長島製粉株式会社

創業明治3年 長島製粉株式会社のブログです。

ご当地蕎麦(福井県全般)

2017-03-23 15:53:23 | 日記
ここ福井では、本格的な蕎麦屋さんから一般大衆食堂まで「おろし蕎麦」を

提供するお店が数百店舗以上存在しています。福井の蕎麦の歴史は古く、

1473年くらいから始まっていると伝わり、当時は米と比べ短期間で収穫

出来る事から、天災等による飢饉や、戦時中の非常食用として奨励され

ていたと言われています。また、昭和22年10月に昭和天皇が福井に来ら

れた際に召し上がられて、「越前の蕎麦は、大変おいしかった」と言うお言葉

を頂いき、そこから「越前そば」の名が付いたと言います。

        

今日の麺は、通常の麺より少し太目に打ち、茹で時間2分程度のものを

目指しました。汁は、何種類かの食べ方があり、かえしを大根おろし汁で割って

食べる方法や、醤油をかけて食べる方法、大根おろしを汁に入れて、ぶっかけ

タイプの方法などありますが、今回は、濃い目の出し汁(本節、昆布)を取り、

醤油少々で色付けした汁をかけて食べる形です。

             

更にこちらの県は、油揚げの消費糧でもトップクラスで有名で、2016年には、

全国第一位だったそうです。おろし蕎麦に、この油揚げを焼いて大根おろしと一緒にのせ、

花ガツオを添え「越前揚げおろし蕎麦」としてみました。

             

焼いた油揚げをのせただけで、ボリュームも出て、カリカリとした食感と共に、

蕎麦を楽しむ事が出来ました。

             


この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦試作

2017-03-18 14:37:50 | 日記
今まで、思うがままに色々な蕎麦を試作して来ましたが、今回は既存の

商品としてある粉で、お客様指定の蕎麦を作る難しさをつくづく感じさ

せられました。要望は、手打ち麺機を使用し、粉価は安く抑え、割合は蕎麦粉6に対し

割り粉4の配合で、食感、喉越し良く、蕎麦の色、風味を感じ、麺線が何時までも

光沢を保ち、更に透明感を感じると言った、本来贅沢な蕎麦で、単純に当たり前の様に

聞こえますが、考えると矛盾点も多く、何回も失敗し試行錯誤ながら以下の様に、

作って見ました。

        

加水率48%で縦型ミキサーにかけ、取り出したら手で練り、そば塊を完成させ、手打ち

麺機で仕上げました。

            

茹で時間は、1分30秒でいい感じです。画像では分かりづらいですが、色も透明感も出ていて、

味、風味、喉越し等も、目指す蕎麦に近い感じになったと思います。







  





この記事をはてなブックマークに追加

小学生うどん打ち体験

2017-03-07 17:21:43 | 日記
昨日、今日と2日間、市内の小学校で「故郷の味の学習を生かし、郷土のうどん

作りを体験しよう」と言うテーマの下で授業を行いました。昭和8年、鴻巣の食品試験所が、

鴻巣25号と言う品種の小麦をこの小学校の前の(現在の、免許センター)畑で

作っていたそうで、後に色々な改良品種が出来てきたと言うことです。始めにA常務が

丁寧に歴史等の話しをしてから、一緒に製麺の体験授業に入りました。

今回のうどん打ちは、対象が小学4年生で、自分達で全て作り、試食まで行う

と言った工程です。

        

小麦粉に触り、水を入れ捏ねて行き、足で踏み、少し休ませ、麺棒で延して、本格的な

麺包丁と駒板を使って切って行きました。とても10歳そこそこの子供達とは

思えないぐらい真剣に、取り組んでいました。

        

出来た麺を茹で、盛り付けです。職人さんになりきって、カッコ良く作業をしている子もいたり、

待ち遠しくて早く食べたいと、焦っている子もいたりで、楽しく試食に入りました。

        

みんな、何処となく誇らしげな顔で、「美味しい、美味しい」と食べていました。

自分達で始めて打ったうどんが、こんなに上手に出来て、驚きと共に、大満足した事と思います。

こうした事で、私達が協力出来るのであれば、これからも行っていきたいと思っております。

皆様、お疲れ様でした。

   

  



   

  

この記事をはてなブックマークに追加

ご当地蕎麦(石川県白山市)

2017-03-04 14:49:56 | 日記
この地区に行った時に食べた、郷土色の濃い蕎麦屋の店主が

考案したと言う「治部煮そば」を思い出して作って見ました。

      

この地域の蕎麦は、だいたいが挽きぐるみの粉を使い、田舎風の

太打ちが多く、どの店も同じ感じでしたが、ここの店は、並み粉を

使い、やや太めに打っていました。

      

この麺の上に、治部煮をのせ、熱々のあんかけ汁をかけて食べます。

治部煮とは、本来鴨肉や、鶏肉の切り身に片栗粉をまぶし、麩や、セリなどの

野菜と出し汁で煮て、薬味に山葵を添えた椀物で、発祥は諸説あり、

能登や、加賀の山里で捕獲した野鳥を食用にする習慣から生まれたと

言う説や、加賀藩に居た宣教師が考案したと言う説などがあり、現在は、

祝い事の膳には、欠かせない郷土料理の一つだと言うことです。

         

ここの「治部煮そば」は、酒の後の上がり蕎麦や、ご飯物の脇役的な位置付けで提供されていましたが、

雪の多い寒い地方ならでわの、心身ともに温まる逸品でした。


   

この記事をはてなブックマークに追加

道の駅の蕎麦

2017-03-03 13:38:40 | 日記
国道4号線を古河に向かって走っていたら反対車線に、綺麗な道の駅(ごか)が

あったので寄ってみました。

          

フードコートに行くと、先日テレビ放映していた「たまげたカレー」の処だと

思い出し、参考までに注文をしてみました。

       

かけ蕎麦に、揚げたてのカレーパンが載っていて、正直見た目のボリューム感に

少し引きましたが、食べると味は美味しく、麺のクオリティーも高くて、汁もいい感じに

マッチしています。調理場の隣を見ると、なんと石臼が回っていて、常陸秋そばの

自家製粉で製麺している事が分かり納得しました。こうした道の駅は、地場の物を

多く扱い、地産地消を前面に出して来るので、改めて勉強になると共に、六次産業の

強さも痛感します。

追伸

  五霞は、八つ頭芋でも有名で、コロッケにした「八つ頭コロッケ」も、サクサクで

ネットリしている様な不思議な食感で、味も甘くて美味しくいただきました。

       

既成概念にとらわれず色んな面でアイディアを出し、新しい物事を考え実行することで、

ビック商品が生まれて来るとつくづく思いました。


   

この記事をはてなブックマークに追加