レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花燃ゆ 第二十回

2015年05月17日 18時41分28秒 | 2015年ドラマ

『松陰、復活!』
「松陰、復活!松下村塾の双璧とその妻が逆転ねらう」

内容
伊之助(大沢たかお)久坂(東出昌大)らに突き上げられた周布(石丸幹二)は、
破約攘夷に向けて動くべきと藩主・敬親(北大路欣也)に上申する。
そして久坂の謹慎がとかれる。
その直後、上海より帰国した高杉(高良健吾)が
文(井上真央)らに挨拶を済ませ、妻のことを頼み。。。。。京に到着。
高杉は、藩主・敬親に清国の現状を伝え、攘夷を訴え出るのだった。

そんな折、文は、寿(優香)の息子が、松陰の本に興味を持っていると知る。

敬称略


いったい。。。。誰が主人公???

まさに、そんな状態になりつつありますね。

今までにも増して。


ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Go!プリンセスプリキュア... | トップ | 天皇の料理番 episode4 »

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【 花燃ゆ 】第20回 「松陰、復活」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
上海から高杉晋作(高良健吾)が萩に戻り、毛利敬親(北大路欣也)に提言し 異国の脅威を訴える。 また小田村伊之助(大沢たかお)は、毛利家の一族で領地を分け与えられている 4つの支藩を訪ね、政策の一致団結を目指して駆け回っていた。 夫の帰りを待つ文(井上...
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹20文らは松陰の除名解除を訴え解除され名誉回復し玄瑞らは攘夷の狼煙を決行した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第20話は久坂の直談判で長州藩は攘夷へと舵を切る事にした。藩を纏める為に伊之助が奔走し、藩士らを説得して藩を1つに纏めた。一方久坂は京で芸子の辰路と ...
〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第20回「松陰、復活!」感想  井上真央ってタモリ? (しっとう?岩田亜矢那)
第二部「激動の幕末編」に突入して、 主人公が吉田松陰から久坂玄瑞に交代したばかりなのに タイトルが「松陰、復活!」て。。。 えっ、主人公ってやっぱり文なの? 井上真央って「世にも奇妙な物語」のタモリみたいに、 物語には直接関係の無いけど、前後にちょこっと....
大河ドラマ「花燃ゆ」 #20 松陰、復活 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
長州藩は破約攘夷論へ。
「花燃ゆ」 第20回、松陰、復活! (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第20回、松陰、復活! 松陰の名誉回復というわけですな。 まあ、今後も上がったり下がったりしそうですが。 長州藩は破約攘夷の方針となります。
花燃ゆ 第20回「松陰、復活!」~雑なドラマですね。視聴者の補完にも限界がある (平成エンタメ研究所)
 全体的に?雑なドラマ?ですね。  久坂玄瑞(東出昌大)と高杉晋作(高良健吾)。  松陰(伊勢谷友介)に育てられたふたりの弟子たち。  今回はそんなふたりと、松陰の言葉や書物が今も影響力をもって生きていることが描かれたわけですが、?雑?な感じが否めない。  ...
【花燃ゆ】第20回感想と視聴率最低「松陰、... (ショコラの日記帳)
副題「松陰、復活!」新聞ラテ「松陰、復活!松下村塾の双璧とその妻が逆転ねらう」第20回の視聴率は、前回の11.1%より下がって、9.4%(関東)。最低視聴率でした(汗)統一地方選のた...