スシの暗黒狂

挫折した理系人の狂的科学空間

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

工学部はそれほど難解か?

2006-10-27 00:27:06 | 科学・技術・教育
工学部の志願者半減のニュースであるが、以前書いたエントリこのエントリにも書いたとおり、この問題の解決には理工系人材のいっそうの地位向上以外ありえない。

幸い、先日このような判決もでており、少しずつではあるが状況は改善されつつある。
この流れを絶たないようにさらなる地位向上がなされていけば自然と工学部や技術者へ人は戻ってくる。
この流れを大切にしていきたい。

それと若い人の実利思考に訴えるというなら、工学部は最も実利に適しているとアピールできるはずだ。
例えば、今日本で一番ブイブイ言わせている企業、トヨタとかキャノンとかに就職したいのであれば、工学部が一番近道ですよ、という言い方だってできるだろう。
知恵と工夫のしどころは沢山あるはずだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前エントリの続き | トップ | まだまだ続く履修問題 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

科学・技術・教育」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

工学部だけの問題ではない (薄唇短舌)
大学工学部 志望者10年で半減 来春大急ぎで組織改変へ 工学部出身としては嘆かわ
理工学部の連帯の必要性 (理系の連帯ブログ)
理工学部の不人気を解消するには、理工学部の連帯が重要である。すなわち、各大学の理工学部が連帯して、卒業生の地位を高めるような支援活動を行なう必要がある。