日本列島旅鴉

風が吹くまま西東、しがない旅鴉の日常を綴ります。

急展開

2017-05-19 23:29:49 | 旅日記
天候不順による休養を一週挟んで活動再開です。今週末の旅先には飛騨を選びました。
実は、こうなるまでには紆余曲折がありました。直前まで予定していたのは北関東でした。目当ては敷島公園のバラ園です。北関東といえば年末年始にも訪ね、やはり冬晴れの時期が一番だと再認識したところではありますが、それ以外ならいつがよいかと考えたとき、前橋についていえば薔薇が盛りを迎えるこの時期だろうと考えました。
ただし、それは消去法で導かれた結論でもありました。まず念頭にあったのは、新緑萌える仙台です。しかるに自走で行こうにも、先日走ったばかりの道を往復するのが億劫に感じられ、さりとて汽車旅で訪ねるほどの題材はなありません。最大の壁となる宿については、今週末に関する限り多少の余裕があったものの、中心街に泊まるとなると八千円以上はかかってしまい、そこまでして行く必然性が感じられませんでした。変わったところでは、佐渡を七年ぶりに再訪するという案を考えたものの、よりによってロングライドなる催しに重なってしまい、宿どころかフェリーが満車で取り付く島もありません。その結果、前橋へ薔薇を観に行くという、いささか地味な選択肢に一度は落ち着いた次第です。
それが直前に急展開したのは、高山の宿の確保に成功したからです。仙台ほどではないにせよ、高山も宿不足が慢性化している町の一つで、直前に宿がとれるかどうかは運次第という面が多分にあります。しかし、北関東も今一つ決め手を欠く状況の中、代わりとなり得る選択肢を改めて模索したところ、高山に手頃な価格の宿がわずかに残っていることが分かり、土壇場の逆転劇となりました。
この時期の飛騨ということになると実に久々で、blog開設後は実質初めてのようなものです。前回訪ねてから半年が経ち、紅葉は新緑に様変わりしている頃でしょうか。東北から戻って以来、梅雨を先取りするような鬱陶しい気候が続いただけに、薫風の季節を体感できれば幸いに思います。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九ヶ月ぶりの再訪 | トップ | 薫風の飛騨を行く - 湯王温泉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL