥っ子たちの話題で小一時間も話しただろうか、私は思い切ってあのとき聞いたことをその方に尋ねてみた。

最初は何のことか思い出せない様子だったが、次第に記憶が蘇ってきたようだった。その話は私の祖父重太郎から直接聞いたとのことで、とても興味深い内容であった。

「あんたのじいさんやおやっさんはあんたに言わんとあっち行ってしもたんやなぁ。ひょっとして知っとんのはもうワシだけなんかもしれん。・・・あんたのおじいさんのおじいさんは普通の人と違うんやで」
「え?それはどういうことですか?」
「正確な名前は忘れてしもたけど、あんたのおじいさんの話ではえらい身分の高い人やということや」

私の家はかつての武家でも大きな商家や農家でもないので、祖父の代より前のご先祖についてはよくわからない。しかし大した家柄でもないのに、桑名市内にある古刹、小福伝寺の檀家で高野山に納骨するのはなぜなのかはいつも疑問に思っていた。鈴鹿から「流れて」来たわけだから、近所の小さな寺の檀家であって当然なのだ。このことは、私の高祖父が身分の高い人であったということと関係があるのか。そもそもそのように重要なことをどうして私の祖父や親は私に伝えなかったのか。

私は祖父の出身地である鈴鹿市白子地区の神代館神社を訪ねてみることにした。この神社は鈴鹿市内ではもっとも格式が高いとされており、戦国時代には当時の武将が戦いに赴く際に願をかけたことで知られる。そのとき馬をつないだ松が現存しており、「駒繋ぎの松」として鈴鹿市の名所旧跡に指定されている。この神社の禰宜に話を聞けば何かわかるかも知れないと思ったのだ。訪れたのは7月の末、暑さの盛りの時期だった。神社の近くでは地区の夏祭りの鐘太鼓の音が賑やかだった。話を伺った禰宜は高齢で夏の暑さもあり喋るのも大儀そうだったが、当神社に伝わる話として次のようなことを話してくれた。

明治の初め頃、神代館神社の巫女でお菊という女性がいた。大層美しい女性で筝と琵琶の腕前も見事であったと伝えられている。明治8年に伊勢神宮の祭主に就任した久邇宮朝彦親王(今上天皇の曾祖父にあたる)が白子の神代館神社に巫女の候補を要請してきたので、当時の禰宜がお菊を推薦した。朝彦親王はお菊の美貌と才能に惚れ込み、お菊は伊勢神宮の巫女として仕えることになった。神宮に任官して1年程経った頃、お菊は男子を身ごもってしまった。お菊は巫女として勤めることができなくなり、その子の父親である朝彦親王はお菊の子に苗字、名前そして幾ばくかの支度金と楽器を与えて親子を白子に返した。その子は、姓は中川、名を祥左衛門と名乗った。中川という姓を与えられたのは、朝彦親王は当時中川の宮と呼ばれていたからだという。祥左衛門の息子が重太郎で彼は若いころ白子から桑名に移ったとのことだ。

にわかには信じられない内容なので、私はウィキペディアで「中川の宮」を調べてみた。さすがに祥左衛門の話は出ていなかったが、朝彦親王の生前の写真を見て驚いた。私の祖父重太郎とそっくりなのだ。ウィキには独自研究ながら、親王が大変な精力家で巫女を孕ませることもあったという記述もある。もしこの話が事実であるなら、私は天皇家と血縁関係にあることになる。もちろんそうであったとしても公式の話ではないので実際には何の意味もないことではあるが。しかし一つ疑問が残る。それは私の父親や祖父がどうしてそれを私に伝えなかったということだ。私の母親は存命であるが、そのことについては伝えられていないようで、その話をすると一笑に付してしまった。お菊のその後の人生はどのようなものであったのか。神代館神社にはその話は伝わっておらず、知っていたかもしれないお菊の孫やひ孫(私の祖父と父親)はもうこの世におらず、真実は永遠の闇の中に消え去ってしまった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

東京公演

2017年03月28日 22時41分12秒 | 音楽系
名曲喫茶カデンツァ(東京都文京区本郷)でのコンサートが終了しました。この会場でのコンサートは一昨年12月以来で2回目になります。



当日は霧雨のような雨が降っていてとても湿度が高く、ガット弦を張っていたらちょっと面倒なことになるところでした。週間天気予報で、コンサート当日はどうも雨模様になるのではと思い、ミューズのコンサートが終わってすぐにナイロン弦に交換しておきました。

音が少しキンキンするのは気になりましたが、切れることや湿度の状況を気にしなくてもいいのはずいぶん気が楽です。1コースに0.42か0.44を張るのですが、演奏時間にして10時間から15時間で音がだめになります。場合によっては切れてしまいます。演奏する曲にもよるのですが、ガット弦はなかなか大変です。

今回のプログラムは、先週のミューズでのコンサートとほぼ同じですが、ザンボーニのチャッコーナの替わりに、サンスのカナリオスを演奏致しました。

会場には、リュートの愛好家だけでなく、東京在住の同窓生、かつて私の生徒だった人も来て頂きとても懐かしい感じが致しました。コンサートが19時開始だったので、終演後あまりお話をすることができずちょっと残念でした。

コンサート後すぐ桑名に帰るのは少し疲れるので、近くのホテルに泊まり、翌日は帰り道に箱根の強羅温泉に一泊することにしました。コンサート当日のニュースで、箱根のあたりでは雪が降り、箱根ターンパイクが通行止めになったとありましたが、箱根ターンパイクと強羅温泉の位置関係がよくわかっていないので大して気にもしませんでした。

実際、結果的には別に気にしていなくてもよかったんですが、翌日強羅温泉の宿に電話をして確認しましたら、前の晩は除雪車が出て雪をどけたとのこと。まさかの積雪です。一日違っていたら行くことができなかったということになります。

今回のコンサートシリーズは今度の土曜日の、ヤマザキマザック美術館でのコンサートで終了です。これでちょっと一息つくことができますが、まだ気を緩めるのはちょっと早いです。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リュート音楽のひととき17

2017年03月20日 21時29分59秒 | 音楽系
リュート音楽のひとときシリーズも17回目になりました。第1回は2006年頃でしたから、もう10年以上やっています。会場もほとんどが名古屋市内のミューズ音楽館内のミューズ・サロンです。リサイタルがある年は、この「ひととき」は年1回またはナシというときもありましたが、年2回開催というのを目標にしています。

19日のコンサートではアーチ・リュートを取り上げてみました。ルールデス・モレーノ・ウンシージャ作のアーチ・リュートはアンサンブルで使うことが多かったのですが、今回は12月からのソロコンサートではずっとソロ楽器として使用しています。この「ひととき17」は、一連のコンサートシリーズの第5回目にあたります。

この一連のソロコンサートは、ほぼ同じ曲目で会場を変えて7回行う予定です。実はプログラムは、各回少しずつ異なっています。2月のコンサートではテオルボも演奏しましたし、12月はクリスマスソングやヴァイオリンとのデュエットも演奏しました。1回分のコンサートより少し多めの曲を用意しておいて、その中から各会場向けに少しずつ異なるものを組んでいくというやり方をとっています。

会場は、名古屋市内が3回(非公開のコンサートも含む)、あとは碧南、桑名、豊橋、東京です。次は東京です。ひととき17とほぼ同じですが、少し変えたものでいく予定です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

修理完了

2017年03月14日 12時14分02秒 | 日々のこと
1月の「雪害」はこの地方では滅多にないことでした。2,3日前にはお向かいさんが樋を修理してもらっていました。我が家も今日やっと庇の修理完了です。



被害直後の写真です。



きれいになりました。施工して頂いた業者さんの話では、前はアクリルだったけど今回はポリカーボネート(だったかな?)に替えたので割れることはないとのこと。もし大量の雪が今回のように落ちてきたら割れずに下に抜けるということです。次はなんとか耐えて欲しいですね。

実はウチは樋もやられていまして、まだ業者さんの見積もりさえ出来ていない状況です。この地方ではこういった被害は滅多にないので、業者さんも手が回らないと言ったところなのでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フェイクコラムその後2

2017年03月12日 12時20分08秒 | 音楽系
某経済新聞のコラムの間違い問題、二回問合せをいたしまして、


 ご指摘誠にありがとうございます。貴重なご意見を再度頂き感謝申し上げます。ご意見は担当部にお伝え致します。今後もご愛読をよろしくお願い致します。

というご返事を頂きました。「ご意見は担当部にお伝え致します」というのは伝えるだけで善処はしない、ということだったんですねぇ。ってどうせそうだとは思っていましたよ。(笑)

件の新聞は記事のクオリティがとても高いので、このことで購買をしないということは致しませんが、いい新聞だけに今回の件はとても残念です。描かれているのは4コースのルネサンス・ギターだという推測は当てはまりませんでした。バロック・ギターのようです。という旨の修正記事を1、2行かけば済むことですのに。



上はヘッドの部分を切り取ったものですが、ここのペグが10本ありますのでこの楽器はいうまでもなく10弦5コースのバロック・ギターです。それに仮にこの「少女」の家の蔵にルネサンス・ギターが残っていたとしても、画家は当時大流行していたバロック・リュートをさしおいてわざわざルネサンス・ギターを少女に持たせることはないでしょう。



この絵は、フェルメールの時代から少しあと、18世紀初頭にアントワーヌ・ヴァトーが描いた絵です。描かれている楽器はバロック・ギターです。この時期を過ぎるとバロック・ギターはだんだん衰退していきます。バロック・ギターは17世紀第2四半期頃から18世紀2四半期頃にいたる約100年間、フランス、フランドル、イタリア、スペインで抜群の人気を誇った楽器です。

件の新聞社は訂正記事を書きたかったのかも知れませんが、著者の評論家先生がそれを拒んだのかもしれません。単なる推測ですが。知らないことを適当に書いてしまうのはいけません。もし絵の中の楽器がどういうものか詳しく分からなければ、専門家に聞いて記事を書けばいいのです。ましてや指摘されたからといってひらきなおるようではもっといけません。

リュート奏者はリュートの絵を見ると、何コースの楽器だろう、どういう音が出ているのかなど、反射的にいろいろ探ろうとします。例えば、次の絵は有名なフランスのリュート奏者シャルル・ムートンを描いた版画ですが、(これの原画がルーブルにあるそうです)この11コースの楽器はどういう弦が張られているのだろうとか、右手のタッチや弾弦位置あるいはフレッティング(テンペラメント)がとても気になります。さらに左手でどういう音を押さえているか、これは実はすぐに分かります。





ムートンが押さえている弦をはじくと上のような和音がでます。ハ長調の和音ですね。可能性としてはさらに1コースのソや5コースのミも弾くかもしれません。小指が2コースファ♯を押さえている感じにも見えますが、この手のフォームでファ♯を入れることは普通はないです。リュート奏者(ギター奏者もたぶんそうでしょうけど)左手を見ていると音を聞くまでもなくどういう調でどんな音を出そうとしているのかはわかるものです。



上のフェルメールの絵は、以前にも当ブログで読み解きを行いましたが、絵画中の少女の右手が触れている弦と左手で触っているペグにつながっている弦が異なることから、この絵の瞬間は調弦をしているわけではない、ということを解き明かしました。でもこれは別に絵を何度もみて考えて出た結論では無く、演奏している側からするとすぐにわかることです。この絵はここから読み解きを始めるべきですね。まぁリュートのことでわからんかことはリュート奏者に聞いて下さい。餅は餅屋です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボレロ吾妻家コンサート

2017年03月09日 21時17分46秒 | 音楽系
日曜日は、豊橋のボレロ吾妻家でコンサートを行いました。

豊橋でのコンサートは「アンサンブル・バロック・イーラ」のコンサート以来3年ぶりです。今回はチェンバロ愛好家のYさんにプロデュースをしていただきました。

会場のボレロ吾妻家はフレンチで有名なレストランで、3つのフロアがある立派なお店を構えています。コンサート会場となったのは3階の催し物もできるフロアです。



ここでお客さんはワインを含む各種ドリンク、ケーキを召し上がりながらコンサートを聴くという趣向です。Yさんから、お客さんはほとんどリュートのことをご存知ないと伺っていましたので、プログラムは三分の一は私のオリジナル作品、バロック時代の曲も比較的耳になじみやすいイタリアやフランスものを中心に組んでみました。「ガッツリ系」のバロックはバッハのBWV997からのプレリュードだけかな?



楽器は14コースのアーチ・リュート(ルールデス・モレノ・ウンシージャ1995年作)。曲目は次の通りです。

バラール作曲アントレ、クーラント、村のブランル
ピッチニーニ作曲トッカータ第20番
カプスベルガー作曲ガリアルダ
ザンボーニ作曲ソナタ第9番ハ短調、チャッコーナ
バッハ作曲組曲ハ短調BWV997よりプレリュード
サンス作曲カナリオス
オリジナルで夏のプレリュード、夜間飛行~空のかなたへ~、朝の10時に、ワルツM、ガヴォッタ、ハーツ・イーズ

お陰様で会場はほぼ満席になりました。お客様の顔色をうかがいながらトークを交えながら進めて行きましたが、リュートは初めてとは言え、クラシックの音楽はよく聴かれている感じの方が多く、とても豊かな反応が印象的でした。この豊橋のコンサートは定期的に開催してもらえそうなので、今度はバロック・リュートでヴァイスの作品を中心に演奏してみようかなと考えています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加