リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

新しいマザボに交換

2017年02月16日 21時12分38秒 | 日々のこと
マザボが壊れた(多分)ので、見てもらいに久しぶりにツクモ電気に行きました。開店の10時より少し前に大須の第1アメ横ビルに到着、時間つぶしに商店街をぐるっと一周してきました。結構店が変わっていました。20何年か前は、確かここはオウムのコンピュータショップがあったところだな、なんて少し感慨にふけりながらウォーキングです。

ツクモで修理専用の受付に行きまして、詳しいお兄さんにいろいろ見てもらいましたが、結論としてマザボの故障ということになりました。CPUもメモリも電源も問題なしです。まぁ私の見立てと一応同じでしたが、一応5年延長保障に入っており、現在3年半経過したところ、ツクモさんに「認定」してもらわないと保障を受けられないのです。

Core i5-4670というCPUを使っているのですが、これが使えるマザボがもうすでに流通しておらず、中古ならあるのですが、信頼性の問題があるので、いっそメモリもCPUもマザボもごっそり替えようということになりました。というかそういう決意で臨んでおりました。しめて10万円弱です・・・

別のお兄さんと相談しながら、あれこれ品定めです。マザボ、CPU、メモリと選んであとCPUクーラーも替える必要があるので、品がおいてあるところに移動です。しかしもったいないですねぇ。CPUもメモリもCPUクーラーもまだ使えるんですけど。

途中、お兄さんが下の方の棚を指さして、「こういうのもありますよ」なんておっしゃる。そこには、LGA1150対応、DDR3メモリ使用可能!!在庫処分特価8980円!!!とあります。えー、いいのがあるじゃん!これなら、新品だし今のパーツが全て使えます。

「あの、さっき決めたやつ全部やめてこれにします」


特価8980円の品です。

と言ったときに、お兄さんに「しまった」という表情がありありと出ていました。そう、言わなきゃよかったんです。(笑)最新のCPUを買うというので浮き足立っていましたから、言われなければ、全く気がつきませんでした。あまりにお値段が違うので、さすがにそのお値段には負けました。ということで8980円でお買い物終了。お値段が10分の1以下ですからねぇ、なんと言っても。

でもなんかそのお兄さんがちょっとかわいそうになってきたので、ちょっとお高めのファンレス・CPUクーラーも買うことにしました。実はこのタイプのものをネットで探していたのですが、どこにもありませんでした。この在庫処分品のマザボといい、レアなファンレスCPUクーラーといい、ツクモはいい在庫があるんですねぇ。ネットで探してばかりではなく、たまには足を運ばないといけません。

今日の午後、Kさんのレッスンが終わってから、ささっと組み上げて、Windows10 Proも再認証が無事完了した。ツクモのお兄さんは、マザボ交換したらクリーン・インストールするのが一番いいですよ、とおっしゃっていました。まぁ確かにそれにこしたことはないでしょうが、システムの構築を考えると気が遠くなります。最近はデータは全てクラウドにあげてあるので、データを失う心配はないのですが、いろいろなユーティリティを含んだ環境の再構築はえらい時間がかかります。Windowsをアップデートしていくと、あるときプツッと動かなくなるときが来るかも知れないと脅されていましたが、まぁとりあえず今は何の問題もなく動いているので、不具合がでたときはそのときでまた対処しましょう。あるいはそれまでに、もう自作マシンでWindowsを動かすのをやめてマックにしましょうか。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の旅第6回講座終了

2017年02月13日 22時49分18秒 | 音楽系
バロック音楽の旅全六回の講座が終了いたしました。第6回は私のソロで、アーチ・リュートとテオルボを演奏致しました。



演奏曲目は次の通り:
アントレ、クーラント、村のブランル(バラール)
トッカータ第1番(ミケランジェロ・ガリレイ)
ガリヤルダ(カプスベルガー)
ソナタ第7番(ザンボーニ)
トッカータ第10番、メルカテッロのテノールによる変奏曲(ピッチニーニ)
組曲ト長調(ド・ヴィゼー)

今年度は参加人数が多かったせいもあり、参加人数約60名で第6回目としてはとても多く大盛況でした。2、3日前には雪が降るかもしれないという天気予報もあり、心配していましたが、当日はとてもいい天気で沢山の方にお越し頂き、とても嬉しく思います。

例年のように、演奏会終了後にはセレモニーを行い、講座に8割以上出席された方に修了証が手渡され、お世話になった中央公民館の館長さんからご挨拶を賜りました。



来年度も、本年度と同じように全六回の講座「バロック音楽の旅11」を開催致します。ハイレベルな演奏を低廉な料金で楽しめ、バロック音楽の教養も身につく本講座、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

売れ行き好調!?

2017年02月09日 13時45分01秒 | 音楽系
最近ドイツの若い女性からメイルでCDの第1集の注文がありました。第1集はイギリスのアマゾンから購入できますので、そちらでお願い出来ますかってお伝えしました。念のためAmazon.ukにアクセスしましたら、1枚残があって、暫くして際アクセスしましたらそれが売れていたので、そこから購入されたんだなと思っていました。

ところが何日かして自分の持っているカードでは決済できないということ旨のメイルをいただきました。ということはそのドイツの方以外の方が買ったと言うことですよね。意外と売れてるのかな?

アマゾンで決済できないのならペイパルで支払って下さいとお伝えしました。これだと安全で送金代もかかりません。

実は、実際にCDが欲しいのはメイルを頂いた方のお父様だということがその後に来たメイルで判明しました。最近ずっと続けてらっしゃった歯科医院を息子にゆずり今は悠々自適の生活だとか。少し心がときめきましたが、納得です。それで、IT関係はさっぱり分からないので娘さんに頼んだとのことでした。

私のCDのことはアメリカリュート協会のレビューを見て知ったそうです。

こちらからは、娘さんにまたお願いしてペイパルで支払いができるよう、口座を開設してくださいとお伝えしました。その後メイルを開設されて、第2集も欲しいとのことで、2枚分の送金連絡がペイパルからありましたので、今日こちらから郵送致しました。バロック・リュートを演奏されているとのことなので、楽しんで聴いていただければいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンピュータの故障

2017年02月04日 18時27分53秒 | 日々のこと
メインのコンピュータが故障してしまいました。って、そのコンピュータでこのブログを書いている訳ですが。

3日前突然水色の画面が現れると、それ以降起動しなくなりました。データはすべてDropboxと別ドライブにあるので、昔のように大慌てをする必要はないのですが、それでも予備のノートパソコンでは何かと不便です。

いろいろ調べて見ましたら、どうもそもそもBIOSが立ち上がらないということが分かりました。ということは原因は、電源、ボタン電池、メモリあたりです。このマシンはもう作ってから3年半たちますので、ボタン電池が怪しいとにらんで新しい電池に替えたところ、1、2回は起動しましたがまたすぐに同じ症状になりました。

次に電源ユニットを新品に交換。ミューズに行くときに、久しぶりに大須に立ち寄ってゲットしてきました。でも残念ながら変わらず。次にCMOSをクリアして電源を入れると、起動します。でも起動は2回だけで3回目以降はまた同じ状態です。CMOSをクリアすると必ず起動できるので、要するにBIOSの内容がCMOSに保持できないということです。一旦起動したら、Windows10のシステム自体はとても安定していますので、メモリやCPUには問題はありません。となると、残るはマザーボードそのものの故障です。

でもマザボを替えると、今使用しているSSDが使えないかも知れません。(=Windowsシステムの再構築=目眩がします!)少なくとも少し前まではそうでした。で、調べて見ると最新のWindows10は大丈夫のようです。しかしまだ壁が立ちはだかっています。それはWindowsの認証の問題です。これはめちゃくちゃ面倒らしいです。でも実はWindows10 1607版以降は、自分のマシンをマイクロソフトのアカウントに登録しておけば、再認証してくれるそうです。マイクロソフトもみなさんに好かれる会社を目指しているようです。

メインマシンのパーツは名古屋のツクモで購入したのですが、5年の延長保障に加入していました。ツクモに問い合わせてみましたら、3年以降はパーツの30%分だけ保障してくれるとのこと。1万円くらいのマザボでしたから3000円分ですね。ちょっとケチくさい額ですが、まぁないよりいいでしょう。

さてこんなことばかりしていると来週本番なので練習時間がなくなってしまいます。修復は13日以降にいたしましょう。マザボは中古しか多分ないでしょうから、いっそSSDとメモリ以外はごそっと替えてしまおうかなとも思っています。それまでは使うときはCMOSクリアのピンをショートさせて起動することにしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想定外!

2017年01月17日 20時44分19秒 | 日々のこと
足かけ三日も降っていた雪も今日はさすがに止みました。桑名の積雪は多分30cmは超えていました。ひょっとしたら40cmくらいはいったかも。

以前も4,50cmの積雪がありましたが、一気に降ったので、屋根の雪はガサガサって感じで下に落ちていました。今回は結構降って、それが一旦凍ってまたその上に雪が積もって、さらにまた上乗せしたので、固い雪のかたまりがドサっと落ちてきました。それが我が家のネコの額ほどの裏庭の日よけを直撃。



この写真をとったあとも更に落ちてきて、結局ポリカーボネイトで出来ている紫色の部分は両端の2つを除いて全部やられました。そもそもこの地方では、台風の備えはしっかりしていても、固く重い雪が屋根から落ちてくることは想定していないので、まさかの事態です。まぁ、ウチだけかも知れませんが。離れたところから屋根を見てきましたら、まだ残っていますので、また明日ドサっと落ちてくるでしょう。直撃されないように気をつけないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪!

2017年01月15日 21時42分15秒 | 日々のこと
昨日と今日は桑名では珍しく沢山雪が降りました。20何年か前に50cmを越える積雪が三重県の北部でありました。今回はそこまでは行っていませんが、30cm近い積雪があり、なおかつ長時間降っています。


少し融けてまだこのくらいです、って雪国の人が聞いたら笑うでしょうが・・・

今は降っていませんが、まだ降ったり止んだりです。Xrain のサイトを見てみましたら、琵琶湖の北部に雨雲があり、これがこちらにやってくるとまた雪になりそうです。足かけ3日にかけて雪になるかもしれませんが、こういうのは初めてですね。

桑名の積雪、テレビなどの報道ではいなべや四日市は何cmの積雪があったということは報じていましたが、桑名については全然ありませんでした。夏の暑いときは、時々全国2位になったとか報じられていたのに。

今日ウチにレッスンにやってきたN君もウチの前の雪が多いのでびっくりしたと言っていました。桑名の積雪はテレビでは報じられていなかったので、きっとそんなに積もっていないのだろうと思っていたのでしょうね。もっとも彼は雪国の出身なので、ホントは何もびっくりしていなかったのでしょうけど。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月01日 15時33分36秒 | 日々のこと
皆様あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願い致します。


桑名市内走井山勧学寺にて

昨年はアメリカにいたので年越し参りはできませんでしたが、今年は11時過ぎから近隣の神社仏閣をはしごして参りました。まず、立坂神社(八幡さん)、ここでぜんざいと御神酒を頂きました。次に善西寺で甘酒を頂き、除夜の鐘もつかせて頂きました。次は神館神社でここでも御神酒と甘酒を頂きました。次に八重垣神社また一杯いえ御神酒とおつまみまで頂きました。

次は天武天皇社です。ここはいつもくじ引きがあり、いつぞやは大当たりでお醤油一瓶頂きましたが、今回は3等賞でティッシュでした。ここで1等賞が出ると今年の運を使い果たしてしまうような感じがしますのでとりあえず納得。ここでも甘酒。年のために申し上げますが、お下がりを頂く前に必ず参拝をしております。

ちょっと甘い物ばかりなので、年越しそばを振る舞ってくれる十念寺に急ぎます。ついてみるともう檀家のみなさんはお片付けをしていました。ちょっと遅かったようです。途中でコンビニでもよってカップそばを帰宅してから食べることにしましょう。

最後は通称春日神社の中臣神社と桑名神社です。昨年楼門に新調された右大臣左大臣の彫刻もしっかり拝んできました。なぜか今年はとても人が多く、参拝の列が楼門にまで届いておりまして、お参りするのに30分以上並びました。三重テレビもきてましたが、そのせいでしょうか。

帰宅したのは2時前くらいでしたので、2時間半くらいは出ていた勘定になります。これだけお参りすれば御利益たっぷり、かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝のコンサート

2016年12月16日 13時53分53秒 | 音楽系
今週と先週は午前中のコンサートがつづきました。二つともプライベートなコンサートですので広告はしていませんが、沢山の人に聞いて頂きました。二つとも10時ころに開始なので、夜更かし人としては早起きが大変でしたが...

先週のコンサートは名古屋駅前の某所です。ここの建物がオープンする際、オープニングコンサートをさせて頂itいたことを覚えています。そのときはヴァイオリンの方とご一緒させて頂きましたが、今回はアーチリュートのソロで、古典的なオリジナル曲や自作品によるプログラムです。演奏曲中一番評判がよかったのは、自作の「夜間飛行」でした。自分で言うのもナンですが、この曲は受けがいいですねぇ。このテの曲をもっと作らねばいけません。

今週のコンサートは、愛知県碧南市のとある会場でした。このコンサートは厳密に言えばプライベートコンサートではなく、地域の方にはお知らせいただいていましたので、各方面からおいで頂きました。碧南市は御縁がありまして、もう20数年前になりますか、当地のエメラルドホールが開館する一年前に、プレイベントとして
リュート音楽講座を連続数回担当したことがありました。今回のコンサートにはその講座に参加された方もお越しいただき、とても懐かしい思いが致しました。

プログラムは、先週のものと三分の一位は同じですが、ヴァイオリンの熊谷祥子さんとの共演で、バロック時代の曲、オリジナルアレンジのクリスマス曲やトラッドを演奏いたしました。終演後打ち上げの昼食会にも入れて頂きまして、とても楽しく過ごすことが出来ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の旅X第5回講座

2016年12月11日 17時20分57秒 | 音楽系
バロック音楽の旅X第5回講座が終了しました。



今回はチェンバロの藤目由梨さんをお迎えして、イタリアとドイツの曲を演奏して頂きました。藤目さんは今回初めての登場です。愛知県豊橋市出身で東京藝大を卒業後、東京と愛知を拠点に活動をされている方です。

曲目は次の通りです。

ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)
ゴルトベルク変奏曲よりアリア
フランス組曲 第5番 ト長調BWV816
(アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォット、ブレ、ルール、ジグ)

ジローラモ・フレスコバルディ(1583-1643)
トッカータ第1番(トッカータ集第2巻より)

ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー(1616-1667)
パルティータ ハ長調Fbwv612
(アルマンド~ローマ王フェルディナンド4世の悲しき死に捧げる哀歌、
クーラント、サラバンド、ジグ)

ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)
ソナタK.25嬰へ短調、同K.26イ長調

ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)
イタリア協奏曲BWV971第1楽章

人気のある曲ばかりで、藤目さんの力演にみなさんうっとりとされていました。


次回第6回(2016年2月12日)はいよいよ最終回です。私の演奏で「テオルボ・アーチリュートによるフランス・イタリアの音楽」をお贈りします。会場は同じくくわなメディアライヴ「時のホール」です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日のコンサート?

2016年12月04日 19時12分36秒 | 日々のこと
今朝男性の声で電話がありました。

「もしもし、12月13日のコンサートのことで教えて頂きたいのですが」
「はいはい、えーと13日ですね。えっ?」

今月は何回かコンサートや講座がありますが、13日にコンサートがあるという記憶がありませんでした。ひょっとして頼まれていたのにコロっと忘れていたかも知れないので一瞬あせりましたが、しっかり予定帳を眺めてみまして、13日にはコンサートがないということを確認しました。

ふと思いついたのは昨年のことです。昨年の予定帳を見てみましたら、確かに12月13日コンサートをしています。

その男性は、

「某所でチラシをもらってきたら、12月13日にコンサートがあるということなので、今電話しているのですが」とおっしゃる。

「それってひょっとして昨年のコンサートのチラシじゃありませんか?」

男性は某所に私のコンサートのチラシがおいてあって、それをもらってきたようですが、いくらなんでも1年も前のチラシが置いてあるなんて普通はないですよね。ひょっとしてその男性が去年チラシをもらってきたのを最近もらってきたと勘違いしているか、実は某所にはまだ私のチラシが残っているか、真偽の程はよくわかりませんが、13日には私のコンサートはない、ということは理解していただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加