レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

真田丸 第2回

2016年01月17日 18時41分55秒 | 2016年ドラマ

 


「決断」

内容
織田家の侵攻で、昌幸(草刈正雄)は、岩櫃城へ落ち延びることを決断。
新府を放棄した勝頼(平岳大)は、昌幸が進言した岩櫃城ではなく、
小山田信茂(温水洋一)の進言で岩殿城へと向かうのだが。。。

信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)ら真田家の面々は、岩櫃城へ急いでいた。
愚痴る母・薫(高畑淳子)らをなだめつつ、姉・松(木村佳乃)の物見で
先へと進むのだが、落武者狩りに遭い、苦戦していた。

一方、岩殿へと向かっていた勝頼は、
織田家・滝川一益(段田安則)の追撃を受け、ついに自刃する。

そのころ、佐助(藤井隆)からしらせを受けた昌幸は。。。。

信幸、信繁の考えで、百姓の姿に身をやつし逃げていたのだが、
小山田八左衛門(八田浩司)に見つかってしまう。
不穏な空気を感じ取った信繁は、それを信幸に伝える。
やがて、八左衛門は刀を抜き襲いかかってくるのだが。。。。

敬称略


メインである“真田家”を描きつつ、

“宿敵”の徳川家康も丁寧に描いた感じですね。

で。。。比較対象のひとつである“織田家”も。


かなり丁寧に魅せていますね。

それも、ドラマらしさ。。。緩急もシッカリ付けているし。

本当に俳優も良いし。

脚本、演出、俳優が、三位一体で噛み合っている。


しっかし、まさか、ラスト。。。あんな見せ方をするとは!(笑)


前回は、説明染みた部分はあったモノの、

今回は、そのあたりを少なくしつつ、

今作の見せ方、魅せ方を、ハッキリ見せた感じかな。


これは、イケるかも。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手裏剣戦隊ニンニンジャー44+... | トップ | 家族ノカタチ 第1話 »

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第2回「決断」感想 馬鹿でマヌケな鈴虫が、慎重で懸命な真田信幸を (しっとう?岩田亜矢那)
その鈴虫が、CSテレ朝チャンネルで再々再々再々放送してる 「水曜どうでしょうClassic」の「試験にでる日本史」でちょうど 長篠の合戦から天目山の戦いをやっていた。 勿論、いつもの様に安田くんが全問正解出来ず、 四国でお遍路さんをする羽目になるのであるが。 ま....
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い2勝頼ついに追い込まれ自害して武田家滅亡!昌幸は真田家存亡を掛けて信長と交渉する決意を... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第2話は新府を脱出した信繁、信幸だったが、上州岩櫃城へと向かうが、道中で山賊に続々襲われて百姓の姿にならなければならないほどだった。そんな中勝頼は ...
大河ドラマ「真田丸」 #02 決断 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
オープニングの映像は毎回違うんですね。 信繁たちは無事に岩櫃城に到着できるんでしょうか。
大河ドラマ「真田丸」第2回 (日々“是”精進! ver.F)
織田に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601170000/ 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック価格:1,080円(税込、送料込)
真田丸 第2回「決断」 (あしたまにあーな)
本格的に始まった物語ですが、前回の終わりに哀愁漂う姿で敗走していた武田勝頼の続報から始まります。小山田信茂に裏切られ手勢もほとんどいなくなってしまったかつての甲斐の大名の姿はもはやありませんでした。見ていてこちらの方が胸が苦しくなるくらいで、先祖が自害...
くろかみのみだれたるよぞはてしなきおもいにきゆるつゆのたまのお(堺雅人)小山田信茂、お前もか(平岳大) (キッドのブログinココログ)
「大将が馬鹿だから・・・戦ができない」 皆が口を揃えて言うのは・・・後ろめたいからである。 少なくとも・・・異母弟の仁科盛信は武田勝頼のために信州高遠城で織田信忠の降伏勧告を拒絶した。 土屋昌恒は勝頼の自害の時を稼ぐために片手で千人斬った後に討ち死にする...
【真田丸】第2回 「決断」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、父・昌幸(草刈正雄)の待つ上州・岩櫃城へと向かう。しかし、そこには野盗の群れが待ち構えていた。 一方、勝頼(平岳大)は家臣たちの裏切りにあい、武田家は滅亡する。 徳川家康(内野聖陽)...
真田丸 第2回「決断」〜勝頼、梅雪、小山田、家康、母上……すべての登場人物に愛情が注がれている (平成エンタメ研究所)
 岩櫃城に向かう真田家御一行。  今回はこれをしっかり描いた。  これなんですよね〜  今までの大河ドラマだったら絶対、端折って、第二話は岩櫃城に到着している所から始まっていた。  ところが今作は到着するまでの過程をしっかり描いた。  それはどんな感じかと...
真田丸 第2話「決断」 (昼寝の時間)
公式サイト 信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、
真田丸 第二回「決断」 (事務職員へのこの1冊)
第一回「脱出」はこちら。前回の視聴率は19.9%と予想を上回った。わたしみたいに去年は無視を決めこみ、今年はうきうきと待ち望んでいた大河ファンが多かったのだろう。ネットで大河ドラマを検索していると、もう「花燃ゆ」はすっかり無かったことになっているのが笑え...
【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪「決断」 (ショコラの日記帳・別館)
「決断」 第2回の視聴率は、初回の19.9%より少し上がって、20.1%(関東)
【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪... (ショコラの日記帳)
「決断」第2回の視聴率は、初回の19.9%より少し上がって、20.1%(関東)でした♪第2回は下がる事が多いのに、上がって大台を超えるなんて、すごいです♪(^^)大河ドラマの20%超えは...
大河ドラマ 真田丸 第2回 決断 (架空と現実の雑記帳)
三谷幸喜さんが新聞に連載しているコラムによると、今回の大河ドラマでは状況説明を減らしているとのこと。 わからないところは自分で調べる。調べる楽しさを味わってほしいそう。
真田丸「決断」 (のほほん便り)
2話目にして、20%超え… 快挙!ですね。 それにしても、真田一家の逃避行は、どこかコミカル。 母君(高畑淳子)が、随所で駄々をこねたり、ワガママ放題。追手の目眩ましに、着物類を撒き餌(?)にしたり、百姓一行に化けたり、 助けがきた、と思ってホッと...