宮島沼日記

ラムサール条約登録湿地「宮島沼」を応援する「宮島沼の会」のおもしろ楽しい活動日誌です。

味噌作り講習会

2016年12月01日 | 宮島沼日記
JAびばい女性部加工部会主催の「味噌作り講習会」に行ってきました。

え?と思いましたか?
1人でこもっていては井の中の蛙

宮島沼で味噌作りをイベント化したのは「味噌の原材料の半分は米、実は米の加工品!」「宮島沼周辺農家では今でも自家製味噌を作っている」のがきっかけでした。もともと、地域の農家の母さんに米麹作り&味噌作りを個人的に教わったのが始まりですので、「復習だ!」と意気込んで行ってきました。

「今年はなんだかうまくできたのよ~」と見せてくれた米麹。
すごっ。
お店で売っているみたいですね。
しっかり、コツを教わってきました。

「大豆+米麹+塩+種水」を良く混ぜ、ミートチョッパー(ミンサー)で、あれよあれよと20kgのお味噌を仕込みました。

去年仕込んだできたてほやほやの手づくり味噌で作った豚汁。
新米おぼろづきのおにぎり。
漬物各種。
のお昼ご飯をいただきました。


宮島沼の宣伝もさせていただき(ありがとうございます!)、米麹作り・味噌作り、しっかり勉強してきましたー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【報告】湿地の文化~米麹からの味噌作り

2016年11月27日 | イベント情報&報告
11/23、27に、米麹からの味噌作りを実施しました。
今年は札幌からの参加者も!

「米麹も自分で作る」のが、宮島沼での味噌作りの最大の特徴です!
皆様、とても不安そうに、麹菌をまぶしたお米を持ち帰って行きましたが、1週間後。
はぜてるはぜてる!
真っ白な、とても良い香りの米麹を作って持って来てくれました。(私よりよっぽど上手です

27日は、各自で持って来ていただいた容器に、2kgのお味噌を仕込みました。
1年間、ご自宅でじっくり熟成させて、美味しいお味噌になりますように~。



今年の参加者はとても熱心。
米麹作りで自信をつけたのか(自信を持って良い出来具合でした!)、醤油作りにも挑戦することになりました。
美唄の農産物(大豆、小麦)で、醤油もできるんですよ。
「食」って本当に奥が深いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手打ちそば処まつき

2016年11月25日 | 食事処
[香]が実際に食べてみた、宮島沼周辺のお食事処を紹介するコーナーです。
「このお店もお勧めだよ!」などありましたら、是非、教えて下さい!
なお、お店の情報などは「私が行った時」の情報ですので、お店に行く前に必ず再確認して下さい。


店名;手打ちそば処まつき
住所;〒072-0025 北海道美唄市西2条南2丁目4-27
電話;0126-64-2620
時間;11:00〜20:00
休日;水
行った日;2016/11/24

木こりのあったかそば
※エゾシカ肉ときのこ、山菜の蕎麦


ランチに行ったので、サービス塩おむすびがついてきました。
私が頼んだ「木こりのあったかそば」のお蕎麦は少し太め、友人が頼んだざるそばは、少し細め。調理法によって蕎麦を変えているところに感激です。

エゾシカは、かなり野性味あふれる味でしたが、私は大好きなので大満足。他の単品とは違い、ボリュームのあるメニューだったので、おむすびサービスは遠慮すれば良かった!(ざるそばの友人は、おむすびがあってちょうど良い、と言っていました。)
次は冷たいざるそばを食べてみようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【報告】マガレンジャー;生き物クイズ大会

2016年11月19日 | イベント情報&報告
今日はマガレンジャーの活動日。
冬ということで室内プログラムを実施しました。
詳しくは自然戦隊マガレンジャー・活動日記をどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【参加者募集】米麹からの味噌作り

2016年11月12日 | イベント情報&報告
今年も始まりました「米麹からの味噌作り」。

ふゆみずたんぼオーナーさん、「米麹からの味噌作り」参加者の卒業生?!など、「自分の家の味噌は自分で作る!」と10kg、15kgとたくさん仕込む方向けに個別対応している11月です。

さて。
センターでは毎年11月に”初めて”の方向けに「米麹からの味噌作り」のイベントを行います。
まだ、若干、参加者数に余裕があります。
ご興味のある方は是非、この機会に、チャレンジしてみませんか?

【日時】11/23(水・祝)、27(日) 両日10時~12時 ※2日間参加できることが条件です(1日目;米麹作り、2日目;味噌仕込み)
【参加費】1000円 ※2kgの味噌を作ります。仕込んだお味噌は持ち帰っていただき、ご自宅で熟成。1年後には美味しいお味噌が食べられますよ。
【持ち物】お申込の際お知らせします
【定 員】先着8組
【申込先】宮島沼水鳥・湿地センター(T)0126-66-5066/(F)0126-66-5067


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米粉料理の試作会

2016年11月11日 | 宮島沼日記
こめ粉食Loveで集まり
米粉料理の試作会をしました。

ルーを使わず、米粉を利用した、優しい味のシチュー。
もっちり、どっしりの米粉パン。

チーズ餃子、アップルパイ、漬物各種。

この中から次回の農家ランチ付きガイドウォーク(12/18)のメニューが決まりましたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷え込んだ朝

2016年11月11日 | 宮島沼日記
今朝はなかなかの冷え込み。
氷点下7度。
朝来た時は、沼もすっかり凍っていました。


樺戸の山々も白い洋服を着こんでいます。


氷上にはオオハクチョウが数羽。
上空を渡っていく群れもいました。

ぴゅーっとノスリ。


外来植物食べる担当スタッフ・雁太も毛がフカフカ伸びて、すっかり冬支度です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若干、ふぶき。

2016年11月09日 | 宮島沼日記
いよいよ根雪になりそうです。(週末に融ける。。。かも)
今日は降雪は少しですが、風が強い!
一瞬ですが、地吹雪で視界が白くなることも。


沼は全然凍っていません。
5~600羽のカモがプカプカ浮いています。
9割がマガモ。たまにオナガガモ。他には、カルガモ、カワアイサ、ミコアイサ。
ホオジロガモが1羽。ダイサギもまだいました。


昨日は、シメの群れがナナカマドの実を食べに来ていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【報告】湿地の文化~わら草履作り

2016年11月03日 | イベント情報&報告
毎年文化の日(11/3(祝))はわら草履作りです。

ただの”体験”ではなく、湿地の文化を伝えていく・・・という意味で、宮島沼での体験は「稲架掛けしたまんまの藁」から草履に仕上げていきます。

すぐって、たたいて、綯って、、、丸一日作業にはなりますが、お米を獲ったあとの草、稲わら1本1本をつなぐことで「草履」というものができるってなんだがすごいよな~と毎年思うのでした。

物思いはさておき。
一度、紐を使って手のひらサイズの草履を作ったことがある、という参加者。
手早いっ。
片方(1個目)はちょっと歪になっちゃった・・・とおっしゃっていましたが、もう片方は小判型の綺麗な草履ができました。


早速裸足になって、試し履き。
「ぜんぜんチクチクしません!気持ち良い~。」


藁がぽろぽろするので、家の中で履くのはお勧めできませんが、近所に履いていくのはOKですよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊正FAM協議会・視察研修会

2016年10月31日 | 宮島沼日記
豊正FAM協議会の視察研修会に参加してきました。
行先は、、、
美瑛~富良野方面6カ所!と盛りだくさん。
1、bi.ble ビブレ


2、丘のまち びえい ふるさと市場直売所


3、美瑛撰果

4、ファームレストラン あぜ道より道


5、多田農園


6、フラノマルシェ

[←あぜ道より道の”野菜カレー”]

皆さん共通しているのは、やはり、「最初の信念(初心)」という柱を大事にしている事。
数人で協力しながらとなると、長年進めながら、いろいろ意見の食い違いも出てくるけれど、その時に戻るのが「最初の信念(初心)」。
個々さえぶれなければ、他のことはその都度修正・改善しながら進めていくことができる。

「故郷を伝える」
「春夏秋冬を伝える」
「身の丈に合ったことをやる(大風呂敷を広げない)」
「損して得とれ」

何だか胸にぐぐっとくる、とても有意義な研修会でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加