おいしい国ブルガリアでのフボボな生活

OCN「ブログ人」でブログをはじめてもう10年… その10年間にブルガリアもずいぶん変わりました・・・

夏のおわりの小旅行(3) 少し北方のリゾート!! カヴァルナのアパートホテル「ビゾネ」

2016-09-18 07:07:23 | 旅行

ブルガリアの黒海沿いのリゾート・・・ 南にはブルガス、北にはヴァルナと一大リゾート都市があり、そこを拠点にビーチリゾートがいくつも黒海沿いに点在するのですが、ヴァルナからさらに北の方、ルーマニア国境に向けてもビーチが点在しています。以前、バルチックまでは来たことあるけど、それより北ってどーよ? Booking.comで調べてみると・・・ オオ~っ!! あるあるー!! いくらでも!! 中にはゴルフ場併設のビーチリゾートまで!! で、そういう中から安めの一軒、キッチン付きアパートタイプの貸し部屋を予約してみました。

カヴァルナはけっこうな街。なのにこのホテル、「モルスカ・ゾナ」(=臨海地区)としか住所に書いてありません。見つけられるかな?まっ、いっかー・・・ と、まずはこの近くの観光地「カリアクラ」に行ってみました。

カリアクラって聞くと、ブルガリアではサラダ油やマーガリンの商品名・・・ でも、ここドブルジャ地方は豊かな農業地帯。海岸沿いから少し入っただけで田園風景が広がります。

この地方の名勝地の名を冠するとは、ブルガリア人消費者の心理をわしづかみです。この「カリアクラ」、黒海に突き出した「鼻」つまり岬で、日本でいう東尋坊のような・・・「火サス」(ジャっジャジャーン、ジャっジャジャ~ン。笑)に出てきそうな断崖絶壁があります。

カモメもいーっぱいっ!! タイミングがいいとここからイルカが見れるそうです。


そしてここには昔の要塞の遺跡があり先端には灯台と軍の施設。

でも、さすがは有名観光地!ブルガリア各地、そして外国から、特にお隣ルーマニアからの観光客多し!! ポセイドンっぽい人がいたので何かの撮影をやってるのかな?と思ったのですが、ただの観光客相手?

カヴァルナの町に戻ってきました。ここには「トミ」っていうスーパー(マークがリドルに酷似?)もあって、そこからグルッと市内から橋の下をくぐる道路を下っていくと海岸沿いの「モルスカ・ゾナ」に行くのです。下りきったところがビーチ。途中一方通行のところがあるのですが、その終わりのところに今日目指すホテル「ビゾネ」の看板が出てきます。見落としそうになりがちなけっこう小さな看板を頼りに行くと・・・ あった~っ!! でも、細い道路から最後にこの建物の敷地に入る道が急な坂で、それも途中に妙な凸が・・・ 車のおなか、こすらないか要注意です!!! 

二人部屋は一泊40レバ、4人で泊まれる部屋は60レバです。大人数で行くのにはもってこいの施設ですゼィっ!!

ここのウリは海岸まで徒歩5分くらい、近い~っ!! 

海岸はひなびた漁港でもあり、その時もサーッと漁船が出て行ったり帰って来たり。そして今が旬の鯵やホウボウを水揚げ。

ここで水揚げされた魚は近所のレストランや遠くはギリシャまで売れるそうですよ。漁港の岸壁では太公望たちがテトラポットの間にいるハゼを釣っていますが、これまた天ぷらにするとおいしそう・・・ 


けっこう釣れてましたよっ!!

空に浮かぶ雲にはもう秋の気配・・・ 去りゆく夏を惜しむかのようにまだまだ観光客が海を堪能しています。でも、この時期だとそんなに日焼けしてヒリヒリすることもなくかえってイイかもっ!

やっぱりここのビーチでもロシア語がよく聞こえてくる・・・ 

夜、ホテルのテラスに出ると・・・ キレーっ!!! その日は満月ではありませんでしたが、中秋の名月も近く、とても明るい月が黒海の水面を照らして、まるでこちらに向かって「通り道」が出来たようです。

遠くに隣町のバルチックやアルベナの街の明かりも見えます。ああ~!!何てロマンチックなの~っ!! ここ、すっごくいい所かも~っ!! 

おまけ:ドブルジャ地方といえばブルガリアの一大農業地帯、そしてスイカの蜜でも有名な所・・・ せっかくここまで来たんだから、と、スイカの蜜、探してみたけど見つからず・・・ 

でも、はじめて飲んだ、スイカジュース(in OMV。笑)

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏のおわりの小旅行(2) ... | トップ | 夏のおわりの小旅行(4) ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hrv2004jp)
2016-09-18 18:03:37
4日目にブルガスの近くのソゾポルに宿泊します。ブルガリアも初めてですが、黒海も初めての海です。楽しみにしています。
ユーロ (むうちえ)
2016-09-20 17:58:26
hrv2004jpさん、コメントありがとうございます。こちらでまとめてお返事しますね。

ブルガリアに来られる際にどこかヨーロッパ内の別の都市で時間を過ごされるのであればユーロが必要かもしれませんが、基本的にブルガリア全体でユーロを受け取るところは限られています。ソフィア市内でもあまり見たことがありません。幹線道路上の外国資本のガソリンスタンド(OMVやシェルなど)なら受け取るところもあるかもしれませんが・・・ 日本円からレバに直接両替される方がいいと思います。ただ空港の両替屋はレートがそんなに良くないので、オペラ座前の「ドンドコフ通り」やモールに入っている両替屋でよくレートを見て替えるのがよいかと思います。

10月だと泳ぐには涼しすぎると思いますが、黒海沿い、いいところですよ!ブルガリア人(特にソフィアンツィ)の運転は荒いので事故に気を付けて旅行を楽しんでくださいね!
Unknown (hrv2004jp)
2016-09-22 07:59:54
早速丁寧な回答ありがとうございました。今回の旅行はブルガリアのみです。ユーロを少し持って行こうかと考えていましたが、よくわかりました。フランス・スペインを中心とした西ヨーロッパの旅がほとんどなので、ブルガリアは楽しみにしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。