マサコデグブログ

masakodegu blog
~ノルウェージャンフォレストキャットRとイラストレーター挑戦のDiary~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遺伝レベルなかおりに…

2016-12-06 | Column
まめ坊は只今小学3年生の9歳です。

3年生になった頃からお風呂上がりにドライヤーで髪を乾かす時に、ふわ〜んと不思議な匂いがするようになりました。
臭い訳ではないのですがちょっと私には苦手な匂いで…髪を2度洗いさせてみたり、耳を綿棒で掃除したりするのですが、一行になおりません。
クラスのお友達に臭いと思われたらいやですしね。
これまでずっと無臭で、近付くと洗濯洗剤の香りがしていた彼なので、体調でも悪いのかと心配になったりもしましたが…
…でも、どうも「クサイ」と感じるのは私だけのようで、夫もまめ次郎も「そう?別に」といった感じなのです。

先日もいつものように髪をドライヤーで乾かしながら、まめ坊のその不思議な匂いを嗅いでいたら、ふんわりと昔昔の記憶が蘇ってきたのです。
それは…私と兄が子供の頃の記憶!
まめ坊の匂いは私の兄の匂いと同じ(系統)だと分かったのです。


MHC遺伝子についてご存知でしょうか。
略さないでいうとMajor Histocompatibility Complexといって免疫を司る遺伝子の値のことです。
この値が遠いほど異性としての相性が良く、近ければ相性が悪いと言われているのです。
これは体臭にも関わっているそうで、自分とかけ離れた遺伝子(匂い)の異性ほど魅力を感じるという実験結果が実際にあるそうです。

そうです、まめ坊と私は親子なので遺伝子の値が近く男女の関係はあり得ない間柄。すなわち、異性としての相性が悪いと言えるわけです。
兄と私も然り。
同性である夫とまめ次郎に、まめ坊をクンクンしてもらってもクサイと思わないことにも納得です。


そんな結論に達しひとりで納得しながら、そういえば…
夫と出会った頃、男臭い見た目によらない無臭さを好きになり結婚した私でしたが…10年くらい前から気になり出したのですよ、彼の匂いが…

MHC遺伝子が成長や加齢によって変わるとは思えないので、出会った若い頃は成長が止まって丁度無臭時代だっただけで…今おじさんになっておじさん臭がし始めて本来の匂いが出ているのかも⁈
もしそうなら、小中学生の頃に彼と出会っていたら好きになってなどいなかったのかもしれませんね。笑
↑個人的な見解です

まめ坊と夫のことばかり言ってますけど、かくいう私もアラフォーの身。
おばさん臭出ないように気をつけたいと思います。(^◇^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

I LOVE MACHIDA

2016-10-21 | Diary
去年あたりから、あるサイトを通してイラストを販売させていただいてます。
そこで私のイラストを見つけてくださったお客様Mさんがブログで、私の紹介してくださいました。

町田に骨を埋めることになりまして

町田のステキなところをいっぱい紹介されているMさんのブログ、内容も文章も素晴らしいのでサクサクどんどん読み進めちゃえます。

町田といえば、従姉妹のSちゃんの実家が近いのでまだボーイズが生まれていない頃に遊びに行ったことを思い出します。
思えば、もう10年以上前…
中国茶のカフェはステキだったし、散歩しながら何気なく買ったクレープは大きかったなぁ〜…


Mさんのブログで予習させてもらって、また遊びに行きたいな。(*^_^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016夏 帰省 vol.2 伊東〜熱海〜蕎麦処多賀

2016-08-24 | Diary
伊東温泉で1泊し、翌朝は近くの海でちょっとだけ水遊び。


ウニがいました。

食べたい…


その後、サイクルスポーツセンターへ。
むか〜し昔、私も小さい頃遊んだ記憶があります。今では古い施設になっていたけど、体をたくさん動かせてボーイズはかなり楽しめた様子でした。








さて、そろそろさいたまへ向かおうかと海岸沿いを走っていると、途中で見るからに美味しそうな佇まいのお蕎麦屋さん発見。

蕎麦処 多賀


おつゆを付けなくても、香りだけでそのままいただけそうな程美味しいツヤツヤのお蕎麦。

「このそばは美味しい!2枚にすれば良かった」と、味の分かる男まめ次郎6歳

肘ついて食べちゃダメだってば❗️( ̄Д ̄)ノ


海岸沿いを東京方面に進みます。
海って広いね〜!!



なんてはしゃいだことを言えていたのも束の間…その後、海水浴帰りの人達と重なり海老名まで大渋滞。
不穏な空気漂いながら、時速0〜10kmでチビチビと車は進み、結局到着は予定時間を3時間以上過ぎた夜でした。
行きも帰りも渋滞に巻き込まれた父が1番気の毒…(^_^;)


三島〜伊東〜熱海の旅は終わり、実家暮らしINさいたま編に続きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016夏 帰省 vol 1

2016-08-09 | Diary
年に2度の帰省の時期。
今回は静岡の三島で父と待ち合わせし、伊東温泉で1泊してから実家のさいたまに向かうことになりました。

三島駅からすぐの駿東郡清水町は私が幼稚園から小学校2年の2学期まで住んでいたところです。
何度も来ているはずの三島駅ですが、全く記憶にない…



車で向かい渋滞に巻き込まれた父を待つ時間に食べた三島駅前のお弁当屋さんの抹茶ソフトクリームが大袈裟じゃなく過去最高の美味しさでした。
抹茶分がとにかく多くてカーブにヒビ割れが出来る程濃いっ!
行かれる方はぜひ!!

予定時刻より3時間ほどオーバーし到着した父と合流して、柿田川公園へ。

柿田川の湧水の透明度といったらすごいです。
それに真夏でもキンキンに冷たい!

昔は今の公園のように整備されてなかったので景色は随分変わりましたが、それでも水の綺麗さは記憶のままです。




湧水を汲んで飲み水に出来るスポットもあります。

沼津港に移動し…


綾瀬はるかが来店したというこちらのお店で

ウニ丼2000円也!

うまいっ!!!

旅はまだ続きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

15歳のノルウェージャン

2016-07-27 | 愛猫R
R、元気です。


昨年秋ごろから家中で粗相を繰り返すRに疲れ果てていた私でしたが、あれから玄関横にある土間をRの部屋にし、夜は自室で寝てもらうことにして以来、掃除に時間を費やすこともあまりなくなりました。
それ以外は、ご飯の好き嫌いが激しくなったくらいで猫介護はさほどでもなくなっています。


以前ほどご飯を食べないので、体重は以前の半分以下です。
毛がフサフサなので、見た目ではそれほど分からないからいいですよね、猫は。笑


そんなR、天気のいい日は庭に出て草を食べたり、風を感じたりすることが大好きです。
梅雨の中休み、晴れ間が広がった先日も、カメの水を替えついでに庭に出してあげることに。



その日はボーイズが居る日曜日。
いつもの如くバタバタしているといつの間にかRを庭に出していることを忘れていました。
お昼に仕事から帰宅した夫の「あれ?Rくんは?」の言葉で思い出し、庭を見渡してみたのですが…
Rの姿がありません。

それから4人で近所を探し回り…それでも見つからず、まさか交通事故に⁉︎と、いよいよ心配になり大きい道路まで探しに行きましたが…猫煎餅は落ちておらず一安心…
…しつつも、Rは15歳。猫は自分の死期が近づくと自ら姿を消すと聞くし…もしかしたらもう帰って来ないつもりじゃ⁉︎Σ(゚д゚ll…ノルウェージャンの平均寿命ってどのくらい?…やっぱりこれってもしかして…⁈
などとヤキモキヤキモキすること1時間。

ひょっこり帰ってきました。
「あお!」といつもの変な挨拶しながら…




愛猫家の常識的な考え方としては、飼い猫は外に出してはいけない、というのが当たり前になっています。
Rも15年間家と庭以外は行ったことのない箱入り息子としてやってきました。(随分昔にも1.2度脱走し隣の林にいたことがあるのでほぼ出たことがないというのが本当ですが)
それが猫にとっても人間にとっても幸せなのだと信じて。

でも、本当のことは正直、今は分かりません。
15年間ずっと、家の中から外をじっと眺めるRを見てきましたから…
人間と猫がいい関係で暮らす為には、猫は家の中だけで飼うのがベストというのはもちろん承知していますけどね。


安全で長生き出来る生き方と、危険で短命かもしれないけれど自由な生き方。
どちらの生き方がRはよかったのかな?…
…などとぼんやり考えてみる夏の夜です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加