酒とROCKの日々

Rockと日本酒を愛するオヤジのDIMEで落とした音源等の紹介など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jeff Beck May 10, 1975 Milwaukee

2013-03-26 | Jeff Beck
ジェフ・ベックの'75、ワイアード・ツアーのAUD音源。
下の短いコメントにもあるようにオーケストラ・ピット最前列中央での録音らしい。
それだからかどうかは分からないが、音は非常に鮮明というか生々しさを感じさせるもの。
アンプ・ノイズや微妙なフィンガリングなどの細かいところまでリアルに再現されていて、
(それを特に感じるのは04)「ジェフ・ベック音源」のお手本のような作品。
演奏も申し分なく、勿論このツアーのマスト音源(今のところ)。

使用機材もそれなりのもので、これがブート流れでないところもファンにとっては嬉しいところ。
ラストの11は、ジョン・マクラフリンがゲスト。

Riverside Theater
Milwaukee, WI
May 10, 1975

Audience Master Cassette > Nakamichi playback > Cool Edit Pro > wav > flac

recording by jeff with Sony TC-152D deck and unknown mics from orchestra, front row center


01 Constipated Duck
02 She's A Woman
03 Freeway Jam
04 Definitely Maybe
05 Superstition
06 keyboard solo
07 Cause We've Ended As Lovers
08 AIR Blower
09 Got The Feeling
10 Diamond Dust>Jeff's Jam
11 Power **

Total Time 58:12

Jeff Beck - guitar
Max Middleton - keyboards
Wilbur Bascomb - bass
Bernard Purdie - drums

** with John McLaughlin - guitar

-------------------------------------------------------------------------

Edit Notes:
-azimuth, DC & phase corrected
-attenuated talking & clapping beside the mics during music
-reduced tiny digi clicks & the odd pop manually
-retracked

A very fine audience recording with the only drawback was most mic problems that were
repaired when the orinal mastering was done, are mono.
Thnx to jeff & ec for this recording & sharing.
Original info included, click to view.
Sample in comments.

Enjoy, bluebomber 2013



コメント   この記事についてブログを書く
« Alan Parsons Live Project ... | トップ | The Black Crowes March 24,... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Jeff Beck」カテゴリの最新記事