酔いどれコンサル 中小企業診断士・中原央のブログ

舌癌と心筋梗塞を経験した日本酒大好きな経営コンサルタント 横浜の中小企業診断士 中原央が徒然につづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

調剤薬局は役立たず!

2015-07-23 21:27:29 | 病気治療・体のこと
のち うすく

後日談があるって書いておいて、すっかり忘れてしまった。

前回の記事の前に病院の眼科で診察を受けたあと、次の週にも予約があったので眼科を受診。
今回は何度かお目にかかったことのあるタケノコ先生と、その後ろにやや年かさの女医さんが…。いわゆる指導医ってお方?

「どうやら眼圧は落ち着いて、表面もきれいですね。 痛みの具合はいかがですか?」などと話しながらいつもの検査。
タケノコ先生と指導医の先生曰く、「あってほしいレベルよりも高めですから、眼圧を下げる目薬を変えてみましょう。これまでのタプロスってのからルミガンという、少し作用の強い薬に変えて様子を見ましょう」とのこと。

結局、この眼圧を下げるというのは、房水(ぼうすい=目の中の水)の産生を抑える、これを目玉の外に出す、という二つの作用を促すしかないんだって。
目薬で作用を促し、2つで足りなきゃそれぞれに強いのに変える、足す、という気の遠くなることを繰り返して行くんだってね。その第一歩として目薬を変えましょうというお話。

その処方箋をいつものように調剤薬局へFAX送信。この大学病院は16:30までなら薬剤師会のブースから、無料でFAX送信してくれるので、この点はとても助かってはいる。

さて、調剤薬局で受け取った目薬、ルミガンてのがこれ。


う~ん、キャップこそ違うけど、何やら瓶の色が毒々しい。正露丸かイソジンか。
なんかいい印象が持てなくて、ちょっと調べましたよ。

そうしたら「ヘルペス既往患者は角膜ヘルペス再発したとの報告があった」との記載が目について、「えっ? これって使えないんじゃないの?」


  (いわゆる説明書)



  (その個所の拡大)
「再発したとの報告があった」だけなので、ヘルペスにかかったことがある人みんなが再発するわけじゃないんだけど、でも、これってリスクのひとつでしょ? 免疫抑制剤を多めに使っているんだから、リスクは減らしたい。

さて、何で調剤薬局が役に立たないかってのが今日の本題(記事がマメじゃないから手間がかかった)。
これまでにかかった病気や、どんな薬を使っているのか、いわゆる患者情報ってのは全部メモにして調剤薬局に渡してあるんだけど、ここをスルーされてしまった。
画像付きの「お薬の説明」ってのももらったけど、これにも「ヘルペス既往・注意」というような記載は全くなし!

早い話が何の情報も把握していないし、患者のことなんて気にしていない。金とりゃそれでいいってことですよ。
ムダな医療費、薬剤費がかかるだけってことですな。

何のための薬歴管理なのかね。何のために、最初に既往症や薬剤アレルギーを書かせるんだろう。書かせるだけ書かせておいて、何もしない。これが調剤薬局の一般的なスタンスですな。

テレビ番組で「格好いい調剤薬局」なんてのをやっていたような気がするが、全国を見ても片手で足りるでしょ、そんなところ。

まあ、そう思って使い倒すしかないですな。
次の診察でタケノコ先生にも文句を言ってみた。そしたら知らなかったらしい。
「プロスタ製剤ですから、タプロスってのもリスクがあるんですよ」とのたまい、
「じゃあそれもこれもやめましょう。種類が減って、こっちもそのほうがいい。結果的に眼圧が上がっちゃうんなら、その時考えればいいんじゃないの?」と提案。

その結果寝る前の点眼と、日中の免疫抑制剤の2種類に減りました(とはいえ値段が高いんだよな。ホントぼったくるよな。タリムスなんてひと瓶965点を1週間に1本。タダじゃないんだからねっ!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステロイド点眼薬で目が見えなくなった  眼圧が60mmHGだって!

2015-06-15 16:08:37 | SLE・全身性エリテマトーデス


先月の記事で書いたように、どうも今年は目の調子がよろしくないんだぁ。
そんなんで市大病院の眼科でも固定客になっちゃって、実はことのところ1週間おき、月2回の通院を余儀なくされている。

予約時間から2時間たっても診察が始まらないからね…。時間がとっても無駄になっちゃう。
文句を言いつつも通ってはいるが先月の下旬、そう27日の水曜日の朝! 右目がほとんど見えない。薄い膜をかけた、オブラートでも載せちゃったかなって思うぐらい、光は感じるんだけど、モノがはっきり見えない。

左目もそこまでひどくはないが見えにくい状態になってしまった。その日は特段の約束はなかったから、急きょ大学病院へ飛んで行って予約外で診察。
検眼でも視力は取れず(右が0.4、左が0.7だったかな)、眼圧なんてのはなんと「60(mmHG・ミリメートル水銀柱)もありますよっ!」って担当したORTが大騒ぎ。

順番を飛ばしたんでしょう、すぐに診察となってけど、やっぱり精密でも右は58㍉、左が40㍉と高眼圧状態に。
でてきた若いJ太郎医師。検査機械を覗き込みながら、ピンポン玉みたいに硬くなっていますよ」って言うけど、「目が見えない、目が痛い、目が回る、気持ち悪い状態から解放してくれ!」ってのがこっちの願い。

「わかりました、ステロイド性だと思います。このサンベタゾン(参天製薬)てのをやめましょう」



でもこの目薬ってさ、ここの教授様が言うには「脂溶性で浸透が良く、深いところにまで効く。これまで使っていたフルメトロンよりは効きがいいし、表面を治療するならフルメトロンなので、両方使った方がいいんですよ」とのたまっていたんだ。
理由はどうあれステロイドを2つも使うなんて受容できない。一つにしてくれって言ったら、ではこのサンベタゾンを使ってくれということになったのさ!

そうしたら1週間もしないうちに目が見えなくなっちゃった。

まったくよう! ここの病院で処方したんじゃないか! と思わず文句を言っちゃったよ。
毎回、ドクターが入れ替わって、山のように量があるカルテを読んでいるの?って聞いたこともあるんだけど、「大丈夫です。中原さんのカルテはほかのドクターが書いた分も、ちゃんと読んでいますから」

「それよりステロイドをやめるだけでは眼圧はうまく下がらないと思いますので、薬を飲んでください。ダイアモックスという房水(目の中の水)を産生を抑えるのがありますから、これを内服してください」

まあいいや、じゃあそいつを飲みましょってなことで処方箋を受け取って何とか薬局へ。



そしたら帰り際、本日の担当医のJさん、「あまりにも眼圧が高いんで、なるべく早く、もう一度診察させてもらえませんかね。できれば金曜日、どんなに遅くても月曜日には時間がとれませんか」ってな話になってきた。
まあ60㍉ってのはすぐに視神経に変調をきたしてもおかしくないレベルらしいから、それじゃあ金曜日にしましょうってなことでとりあえず診察終了となりました。

そういえば検査したORTもあわてていたかならぁ。相当なんじゃないかな。でも目が痛いんで、この日はすぐにボルタレンを内服。薬局でダイアモックスってのを受け取り、すぐその場で1回分を内服。

夜になってもまだ見えないってのは変わらないからね。しばらく我慢しましょう。

ところが次の木曜日、お昼前ぐらいから、なんか気持ち悪くなり始め、体がすごくかったるい。夜になったらぐったぐだのよれよれ状態。食事もとれないくらい気持ちが悪く、さっさと寝ちまいました。

さてあけて金曜日の朝、目は見えるようになりました! はっきりと視界良好…、だけどうんと気持ちが悪い。眼圧が高くて気持ち悪いというのとまた違う。こりゃぁダイア何とかのせいだと決めつけ、朝の分は飲まずに眼科へ直行。

予約時間ちょっと前に着いたところすぐにJ太郎先生自分から呼びにきてくれた。
「目はどうですか? 痛くはないですか?」「痛みは治まったし、目もちゃんと見えるようになったけど、とにかく気持ちが悪いし、思いっきりだるい! 何とかゾールってのを飲んだ時とおんなじだから、今朝は内服していない」
そうしたら「それで結構です。副作用が強く出ているようですから、内服はやめましょう。眼圧は正常値に下がっていますから、タリムスと眼圧に効く目薬だけにして、次の専門外来で受診してください」

やれやれ、体を運んでくるのはこっちだからね。
まあ次まで、これで行きましょう(後日談あり)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高眼圧性の緑内障で失明のリスクが(SLEだからねぇ)

2015-05-04 00:38:15 | 病気治療・体のこと

極めて久しぶりだ。去年、秋口に入院した時に病院食をアップして以来だ。
こんなゴミブログでも(機械的なのかどうかは別にして)、いくつかの閲覧がある(らしい)。ありがたいことだ。

さて、その酔いどれもいくつかコンサルのリクエストがあって、多少は忙しくしていたんだが、膠原病の治療薬、ステロイド剤かはたまた免疫抑制剤か、そもそも膠原病からくるのかさもなきゃ体質なのか、眼圧(眼球の内側から外に向かって働く圧力)がかなり高いといわれてしまった。
近所の先生では手がないからと、結局横浜市大の眼科を紹介されて、膠原病治療のついでに市大病院の眼科で診察してもらうようになった。
そのタケノコ先生が言うにはこの眼圧が高いまんまだと視神経をやられて、失明してしまうらしい(緑内障ってやつ。知り合いのメガネ屋さん=ORTも同じことを言っていた)。

いつだったか涙がじゃぶじゃぶ出るのにドライアイって言われた記憶がある。特に最近、朝起きた時に目が痛く、あけると充血していて目ヤニも出ている。
近所の先生曰く「まあドライアイだから、それが普通でしょ」と切り捨てられてしまった。その先生に言わせても、この眼圧はほっとけないほど高いって診察(4月2日がMaxで、そのときは右が37mmHg、左が34mmHg)だったんだよね。

病院で処方された目薬なんだけど、これが高い! 一瓶5mlで965点。9,650円だよ。

タリムス

って、これは免疫抑制の目薬らしい。免疫抑制剤も内服しているんだけど、目には目薬!って言うことらしい。

もう一つ。これがしみるんだぁ。

コソプト点眼薬

目玉の中の水の産生を抑える効果がある。

画像は載せないけどその目玉の中の水を、外に出す作用がある目薬(タプロス)も使っている。
ステロイド剤の目薬、ドライアイ治療用の目薬と、結局6種類もの目薬を使わされているんだけど、この眼圧を抑える目薬っていうのは使い始めたら最後、それこそ目が見えなくなるまで使うようになるってな話だった。
一生のお付き合いってことのようだけど、あんまり嬉しくないなぁ…。

ここまでの病気って、やる気と気合と根性だけではどうにもならん。オカルトにならないレベルで、何か劇的な解決方法ってないのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立41 横浜市大病院福浦

2014-10-16 19:56:37 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝はいんげんの煮豆  ハモまんじゅう(って丸っこいはんぺんみたいなもの) チンゲン菜と春雨の炒め  みそ汁の具は白菜
生玉子を追加



お昼はとんかつ  奴豆腐にロースハムの厚みほどに細かくみじん切りにしたきゅうりとハム乗せ  千切りキャベツとトマト
デザートにアップルゼリーと我らがタカナシ牛乳(普段から飲みなれているからね。タカナシ牛乳大好き)
汁気がなくってとても食べにくかった。あとから春雨中華ワンタンスープを追加+サンドイッチ




夜はかしわ飯  鳥肉とゴボウの笹がき、細切れニンジンとシイタケで、薄味に炊きこんである。ちょっとご飯が柔らかいかなというところを除けば合格!
鰆の幽庵焼きに大根おろし 蕗の煮物におかか乗せ キュウリの塩漬けにのっぺい汁。今夜はマヨネーズ代わりにコールスローサラダをまぜたキャベツ千切りを追加。とりあえず腹いっぱいです~


今回の入院では食いっきりのお煎餅を発見。亀田製菓のサラダうす焼き


ブルボンのプチも好きなんだけどね。ローソンや病院の売店には置いていなかった。しばらくは亀田製菓を買っちゃいそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立40 横浜市大病院福浦

2014-10-15 19:47:02 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝はがんもの煮物  茹でブロッコリー  ほうれん草のうす醤油和え  たいみそパック  みそ汁は白ネギとわかめ
生玉子を追加



お昼は月見うどん  とろろとオクラサラダと白ネギを追加。さながら山菜とろろとうどんだね。 デザートはキウイとミカン




夜はサケのマリネ。小さくさいの目に刻んだ野菜と合わさっていた。キャベツの千切りを買っておいたので、そのパックにマリネをのせ、和風ドレッシングを追加してパックの中で混ぜまぜ。
これにゼンマイと油揚げの煮たもの(ほとんど味がない) 長いものとくさ煮  ふかひれ(らしい)スープ
とりあえず量だけは食った感はあるものの、入院してからやや大食いになって…、ちょっと物足りないかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立39 横浜市大病院福浦

2014-10-14 19:37:38 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



まず四角いのは、白身魚のすりに見運と細かく刻んだキャベツ、ニンジンにコーンを混ぜて薄く整形し、それを焼いたもの。いんげんのソテー
つぼ漬けにふりかけ  白ネギを足した納豆を追加  みそ汁の具はカブ




お昼は豪華にビーフシチュー、しかし肉が思いっきり堅い。患者は、病院というより介護施設かと勘違いしそうなくらい、動けない年寄りが多いからね。だから、堅いものを食わせて、あごを使わせようってことなのかね。
これにナス焼き  わかめとおかかにエノキを多めに、つくだ煮風に和えたもの。これはこれでご飯が進む。
今日はチョコマーブルパンを追加。



夜はメンチカツ  白菜のクリーム煮(ミルク?) ハッシュドコーンビーフ ビーフの前にコーンがついてる。
すましは麩が浮かび、底にはオクラが沈んでいて…。  デザートはオレンジでご機嫌。左に添えてあるのは期限切れから3日たったねばねばサラダ。

今日はこんなのがついていたが、あの手この手だね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立38 横浜市大病院福浦

2014-10-13 20:12:33 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝は中華風野菜炒め、温泉玉子にふりかけ  みそ汁は白ネギ  何かどんどん少なくなってくるのは気のせいか?




お昼はぶどうパンが2コ  鳥もものクリーム煮  千切りキャベツとトマト 玉ねぎスープ  杏仁豆腐
サンドイッチを追加  マグカップの中は、毎朝起きぬけに飲んでいるアールグレイティ。ちょっと優雅でしょ?




夜は鰆の香味焼き。勝手に想像するけど、みそにほんの少しだけ酒粕を混ぜて、それをつけたんじゃないかという風味。これに大根おろし(ミスマッチか)
焼き豆腐にひき肉の味噌炒めかけ  小松菜のおひたし カボチャの煮物
汁気が全くついていないので、あさりの味噌汁に刻みネギをたっぷり。納豆用に買っておいたのがまだあるからね。明日も楽しみだぁ。

さっき携帯から聞きなれないメロディが鳴ったので何かと思ったが、避難準備情報がエリアメールで届いた。初めて聞いたし、初めて見たね。
うちの近くも急傾斜地に指定されているところがあるからな。市役所のページはパンクしていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立37 横浜市大病院福浦

2014-10-12 19:17:46 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝はカレー風味の鶏肉団子、カブ(最初冬瓜かと思ったが、皮身がしっかりあったのでカブとわかった。冬瓜だったら季節もちょっと遅いよね)のかにくずあん、これにカブの葉がぱらり
茹でインゲン  細切れピーマンとシソの実の漬物




お昼はあげた白身魚を大根おろしと煮たもの  サツマイモと昆布の煮物  キャベツなどの塩もみ
ほうれん草と白ネギのたまごスープ(春雨って書いてあったけど、煮くずれてほとんどわからなかった)




夜は栗のお赤飯。おこわは食えないんだよな。だから納豆巻きを買っておいた。
これに松風焼きってのがあった。裏ごしした豆腐に、う~んと細かく刻んだキャベツと玉ねぎが少々混ぜ込んで焼いてある。わずかに甘く、わずかに苦かった。シイタケ、ニンジン、きぬさやが付いていたけど、クリも小豆もぱさぱさ(あたりまえだけど)、この松風ってものぱさぱさ。
残念ながら納豆巻きは冷蔵庫に入れておいたから、やや硬くなって…。結局こいつらを清ましとお茶で流し込んだ。まあ仕方がないね。
あとでシュークリームでも食いましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立36 横浜市大病院福浦

2014-10-11 19:07:26 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝はかりんと揚げってなっていたけど、棒状のさつま揚げみたいなものが出てきた。青菜(種類が分からない)の炒め(油なし)、もやしとニンジンの醤油和え、ナスの浅漬け3切れ、
みそ汁の具は白菜



お昼はバターロール2個にマカロニグラタン  赤ピーマンの超薄切りとブロッコリー、堅茹でたまごが半分にホタテのスープ
タカナシ牛乳にデザートは大好きなオレンジ。 足りないよね。追加は写真のとおりでございます…。




夜はまずロールキャベツ、豚肉の治部煮・豚肉に片栗粉をまぶして少しのたれで焼き(蒸し煮?) きんぴらに生野菜
野菜はレタスとトマト2切れ、これにキャベツの千切りを足したけど…。あとでワッフルでも食うか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の献立35 横浜市大病院福浦

2014-10-10 19:35:36 | 病気治療・体のこと
横浜の中小企業診断士 中原央です。

横浜市大病院(福浦)で出された今日の食事内容です。



朝は写真にある黄色いもの、メニューはプチオムレツってなってるけどしっとり感などまるでなく、まさしく玉子焼き。うらをひっくり返してみたら細かいニンジンがびっしり。表面とは裏腹に、ほとんど真っ赤だった。ついでにグリーンピースが3個。
高菜とニンジンのおひたし、それにオクラ。お倉は辛し和えってなっていたので、めかぶサラダに混ぜちゃった。
みそ汁の具は珍しくシメジと玉ねぎ。めったに出ないんだよね。



お昼はうどん! サトイモ、ダイコン、豚肉、ニンジンが出しで煮込んであり、まあまあのお味。海藻と大根のサラダが残っていたんで、まずワカメやめかぶの細切りを入れて、めんとさといも、ニンジンを食ってから、レタスや大根の千切りを入れちゃった。ボリュームはあったけど、プラス25kcalだからね。健康的だ。
右の四角いのは「擬製豆腐銀あんかけ」。ニンジン、サトイモ、シイタケを「これでもか!」ってくらい細かく刻んで、裏ごしした豆腐に混ぜて成型してあった。
裏ごしは水気をなくすためだよね。おからも少し入っているような気もしたが、気のせいかな?
デザートはかき。かきは好きだね。いくら食っても飽きない。半分じゃなく、せめて丸ごと1個出してくれないかな。ネーブルもいいなぁ。また出ないかな。




夜はぶりの照り焼きに大根おろし  これに麻婆春雨とかぼちゃサラダ  麻婆(マーボーって「あさばばあ」って入力すると一発変換)と言っても真っ赤じゃないから何とか食べられた。
今日は女房がいろいろと持ってきた。そこでやまと芋に生玉子! ちょっとこってりの食感が好きなんでよかった。満足、満足。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加