酒とROCKの日々

Rockと日本酒を愛するオヤジのDIMEで落とした音源等の紹介など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jeff Beck August 27, 1995 St. Louis

2013-09-16 | Jeff Beck
ジェフ・ベック'95年のサンタナとのUSでのダブル・ヘッドライナー・ツアー、
その中のセント・ルイスでのSBD音源。ブートもの。

このツアーの音は個人撮影のビデオ含めて幾つか聴いてきたが、この日は何か
あっさりした演奏だね。観客の歓声を殆ど拾っていないSBDだからそう聴こえるのか?
終始、淡々と演奏している感じ。別に悪くは無いんだけど。

以前紹介したビデオではボジオと「格闘」している感じだったけど、この日は上手く
「競演」している感じ。

まぁ、毎日「ファイト」していたら流石に疲れるわな・・・

表記のセットリストでは落ちているが01前に「Hurricane」、08は「Where Were You」で
09が「Big Block」。実際に「Two Rivers」は演奏されていない。
恐らく音源はコンプリートではないかと思うのだが・・・
こういうイイ加減さはいかにもブートらしいね(汗)



Jeff Beck
Riverport Amphitheater, St. Louis, MO
August 27, 1995
"Best Shot - Live In St. Louis 1995"


Jeff Beck - guitar
Tony Hymas - keyboards
Terry Bozzio - drums

Set List:

01 - Stand On It
02 - Star Cycle
03 - Guitar Shop
04 - Savoy
05 - You Never Know
06 - Behind The Veil
07 - Freeway Jam
08 - Big Block
09 - Two Rivers
10 - 'Cause We've Ended As Lovers
11 - Sling Shot
12 - Goodbye Pork Pie Hat
13 - Blue Wind
14 - People Get Ready



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Brian Wilson + Jeff Beck in Fall

2013-08-09 | Jeff Beck
先日、先生のこの秋のツアー日程が発表になりました。

丁度一ヶ月間で北米を回るもので、今回は何と元ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとの
ジョイントとのこと。
内容は3部構成になるそうで、以前のクラプトンとの時みたいに1部先生、2部ウィルソン、
3部でジョイントとなるみたいです。ビーチ・ボーイズと先生なんて予想外の組み合わせですけど、
どんな感じになるのか今から楽しみです。因みにチケットは本日から発売とか。


Sep. 27 – Hollywood, Fla., Hard Rock Live
Sep. 28 – Clearwater, Fla., Ruth Eckerd Hall
Oct. 03 – Saint Augustine, Fla., St. Augustine Amphitheatre
Oct. 04 – Atlanta, Ga., Chastain Park Amphitheatre
Oct. 05 – Washington, D.C., Warner Theatre
Oct. 06 – Bethlehem, Pa., Sands Bethlehem Event Center
Oct. 08 – Albany, N.Y., Palace Theatre
Oct. 09 – Boston, Mass., Wang Theatre - Citi Performing Arts Center
Oct. 11 – Wallingford, Conn., Toyota Presents The Oakdale Theatre
Oct. 12 – Westbury, N.Y., NYCB Theatre At Westbury
Oct. 13 – Upper Darby, Pa., Tower Theatre
Oct. 15 – New York, N.Y., Beacon Theatre
Oct. 18 – Las Vegas, Nev., Pearl Concert Theater
Oct. 20 – Los Angeles, Calif., Greek Theatre
Oct. 22 – Oakland, Calif., Paramount Theatre
Oct. 25 – Detroit, Mich., Fox Theatre
Oct. 26 – Toronto, Ontario, Sony Centre For The Performing Arts
Oct. 27 – Akron, Ohio, E.J. Thomas Hall



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck Nobember 13, 2002 London

2013-06-14 | Jeff Beck
DLしたのは、先生の'02年ロンドンは「Special 3 Days」の映像。個人撮影所有品。

この年、先生の公演活動はこのロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールに於いての3日間だけだった。
しかし、それはスペシャルな3日間。それまでの活動を総括するような内容のステージ。
ゲストにはロジャー・ウォーターズが登場。先生がゲスト参加のソロ作「Amused To Death~死滅遊戯」よりDisk2-13を演奏。
公演は9月12~14日に行われたが、最終日にはポール・ロジャースが「ゴーイング・ダウン」で飛び入りしたらしい、ジョン・
マクラフリンが参加した日もあったとか。

セットは、第一期ジェフ・ベック・グループのレパートリーからDisk1-01、03、08、09、10、そして演るとイギリスでは何故か
ウケが良いDisk2-20。ヤードバーズからは、ホワイト・ストライパーズを従えDisk2-02~08を披露するなどサプライズ的内容。
(ジェフ・ベック・グループのレパートリーは此処で好評だったからか理由は分からないが、以後のツアーでもこのうちの数曲は
セットインして演奏された)

参加ミュージシャンはジェニファー・バトン含む'01年~'02年の「ユー・ハド・イット・カミング~You Had It Coming」の
ツアー・メンバーに加え、ドラムスにテリー・ボジオ、ヴォーカルにジミー・ホールとジョス・ストーン、キーボードには
トニー・ハイマス(恐らく)それとロジャー・ウォーターズのバック・ヴォーカルを務める黒人女性3人組など豪華な布陣。

Jeff Beck
Royal Festival Hall, London UK.
Nobember 13, 2002

Disc One
01. Beck's Bolero
02. Roy's Toy
03. Rice Pudding
04. Angel (Footsteps)
05. Goodbye Pork Pie Hat
06. Blue Wind
07. I'm a Mind
08. I Ain't Superstitious
09. Morning Dew
10. Behind the Veil
11. Savoy
12. Sling Shot
13. Big Block
14. Freeway Jam

Disc Two
01. Still I'm Sad
02. Train Kept A-Rollin'
03. I Ain't Done Wrong
04. Heart Full of Soul
05. Mister, You're a Better Man Than I
06. Lost Woman
07. Evil Hearted You
08. I Ain't Got You
09. The Pump
10. Brush with the Blues
11. Star Cycle
12. Rollin' and Tumblin'
13. What God Wants (Parts 1-3)with Roger Waters
14. Nadia
15. What Mama Said
16. Going Down
17. People Get Ready
18. A Day in the Life
Encore:
19. Where Were You
20. Hi Ho Silver Lining


テリー・ボジオ(ds)


ホワイト・ストライパーズをバックにヤードバーズから数曲




御大、ロジャー・ウォーターズ


ジェニファー・バトンと


最後はみんなで「Hi Ho~」を。恐らくリハーサルは余りしていませんね。
てんでバラバラ(汗)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck Japan Tour Rehearsal 2000

2013-05-05 | Jeff Beck
先生の'00年の日本公演のリハーサル音源。ブートもの。
所謂「打ち込み三部作」と呼ばれるアルバムの中の「ユー・ハド・イット・カミング~You Had It Coming」
リリース直前のタイミングで、同アルバムからも01,02,06,11,15と5曲も披露されている。

音源はスタジオ・ライブの様な感じで、勿論SBD。これ以上望むべくもない高音質。
曲の並びもこの日本公演のセット通り。(A Day In The Lifeは2回演奏はしていないが)

自分もこのツアーは1回だけ観に行ったが、残念ながら余り印象に残っていない(汗)
何故だろう・・・出来の悪い日だったのか?余り好きではないアルバムのツアーだったからか?
前回「フー・エルス」のツアーの方がインパクト強かったからか?



Jeff Beck - Rollin And Tumblin
Japan Tour Rehearsal 2000
Watch Tower 2004114

TRACK LIST:
01. Earthquake
02. Roy's Toy
03. The Pump
04. Brush With The Blues
05. Blast From The East
06. Dirty Mind
07. Nadia
08. Psycho Sam
09. Rice Pudding - Jack Johnson
10. Savoy
11. Loose Cannon
12. Angel (Footsteps)
13. Star Cycle
14. You Never Know
15. Rollin' And Tumblin'
16. A Day In The Life
17. Where Were You
18. A Day In The Life

Unknown lineage
A+ QUALITY



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck June 24, 2004 London

2013-05-03 | Jeff Beck
先生の'04年のAUD音源。

この年の先生はイギリス国内の小規模ツアーのみで、6月18日~28日の10日間に計8回公演している。
今迄知らなかったんだが、このツアーってヤン・ハマーが参加していたんだねぇ。
録音は非常に良好。全体的に感じられるのは、比較的即興性の少ないオリジナルに近い演奏ということ。(珍しい)
特にDisk1/02の冒頭のシンセ部分などはこの曲のオリジナル・キーボード、ヤン・ハマーが担当だからか
「この音テープ?」と思ったぐらいレコードの音に近いもの。

Disk1/13は初めて聴く曲。クラシック・ギターによる静かな演奏。恐らくこのツアーでだけしか演奏されて
いない曲では?

Disk1/06,15,16,Disk2/09では女性ヴォーカルをフィーチャー。



下にコメントがあるが、当日はDisk2/02と03の間に「Rice Pudding」「Cissy Strut」が演奏されていたが
録音ミスにより収録されていない。



Jeff Beck
Royal Albert Hall, London, United Kingdom
June 24, 2004

Disc 1

01) [01:18] fade / Resolution
02) [05:26] Star Cycle
03) [05:24] Freeway Jam
04) [03:06] Roy's Toy
05) [04:39] Big Block
06) [04:38] Cry Me a River
07) [06:06] Stratus
08) [04:19] Goodbye Pork Pie Hat
09) [05:00] Angel (Footsteps)
10) [03:46] Even Odds
11) [05:04] Brush with the Blues
12) [03:45] Nadia
13) [02:35] Nothing But Love
14) [05:41] Loose Cannon
15) [05:40] Blanket
16) [03:36] Rolling and Tumbling

Disc 1 Total [1:10:33]

Disc 2

01) [05:46] Blue Wind
02) [03:39] Voyage Home
03) [00:17] cut / Happy Birthday Jeff
04) [04:36] Led Boots
05) [04:20] A Day in the Life
06) [00:49] Audience
07) [03:51] Where Were You
08) [03:56] You Never Know
09) [05:00] People Get ready
10) [01:12] Outro

Disc 2 Total [00:34:15]

Show Total [1:44:18]

Note: Rice Pudding and Cissy Strut are missing from this recording


Jeff Beck - guitar
Jan Hammer - keyboards
Mike Mondesir - bass
Mark Mondesir - drums

With guests from Imogen Heap, Nancy Sorell and Ron Wood (mostly missing)

Linage:
Master recording > ? > Trade cdr (2004)

Transfer:
EAC > Wavelab (re-tracking and junk removal) > Flac (level 8) > you

This one is another by request for Blackpage. I received this show from one of my taping buddies.
This show appears to be a clean burn unlike the Warwick show I just put up. Sample included - enjoy.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck May 10, 1975 Milwaukee

2013-03-26 | Jeff Beck
ジェフ・ベックの'75、ワイアード・ツアーのAUD音源。
下の短いコメントにもあるようにオーケストラ・ピット最前列中央での録音らしい。
それだからかどうかは分からないが、音は非常に鮮明というか生々しさを感じさせるもの。
アンプ・ノイズや微妙なフィンガリングなどの細かいところまでリアルに再現されていて、
(それを特に感じるのは04)「ジェフ・ベック音源」のお手本のような作品。
演奏も申し分なく、勿論このツアーのマスト音源(今のところ)。

使用機材もそれなりのもので、これがブート流れでないところもファンにとっては嬉しいところ。
ラストの11は、ジョン・マクラフリンがゲスト。

Riverside Theater
Milwaukee, WI
May 10, 1975

Audience Master Cassette > Nakamichi playback > Cool Edit Pro > wav > flac

recording by jeff with Sony TC-152D deck and unknown mics from orchestra, front row center


01 Constipated Duck
02 She's A Woman
03 Freeway Jam
04 Definitely Maybe
05 Superstition
06 keyboard solo
07 Cause We've Ended As Lovers
08 AIR Blower
09 Got The Feeling
10 Diamond Dust>Jeff's Jam
11 Power **

Total Time 58:12

Jeff Beck - guitar
Max Middleton - keyboards
Wilbur Bascomb - bass
Bernard Purdie - drums

** with John McLaughlin - guitar

-------------------------------------------------------------------------

Edit Notes:
-azimuth, DC & phase corrected
-attenuated talking & clapping beside the mics during music
-reduced tiny digi clicks & the odd pop manually
-retracked

A very fine audience recording with the only drawback was most mic problems that were
repaired when the orinal mastering was done, are mono.
Thnx to jeff & ec for this recording & sharing.
Original info included, click to view.
Sample in comments.

Enjoy, bluebomber 2013



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Jeff Beck Group June 18, 1968 New York

2013-02-26 | Jeff Beck
第1期ジェフ・ベック・グループの'68、ニュ-ヨークはフィルモア・イーストでのFM放送音源。
エクセレントな演奏と音質。いやぁ、若き日の先生は此処でも弾きまくっていますワ(笑)
実に宜しい。

The Jeff Beck Group

Fillmore East New York, NY
June 18, 1968

01) [08:01] You Shook Me > Let Me Love You
02) [07:39] The Sun is Shining
03) [05:20] Jeff's Boogie

Jeff Beck - Guitar
Rod Stewart - Vocals
Ron Wood - Bass
Micky Waller - Drums







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck August 5, 1975 Nagoya

2013-02-05 | Jeff Beck
ジェフ・ベックの'75年に「ワールド・ロック・フェスティヴァル・イーストランド」出演した時の
名古屋のAUD音源。ブートみたいだが、音質は非常によろしい。

この来日中は風邪で体調は良くなかったらしいが、(実際、出演予定5公演に対キャンセル2公演)
この名古屋での演奏を聴いた限りではそんなハンディキャップは感じさせない非常に充実した演奏に思える。
時期的には「ワイアード~Wired」発表後のものだね。セットリスト見ても。



Jeff Beck
Aichiken Taikukan Nagoya Japan
August 5, 1975
Definition Of Blow(World Rock Festival)

Band Lineup:
Jeff Beck(g)
Wilber Bascomb(b)
Bernard Purdie(dr)
Max Middleton(key)

01. Opening
02. Constipated Duck
03. She’s A Woman
04. Freeway Jam
05. Definitely Maybe
06. Superstition
07. Aie Blower
08. Keyboard Solo
09. ’Cause We’ve Ended As Lovers
10. Power
11. Got The Feeling
12. Thelonius
13. You Know What I Mean



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck BBC FM Radio Broadcast 1971

2012-01-31 | Jeff Beck
第二期ジェフ・ベック・グループのBBC放送用のスタジオ・ライブ音源。
全6曲ながら、ブートで紹介されていない物であるならレアな音源かな。

曲毎にDJの鬱陶しい曲紹介がある他は、録音状態も極上なので楽しめる
内容。二期好きには神音源(笑)

Jeff Beck
BBC FM Radio Broadcast 1971

Lineage: master cassette> cdr >wav Express Rip >
TLH level 8 FLAC> TLH checksum files > TLH torrent> you

Band lineup:
Jeff Beck - Guitar
Bob Tench - Vocals
Max Middleton - Keyboards
Clive Chaman - Bass
Cozy Powell - Drums

Set List:
01. Ice Cream Man
02. Morning Dew
03. Definately Maybe
04. Aint No Sunshine
05. Got The Feelin
06. Let Me Love You

Total 41:25
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jeff Beck September 16, 1995 Concord,CA

2012-01-13 | Jeff Beck
ジェフ・ベックの'95の個人撮影映像(もしかしたらブート?)をDL。
アルバム的には「ギター・ショップ」と「フー・エルス」の間の
“空白の10年間”の中間頃。
確かツアーはサンタナとのダブル・ヘッドライナーで行われた
USツアーのものだと思う。
メンツは「ギター・ショップ」のバック2人を再召集して、ベース
にピノ・パラディーノを加えた布陣。

現在ブートではセントルイスの音源(SBD)がリリースされているものの、
日本公演も無かったツアーの映像なので「ありがたや~!」で観せて
頂いた(笑)



この頃のベックの演奏は凄まじい。演奏というより“バトル”という表現
の方が正しいかも知れないが。

「ブルー・ウインド」でのドラムスのテリー・ボジオとの“格闘”も凄まじいが、
「フリーウェイ・ジャム」他で繰り広げられる「楽曲進行無視の即興演奏w」
など観ていると鳥肌立つ位。
「ピープル・ゲット・レディ」終了後はチューニングが気に入らなかったのか、
ステージにギターを叩き付けてしまった!
「ゴーイン・ダウン」の後は画像最後のような有様w。弦を引っぺがえしてしまったよ・・・

Jeff Beck
Concord Pavilion
Concord,CA
September 16, 1995

NTSC DVD

Chapters:13
Time:75 mins
Menu:Standalone basic menu only

Source:Audience
Quality:Picture:Vg+/Audio:Vg+
Generation:3rd gen
Lineage:VHS(3rd gen)NTSC>DVDR(standalone DVD recorder)>HD(dvd decrypter)>DIME
Uploaded by:sunvenusmoon
Gear:Sony VCR>Monster cables>Panasonic DMR-E30

SetList:
01. Stand On It
02. Star Cycle
03. Guitar Shop
04. Savoy
05. Behind The Veil
06. Freeway Jam
07. You Never Know
08. Where Were You
09. Big Block
10. Cause We've Ended As Lovers
11. Sling Shot
12. Goodbye Pork Pie Hat
13. Blue Wind
14. People Get Ready
15. Goin Down

Comments:
Very watchable audience shot Jeff Beck show with a known gen.
The filmer gets some great shots.
Worth having.











コメント
この記事をはてなブックマークに追加