メリークリスマス☆


桃の静止画を撮影することが出来ました。
というのも、
桃の写真は顔が消えていたり、
飛び立った後の足だけどか
全部ブレているからです。

hanaを寝かしつけた後、まったりしている時に
私の手で服の中に誘ったら、入ってきてくれました。
ときどき様子をうかがうため、顔を出します。
かわいいです。


さて、昨日はクリスマスイヴでしたが
いかがお過ごしでしたか?

我が家はhanaがケーキケーキ!ケーキが食べたい!!というので
夕方から作り始め、夕食を食べ終えてからデコレーションしましたが・・・
出来上がりを待たずに寝てしまいました。


Merry Christmas & Happy New Year


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

桃が来て一年経ちました

一年前の不安げな桃


昨日12月20日は、
桃が我が家の一員となってからちょうど一周年でした。

鳴き声がまったく銀のコピーなので
いまだに「銀ちゃん」と呼び間違えてしまいますが

「ぴちょぴー ぴちょぴー、って鳴くんだよね」
と hanaは言いますが、
私には
「けきょぴーけきょぴー」に聞こえます。


銀とは性格が全然違う、やんちゃな桃です。

そして、やっぱり男の子みたいです。
毎日ぴょんぴょんダンスしています。
ちょっと控えめな気がするのは
女子がいないと気分がのらないのか・・・
流行りの草食系なのか・・・


来年もよろしくお願いします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

残暑お見舞い申し上げます

本当にご無沙汰でございます。
今夏は暑かったですね。

ブログは放置状態でしたが
一羽飼いの桃は、ますます鳥っ気がなくなり
すっかり家族の一員として元気に過ごしています。


困ったことに、私が食器を洗っているのが
水浴びしているように見えるらしく
キッチンの水道周りを風呂場と勘違いしてしまい
そこでしか水浴びをしなくなりました。
なのでカゴに取り付けるアウターバスなのに
キッチンの窓際に置いてあります。
銀と雪の時は、一羽が水浴びするともう一羽がつられてする・・・
という感じだったので
カゴに取り付けたアウターバスの意味もあったのですが。
私が丸一日外出した時などは水浴びできないかと思うと
家を空けづらくなりました。


話は変わりますが
夫がちょっと前、庭のデッドスペースに
桃の餌の余りを蒔いたら、
ねこじゃらしみたいな植物が生えてきました。
粟穂かしら?
もう一種類生えてきたのは稗かな・・・と。
さっそく桃に見せたらビビって逃げたので
小さく切って、カゴに入れたら
おそるおそる食べてました。(上の写真↑)

粟のケバケバが食べづらいらしく
粟は床にほとんど落としていたので
ほぐして手の平にのせたら食べました。
稗は美味しいらしく、カゴに取り付けると
あっという間になくなっています。


そして、すっかり大人の風貌になった桃ですが
写真はまったく撮れません。
カメラを構えると
100%カメラに乗ってきます。

カメラに乗ろうと近寄ってきた桃を
なんとか激写しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

きょうだい


またまたご無沙汰です。

桃は相変わらずです。
床におりる悪いクセがついてしまいました。
どうやらhanaとはきょうだいか何かだと思っているらしく
毎朝一緒に(勝手に)遊んでいます。

鏡好きなのは銀と同じで。
男の子のほうがナルシストなのかな。



コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )

最近の桃は


桃は元気です。

思ったとおりの人なつこさで
警戒心がまったくありません。
誰にでも、かまって欲しいオーラを放ちながら
つきまといます。

あんなにかまいたがったhanaでさえ
しつこい桃から逃げようとします。

嫌がられてもめげずにアタックする
とにかくフレンドリーな桃なのです。

しかも若さゆえに、ずっと動き回って大変です。
私が食器洗いをすれば、
水浴びする〜!と蛇口から出る水に突っ込んで来るし、
洗濯物を部屋干ししていると、ビューンと飛んできて
シャツやらパンツに噛みついてきます。

旦那は、桃が放鳥されていると落ち着かないそうです。

まぁ、あと1年もすれば落ち着くから
辛抱してもらうしかありませんが。

当然写真など撮れません。
やっと撮れた写真が、私の手に求愛する桃。
「ほけきょぴゅー」と歌いながら
びよんっ、びよん とダンスしています。

そんなお茶目な桃をこれからもよろしくお願いします。


最後に、おまけ。
最近 こむぎねんどでhanaと遊ぶのがブームです。
白文鳥をつくったらhanaがとても気に入って
「ぎんちゃん♪」と言いながら
すぐさま手のくぼみにねんど文鳥を置いて
いいこいいこしてました。
桃をつくりたかったのだけれど
黒いねんどがなかったから・・・
ごめん、桃。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

一年経ちました


昨日は終日出かけていましたが
雪の命日でした。

出先で、名前に「ゆき」が
つく人に、3人出会いました。

偶然ではないような・・・

雪と銀と過ごした日々を思い出すと
いまだに口角が上がってしまいます。
今日は写真を微笑ましく見ていました。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

文鳥のいる幸せ


突然 銀の後継者となった桃は
飼い主の手の平を淋しくさせることなく
毎日可愛くふるまってくれます。

以前、病院で虫を発見されましたが
薬ですぐにいなくなりました。
今は健康で若い文鳥特有の、ピキピキした動きに
握力もあり手に乗せると爪が食い込んで痛いほどです。
素早くバビューンと飛ぶのも得意です。

ひっそりとした小鳥屋で幼少期を過ごした
銀と雪は臆病で神経質なところがあったのに比べて
大きいペットショップ育ちの桃は何事にも動じない、というか
人間の世界を怖がらずに、何にでも近づいてゆきます。

そして、なんでもおぼえるのが早いです。
水浴びも 歌の練習も 求愛ダンスも気づくと始めていました。

さて
桃の雛換羽は、ほっぺを残すばかりになりました。

白い羽の混ざり具合がどうなるか楽しみにしていましたが
頭はほぼ真っ黒で左鼻のすぐ上に一枚だけ白い羽があるみたいです。
頭が真っ黒ツヤツヤになると、
なんだか凛々しく見えてきます。

換羽が終わったら、全身を写したいと思っているのですが
カメラを構えると近づいてきてカメラにのっかるので
撮れるかどうか・・・


最後に、あどけない頃の桃が初めて水浴びをした時の
動画をやっとアップできたので載せておきます。
あまりに水がはねるので
水浴びをはじめてすぐ、撮るのをやめてしまいましが。

桃、初水浴びの動画
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

あちゃちゃん


かーかんがかなしそうで
いつも はなにじゃまされながらかいてる ぶろぐを
ぜんぜんこーしんしないから はながかわりに
ほうこくすることにしたの

ぎんちゃんはうまくいえるんだけど
あちゃちゃんは もも っていうなまえなんだって
もも っていえるのに ちゃんをつけると あちゃちゃんになるの
まいにち あさおきると
あちゃちゃん おはよ っていえるよ

あちゃちゃんは はなが きのどうぶつのおもちゃであそんでると
なになにー?って はなのうでにとまるの
だからぞうさんのおもちゃを あちゃちゃんに どーぞって
かしてあげようとしたら びっくりしてとんでっちゃった
はやいねー

あちゃちゃんは おふろすき
さいしょ はなが ちいさいまるいいれものにはいった おみずを
あちゃちゃんにのむ?っていってのませてあげたら
まるいいれもののなかで ばしゃばしゃして
みんなに みずがかかったの
でも
ぎんちゃんが きいろいみずあびきっていうので
ばしゃばしゃしてるのみたら まねしたの
おりこうなの

いつも おでかけのときは
かーかんが ももちゃんいってくるね っていうから
はなも ばいばーいっていうんだけど
おにわでねんねしてるぎんちゃんにいわないのは
おかしーから ぎんちゃんも~っていうと
かーかんがおにわにつれてってくれるよ

ぎんちゃんはおにわの おはなのしたにねんねしたの
ゆきちゃんもいるんだって
かーかんといっしょに ばいばいっていって
はねとかおはなのおふとんかけてあげた
そしたらおそらにとんでったんだって

あちゃちゃんも
はなとおんなじで おうたがすきなの
ほけきょ~ っていうから
はなもまねして ほ~ほえよ~っていうと
かーかんがわらって くちをちゅーのかたちにして
ぴゅー ほけきょ ってするの
くちぶえっていうんだって

あちゃちゃんは
おいでーっておいかけるといっちゃうの
はながすわってると かたにとまるよ
あさはいっしょに てれびみるの

はなと あちゃちゃん なかよしなの
またねー ばいばい
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

長男 旅立つ


銀が1月31日に、雪のところへ旅立ちました。
4歳でした。
私はもちろん銀は長生きすると信じてましたが
幼鳥の頃から病院通いをくりかえしていたわりには
銀なりにがんばったと思います。

一週間くらい前は飛んじゃったりもして
良くなったな〜と喜んでいました。
でも、止まり木にとまるのがやっとの脚力。
それでも、餌を食べるとき以外は上の止まり木までのぼってくるから
プラケースに入れて看病するのは、やめました。
鳥としての自信もなくなるだろうし
何より私が、認めたくなくて。

亡くなる3日前くらいは餌をガツガツ食べてました。
餌をいつでも食べられるよう、上の止まり木でも食べられるようにして
夜も部屋の電気はつけたままにしました。
私は毎日銀を見守る、というより監視しているようでした。

前の晩はなかなか手の中から下りようとしませんでした。
まさかそんなに早くその時期が近づいているとは思わなかったので
餌を食べにカゴに戻るよう促しました。
3回ほど拒否してやっとカゴに戻り餌を少しついばむと
上の止まり木ですぐ寝てしまいました。

31日は出かけていました。
出かける朝は上の止まり木で寝ていたので
カゴ越しに飲み薬をあげると一口飲むと「もっと」と嘴を開けました。
好きならいくらでも飲ませてよい、という薬だったので
たくさん飲ませてから出かけました。


今思うと、
銀はもっと早く雪に会いに行きたかったのかもしれないのに
私が監視していたからなかなか旅立てなかったのかもしれません。
一生懸命ゴハンを食べ、無理して止まり木にとまり
元気を装っていたんでしょうね。

帰ってくると、銀は床に敷いたペーパータオルの上で
静かに横たわっていました。
まるで私がいない日を見計らったかのようでした。

私は手の中に入れて見送ってあげたかったのになぁ。
銀はそんな湿っぽいことはしないでくれよ、と
思っていたのかもしれません。

 バイバイ、銀ちゃん。
 銀ちゃんのおかげで楽しかったよ。
 ありがとね。

思いは沢山あるけど、口に出したり文章にすると
目から鼻から口からいろいろあふれ出てしまうので
胸にとどめ、笑顔でお別れすることにしました。
 

たった1ヶ月ちょっとしかそばにいなかったけど
桃は完全に銀の歌声をマスターしました。
銀に怒られてばっかりだったせいか威嚇の声も混ぜ込んで
オリジナルソングになってます。

「ホケキョ〜ピュゥゥ〜 クルルルル〜(怒)!ケキョケキョ」

銀がまだ傍にいるみたいです。


コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )

最近のふたり


先週の土曜日に銀と桃を病院に連れて行きました。
やっぱり心配なので、てんかんの発作覚悟で。
病気なら治療できるかもという期待もあって。

桃もお迎えしてから健康診断してないなぁと
呑気に診てもらったら、なんとフンに虫が・・・
虫下しの薬をもらいました。
桃は元気で体重も27gあるのですが
「元気のない銀に感染してたらどうするの!バカタレ」と
先生に叱られました(もちろん愛のあるお叱りです)。
幸い銀のフンからは何も見つからず、
元気のない原因も今のところわからず、
栄養剤やサプリのようなものを処方されました。

今週に入って
病院の薬が良かったのか、ネクトンSが良かったのか
保温・保湿が良かったのかわかりませんが
銀の嘴の色が赤々としてきてだいぶ安心しました。

昨日は暖かかったせいか「ホケキョ」と鳴いたりもして
少し動きも機敏だったような気がします。

早く暖かい季節になって欲しいです。


そして、本来かわいい盛りでブログの主役となりうるはずの桃ネタが
銀の体調不良により滞っていたので少し書きます。

今は感染が心配なので、銀と桃を同時に放鳥することはできませんが
↑の写真は1月はじめに撮影したものです。

桃は銀にすぐ寄ってきて、片手に2羽乗ることもよくあるのですが
なんでもかじりたがりの桃が銀の尾羽をかじり
銀が怒って桃が逃げるというパターンが多いです。

心はまだまだお子ちゃまですが、
後頭部と尻尾には真っ黒な羽根が生えてきています。
頬の数本と下腹あたりは少しずつ白くなって
どんな配色の桜ぶんちょになるのか楽しみです。

そしてなんと、昨日はぐぜりの最中に
「ホケキョ」
と自信なさそうにつぶやいていました。
銀の下手なうぐいすの鳴き真似を
さらにコピーしたという
もはや何の鳥だかわからない歌声になりそうです。

でも、それもちょっと楽しみです。

-----------------------------------------

昨日は銀のほぼ誕生日でした。
4歳になりました。
我が家の長男、まだまだ一緒にいたいものです。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ