広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年初投稿

2013-01-05 23:31:59 | 時事関連
だいぶ放置しましたね。新年あけましておめでとうございます。

昨年の企画でやり残しているものがいくつかありますが、こちらは後日。

安倍新政権が誕生した今年は、注目なモノがいくつもありますね。

(1)第2次安倍政権の本格始動
何を隠そう一番の注目はコレ。景気の低迷、外交・防衛、教育、メディア政策、行政改革などなど、いろいろと前政権がやらかしてくれたおかげで課題が山積しています。確かな実行力をもって、たちどころに、時に駆け引きをしつつ、解決していくことでしょう。
なかでも最大の注目どころはメディア政策です。放送法改正、2013年の電波免許更新に関し、12月21日まで公募されていたパブコメの内容が、どのように実際の政策に反映されるか、見ものです。また、パチンコ業界が適用の対象となる風営法についても1月12日までパブコメが公募されていますので、コチラも注目です。

(2)ISO26000 / JIS Z 26000
コンプライアンス・社会的責任に関する国際協定で、2010年11月に発効し、2012年に前政権下で我が国も批准しました。主旨としては、「法令違反をはじめとする社会倫理違反のある企業にお金を出してはいけない」ということが規定され、同時に「法令違反が問われる案件は役員会議に上げ、調査結果を公に知らせなければならない」ことも規定されています。政権再交代後、前政権の悪政の中で唯一「よくやった」政策として名前が挙がるようになりました。
この制度は、前回の政権交代からたびたび指摘されてきた「マスコミ問題」に国民の立場から取り組むにあたって、大きな武器となります。ここ数年、テレビに関して、放送法第4条の「公正中立な報道の義務づけ」(条文は「放送法第4条」で検索して、各自でご確認ください)に違反することが明らかな偏向報道が相次いで指摘されながらも、罰則がないこと、そしてスポンサー契約の壁に阻まれ、私達視聴者は有効な対抗手段を打ち出せずにいました。しかしながら、今後はこの「ISO26000」の制度を用いて、
「○○という番組が放送法違反の偏向報道をしているが、その番組のスポンサーに御社がなっていないか。調査をお願いしたい。昨年日本国が批准したISO26000という国際協定で、法令違反が問われる案件は役員会で調査し、結果を公表しなければならないことになっている。」
という形で、偏向報道が確認された番組のスポンサーに心理的圧力をかけることが可能になります。こうして、偏向報道を行う放送局から順次スポンサーが撤退していけば、放送局そのものに限らず、契約を仲介する広告代理店にも大きな打撃を与えられることでしょう。とりわけ、各局の時間枠をまとめて買い取ってスポンサー社に売りさばくビジネス手法を採っている電通にとっては、これによるダメージはケタ違いのものになりそうですね。もっとも、その電通自体がISO26000を取得しているという皮肉な現実があったりしますので、面白い展開が期待されます。

(3)ViViとnon-no
堅いテーマが続いたので、ここでちょっと転換。
ViViというのは、皆さんご存知、「発売日は23日」でおなじみ赤文字雑誌のひとつ。今年で創刊30周年を迎え、記念連載が開始されたり、トリンドル玲奈の単独表紙が初めて実現したり、また昨年からテイストの異なる増刊号「TOKYO ViVi」がデビューしたりと、話題沸騰中です。一方、non-noはというと、こちらも40年以上発売され続けているロングセラーで、2009年12月に廃刊したPINKYの系統(&モデル数名)を引き継ぎながらも、ViViなどの赤文字系とは異なるテイストのファッションを提案してきた雑誌です。発売日も違うので、誌面の内容もほぼ被りはなかったのですが…

理由は不明ですが、2012-13年秋冬シーズンから、この2誌でコーディネートが被るようになってきました。

どのシーズンにもトレンドアイテムがあるので、そこだけかと思いきや…「パステルカラーのゆるニット×レザースカート」など、組み合わせ方までほとんど同じ。違うのは一部の小物とモデルぐらいというレベルにまでなってきています。昨年12月発売の両誌最新号をともに購入して見比べてみましたが、2012-13年秋冬に関してはほぼ同じ、新たに掲載がスタートした2013年春夏に関してはViViが先行しているとの印象を受けました。
今月以降は2013年春夏アイテムの掲載が本格的にスタートします。両誌の掲載内容がどうなってくるか、見ものです。

(4)個人からでもできる法令順守
某SNSで情報が広まっているのですが、なんと不法入国者を入管に通報すると摘発1人頭最大で50,000円の報償金(出入国管理法第62条)がもらえるそうです!間違った通報をしてしまっても、特段罰則や指導などはないそうです(同法66条)。通報する際には、どのような内容を報告すべきか、いろいろと細かく定まっているのではないかと思われます(居所があいまいだったりすると多分受理されません)ので、詳細は入国管理局のサイトなどをご覧ください。

(5)韓国の財政問題
問題なマスコミ軍団のせいで大多数の一般国民には伝わっていませんが、15年前のアジア通貨危機以降、韓国は政府、銀行、大企業のいずれも常時欧米の(主にユダヤ系の)銀行から融資を受けて食いつないでいる状況です。ところが、一向に返済の見込みが立たないこと、政府の広告・広報事業などでの使い込み、世界各国で韓国企業が抱える特許訴訟の問題などを背景に、ついに融資の引き揚げ、さらには国によっては超高額の賠償金支払いを求めるという状況まで出てきています。我が国からも1956年以降何度も融資をしており、前政権が地震で被災した東北地方を置き去りにして韓国へのスワップ融資を行った(李前大統領の竹島上陸を機に正式に中止済み)ことに国民から怒りの声が殺到しています(ちなみに、問題なマスコミ軍団はこのスワップ融資について報道をしませんでした)。

先進産業国としてまったくお話にならない状況を、対内的には「反日扇動」でごまかし、対外的には広告費という「カネ」(それも本来ないはずの)で隠蔽してきたかの国にも、いよいよ「終わる」ときが来るのでしょうか。あちらも指導者が女性に代わったばかりですので、ダウン寸前の悪あがき「従軍慰安婦」を含めて注目です。

久しぶりに結構な量の記事を書いてしまいましたので(+ここから先は挙げればキリがないので)、今回はこの程度ということにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年、日本のガールをさらに可愛く!

2012-12-21 23:42:44 | 赤文字雑誌
1日空きましたが、「赤文字雑誌フライングゲット」を今日も続けてまいります。

今回は残り3誌一気にご紹介。それぞれに見どころが盛りだくさんです。

(1)JJ
表紙はレプロ所属のアイドリング!!!20号・大川藍が飾ります。

目次前にある「ひなの」のテーマは「ミラ・ショーンのペールカラーアイテム」。産んだばかりで胸が大きくなっていますが、あまり谷間には期待しないように(笑)。続いて、目次をはさんで欧米ラグジュアリーブランドの新作バッグ・小物の掲載記事が続きます。先日ライン名を改めた「サン・ローラン」からは、長年不動のアイコン「カバス・シック」をリニューアルした「Yライン」が発表されています。シルエットはほぼそのままに、Yをかたどったモチーフを金具以外廃して、スッキリとした、しかしアイコニックなルックの一品となっています。YSLファンのガールの皆さん、なかなか高額ではありますが、ぜひ手に取ってみられてはどうでしょうか。

特集第1テーマは「9月入学vs女マネ」。以前にもこのテーマの特集がありましたが、シーズンの違いもあり、前のものとはまた異なった内容となっています。辛口いい女・「9月入学」さんは早稲田大学国際教養学部在学中のニコル、甘いカワイイ系・「女マネ」さんは表紙を飾る大川藍。私は、ひたすら甘い、コーデによっては甘ったるいともいえる「女マネ」さんより、辛口でメリハリのある「9月入学」さんの方がスタイリッシュで良いと思いました。(※個人の感想です!)

続く特集は「JJモデルの私服スナップ」。めったに見かけない、2年以上購読していなければまず名前を知らないレベルの人がちらほら見受けられますが、現在の布陣はこうだと、ここでまとめて覚えてしまいましょう。私服のアイテムに、ちらほらと「どこぞのインチキ国家」の文字が見受けられるのはあまり気分のいいものではありませんが、どうせその国は妙な食い意地と広告宣伝での税金の無駄遣いで自滅する運命にありますので(笑)、あまり気にしないでおきましょう。それはさておき、それぞれにトレンドアイテム、可愛い系×ロックテイストなどの「異色コンボ」などなど、個性的なスタイルが見受けられ、なかなか見ごたえのある特集であったと思います。

続いて…長年の功労者を1人見送った某誌とは対照的に、こちらではさらに新専属モデルがデビュー。TGCでも登場した日・フィリピンミックスのディーバ・ラブリ。別名は白濱ラブリで、インタビューでは触れられていませんが、弟はLDH所属の俳優・白濱亜嵐です。

専属モデルに限らず、読者モデルのスナップ特集も充実。「イマイチ可愛くない読モがナントカレンジャーの力でちょっと可愛くなる」程度の某誌の連載とは違う、といわんばかりに、東名阪3都市圏の読モ美女を結集させてきています。私服には直近3ヶ月以内に発売された号でフィーチャーされたトレンドアイテムが勢揃い。IT企業に内定したというミス中央殿堂入り・冨張愛も健在です。

メイク特集にはなんと「Popteen」でおなじみの「くみっきー」が初登場!Popteenよりもお姉さんで、高級でエレガントな彼女の表情をご覧ください!

で、ブロモやら4女と1女やら、何かいつものアレが続いて、最後にこの時期のガールの皆さん注目の記事が。そう、「就活特集」です。まさに「就活に強い」某誌が今月やらなかったそのタイミングに。小○館と何か示し合わせたか?社会人ガールの皆さんへのインタビュー記事、エントリーシートのイロハ、イイ写真を撮ってくれる写真館、就活メイク、スーツスタイルのアレンジなど、分量が少ない割になかなかボリューム満点。

なお、今回の号は、先月で退任した篠原恒木前編集長に代わって就任した原さやか編集長のもとでの第1号です。それに伴ってか、先月のような「バブリーにはっちゃけ感満載」の内容と大きく異なった、どちらかといえば身の丈に合ったテイストの内容となりました。3分の1程度がどこぞのライバル誌と入れ替わったような、そんな印象を受けました。

(2)ViVi
先月からスタートした創刊30周年シリーズの第2号。第2号ということで、それらしいテイストがようやく本格的に誌面に出てきます。今月の「モデルフィーチャー」袋とじは、表紙も飾る鳥取タダさんことトリンドル玲奈をフィーチャーします。6カ月前に「専属モデルを卒業した」ローラが表紙を飾っていますので、半年越しの逆襲というべきか。

巻頭のインタビュー記事には(某D社配下のマスコミ連合の)世界のマエアツこと前田敦子さんが登場。ロックもギャルもモードも含んだ「ViVi」テイストの衣装をまとった彼女、結構カッコイイ!ペケポン!

目次手前にはフェンディ、ミュウミュウの新作バッグも登場。2面ともに大英帝国の血筋を継ぐディーバ・エリーローズが誌面を飾ります。

目次後の特集もトップバッターはトソソドル…もといトリンドル玲奈。各社の花柄ワンピをまとって誌面を飾っています。と、ここで皆さんにキャンペーンのお知らせです!入れパイはやめましょう!サイズがAでも詰めて増やさず、小ぶりなサイズを愛しましょう!(意味が分からないよ)
続いて、連載も持っている加藤ミリヤ、ViViモデル一同、その他芸能人やスタイリストの皆さん、さらには選ばれし読モ達の私服やお気に入りアイテムが公開されます。ここには30年間の誌面の変遷と流行アイテム、さらには各時代の売れっ子芸能人など、ViViという雑誌が歩んだ時代を振り返るアーカイブ特集も掲載されています。現在のようにギャル色の強い雑誌になるまでには、かなりいろいろな変化があったようで、創刊初期~80年代にかけては現在の「25ans」や「MISS」のようなテイストであったとか。

ファッション特集については、シーズンが2012-13秋冬と2013春夏の両方にまたがっていることもあり、どちらにも対応した特集が組まれています。秋冬編でクローズアップされているのは、シーズンが変わっても使い続けられる「真冬のラス買いアイテム」と、各社コレクションショーでも見受けられた「ギークトレーナー」やハイテクスニーカーなどの「90年代リバイバル」。一方、今月より掲載がスタートした2013春夏のアイテムは、先ほどの花柄ワンピをはじめ、ミルキーカラー、透けレイヤード、塩ビクリアアイテム、ストライプなど。各アイテムを使用したコレクションショーの写真が各ページに掲載されています。

ファッション、メイク関連の記事が一通り出揃ったあとの巻末特集では、ゲッタマンの肩甲骨ダイエットエクササイズ法、男性芸能人などが取り上げられます。

読者投稿の内容が毎回強烈な白黒ページのテーマは「ネガティブ&ポジティブ人生相談」。ネガティブ、ポジティブそれぞれのキャラクターでワイドショーをにぎわす栗原類、鈴木奈々が読者の悩みにそれぞれのキャラクターで答えます。

ViViに関してはどの号もそうですが、1号ごとの統一テーマが基本的に定められておらず、コレはこういう意図で掲載されている、コレが見どころといったポイントがなかなかつかみにくいです。ただ、今回に関して言えば、そこまで「男の子目線」は意識していないのではないか、それよりはシーズンの変わり目をまたぐこともあって、トレンド優先という色が強く出ているのではないかと思いました。

(3)Ray
いつでもガールはお姫様。Rayとはそういう雑誌です。お姫様扱いしてくれない男の子にはキツイおしおきがまっていますよ!

表紙は、特段告知もないのに、お友達が権力の座に返り咲いてイケイケな(そうかそうか!そういうことか。)石原さとみが飾っています。アナタ達はこの国にもう必要とされてないというのに。(ン?誰か来たようだ…)

上2誌と同じく、巻頭にラグジュアリーブランドの掲載が必ずあるのもお約束。今回のブランドは上2誌にも掲載のあったミュウミュウ。ただし、今回はバッグと財布のみが掲載され、以前にあったような「香里奈がまとう」ではありません。なお、今回は表紙の石原さとみが本誌モデルではなくゲストですので、そちらのインタビュー記事が先行しました。

特集第1テーマは「RayガールズNew Girly宣言」。愛されスタイルテク、香里奈スタイル、各社のブランド福袋など、Rayモデルそれぞれの「2013年も可愛く!モテ子!」を意識した内容となっています。春ヘア関連の記事も掲載されているのですが、美優(安座間ではないです)の「無造作アップ」がなかなかカワイイと思いました。

可愛い表情が毎回見どころの連載「マーキュリー泉里香の1ヶ月コーディネート」も注目。今回登場するコーデの半数以上が同誌では定番の「絶対領域見せ」パターンで、それ以外にもタイツの色が黒、茶色、ボーダー柄などいろいろありましたが、やはり絶対領域見せがズバ抜けています。ひざから下をブーツやニーソで隠し、太ももの限られた部分だけを見せるこの方法は、太ももの見えている部分が最高にセクシーに見える、脚にコンプレックスのあるガールにはまさに救いの手というほかない方法ですので注目ですね。なお、今回は特大版として「鹿沼憂妃編」もあります。

ところで、この時期のコーディネートって、どうしてもアウターありきで考えてしまいがちですよね。しかし、いつでもお姫様なガールとして、アウターを脱いだらイマイチというのはいただけません。そんな問題をどう解決しよう?いろいろな答えがあると思います。

後半にはランジェリーを扱った記事もありましたが、1面だけで、モデル撮りはなく、ViViに掲載されるようなセクシー度の高いものもみられませんでした。クリスマスまで1ヶ月あるとかではなく、数日前に発売されるので当然といえば当然ですが…。

ViViと並んで投稿の内容に定評のある白黒面のテーマは「HAPPY体質になるための心の大掃除」。会話術、思考法、デトックス活動、偉人の言葉などなど、実に多種多様。あれもこれもと欲張っているアナタ、ぜひ「心の大掃除」を行ってみては?

全体的に、シーズンがまたがっているわけでもなく、極端に普段と違うものが掲載されているわけでもないので、ファッション、コーディネート関連では「コレ!」といった見どころは特に挙げません。ただ、あえて言えば、「モデルのセクシーショット目当てに見ると物足りない」ということと、「脚の見せ方を考えるには最適」ということでしょう。マーキュリー泉里香の掲載記事もあまり多い方ではないので、来月以降、2013年春夏のアイテムが本格的に掲載される時期に期待したいところです。

以上、明日22日発売の赤文字雑誌についてコメントしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回も各誌固有のテイストが前面に出る一方、就活特集が「CanCam」には掲載されず「JJ」に掲載されるという異例の動き、各誌モデルのデビューと卒業、そして「JJ」では新編集長体制の始動と、なかなか大きな動きがありました。各誌ともに注目記事が満載ですので、すべてご覧になることをオススメいたします。

2013年も、赤文字雑誌は、各出版社、各媒体ごとにテイストや方向性が違うとはいいつつも、「日本の女のコを1人でも、少しでも可愛くする」ことを共通目標に情報を発信し続けていくでしょう。

以上、赤文字雑誌は、明日22日、いよいよ発売されます!皆さんお楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来る者あれば、静かに去る者あり

2012-12-19 23:28:03 | 赤文字雑誌
さて、いよいよ今月もやってきました!皆さん待望の「赤文字雑誌フライングゲット」!

第1号は、新専属モデルがデビューして勢いに乗るOLのバイブル「CanCam」です。

表紙を飾るのは「恋味派」でおなじみ久住小春・山本美月。

巻頭の「Scoop」では、各社の最新アイテムとして、おなじみブランドの小物、ファーアイテム、コスメなどが取り上げられていますが、今回の注目は「Kate Spadeのクルーズライン」。クルーズラインというのは、春夏シーズンに本格的に突入する前の、冬の後半期に展開されるコレクションのことで、Kate Spade以外にも、ディオール、グッチなど多くの世界的名門ブランドが毎年展開しています。今年のKate Spadeでは、マリンボーダー、カモメと波を描いた柄のアイテムが展開されています。掲載されたバッグ、スカーフ以外にも多彩なアイテムが展開されており、来年の夏まで使い続けられるデザインですので、ぜひ一度ご覧になることをオススメいたします。→コチラ

今回のテーマは「冬のビューティ&ファッション / ぬくもり感」。寒さが厳しい冬も、可愛いパワーで乗り切っていきましょう!最初20ページ程度は、石原さとみのインタビュー(ドラマの告知)とメイクに関する記事。今月号の付録「あいくのつけま」も登場します。

「恋味派」連載の今月のテーマは「真冬もミニで脚見せ!細見え!」。底冷えするこの真冬でも、ミニで自慢の脚を見せよう、というのですが、こうも大々的に謳っておきながら、コーディネートの半数が黒タイツって…しかも配色次第では結構重たく見えることもあるんですね。肌色タイツの方が健康的な美脚をお披露目できることうけあいですし、絶対領域見せも楽しめて良いと思います。

その他の特集記事では、黒×ボルドー、ざっくりニット×タンクトップ×ショーパンといった、本誌的には割とオーソドックスなコーディネートもそれなりにありましたが、それ以上に目立ったのが、マキシワンピ、柄ボトムス、「とろみシャツ×デニム×スニーカー」コンボなど、本誌では今まで見かける機会が少なかったスタイリング。アイテム単独で見るとほかの赤文字雑誌にもみられるものもありますので、ここは読み比べ対象ですね。また、厳しい真冬を迎えるにあたって買い足したいバッグやアクセサリー、アウターなどの「即効アイテム」に関する特集もみられました。その他、ベスコス、山本美月フィーチャーなどの特集が続きます。

ページの紙が変わる巻末特集では、伊達友美さんの「食べても食べても太らない」食べ方、パンケーキ&フレンチトーストレシピ、みんなの土日などのテーマが扱われています。ここでの注目は、意外なところですが「男性美容」。読者投稿ページの一部なのですが、読者世代のイケメンの皆さんが愛用しているコスメ、香水、その他の美容グッズが取り上げられています。私もそうですが、いまはコスメポーチを持つ男の子も増えているのだそうです。美に意識を向ける男の子が増えることは、消費刺激にもつながり、ありがたい傾向ではないかと思います。

そして、大変残念なお知らせが…。

6年間専属モデルを務めてきた平山美春が今月で卒業します。関西出身ということで、1ヶ月コーディネート対決「東」徳沢直子VS「西」平山美春という特集が組まれたこともあったのですが、ここ2年ほどは完全に「ちょい役」で、森星や恋味派などの新進モデルに押され気味でした。年齢も考慮しての卒業でしょう。

6年間お疲れ様でした。

総評としては、前半のメイク記事、異色のコーディネート、男性美容などなど、全体的に、いままでの本誌にない斬新な内容の掲載が多かったと思います。300ページを超えないながらも見ごたえがあり、良いと思いました。

次回は「JJ」「ViVi」「Ray」のうち、手に入ったものについてお伝えしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悦ばしきかな祖国の夜明け!

2012-12-17 01:37:37 | 時事関連
各所で既報の通り、2009年8月30日の衆議院総選挙にて下野していた自民党・公明党連合が、本日(2012年12月16日)の総選挙にて、ふたたび過半数を獲得し、政権の座に返り咲きました。自民党単独で280議席を超えるとの報道もなされています。

尖閣諸島での漁船衝突や竹島へのイ・ミョンバク大統領上陸などといった領土主権侵害への対応、人権法案の国会上程などにより、各所にて売国政権との指摘が絶えなかった旧民主党政権は、前回の5分の1を割り込む、そして同時に4人の現職大臣落選という記録的大敗を喫し、3年3か月にて退却する運びとなりました。

民主党政権の負債を引き継いだ新政権の抱える課題は、憲法改定、防衛強化、教育改革、震災復興・国土強靭化政策などなど、実に多様です。この厳しい状況下で、しっかり結果を出すことが求められるわけですし、かねてより好意的でなかったマスコミが以前にもまして足を引っ張るようになるでしょう。

そのような状況も踏まえて、今後数回にわたって、新政権の課題についてクローズアップしていこうと思います。

とりあえず、まずは安倍総裁、政権奪還おめでとうございます。一国民の立場からも可能な協力を致したく思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乾燥する冬も快適に!

2012-11-27 00:07:51 | アイテム紹介
今年の冬は、例年にも増して、冷えと乾燥が早くやってきています。そのため、急に手がガサガサしたり、肌の保湿が大変…なんて方は多いでしょう。そこで、今日は、私が最近使いはじめた保湿アイテムをご紹介いたします。

いろいろ発売されていますが、多少高くともいいものを使いたいので、私はショップが近場にあるロクシタンで選んでます。まずもっとも使用頻度が高いのがハンドクリーム。10月末~11月限定アイテムのマーベラスフラワー、ルミナスリーフと、通常販売のピオニーの3種類を気分に応じて使ってます。お風呂上がりも本当に寒く、一気に水分を奪われること必至ですので、使用頻度は1日に1回と低いですがシャワージェル・ボディミルクも必須アイテムです。ちなみに、ハンドクリームのうちピオニーはこのセットに入ってました。

これ以外にも、ボディスクラブなどなど、いろいろ使ってみようと思います。

寒くて乾燥して、しんどい時期ではありますが、少しの工夫で、快適に過ごしたいものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加