おいしい国ブルガリアでのフボボな生活

OCN「ブログ人」でブログをはじめてもう10年… その10年間にブルガリアもずいぶん変わりました・・・

ギリシャからもらってうれしいお庭のレモン!!

2017-04-21 20:35:49 | 海外日本食

いつも超おいしいオリーブオイルを売ってくれるギリシャ人TIR(「ティル」と読む。≒国際トラック)ドライバー、ヨルゴシュ。前にはみかんをたくさん持ってきてくれた彼が、レモンの話をしていました。

お隣の暖かい国ギリシャからけっこう大量に輸入されてくるレモン。でも、無農薬でノーワックスの、それこそ「ビオレモン」(?)はなかなかない・・・ そんなのってあるの?と聞くと、「ギリシャのお父さんのウチの庭にあるよ!」と言うので、ズーズーしくも「売ってちょーだいっ!!」とお願いしました。

実はワタクシのいつもよく参考にさせていただくサイト「ギリシャのごはん」に、ゆず胡椒ならぬ「レモン胡椒」と書いてあるのを見て、ブルガリアに住み始めてかなり早い段階からずーっと気になってたんですよねぇ~っ!! ただ、ゆずって日本だとその辺の庭にあったりして手に入りやすいけどヨーロッパでは見ない・・・(どうやら最近スペインで栽培されてるようですが。でも無農薬じゃないし、第一ブルガリアには入ってこないし・・・)レモンはブルガリアでは「その辺」っつーのは見たことないんだーっ。(ギリシャよりずっと寒いから・・・)

車で4時間ほどで陸路輸入の、何せ100%保証付きのノーワックス、無農薬!!そして新鮮なお庭レモン!! 「ウチのお父さんからのプレゼント、あげるよっ!!」ということに!! これがすんごくジューシー!! 香り高く、皮もやわらか~い!! これはスゴイ!! 早速パザール・キルコフ(ジェンスキー・パザール)に出かけて「スィルノ・リュート」(激辛)と書いてあるチュシュキ(青唐辛子)を購入!! 

レモンをよ~く水で洗って、けっこう大胆に皮をむいて・・・もう部屋中レモンの香りでいっぱいっ!! 少しレモンのしぼり汁も実も加えてチョッパーにかけます。

チュシュキとは別にチョッパーにかけて、それぞれを混ぜてもう一回チョッパーにかけて・・・ そうそう塩麹もちょっと残ってたからそれ入れたバージョンもやってみたりして!!

けっこうできたからお鍋の時に使いたい!! あとパスタや鶏肉、焼き魚にも合わせられるかな?そして何より、「豚足」にロシアのペルメニを使った「なんちゃって鉄鍋餃子」!!

塩レモンも作ってみました! 次はレモスコ!! やってみたい!! またヨルゴシュに頼んじゃおっかな~っ!! ただ一つ、困ったこと・・・ Salahiさんによるとレモンの旬は今ごろ、だけど唐辛子の一番辛いのが出回る旬は9~10月・・・ 両方旬とはいかないようで・・・ 

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここに来てからの新記録?! ... | トップ | 「ヴェリクデン休み」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。