レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

真田丸 第9回

2016年03月06日 18時50分51秒 | 2016年ドラマ


『駆引』
「駆引~命と戦」

内容
越後・上杉へと進む北条の矛先を、奇策で甲斐・徳川へ向けた昌幸(草刈正雄)
思わぬ謀に、信繁(堺雅人)信幸(大泉洋)は愕然とする。
そして昌幸は、信濃から周辺の大名を追い出し、国衆による国造りを目指すと、
息子達。。。出浦(寺島進)に打ち明ける。
だがその考えには、室賀(西村雅彦)の協力が必要だった。

一方で、信繁は、昌幸の謀に納得出来ずにいた。
そんな悩む信繁に、梅(黒木華)が。。。。

敬称略


↑ワザと削除している部分がいくつか有るが。

でも、本編は、こんなところだ。


ナレーションのクドサはともかく。

話自体は、地図をつかいながら、分かりやすく描いている。

全般的に、いい感じなのだが。

少し気になったのは、昌幸が、ほぼ主人公のハズなのに。

ドラマとして、どうも、描けているようで、描けていないことだ。


事実云々や演出については、横に置いておくとして。

問題は、あまりにも詰めこみすぎていること。

そのため、ドラマを描かずに、

淡々と事象だけを描いているだけに見えてしまっているのだ。

たしかに、ラストのナレーションを考えれば、

短時間に、いろいろなことが起きたことを、

一気に描くことで魅せたかったのだろう。

それ自体は間違っているとは思いませんが、さすがに、詰め込み過ぎ。

三面作戦いや。。。地元も含めれば、四面作戦なのだが。

それらを描こうとするため、ドラマになっていない。

これでは、NHKの歴史物の番組内の、再現ドラマのよう。

簡単に言えば、

ナレーションがなければ、ほぼ成立していないのである。


実際、前回にしても、似たような部分が有ったんだけどね。

これ思うんだけど。

ナレーションを、ここまで入れるならば、

真田以外のドラマを、もっと削除すべきじゃ?????

たとえ、徳川であってもだ。

このままだと、悪循環に陥るような気がする。


見ているとね。

力が入りすぎて、全く数字がついて来なくなった《大河》を彷彿とさせている。

作品名については書きませんけど。。。。

取捨選択が出来ていない歴史ドラマは、ダメッてこと。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物戦隊ジュウオウジャー4+仮... | トップ | 家族ノカタチ 第8話 »

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第9回「駆引」感想 信幸の妻「おこう」を演じる長野里美は54歳! (しっとう?岩田亜矢那)
この当時、信幸は24歳。 現在の妻の「おこう」後の清音院殿って現時点でいったい幾つなんだろう? まるでドリフコントで志村けんが演じる、もう直ぐ死にそうなおばあさんのよう。 弟の信繁が黒木華&長澤まさみと言う正反対のタイプの美女にモテモテの中、 信幸の妻を....
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い9昌幸は自らが大名となる事で信濃と上野を纏める事に成功し家康に味方するも北条とまさかの... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第9話は北条軍を南下させる事成功した昌幸は今度は国衆だけで国を纏めようと奔走する。しかし国衆だけよりも昌幸を大名として纏まった方が良いとなり昌幸が ...
大河ドラマ「真田丸」 #09 駆引 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
真田の駆け引きが。 大名相手の駆け引きが始まる・・・。のか??
大河ドラマ「真田丸」第9回 (日々“是”精進! ver.F)
腹をくくった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603060000/ 真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]価格:1,188円(税込、送料込)
真田丸 第9回「駆引」 (あしたまにあーな)
前回までの昌幸の調略によって信濃は大名が不在の土地になり、その土地を脅かす北条が甲斐にいる徳川へ軍勢を向けしばらくは安泰の状態になります。ここで昌幸は、小県の国衆と共同で信濃の国を治めようと画策し、室賀に働きかけを行い、結果として室賀を味方に付けること...
真田丸 第九回 「駆引」」 (事務職員へのこの1冊)
第八回「調略」はこちら。 前回の視聴率は17.1%。ハードな内容のわりには落ちが少なかった。だけでなく、真田パパ(草刈正雄)のどす黒さが大評判(ネガティブなのも含めて)。およそここまで善人面してヒールな主人公の大河ってあっただろうか。昨夜は、城マニア小学...
【真田丸】第9回 「駆引」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
北条・上杉の双方を信濃から撤退させることに成功した昌幸(草刈正雄)は、自らが大名となるべきか、あるいは国衆たちによる独立国家を作るべきか、大きな決断を迫られていた。 いずれにしても、反目する室賀正武(西村雅彦)の協力が不可欠であった。 一方、信繁(堺雅...
それが善なのか悪なのか決めるのはあなた(長澤まさみ) (キッドのブログinココログ)
歴史に詳しいという立場というものは非常に微妙なものだ。 なにしろ・・・日本でさえ・・・すでに千年以上の歴史がある。 いまだに人生は百年足らずであり・・・どうあがいても・・・千年の歴史を学ぶことはできない。 基本的に・・・歴史に詳しい歴史学者でさえ・・・本...
真田丸「駆引」 (のほほん便り)
いよいよ、空白地帯になった信濃を巡り、戦国大名達の駆け引きが始まり、 前回、少年・信繁(堺雅人)が大人達のブラックな側面、というか春日殿、磔の悲劇に、パパ不審に陥り、さらには「お前は優しすぎる」と指摘され、むくれてたものの、周囲のフォロー… 大人達...
真田丸 第9回「駆引」~戦って、勝てばそれでよいのですか? 大事なのは人の命をできる限り損なわないこと (平成エンタメ研究所)
 相変わらず難しい舵取りをしている昌幸(草刈正雄)が率いる真田丸。  ちょっと舵取りを間違えば、激流に飲み込まれてしまう。  今回は、徳川と北条を相手にした大勝負!  窮地に追い込まれた徳川に味方することで、信濃と上野の本領を安堵させた。 「北条に泡を食....
大河ドラマ 真田丸 第9回「駆引」 梅ちゃん聡明すぎる (架空と現実の雑記帳)
固い結束があった真田ファミリーでしたが、春日信達謀殺の一件で信繁(堺雅人)と昌幸父さん(草刈正雄)の間に亀裂が生じはじめました.見かねた高梨(中原丈雄)が「気落ちしている信繁様の傍に居てさしあげるように」と娘の〔きり〕(長澤まさみ)に命じていたけれど、...
真田丸 第9話「駆引」 (昼寝の時間)
公式サイト 北条・上杉の双方を信濃から撤退させることに成功した昌幸(草刈正雄)は
真田丸 第9回「駆け引き」途中からですが見... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
時間も無いのですごく簡単感想になりますが ちょっと書かせてくださいませm(__)mいやもう、昌幸お父さんも食えない人だけど周囲の大名さんたちも動きが読めませんよね~~!!もう毎...
【真田丸】第9回(3/6)プチ感想と視聴率「駆引」 (ショコラの日記帳・別館)
「駆引」 第9回の関東の視聴率は、前回の17.1%より下がって、16.6%。最低
【真田丸】第9回(3/6)プチ感想と視聴率「駆引」 (ショコラの日記帳)
「駆引」第9回の関東の視聴率は、前回の17.1%より下がって、16.6%。最低視聴率でした(汗)関西は、「週間テレビ視聴率ランキングベスト20」に入っていなかったようなので、第9回の視聴...