My Favorite Things
お酒と肴、映画、MS、お料理、ひと等、好き勝手言っています…。TBは承認制としていますので、ご了承の程…。
 



暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが…。(Yahoo映画より拝借)


詳細はコチラへ。


映画ですが、死ぬほど笑いました?
なんで「デラ」なの?

とか?ありえません?

がめじろ押し。

コケティッシュな深津恵理、成りきりデラの佐藤浩市が最高でしたね。
三谷さんさすがです。

「マジックアワーを逃したときは、次を待てばいい。」
いいことばです。


何はともあれ、ご覧あれ!という作品でした。
疲れているときは、何も考えることもなく観られる作品ですので、おすすめです!




コメント ( 32 ) | Trackback ( 87 )


« 東京・銀座、28... おそるべし、レー... »
 
コメント
 
 
 
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-06-08 20:33:12
>佐藤浩市が最高でしたね。
最高でした
大根なオーバーアクションを自然にやってたのが笑えましたね、ナイフ!とか
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-10 01:00:03
くまんちゅうさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。


>大根なオーバーアクションを自然にやってたのが笑えましたね、ナイフ!とか

私、佐藤浩市ってニガテでしたが、今回でかなりいけました。あのナイフ3回は、たまりませんね。

でも…粋でしたね。
今思い出しても、充分笑えます。

 
 
 
ありがとうございました! (ササ)
2008-06-10 01:12:29
TBありがとうございました!
マジックアワーを待てばいい・・・名言ですよね。
個人的には、伊吹さんの演技がツボでした(笑)
 
 
 
TBありがとうございました。 (まさな)
2008-06-10 06:16:00
初めまして!TBありがとうございました。
佐藤浩市さんはもちろん大爆笑で、
何度も「思い出し笑い」してますが、
妻夫木さんもなかなか良い味出してましたね。
エンディングも気持ちよく、最高でした♪
 
 
 
TB&コメント、ありがとうございました! (テクテク)
2008-06-11 13:03:02
こんにちは
この映画は、観た人にしか分からない面白さと、
三谷幸喜監督独特の世界観があって、
それを簡単な言葉で表現するのは
結構難しいですよね

「百聞は一見にしかず
といった感じの作品でした
 
 
 
こんばんは〜! (kazu)
2008-06-11 19:27:09
TB、コメントどうも
ありがとうございました。
おもしろかったですね。
佐藤浩市の演技最高でした。
あんなに笑ったの
今までなかったような…。
楽しい映画でしたね♪
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-11 22:09:35
ササさま

コメントありがとうございます。

>個人的には、伊吹さんの演技がツボでした(笑)

うんたしかに、いいところにいましたね。
しかもあの赤いユニフォームがなんとも似合ってました。やはり格さん?(でしたっけ)ですね。

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-11 22:12:32
まさな サマ

はじめまして。
コチラこそご訪問&コメントありがとうございます。

>妻夫木さんもなかなか良い味出してましたね。

最初のあのカッコとか、自己中炸裂具合がよかったですね。あのかたも今後が楽しみです。


 
 
 
Unknown (keyakiya)
2008-06-14 12:53:30
お久しぶりです。
僕も見ました。ちょっとお疲れ時でしたので、気分転換したくて。
>なんで「デラ」なの?
何ですか?
>コケティッシュな深津恵理、成りきりデラの佐藤浩市が最高でしたね。
意義なし!
>「マジックアワーを逃したときは、次を待てばいい。」
この映画の名台詞でした。
人は待ちながら生きるんですよね。

コントコントの連続でした。
 
 
 
moriyuhさんコメント&TB有難うございます (hide)
2008-06-16 13:46:22
『映画と秋葉原と日記』のhideです
moriyuhさんコメント&TB有難うございます
(^_^;)hideは最初の導入部で、この世界観に入れるか危ぶんだのですが。
ずっぽりハマってしまって(-^□^-)
大変楽しめました。
それに、この映画の良さは、邦画の裏方、大部屋俳優、嘗ての名俳優などのオマージュは心を豊かにしましたね
 
 
 
Unknown (FREE TIME)
2008-06-16 22:19:27
こんばんは。
遅くなりましたが当ブログにコメントありがとうございます。
この映画は佐藤浩市もそうですが、西田敏行の演技も光っていました。
あの3回のナイフのシーンに対して無表情にツッコミ入れる所が特に・・・。
実際にはありえない展開なのですが、その分、面白かったです(笑)
 
 
 
Unknown (あるきりおん)
2008-06-16 22:54:29
TB返し&コメントありがとうございます。
やっぱり深津絵里の役は「コケティッシュ」でよかったんですね〜
これでひとつ覚えました^^;

「またそこからか?」には笑いました。
あの二人のコンビはなかなかいい!
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-17 10:45:17
テクテクさま

コメントありがとうございます。

>百聞は一見にしかず」といった感じの作品でした

確かに、私たちが「デラ」が面白いといっても、あのナイフなめは、とうてい真似できませんからね…。

あの爆笑度合いも、あの現場ならではかな?と思いますね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-17 10:56:26
kazuさま

コメントありがとうございます。

>佐藤浩市の演技最高でした。あんなに笑ったの今までなかったような…。

確かに映画でこんなに大笑いするのって、珍しいですね、「有頂天ホテル」のときもそうでしたが、今回の方がさらにその度合いは増していましたね。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-17 11:22:29
keyakiyaさま

コメントありがとうございます。
ホントお久しぶりですね。

>この映画の名台詞でした。

今更ながらに、あの言葉の味わい深さを感じています。いいですね、明日がある的で…。

今の世の中、こんなゆったり気分が必要なんじゃないかなぁ?って気がします。
行き詰っても、急にコトを起こす前に、明日がある!って思うようになれば…と切に願います。

映画っていいですね。







 
 
 
Unknown (風情♪)
2008-06-17 12:17:25
こんにちは♪

三谷作品は映画もTVもそれほど観てないん
であまり詳しくはないですが、氏の映画に
対する想いと、嘘と誤解の絡みと纏められ
方の絶妙さが楽しい作品でした。
ただちょっと、チョイ役で登場する俳優さ
んたちの存在が気持ちウザかったのは否め
ませんでした♪ (゚▽゚)v
 
 
 
こんにちは (はらやん)
2008-06-19 10:55:49
moriyuhさん、こんにちは!

「マジックアワーを逃したときは、次を待てばいい。」
こちら、名台詞ですよね。
マジックアワーは1日の中では一回きりしかない貴重な時間だけれど、二度と来ないわけではないんですよね。
とても前向きな気持ちにさせてくれる言葉でした。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 17:24:23
hideさま

コチラこそご訪問&コメントありがとうございました。

>この映画の良さは、邦画の裏方、大部屋俳優、嘗ての名俳優などのオマージュは心を豊かにしましたね

そうですね、大笑いもよかったのですが、すごく温かい気持ちにさせてくれたところがよかったですね。

まさに「たそがれどき」気分かな?


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 17:26:33
FREE TIMEさま

コチラこそ、コメントありがとうございました。
お返しが遅くなりすみません。


>この映画は佐藤浩市もそうですが、西田敏行の演技も光っていました。
あの3回のナイフのシーンに対して無表情にツッコミ入れる所が特に・・・。

そうですね、大笑いさせてくれたのは、西田さんのツッコミがすごかったからかもしれません。

地味ですが、おさえどころのシーンですね。


 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 17:28:31
あるきりおんさま

ご訪問&コメントありがとうございます。


>「またそこからか?」には笑いました。
あの二人のコンビはなかなかいい!

たまりませんでしたね…。お腹が捩れるくらい、痛くて大変だったことを思い出しました。

もう1度観ちゃおうかな?

 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 17:32:53
風情!さま

コメントありがとうございます。

>チョイ役で登場する俳優さんたちの存在が気持ちウザかったのは否めませんでした♪ (゚▽゚)v

カメオ出演なら、もっと工夫してほしいですね。
いかにも!って感じでしたからね…。

ここはハリウッドを見習ってほしいですね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-22 17:38:13
はらやんさま

こんにちは。コメントありがとうございます。

>マジックアワーは1日の中では一回きりしかない貴重な時間だけれど、二度と来ないわけではないんですよね。とても前向きな気持ちにさせてくれる言葉でした。

とても温かい気持ちにさせてくれましたね。
明日がある…未来に希望ですね。

幾度なく思いますが、行き詰っている人に是非見ていただきたい作品のひとつです。


 
 
 
こちらにも・・・ (由香)
2008-06-23 17:04:38
お邪魔します♪
デラ富樫とかビンゴとか、、、名前自体も可笑しかったですね〜
何度も声を出して笑いながら鑑賞しました。
ちょっと途中で引き気味になったところもありますが、楽しいコメディ映画でしたね♪
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-24 01:38:51
由香様

コチラにもコメントありがとうございます。

>何度も声を出して笑いながら鑑賞しました。

私も必死で抑えたのですが、お腹が捩れそうで、つい声が出てしまい、そこからは周りに順じて、大笑い?
してしまいましたよ〜。

 
 
 
映画館で (miyu)
2008-06-24 06:30:51
みんなと笑いながら観るのがいいですよね。
楽しかったですね〜。
デラ富樫、確かになんで、デラなんでしょ?(´▽`*)アハハ
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-06-29 22:26:58
miyuさま

どうも、コメントありがとうございます。
お返し遅くなりごめんなさい。

>みんなと笑いながら観るのがいいですよね。

確かにそうでした。三谷作品はそれを許す唯一といってもいいくらいですね。

 
 
 
深津絵里。 (BC)
2008-08-03 22:43:17
moriyuhさん、こんばんは☆
トラックバック&コメントありがとうございます。(*^-^*

深津絵里はコケティシュな役をサバサバと演じていてキレイでしたね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-08-10 23:48:01
BCさま

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりすみません。

>深津絵里はコケティシュな役をサバサバと演じていてキレイでしたね。

サバサバ感がたまりませんでしたね。
男の人ってあーゆーのに弱いのですよね?
そのあたりも面白く描かれていましたね…。

この作品のコメントのお返事を書くたびに、また観たくなります。不思議なものですね。




 
 
 
TB・コメントありがとうございます。 (mezzotint)
2008-09-13 09:48:50
お久しぶりです!
いつもありがとうございますm(__)m
戸田恵子さんのマダム役、なかなか良かった!
年相応の役どころではなかったでしょうか?
確かにキャラの濃いかたばかりなので、少々の
ことでは目立たないかもしれませんね。
今回は役者さんの今までのイメージ脱却を
狙ったそうです。でも西田敏行は真面目な役を
演じてもやっぱり面白かったと思いましたが。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2008-09-19 05:10:38
mezzotintさま

いつもコチラにまでコメントありがとうございます。

>今回は役者さんの今までのイメージ脱却を
狙ったそうです。

そうだったのですね。
皆様それなりに、一枚抜けた感がありますね。

ぶっきーもそうですね。今まであまり興味ありませんでしたが、今回でちょっと興味がわいてきましたからね。



 
 
 
こんばんわ (YOSHIYU機)
2009-05-05 19:59:19
コメントありがとうございました。
ナイフを舐める佐藤浩市が最高でしたね。
 
 
 
Unknown (moriyuh)
2009-05-08 09:19:13
YOSHIYU機さま

おはようございます。
ご訪問&コチラにまでコメントありがとうございます。

>ナイフを舐める佐藤浩市が最高でしたね。

次で来るぞ!とわかっていてもとても笑えましたよ〜。哀しいときの立ち直りのための1本に加えようかと思っています(笑)




 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
[映画『ザ・マジックアワー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆この一週間、風邪を引いて、いまだ本調子じゃないので、短めに・・・。 実は、一昨日は、遅ればせながら、公開終了間際の『名探偵コナン』の新作を見ようと、ネットで席を予約したのだが、行くのを断念したほどなのだ・・・。      #     #     # ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (Akira's VOICE)
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
 
 
 
ザ・マジックアワー (勝手に映画評)
三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。 ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼...
 
 
 
「ザ・マジックアワー」:豊海水産埠頭バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こういう波止場が、ギャングたちの抗争の場になるんだろうな。 {/hiyo_en2/}そう?いまどき、そんなこと、映画の中くらいしかないんじゃないの? {/kaeru_en4/}「ザ・マジックアワー」とか? {/hiyo_en2/}うん。港町のギャングどおしの抗争に巻き込まれる売...
 
 
 
ザ・マジックアワー (You got a movie)
監督   三谷幸喜 キャスト 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか        西田敏行 ほか多数  太陽が地平線の向こうに沈んで、暗くなるまでの間に光が差し込んで織りなす幻想的な時間。たった数分の魔法の時間“マジックアワー”。この時間を選んでカメ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【...
 
 
 
ザ・マジックアワー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
三谷映画には、虚実の境界にこだわるものが多い。今回のドタバタ劇も、偽者がやがて本物になるいきさつを笑いたっぷりに活写するもの。暗黒街のボスから伝説の殺し屋を探せと命じられた男が、とっさに思いついたのが、三流俳優に演じさせること。ウソが感動を呼ぶというテ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (ネタバレ映画館)
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
 
 
 
ザ・マジックアワー (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんな...
 
 
 
ザ・マジックアワー (悠雅的生活)
 愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画!
 
 
 
映画「ザ・マジックアワー」 観てきました。三谷幸喜監督最新作 (THE有頂天ブログ)
ザ・マジックアワー  (2008年6月7日公開 全国東宝系 / 公式サイト) 公開初日の昨日の夜、観てきました。 三谷幸喜監督映画最新作「ザ・マジックアワー」。 架空の港町・守加護を舞台に繰り広げられるコメディー。 一応、舞台は日本なんだけど、作品全体...
 
 
 
★★★ 『ザ・マジックアワー』 (映画の感想文日記)
2008年。フジテレビ/東宝。   三谷幸喜監督・脚本。  苦手な俳優の佐藤浩市主演ということもあり、あまり気乗りしなかったが、予告編にちょっと期待させる雰囲気があったので、
 
 
 
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...
 
 
 
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...
 
 
 
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
 
 
 
ザ・マジックアワー (とりあえず、コメントです)
三谷幸喜監督の最新作です。 思いっきり笑って気分爽快になれるような楽しい作品でした\(^^)/ 昔ながらの港町・守加護には、町を牛耳るギャングがいた。 そんなギャングのボス(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)は ボスの指令...
 
 
 
ザ・マジックアワー (ササの自由空間!)
三谷幸喜監督の映画・最新作、 「ザ・マジックアワー」を、公開初日の土曜日に観てきました。 (以下、個人的な主観の感想) 面白かったですよ〜! 「THE 有頂天ホテル」も好きだったけど、 この映画はもっと面白いかもしれない。 いや、"かも"じゃない。 この...
 
 
 
ザ・マジックアワー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ〜いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映...
 
 
 
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
 
 
 
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。突然舞台挨拶に 佐藤浩市と三谷幸喜が登場してびっくり!「ザ・マジックアワー」公式サイト転びそうになる演技しながら 登場した佐藤浩市、白いジャケットきてさわやかー でした。司会者の女性のテンションも高い高い三谷監督がしゃべってると...
 
 
 
【97.4Kg】 クマ、最近ちょっと映画観すぎ!! (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さてさて、なんと今晩も映画のレイトショーを観に行ってしまったクマ公です。 仕事で疲れて眠りたいはずなのに、なんでこういう行動に出るのかについては、生物学的に謎です。ただ、以前でしたら、仕事で行き詰まると、赤暖簾をくぐって飲み食い {%日本酒webry%} {%肉w...
 
 
 
影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』 (水曜日のシネマ日記)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。
 
 
 
ザ・マジックアワー (利用価値のない日々の雑学)
三谷は有能なテレビ脚本家であるが、やはり映画人ではない。というのも、不思議と彼は必ずある特定の「枠組み」を作る。名作「ラヂオの時間」がそうであるように、その枠組みの中で様々なこだわりを持って作品を構築していく。だから、当然のことながら完成度は高い。...
 
 
 
ザ・マジックアワー (花ごよみ)
今、メディアにこのところ、 露出しまくりの三谷幸喜が監督。 脚本ももちろん三谷幸喜。 笑い願望で見に行きました。 その結果たっぷりと、 笑わせてもらいました。 メインとして佐藤浩市、妻夫木聡。 だまされて、やくざの内輪もめに かかわってしまう羽目になった ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (2008) 136分 (極私的映画論+α)
 「デラ富樫」はマクガフィン?(笑)
 
 
 
「ザ・マジックアワー」これは三谷幸喜版「アメリカの夜」だ (ももたろうサブライ)
監督 三谷幸喜少しあらすじ 港町、守加護(すかご)を牛耳るボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出したために消されそうになったビンゴ(妻夫木聡)は、ボスに伝説の殺し屋デラ富樫を引き合わせることを条件に許される。 しかし5日の期限がせまってもデラは見つ...
 
 
 
『ザ・マジックアワー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Magic Hour】 2008年/東宝/136分 【オフィシャルサイト】 監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、小日向文世、戸田恵子、寺島進、西田敏行、香川照之、伊吹吾郎
 
 
 
「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画 (オールマイティにコメンテート)
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
 
 
 
★「ザ・マジックアワー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
 
 
 
ザ・マジックアワー (アスカ・スタジオ)
 騙される俳優村田に扮する佐藤浩市と、暗黒街の親分西田敏行が会った途端に、俄然活気を呈して来ました。二人が散らす火花に、さすが両雄と思っていたら、後から登場する新興勢力の親分香川照之がまた、身辺から不気味な雰囲気を発散し好演。三者三様の個性が光って見え...
 
 
 
ザ・マジックアワー (5125年映画の旅)
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙...
 
 
 
ザ・マジックアワー (5125年映画の旅)
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙...
 
 
 
2008-40『ザ・マジックアワー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-40『ザ・マジックアワー』(更新:2008/06/09) 評価:★★★★☆(★★★★★に近い) 久しぶりの三谷幸喜監督作品。 「めざましTV」に精力的に出演して宣伝しまくってましたね。 完全に...
 
 
 
ザ・マジックアワー (二子玉川 de ぼちぼち絵日記)
三谷幸喜監督の最新映画は 映画への愛にあふれているのでした。 マジックアワーというのは 映画の専門用語で 夕暮れのほんの一瞬のこと。 この時間にカメラを廻すと 幻想的ないい映像が撮れるといわれているそうです。 一日のうちで 世界が最も美しく見える瞬間、...
 
 
 
ザ・マジックアワー (シネ吉の運命などない!)
 最近テレビをつければとにかく出ている三谷幸喜。  それはこの映画の宣伝のため。  なにせ街一つをまるまるスタジオ内に建設してしまったから。  街一つとは言ってもたぶん一角だけ(ポスターにも出てくるあの風景)でしょうが、それでも建物の内部もちゃんと作りこ...
 
 
 
映画「ザ・マジックアワー」 (FREE TIME)
話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。
 
 
 
マジックアワー (再出発日記)
前回の「有頂天ホテル」は私としては珍しく大笑いをしたのではあるが、その年のマイベスト20からは外した。私は三谷幸喜の作品とは、相性がよろしくない。私の求める笑いとたぶん違うのだろう。私の求める笑いとは、結局悔しいことに、松竹喜劇なのだろうと思う。泣いて笑...
 
 
 
「ザ・マジックアワー」見てきました!! (+++turbo addiction+++)
「ザ・マジックアワー」見てきました!! http://www.magic-hour.jp/index.html ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ 面白そうだから気になってたんだよねー♪ 本編始まる前にポップコーンのCMで三谷幸喜が何度も出てきて少しイラッとした・・・。 ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァ...
 
 
 
ザ・マジックアワー/佐藤浩市、妻夫木聡 (カノンな日々)
三谷幸喜さんと佐藤浩市さんが映画の宣伝で各局に出演しまくりですけど、バラエティー番組に出ている佐藤浩市さんというのはけっこう珍しくてついつい見ちゃうんですよね。しかも渋い役者のイメージなのにぶっちゃけトークが面白かったりするんですよ。まさか映画より宣伝...
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 (the borderland )
公開1週間前になると、出演者たちがこぞって番宣でTVに出まくるのは、見慣れた光景ですが、2週間も前から、しかも監督だけで至るところに顔を出してるのは、三谷幸喜ぐらいでしょう。驚いたのは、「ガキの使い」に出てたこと。鼻にワサビを詰められるは、頭から卵や納...
 
 
 
ザ・マジックアワー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 The Magic Hour 上映時間 136分 製作年度 2008年 製作国 日本(東宝) 初公開年月 2008/06/07 監督・脚本 三谷幸喜 撮影 山本英夫 音楽 荻野清子 出演 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか 西田敏行、小日向文世、寺脇康文、天海祐希、唐沢寿明  ...
 
 
 
『ザ・マジックアワー』 (ラムの大通り)
----「マジックアワー」というと、 テレンス・マリック監督は『天国の日々』のイメージがあるけど、 やはりそれと関係あるの? 「うん。三谷幸喜監督が前作『THE 有頂天ホテル』のときに、 カメラマンの山本英夫から聞いたらしい。 映画通の三谷幸喜にしては珍しく、 その...
 
 
 
【映画】ザ・マジックアワー (新!やさぐれ日記)
■動機 本編が連想できない予告編に興味 ■感想 これは面白かった ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋...
 
 
 
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
 
 
 
ザ・マジックアワー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  コメディ  監督:三谷幸喜  出演:佐藤浩市      妻夫木聡      深津絵里      綾瀬はるか 【物語】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに 手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天...
 
 
 
ザ・マジックアワー (今日感)
とにかく笑えた{%笑いwebry%}
 
 
 
ザ・マジックアワー ( Art- Mill  あーとみる)
ザ・マジックアワー HP  http://www.magic-hour.jp/index.html  ショートコントの繋ぎ合わせで映画全体を仕上げている感じ。「お笑い」がいっぱい詰まっている。連続的に「お笑い」が引き
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 (塩ひとつまみ)
期待の三谷映画。 主役も脇役もチョイ役も またしても豪華なキャスティングです。 (以下、ネタバレ含みます)
 
 
 
ザ・マジックアワー (ルナのシネマ缶)
さすがにちょっとテレビに 出過ぎでしょう!・・・って 思ってしまうくらい 宣伝をやっていた三谷幸喜ですが やはり、面白かった! 素直に笑えました。 映画好きには、 楽しめる作品だと思います。 港町、守加護の街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の 愛人...
 
 
 
★ザ・マジックアワー★ (CinemaCollection)
TheMagicHour最後に笑うのは誰だ?上映時間136分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/06/07ジャンルコメディ【解説】「ラヂオの時間」「THE有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エンタテインメント・コメディ。とある港町を舞台に、映画撮影と思い込み....
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・フジTV=東宝/監督:三谷 幸喜) 舞台・テレビで活躍する名脚本家、三谷幸喜の、「THE 有頂天ホテル」に次ぐ、4本目の劇場映画監督作品。 前作は興行的には大ヒットし
 
 
 
ザ・マジックアワー (Thanksgiving Day)
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (さくらの映画スイッチ)
仕組まれた勘違いの生むギャップが、かみ殺せない笑いを生む・・・ (-^〇^-) 
 
 
 
ザ・マジックアワー (C'est Joli)
ザ・マジックアワー’08:日本 ◆監督・脚本:三谷幸喜「THE有頂天ホテル」「みんなのいえ」◆出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介 ◆STORY◆港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支...
 
 
 
ザ・マジックアワー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
三谷監督の作品は、どうもはまるのとはまらないのがありまして^^;;;今回見事に、はずしました(爆)『ザ・マジックアワー』まいったなぁ、冒頭から結構周囲が笑ってるのに^^;どうも、この笑いが面白いと思えなくって・・・ずーーーーっとついてけなくって・・・寝...
 
 
 
[映画]ザ・マジックアワー (落とし穴には気をつけろ!)
三谷監督最新作は、凄いパワーでした とある港街で、ギャングのボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出した落とし前として、幻の殺し屋デラ・富樫を探してくるよう命じられた備後(妻夫木聡)が、三流役者の村田(佐藤浩市)を映画の撮影だと騙して連れて来たこ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (ルナのシネマ缶)
さすがにちょっとテレビに 出過ぎでしょう!・・・って 思ってしまうくらい 宣伝をやっていた三谷幸喜ですが やはり、面白かった! 素直に笑えました。 映画好きには、 楽しめる作品だと思います。 港町、守加護の街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の 愛人...
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 (はらやんの映画徒然草)
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う
 
 
 
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジッ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに...
 
 
 
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジッ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに...
 
 
 
ザ・マジックアワー (Diarydiary!)
《ザ・マジックアワー》 2008年 日本映画 港町・守加護町、ここに住む備後はボ
 
 
 
映画『ザ・マジックアワー』 (健康への長い道)
早くも興収60億超えとの声も聴こえる『ザ・マジックアワー』を、引越したけど相変わらず近所にある小さな劇場にて。 10:00と12:35の回は満席だったようですが、17:45の回は空いていたので、ゆっくり寛いで観ることができました。腹ごしらえに食べたコロッケパンは旨...
 
 
 
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
 
 
 
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
 
 
 
【ザ・マジックアワー】 (日々のつぶやき)
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、戸田恵子、小日向文世、寺島進、伊吹吾郎 「港町守加護では二つのギャングが争っていた。ボスの愛人に手を出した備後は、命を助けてもらい代償にボスが探している伝説の殺し屋デラ富樫を
 
 
 
ザ・マジックアワー (みかんの部屋)
みっちー ごめんっ!!!! 観ちゃった・・・(゜∇゜;)  ごめんねっ、許して〜(><) マジックアワー、もうっ、三谷幸喜 史上最高傑作ですっ[:王冠2:][:!!:] 最高でした。最高に、おもしろかった[:おはな:]  大満足の120点です[:ぴかぴか:] 星5つ:★...
 
 
 
ザ・マジックアワー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました〜^^・だってぇ〜三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも〜んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝...
 
 
 
ザ・マジックアワーと田宮二郎 (音次郎の夏炉冬扇)
前作(「THE 有頂天ホテル」)は、一度たりとも笑うことが出来ずに、金返せといいたくなるほどつまらなかったのですが、なんと興行収入60億円超の大ヒットだったそうで、映画監督としても三谷幸喜をヒットメーカーの座に押し上げました。話題の新作はというと、コレ...
 
 
 
ザ・マジックアワー (まぁず、なにやってんだか)
友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。 最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)とマリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。 早く笑わせてくれないか...
 
 
 
ザ・マジックアワー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ〜♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なん...
 
 
 
映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、...
 
 
 
映画【ザ・マジックアワー】 (ぱんどらの本箱)
守加護(すかご)の街でクラブ支配人をつとめる備後(妻夫木聡)は、街を牛耳るボス(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)と深い仲になった...
 
 
 
ザ・マジックアワー (メルブロ)
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    ...
 
 
 
「マジックアワー」見ました (ランチママの徒然日記)
先週の水曜日に見に行ってきました。もっと混んでいるのかと思ったけど、半分くらいかな。大きな会場だったので、結構入ってはいるけどね。今回の「マジックアワー」も、三谷ワールド満載で面白かった。でも、私は「有頂天ホテル」の方が好きだ!(笑)「有頂天ホテル」でも...
 
 
 
まるで映画のよう (CINECHANの映画感想)
150「ザ・マジックアワー」(日本)  港町・守加護(すかご)。街を牛耳るボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下でホテル支配人の備後。天塩に捕まり、絶体絶命となるが、天塩が唯一出した「5日以内に幻の殺し屋?デラ冨樫?を連れてくること」という条件を...
 
 
 
露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
 
 
 
★『ザ・マジックアワー』☆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:日本映画、三谷幸喜監督&脚本、佐藤浩市主演。佐藤浩市の代表作になるかも?
 
 
 
「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 (はらやんの映画徒然草)
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う
 
 
 
ザ・マジックアワー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
 
 
 
ザ・マジックアワー☆★三谷幸喜監督最新作 (銅版画制作の日々)
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。   8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場...
 
 
 
【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
 
 
 
『ザ・マジックアワー』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
 
 
 
ザ・マジックアワー (Yuhiの読書日記+α)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。監督は三谷幸喜、キャストは佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行他。 <あらすじ> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(...
 
 
 
ザ・マジックアワー (うませんの独り言)
三谷幸喜監督・脚本の映画。 デラ富樫という顔も分からない人を連れて来なければ殺されてしまう備後(妻夫木聡)は、 苦肉の策として替...
 
 
 
ザ・マジックアワー (うませんの独り言)
三谷幸喜監督・脚本の映画。 デラ富樫という顔も分からない人を連れて来なければ殺されてしまう備後(妻夫木聡)は、 苦肉の策として替...
 
 
 
映画「ザ・マジックアワー」 (itchy1976の日記)
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向...