Msk-Mtnのブログ

プリキュアとプリパラについて熱く語る、千葉大学バドミントン部の一OBのブログ

アイドルタイムプリパラ 第12話感想

2017年06月22日 | アイドルタイムプリパラ
 「アイドルタイムプリパラ」第12話「打て! アイドルタイムグランプリ」の感想です。


    オープニング直後の提供画像


~ Aパート ~

 前話の続きです。地獄ミミ子の大飛球をキャッチするも、足を痛めたゆい。
 5回表は無失点。にのは、ゆいの足を心配しますが、ゆいはヘッチャラだと答えます。
「大丈夫だって! 私には夢パワーがあるもん!」
「何すか? それ?」
「困った事が起きてもね、夢を信じていれば、ビックリするくらいのパワーが湧いてくるの! それが夢パワー!」
    
「そういうの、にのは信じないっす・・・。」
「え・・・。ユメショック・・・。」
   
「にのにも早く素敵な夢が見つかるといいのに・・・。」
「夢、夢言ってる場合じゃないっす! ここはいいから、早く医務室で手当てしてくるっす!」
「だから、夢パワーで大丈夫なのに・・・。」
「バツっす! 認めないっす!」
   
「にの・・・、夢、全然信じてないんだ・・・。」
   


 ちょうどその時、らぁらがグラウンドにやって来ました。らぁらは、ゆいのライブの時間が近付いていると告げます。
 ゆいは、らぁらにグローブを渡しました。らぁらにソフトボールの試合を任せて、ゆいはグラウンドを後にします。
 5回裏も、チームは、地獄ミミ子の投球に翻弄されます。にのも、夢の事を考え過ぎて、打つ事に集中できず、またしても三振に打ち取られました。

 グラウンドを出たゆいは、足にかなりの痛みを感じていました。
 その時、校長がやって来ました。校長は、ゆいが足をケガしていると知って、すごく心配し、医務室に行くよう勧めます。
 ゆいは、医務室に行くところだと答えたものの、別の場所に向かっているように思えます。
「にの・・・。あんなに自信を失っているにの、初めて見たよ・・・。」
   
「それに比べたら、こんなの何でもないよ! それにね、こっちには、何たって神アイドルのらぁらがついてるんだよ! イマイチ頼りないけど・・・。」
   
「私、ケガなんかしてない! 私は小さい頃、闇の組織、ゴルゴンゾーラにサイボーグにされて・・・、足首には鋼鉄が入ってるの!」
   
    

 小学生がケガをおしてまで夢を叶えようとする姿には、ものすごく感動するのに、いらん妄想で落とすな。さすが、感動をギャグに転化させる事に定評があり過ぎるアニメです。(笑)

 少しして、ソフトボールの試合は7回裏2アウトまできていました。
「あーあ、見てらんないなあ。」
「ドロシー!? レオナ!?」
「ボク達が助っ人してやるよ!」
「頑張ります!」
   


「あと1アウトで試合終了。我がチームの勝利は秒読み。つまーりー・・・、」
   
「参加者が2組以上に満たないとグランプリは失敗に終わるから・・・、つまーり・・・、あの悪の根源、パパラ宿のプリパラも・・・、」
   
    
「今回をもって、サヨウナラって訳・・・。」
    
「なーに笑ってんのさ。ヘッポコピッチャーさーん!」
「しまった・・・。いつの間に・・・。」
「へーい、へーい。ピッチャー、ビビってるー。」
    
 ドロシーはともかく、レオナに「ピッチャー、ビビってる」なんて言われるとか、ざまあねーな。まあ、私も言われたいと思ってますが。(笑)
 ってゆーか、ホント、地獄ミミ子は、詰めの甘さに定評があり過ぎるよなあ。前話活躍し過ぎた反動でしょうか。とりあえず、「つまーり・・・、あの悪の根源、パパラ宿のプリパラも・・・、今回をもって、サヨウナラって訳・・・」というセリフは、死亡フラグ語録に登録しておこう。(笑)


 地獄ミミ子は、気を取り直して、次のバッター・らぁらに集中します。
 1塁にいるレオナは、タイミング良く打つようアドバイス。そして、らぁらは、バットを振りますが、タイムングが合わずに空振り。
 気を取り直して、2球目は・・・、
    
    

 そして、すべての塁が埋まり、にのに打席が回りました。
 しかし、地獄ミミ子に「井の中の蛙、大海を知らず」と言われた事を思い出し・・・、
「そう、目先の小さな目標ばかり叶えて、いい気になってただけっす・・・。夢・・・。」
   
 にのがそう考えていた直後、らぁらのアイドルウォッチに着信音が。ゆいからのメールです。
 らぁらは試合を中断し、テレビを持ってきました。ゆいのライブが始まろうとしていました。

 ゆいは、マイチケをスキャンして、コーデチェンジ。コーデは「マジカる☆スターピンクコーデ」。
   
 ステージに立ったゆいですが、足に痛みを感じているのは変わりません。
    
 しかし・・・、
「このステージでライブするのは、私の・・・、夢でした! 最初は、お客さんがめが姉ぇさんばっかりで・・・、それでも、予想できないような困った事があっても、夢を信じていたから、ここに立つ事ができました!」
    
「ユメ大切な人に、この気持ち届けます! 届け! ユメライブ!」
   



~ Bパート ~
 同じ頃、校長は、ゆいがプリパラにいる事を知り、ゆいのライブを止めようとプリズムストーンに来ました。

 ミュージックスタート。曲は「チクタク・Magicaる・アイドルタイム!」。
    
    
    
   
 ゆいのライブが盛り上がってきたところで、校長が、ライブを中止させようと観客席に乱入。ですが、みれぃとそふぃが、止めようとします。
「いいえ! ルールも何もありません! ケガした足でライブするなんて、止めなくては!」
   
「このライブは、ゆいの夢だって言ってたぷり! 最後まで見守るぷり!」
   

「ゆい・・・。ケガしてるのに、こんなに元気に・・・。」
「夢パワーがあれば、ヘッチャラなの!」
    
「にのも、夢見つけたいっす!」
「きっといつか、見つかるよ!」
    
 メイキングドラマは「ゆめかわ! マジカルクロックランド」。
    
    
    
「あのケガをおして、一体何のババためですの・・・?」
   
    
   
    
「ゆいだって、こんなに頑張ってるっす・・・。にのも頑張らなきゃっす! 必ず打つ!」
   
    
   
 にのの打球はホームラン。という事で、にの達が勝ちました。
 となれば、急いでプリパラに行き、ライブを行うだけ。しかし、地獄ミミ子が、行かせまいと行く手を阻みます。
   
 ですが、ドロシーとレオナが取り押さえました。
   
 にのは、2人に感謝して、プリパラに向かいます。

 アイドルタイムグランプリのエントリーの締切時間が近付いてきました。このままでは、出場者が2組に満たず、グランプリは無効となってしまいます。
 しかし、にのが到着。にのは、ゆいのライブを見てパワーをもらったと言い、そのままグランプリにエントリー。
「そういう訳だったんですの・・・。ババ美しき友情ですわ・・・。」
   

 にのは、マイチケをスキャンして、コーデチェンジ。コーデは「ベースボールゲームコーデ」。
   
 曲は「あっちゃこっちゃゲーム」。
    
    
    
    
    
    
    
    
   
 メイキングドラマは「ピコピコ! ポップンビットスクランブル」。
    
    
    
   
    
   
    
    
   

 そして、結果発表。グランプリの勝者は、ゆい、にの、どちらの手に?
 ちょうどその時・・・、
「スーパーアイドルタイム!」
    
「時の楽園・タイムガーデンへようこそ!」
   
「あなたは誰? 私は、ファララ!」
    
「夢いっぱいの時間、アイドルタイムハープ!」
   
「アイドルタイムマイク、完成!」
    
「そして、時は輝く!」
    
    
    
   
「さあ、こっちへ来て!」
   
「アイドルタイムコーデの1つ、時のヘアアクセをあなたに! 素敵な時間をありがとう!」
    


 という事で、第1回アイドルタイムグランプリの優勝者は、ゆい。
   
「こ、これは・・・、新たなレアコーデ、夢レア!? それに、あの少女は一体・・・。」
    
 優勝したゆいも、「ファララ」という女の子が何者なのか気になっていました。彼女については、めが兄ぃが、後に調べる事に。
 そして、パパラ宿のプリパラには、また建物が増えました。
   

 その頃、WITHのメンバーも、アイドルタイムグランプリを見ていました。6話同様、アサヒとコヨイは、面白いと感心するものの、ショウゴは相変わらず興味なし。
 しかも、妹のゆいがグランプリに優勝したと知ると、怒りを感じます。
「認めねえ! 女子プリなんて、邪道だぜ!」
   

 しばらくして、帰路につくゆい達。にのは、ゆいをおぶっていました。
「にの・・・、大丈夫だよ・・・。普通に歩けるし・・・。」
「無理は禁物っす! ゆいは、大切な友達! しっかり労わるっす!」
「えへへ・・・、ありがとう!」
   

 らぁらは、今もグランプリの興奮が残っています。にのは、今日はグランプリだと知らされなかったと不満はあるものの、次のグランプリの優勝に目を向けていました。
 そんな時、校長が、ゆいに声をかけてきました。
「グランプリ優勝・・・、おめでとう・・・。」
   
「友情ライブ、プリパラの客席でじっくり拝見しましたわ・・・。」
    
「ええ、正直・・・、ババ・・・、感動しましたわ!」
    
「今まで私は、プリパラを誤解していたようです。プリパラは・・・、素晴らしい! ビバプリパラ! ババプリパラですわ!」
   
「じゃあ、これからは・・・。」
「ええ、もちろん! 全力でプリパラをプッシュしていきますわ!」
    
『やった!』
「花マルっす!」
   


 今回は、これで終了です。


次回:「レッツゴー! パラ宿
 ゆいとらぁらは、パラ宿のプリパラに遊びに来ました。ゆいは、憧れのパラ宿の皆と会い大感激。
 らぁらも、久々に皆と再会して喜び合っていましたが、突如メカ姉ぇが現れ、自爆装置のカウントダウンがスタートしました。自爆を止めるには、ライブでメカ姉ぇを感動させる必要があるようです。
 果たして、メカ姉ぇの心の琴線に触れるライブはできるのか?


    次回予告直後の提供画像


【まとめ】 ※今回もかなり長いです。長文苦手な方は、ご注意下さい。
 ソフトボールの試合で苦戦を強いられたにのは、ゆいのライブからパワーをもらって、サヨナラ満塁ホームランで勝利し、アイドルタイムグランプリにも出場でき、第1回アイドルタイムグランプリは成功に終わりました。

 さて、今回のポイントは「」でしょう。これが、アイドルタイムグランプリを成功に導いたキーポイントだったと思いますね。
 「夢」というのは、自分がいつかなりたいもの、もしくは、実現してみたいもの。「夢」があるという事は、未来の自分を描けているという事であり(具体性が伴っているかどうかは別問題ですが)、それに向けて、気概を持って明るく頑張れるものです。

 そして、「夢」は、痛みや苦しさ、不安をも乗り越えてくれるのでしょう。
 ゆいが負ったケガの痛みは、客観的にみれば、相当のものだったのかもしれません。しかし、ライブに出て、それも、痛みの表情を一切浮かべずに、普段通りのライブをやり通したのは、「夢」があってこそだと思いますね。
 よく「病は気から」という言葉を耳にしますが、ケガや病気から感じる心配や不安は、本人の気持ち次第なのでしょう。ゆいは、女の子があまり来ないプリパラでも必死にアイドルを頑張ろうという気持ちがあったからこそ、実はそんなに痛みを感じていなかったのかもしれませんね。
 そう思うと、「夢」は、素晴らしいものだと思いますね。

 しかし、「夢」を持っていない人も、珍しくはないでしょう。
 「夢」と聞くと、壮大なイメージを感じ、具体性やカッコよさを求め過ぎて、結論が出ないなんて事は、よくあるんじゃないかと思います。私なんかも、具体性のある将来の自分を描こうとはせず、「夢」を持たないまま、25年以上もの時を過ごしてきました。

 とはいえ、近未来的な「目標」を持っている事はあるでしょう。「夢」と比べると、「目標」は下方修正感があるように聞こえますが、未来志向という意味では、「夢」も「目標」も同じようなものだと私は思いますね。
 にのは、「夢」を持っていない子ではありますが、しかし、シオンを超えたいと思っているんですよね。私からすれば、それは、立派な「夢」なんじゃないかと思います。
 それに、助っ人として成功し続けていた時も、「夢」に繋げられそうな要素はいくらでもあったでしょう。たとえば、8話のサッカーの試合では、ドリブルを取られた局面や、シュートを外した局面があったかもしれません。
 そこを反省要素として振り返り、足りなかったところを課題にして、上手くいったところは、どうすれば次も上手くいくのか考えるなどできたでしょう。それが、「向上心」という未来志向へと繋がり、「夢」への一歩になるんじゃないかと思いますね。

 ただ、これまで勝ち続けてきた事が、向上心を薄れさせてしまったのでしょう。
 たとえ大した相手でなくても、勝てば、その満足感から、気が抜けてしまうもの。そして、考える事を放棄してしまったのかもしれませんね。
 まあ、世の中には、いくらでも「夢」に繋がる要素があります。今は「夢」がないのなら、「夢」に繋がりそうなものを見つける挑戦心を持てばいいだけの話です。
 と言っても、ここ最近は、にのが主軸の話が続いていて、さらに、アイドルタイムグランプリという一大イベントが終わったとなると、にののブームは終わったでしょう。次のにのメイン回は、1か月以上は先になるんじゃないかと思います。
 それでも、その時は、にのがどんな挑戦心を持っているのか、しっかり見ていきたいものですね。

 また、「夢」は、誰かに勇気や希望を与えていたのも、今話では示されていました。
 ゆいのケガをおしてのライブに、にのは、ソフトボールの試合の逆転に繋げましたが、校長のプリパラへの姿勢まで変わったのは、すごく印象に残りました。予告には校長の姿がまったくなかったですので、あの心変わりは予想外でしたね。
 これまでプリパラを快く見ていなかった校長が一転して好意的になったとなれば、ゆい達にとっては、心強い味方を得た事でしょう。

 とはいえ、これで終わりではありません。みちるのプリパラ入りはまだですし、ショウゴは依然女の子のプリパラを面白く思ってませんし、地獄ミミ子の問題だってあります。
 ですが、一大イベントの成功のためにかけた労力や、失敗した時のプレッシャーを考えれば、息抜きは必要でしょう。いくら「夢」が痛みや苦しさを吹き飛ばしてくれるとはいえども、休むべき時にはしっかり休むもの。来年3月いっぱいまで放映すると考えると、まだ40話近くも話数があるのですから、諸問題の解決は多少ゆっくりでもいいと思いますね。

 次回は、パパラ宿を離れて、パラ宿が舞台。メカ姉ぇも登場します。
 メカ姉ぇといえば、約1年前は、前作最大のギャグ回をもたらしたキャラ。それだけに、次回は腹筋崩壊に気を付けたいと思います。(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ずっトモ! アイドルペアモ... | トップ | キラキラ☆プリキュアアラモー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
友情・努力・勝利! (ARL)
2017-06-23 08:18:07
ARLのコメンタリーVol.11(1話には書き込んでないのでこのナンバーです)

※今回も長めですので、ご了承ください。

ARLです、前回は誤送信でお騒がせしてしまいすみませんでした。今回はちゃんとPCからの送信です。

前回のピンチからの逆転勝利、なかなかにスカっとしましたね。にのさん、よく頑張りましたっ!

ゆいさん、捻挫してまでのライブお疲れ様です。その時のナースそふぃが非常に懐かしかったですね。でもやっぱりサイボーグのギャグは入れるんですか。実にプリパラというかタツノコらしい展開・・・。

とはいっても、それよりも!

【朗報】大神田川ババリア、プリパラを解禁する

ですよ!一番衝撃を受けたのは!ババリアさんの言うとおり今回のライブは美しき友情でしたね。ババリアさんがプリパラ嫌いになっていたのは生まれた風土故の
ことだったのか・・・。

とはいえ、安心しました。これでパパラ宿のプリパラの開発が気兼ねなくできますし、あの秘密通路を使う必要も・・・まだあるか。ミミ子のことがまだ残っていますし。

そしてゆいの前に現れたファララと夢レア。まだまだ謎がありそうで楽しみです。

次回は久々のメカ姉ぇ。というか、ライブ続けないと爆発って・・・。どこの時計仕掛けの摩天楼ですか。

【今週の地獄ミミ子~!】(祝!(?) このブログの管理人さん公認(?))

ミミ子さん、今回で詰めの甘い点が大きく露呈された気がします・・・。ドロシーに煽られてたのが特に・・・。敗因はドロシーとレオナがバッターになっていた時に自分の野望を長々と語ってたからだと思います。

以前の「目の前でらぁら達が秘密通路に入っていったのにも関わらず両ミミ子を塞がれただけでわからなくなってしまったこともあってか、なおさらですね。

そして、今回で後ろ盾だったババリアさんもプリパラ側に寝返ったことで風紀委員以外全員を敵に回すことになってしまったと。

風紀委員の皆さんはミミ子に忠実に見えますが、本当は仕方なくミミ子に従っているだけなのでは・・・。

「やらいでか~!」というセリフは迷ゼリフの一つになりそうですね。ということはアイドルタイムプリパラの1年目のラスボスはミミ子か?(そうではないと願いたいですが)だとしたら、孤軍奮闘することに・・・。

今回はここまでにします。

よし、今回は誤送信してないなっ!(これでしてたら違反チケットですね・・・。)
あじみに続く上位枠はふわりが…(中の人的な意味で) (aya)
2017-06-23 18:51:38
こんにちはー。

しまった!野球とソフトボールは別物だ…。にのちゃんのコーデイメージが強く、つい混同してしまいました…。以後留意しておきます。

さて、今回もアツい!グランプリが凄い!

今更ですが、アイドルタイムプリパラからは「友情」に加え「夢」がテーマになっているんですね。ゆいちゃんしかり、ちあ子しかり、にのちゃんしかり、夢を見つける、叶える場所が本作における『プリパラ』の立ち位置なのかなと思いました。ゆいちゃんの「夢」は本当に侮れませんね。私の中で彼女の株がかなり上がっています。今回は曲も普段と違い大サビらしき部分を使ってましたね。早くフルサイズを聴きたいものだ…。

今回ファララが本格的に初登場。彼女はボーカルドールと言うよりは女神寄りの存在なのでしょうか?その辺かなり気になります。タイムガーデン時の『チクタク・Magicaる・アイドルタイム!』はゲーム同様(伊達さんではなく)佐藤さんの歌唱でしたね。ファララは1話でゆいちゃんのデビューライブを聴いていた、あるいは感じ取っていたのかもしれませんね。

校長の心変わりはかなりあっさりしてましたが、校長はプリパラが嫌いだった訳ではなくただダンプリLOVEなだけなんですよね。生徒を心配したり友情を大肯定したり、本質は教育者の鑑。これで反勢力はプリパラ嫌いのミミ子、女子のアイドルを認めないショウゴに絞られたと…。ミミ子は這いつくばる執念で更なる暴走の気配がしますが…。果たして。

次のにのちゃんの大メインは、第二回のグランプリだと踏んでいます。知らなかったとはいえ今回は負けを喫した訳ですし、アイドルに向かって全力で取り組んで欲しいところ(ゲーム的な事情もありますし)。

今回ドロレオは助っ人役での出演でしたが、Msk様が前回仰られた通り主役がパパラ宿組であることを考えると良い匙加減かもしれません。前にも言いましたがレオナにはダンプリ絡みで出て欲しいですし、シオン含めドレパのパパラ宿再登場はまたじっくり待つ事にします。

次回はパラ宿&メカ姉ぇ登場!!シオぽよから約一年。緩急付けもあるでしょうが、第一回グランプリの後は何でこんなにはっちゃけるのか…。腹筋鍛えて待機します。

長文かつ乱文失礼しました。次回のツッコミに期待しております!それでは!
Re:友情・努力・勝利! (Msk-Mtn)
2017-06-24 12:28:16
 ARLさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!


>ミミ子さん、今回で詰めの甘い点が大きく露呈された気がします・・・
 3話の寿司、9話の海に来たような錯覚とか、今話前にも、そう思うところは結構あったと思いますけどね。前話にしても、黒毛和牛でバスを立ち往生させるくらいなら、プリズムストーンの前に配置しとけよって思いましたし。(笑)
 まあ、だからといって、シリアスにこられると、順調に話が進まず困りものでしょう。出番の多さを考えれば、あの詰めの甘さは、ちょうどいい匙加減な気がしますね。
 見方によっては、ドジっ娘に分類できそうな気がしますが・・・、したくないですね、ハイ。(笑)


>(地獄ミミ子の)敗因はドロシーとレオナがバッターになっていた時に自分の野望を長々と語ってたからだと思います
 逆転敗北されるキャラのお約束といったところでしょうか。むしろ、あれだけ浮かれていながら、ランナー1塁2塁で済んだのが、正直不思議だと思いましたけどね。あの場面、バントで地獄ミミ子の前に転がせば、ボールが目の前にある事に気付かず、ランニングホームランを許してたっぽい気がします。


>アイドルタイムプリパラの1年目のラスボスはミミ子か?
 まだ12話なのに目立ち過ぎ、詰めが甘過ぎ、公式ホームページに紹介なし、といった点を考えれば、最終話近くまで悪役感を引っ張るのは無理があるんじゃないかと。
 来年の3月いっぱいまでこのアニメが放映されたとしても、今年中には決着がつくでしょう。私は、9月中にそうなるんじゃないかと思っています。
Re:あじみに続く上位枠はふわりが…(中の人的な意味で) (Msk-Mtn)
2017-06-24 12:30:42
 ayaさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!


>アイドルタイムプリパラからは「友情」に加え「夢」がテーマになっているんですね
 そうかもしれませんね。閑話休題回と思われた9話も、今話を盛り上げるための前段階的な回だったと思うと、良いタイミングに入れてきたように感じます。


>彼女(ファララ)はボーカルドールと言うよりは女神寄りの存在なのでしょうか?
 ゲームも含めて、スーパーアイドルタイムは、前作3期の神チャレンジライブの「アイドルタイムプリパラ」バージョンと位置付けているような気がしますので、ファララはジュリィに見立てているんじゃないかと思いますね。
 そういえば、ゲームでは「タイム1弾」からファララが登場しているのに、いまだに拝んだ事がない・・・。「アイドルタイムグランプリれんしゅうモード」では確実に出てくるようですので、今回を機に、そのモードをプレイしたいものです。


>次のにのちゃんの大メインは、第二回のグランプリだと踏んでいます
 その時には、みちるがどうなっているのか気になるところですけどね。みちるのプリパラ入りから数話以上経って第2回アイドルグランプリが行われれば、みちるが優勝しそうな気がしますが、来月に行うのであれば、にのにチャンスがあるかも。
 まあ、とりあえずは、目の前の1話に集中ですかね。腹筋崩壊的なギャグで生活に支障をきたさないかどうか、少しばかり心配ですが。(笑)

コメントを投稿

アイドルタイムプリパラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アイドルタイム プリパラ 第12話 ぅてーーッ!(ソフトボール的に) (四十路男の失敗日記)
アイドルタイムグランプリ開催中の、パパラ宿のプリパラ。 ソフトボールの試合の助っ人してる夢川ゆいが、まだ来ない…タイムオーバーか…という先週の続き。 夢川と虹色にのさん......
アイドルタイムプリパラ 第12話「見ている人の心を熱く揺り動かす夢川ゆいの友情ライブ...... (日刊アニログ)
アイドルタイムプリパラ #12「打て!アイドルタイムグランプリ」 夢を信じる気持ちが強い力になる! 主人公らしさを増すゆいのライブが周りの人を変えていく!