美里町の探検日記GP

津市美里町(旧美里村)に住んでいるコレクターです。コレクション自慢(?)のほか、津のこと、美里のことも書いていきます。

鳥羽相差編その5・菅崎園地~駆逐艦春雨受難の碑

2017-01-02 19:15:44 | 三重のこと


鳥羽相差編その4・相差漁港から展望台への続きです。

相差漁港から約1.4km、
林と畑の中を抜けて、無事到着したのが
こちら「菅崎園地」です。
狭いところを運転してきたせいか、
急に視界が広がって、嬉しい気持ちになりました。



駐車場も含めると5,000㎡くらいありそうな広い場所に、
上の画像の石碑と石灯篭、海に向かって展望台、
駐車場に屋外トイレが整備されています。

この石碑は、明治44年に、この菅崎の沖で遭難した
帝国海軍の駆逐艦・春雨の犠牲者44人を慰霊するものです。

春雨は、明治36年に竣工した、帝国海軍の国産駆逐艦第一号で、
日露戦争にも参加しました。
この時は、まだ竣工から8年後であるので
バリバリの主力艦でした。



明治44年11月23日、横須賀から佐世保に向かう途中の
春雨ほか3隻は、嵐のために散り散りになり、
春雨は的矢湾に退避すべく、菅崎と安乗崎の間を航行中に座礁、
乗員たち64人は、沈みゆく艦にしがみついたものの、
荒れ狂う波にのまれて、闇夜の海に投げ出されていったという。



翌朝、相差、安乗からそれぞれ
漁師の若者による救助隊が出され、海に漂う乗員たちを救助したが、
最終的に64人中44人が殉職したのであった。

以来、相差の村人は
毎年11月24日にこの菅崎で、春雨乗員の慰霊を行っており、
海上自衛隊の護衛艦「はるさめ」が、
この慰霊祭に合わせて的矢湾に来航することもあるそうです。

三重県は海に面しているのですが、
ほとんどの港が浅いため、海軍(軍艦)とは縁のない県です。
その三重県で、海軍に関する史跡があるのは珍しいため
ここは、以前から訪ねてみたいと思っていた場所でした。

鳥羽相差編その6・菅崎園地~春雨展望台へ続く
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017新春企画4「NAGIな... | トップ | 南伊勢町編その4・ハート型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三重のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。