美里町の探検日記GP

津市美里町(旧美里村)に住んでいるコレクターです。コレクション自慢(?)のほか、津のこと、美里のことも書いていきます。

2017新春企画4「NAGIな店ベスト5」

2017-01-01 21:15:39 | グルメ

(カフェ オンブラマイフ)

新年あけましておめでとうございます。
新春企画といたしまして、年末から6日間連続で、
昨年中に私の印象に残ったお店をご紹介します。

第4弾は「NAGIな店ベスト5」です。
県外の方には少々説明が必要ですが、
三重県内のローカル情報を載せている雑誌として
「月刊Simple」と「季刊NAGI」があります。

「季刊NAGI」のほうは大人のスローライフをテーマにしているので、
この雑誌に紹介されているお店は、
スローライフを体現しているお店だと言っても良いでしょう。
で、お店に入って、雑誌の棚を見た時に、
この「NAGI」が並んでいると、
私は「ここの店主はNAGIな方なのかな」と思って
お店の中の「NAGIらしいところ」を探したりします。

私が考える「NAGIな店」の条件は次の通り。
・わかりにくい場所にある
・集客とかPRとかを深く意識していないようにみえる
・メニューの数は少ないが、深いこだわりがある
・店主がのんびりしているので、客もリラックスしている
・本棚にNAGIのバックナンバーが並んでいる
・店主が自分のことを話し出すと止まらない

「NAGI」の読者層は、
田舎暮らしに憧れているとか、
チャラチャラした観光地よりも田舎を旅するのが好き、
という傾向がありますので、
店主もお客も、静かでのんびり出来る空間を好むようです。

それでは、第6位から、
カフェ&雑貨 くるり(鈴鹿市白子)
近鉄白子駅の西という「都会」にありますが、
家族的な雰囲気のお店です。
奥様が料理と接客を担当し、
旦那さんは大助花子の漫才のように、短く相槌を打つだけ。
鼻笛の同好会があるなど、お客もスローライフを楽しんでいます。

第5位、
カフェ ミモーサ (mimosa)/河芸町杜の街
津市河芸町杜の街、団地の中の非常に分かりにくい場所にあります。
お客のほとんどは常連客で、
ママとのおしゃべりを楽しんでいるようです。
建物の雰囲気はとても良いのですが、
大きな窓からの景色がイマイチなのは残念です。


(町家カフェ)

第4位、
町家カフェ(小俣町明野)
伊勢市小俣町明野、住宅街の中にひっそりと佇む和風カフェ、
今回の1~6位の中で、最も場所がわかりにくいお店です。

第3位、
カフェ オンブラマイフ(津市河芸町上野)
津市河芸町の豊津海岸に向かって建てられたカフェです。
海に向かってソファ席に座ると、
時間の経つのを忘れそうになります。

第2位、
cafe Tomiyama(トミヤマ)/松阪市本町
松阪市本町の「松阪商人の館」の近くにある
商店を改装したカフェ。
本棚に置いてある雑誌も音楽や美術品関連のものが多く、
まさに「大人のスローライフ」を味わうことができます。

第1位、
Cafe 蜂の巣(松阪市駅部田町)
松阪市駅部田町のアパートの1階にあるカフェ、
女性店主がヘルシーメニューを提供していますが、
集客とかPRとかを考えるのが苦手な様子。
そのため、お店の雰囲気ものんびりしています。
松阪市の賑やかな場所にあるのですが、
彼女と話していると、山里の静けさの中にいるように錯覚してしまいます。

カフェ・喫茶店(三重)過去記事リスト
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥羽相差編その4・相差漁港... | トップ | 鳥羽相差編その5・菅崎園地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事