レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

家族ノカタチ 第1話

2016年01月17日 22時06分46秒 | 2016年ドラマ


「結婚しない息子と娘vs超破天荒な父と母」

内容
マンションの前で微笑む永里大介(香取慎吾)
その日は、念願だったマンションを購入し、引っ越しの日だった。
だが。。。頭上に落ちてくる女性用のガードル!?
親切に届けに行ったのだが。。。。強引に奪われ、すぐに扉が閉ざされる。
とはいえ。引っ越しを終え、大満足の大介。
それは、39歳独身、念願の“俺ひとりの空間”を手に入れた笑顔だった。

出社した熊谷葉菜子(上野樹里)は、部下・田中莉奈(水原希子)のミスを指摘。
注意するのだが。。。。どうも。。。。

同僚の佐々木彰一(荒川良々)から合コンに誘われる大介。
しかし、大介は拒絶。ジムがあるからと
「俺には俺がいる。
 俺の世話は俺がする
 俺の趣味は俺と楽しむ
 俺の家族は俺ひとりで十分
 ひとりでいいの?じゃなくて、
 ひとりがいいの。」


ジムでひと汗かいたあと、バーで一杯した大介。
家に帰ると、サイレンが鳴り響いていた。
どうやら、大介の住むマンションで何かがあったよう。
ふと、横を見ると、昨夜の女・葉菜子の姿があった。
507号室だという葉菜子は、自分の部屋かもと口にする。
ちょうど下の部屋の407号室が、大介の部屋だっただめ、
様々な注意を葉菜子にし始めたところ。。。。消防士に連れられ出てきたのは、
大介の父・陽三(西田敏行)だった。
ベランダでくん製を作っていたという要介から、
いきなり、“弟”の浩太(高田彪我)を紹介されるのだった。
先月、恵(水野美紀)と再婚し、浩太は連れ子。
が。。その恵が、フラッと出ていったっきり。。。東京に居るらしい。
捜すのを兼ねて、一緒に住まわせて欲しいという。
拒否しても、居座られてしまい、すぐに追い出そうと目論見はじめる大介。

そんななか、仕事でデパートにいた大介は、
偶然、元カノの大野美佳(観月ありさ)と再会する。
仕事では妙なクレーマーに悩まされていたが、
久々に笑顔になるのだった。

一方、上司の田中伸明(入江雅人)から、莉奈が辞めると言ってると聞く葉菜子。
謝って欲しいと言われ、戸惑っていた。
同僚の山根さとり(柳原可奈子)に相談したところ。。。

マンションに帰ってきた葉菜子は、
大介の部屋からカラオケが聞こえていることに気づき、クレームを考える。
すると、後ろから声をかけられる。。。母・律子(風吹ジュン)だった。

敬称略


脚本は、後藤法子さん

監督は、平野俊一さん

 

親子とは?家族とは?結婚とは?

ってのを描くらしい。

う〜〜ん。。。。

ヒトコトで言えば、欲張り過ぎだね。

実際、描いていることも多ければ、設定も多種多様。

そして。基本ダブル主人公のこともあって、俳優が、あり得ないほど多い。

これで話が、ぼやけない方が、オカシイよね(苦笑)

セリフも、延々と並び立てているだけだし。


結末が、どこか?は別の話として。

シンプルに恋バナにしちゃえば、よかっただろうに。

昨年の他局で放送された《デート》のように。


いろいろ描きすぎていることもあって、

どの部分を楽しめば良いのかが、ほんとうによく分からなかった。

っていうか
セリフの並べすぎで、“間”がほとんど無いため。

徐々に、耳障りになって、途中で飽きてしまった。


もう手遅れの可能性が高いですが。

せめて、編集で。。。。テーマを絞るべきですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸 第2回 | トップ | あさが来た 第91回 »

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「家族ノカタチ」おひとりさま家族の形1大介はようやく手に入れたマンションに親父が乗り込んできて静かなおひとりさま生活は一瞬で... (オールマイティにコメンテート)
「家族ノカタチ」は39歳の独身男と32歳のバツイチ女がそれぞれの立場から家族のかたちを見つけていくストーリーである。1人でいたい男と女にとって家族とはどういうかたちに ...
家族ノカタチ #01 (ぐ〜たらにっき)
『結婚しない息子と娘vs超破天荒な父と母』
家族ノカタチ (第1話 / 初回15分拡大・2016/1/17) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系・日曜劇場『家族ノカタチ』(公式) 第1話 / 初回15分拡大『結婚しない息子と娘VS超破天荒な父と母』の感想。 大介(香取慎吾)は、文具メーカーに勤める39歳の独身男性。一人で行動することを好む彼は、念願だったマンションを購入した。...
家族ノカタチ 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
文具メーカーに勤務する39歳独身の永里大介(香取慎吾)は、長年の努力のかいあって念願のマンションを購入します。 大介は、荷物の運搬作業中に上から落ちて来た1枚のガードルを、ベランダから覗き込む5階の女性(上野樹里)の部屋に届けますが、乱暴にガードルを取ら...
家族ノカタチ「結婚しない息子と娘VS超破天荒な父と母」 (のほほん便り)
結婚することが当たり前でなくなった現代に、親子、家族、結婚とは何かを問うホームドラマ とにかく、キャスティングが豪華! 香取慎吾、上野樹里、風吹ジュン、西田敏行と芸達者達が演じるので、安心して観ていられるのですが、 意欲的すぎて、やや問題山積状態...
家族ノカタチ 第1話 (ドラマハンティングP2G)
第1話「結婚しない息子と娘VS超破天荒な父と母」2016.1.17 OnAir ある日―― それは文具メーカーに勤める39歳独身・永里大介(香取慎吾)にとって、待ちわびた日だった。長年の努力が結実し、遂に念願のマンションを購入したのだ。業者との荷物の運搬作業中に、空から1枚...
「家族ノカタチ」1 ☆☆ (ドラマでポン)
等身大のシンゴちゃんをドラマで初めて見てる感じ。いいじゃんこの役、不機嫌で神経質なの似合ってますよ。主人公大介(香取慎吾)はひとりが大好き。体を鍛え趣味に生き、文具メ ...
家族ノカタチ(香取慎吾)煩わしいのはお前だけじゃない(上野樹里) (キッドのブログinココログ)
二月の谷間である。 ホームドラマはお茶の間とともにあるわけで・・・「家庭」というものにはまだ需要があるらしい。 「家」に「庭」があるのは豊かなことであるが・・・「都会」と「田舎」では事情が違う。 都会にも「家庭」はあるが・・・「家」だけだったり、「部屋」...