慶夢庵

さてさて流れ行く雲のように
散る花びらのように
とりとめもなく
おしゃべりなどいたしたくって、v(^0^)v

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落とす

2008-07-30 01:01:58 | Weblog

不覚にも酔って新しく変えたばかりの
携帯を無くしてしまった。

こんなことは初めてだ。

速攻で契約を停止して
解約したばかりの旧携帯会社に再登録。

皆様にご迷惑がかかっていなければ、と。。m(__)m

もしもしなんらかの形で
私へコンタクトいただけるようならば
お手数ですが宜しくお願い申し上げます~

ちょいと業務連絡的日記になってしまいました
コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

歳月

2008-07-28 00:37:01 | Weblog
46年ぶりとは想像もつかぬ。
私が7歳。
鎌倉に越してきて以来、ということになる。

昨日の高校野球決勝戦。
神奈川県北大会、激闘の末
母校の後輩たちは半世紀ぶりの
甲子園切符を「もぎとった」

並み居る強豪を凌ぎきっての
結果である。

まさか別次元の戦いを強いられる夏を
戦い抜くなんて思いもよらなかった。

誇りに思う。

応援にはいけないから
せめて心の中で
応援歌「若き血」をがなろう。

かつて春の甲子園で知らない奴と
肩組んでオールスタンディングで
応援したように。

いやその昔37年前に高校生のころ
神宮の慶○戦で応援したように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミ掘り

2008-07-20 01:00:12 | お気に入りの風景

私は小学生の頃これに凝っていた。
親戚のいとこたちには「名人」と尊敬されてたのだ。

その夕羽化する幼虫たちが
夕刻になるとそっと明り窓のように微かにあける穴を見極めて
指を入れて引っ張りだすだけなんであるけれども。。

中学受験をしなかったので
夏休みは学校のプールで想いっきり遊んだ。

プールの後。一人樹木の並ぶ校庭の一角で
この時期毎日の用にこんな事をしていた。

アブラゼミの幼虫が圧倒的で
たまにミンミンゼミやヒグラシの幼虫がとれたりすると
宝物を手に入れた様にシアワせな気分だった。

たまさかその頃我が家に泊まりに来たいとこたちは
その洗礼を受け
強烈に、刻みこむこととなる。

お勉強をいっくら一生懸命みてあげたとろで
記憶に残っているのはこの「セミ掘り」

今もって50にもなって法事のたんびにいうのだから
相当な事だったのだろう。

まいったな。。

もっとも羽化したセミが翌早朝
ギャンギャン家中を飛び回るので
ご法度となり
私も中学に進みいつしか止んでいた。

しかし私のわざは時を超えて
娘へと受け継がれったつうか
承け継いじゃった(^^;)

将来、シンガーとして名をなしたとき
お父さんの思い出として
まさかこれけはいうまいよ♬

ま.当面は親戚のおばちゃんたちと
酒の肴にしてくれればそれで良い。

明日はこっそり一匹ぐらい
捕ってこようかしらんv(^^)v
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心を澄ませば

2008-07-02 22:46:30 | お気に入りの風景
夏至が過ぎたと思うと
日が短くなったはずですが
そう感じなないことが不思議です。

梅雨がまだ空けていないというのに
日に日に気温が高まっていくことで
気分が夏に向けて高揚している所為かもしれません。

でも何にもまして
明るいほうへ向かうというのは
悪くはありません。

梅雨がいつの間にか空けて
学校の夏休みにあわせるように
お約束の夏が来て
じりじりと暑さをあおるようなあぶらぜみやミンミンゼミの声がこだまして
そんな日々の訪れが待ち遠しいです。

そんななかじっと耳を澄ましてほしいんです。
北の国ではもう少し後になるでしょうが
湘南ではもうそろそろ聴こえてきます。

梅雨明けのお知らせです。
わかります?

にーーーーーーーーって
微かに聴こえてくるはずです。
ニイニイゼミの鳴き声です。

私は毎年これが待ち遠しいです。
思い出すことがあったなら

耳を澄ましてみてくださいね♪

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

渚でランチを

2008-06-28 17:58:30 | お気に入りのお店

梅雨空に緑が目に眩しい。

行きつけのブラッスリーでのほほんと
ちょっと遅めのランチである。
シラスのオムレットは
私の季語のよう。

白ワインのデカンタに
添えつけの新鮮な野菜は殊のほかの美味。

ゆったりと時が過ぎてゆく。
至福、まさに。

時よ、止まれ。
止まるものなら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心機一転

2008-06-26 02:14:15 | Weblog
更新を怠けている間に
うっかりログインID を失念してしまい
このところ難渋しておりました。m(__)m

やっとこ復活です♪ ひい~~(^^;)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ずっとそばにいるよ

2008-05-18 22:34:16 | お気に入りの風景


砂時計は上が未来、
下に時が今を過ぎて過去へ降り積もる。

傷心の母とともに故郷に戻った杏は
心を寄せる大吾や、藤、椎香に支えながら
馴染んでいく。

そこに降ってわいた孤独は
杏とまわりの人々の人生を大きく変えていく。

時が過ぎて東京から婚約者を伴って訪れた
杏を待っていたのは砂時計の世界だったのか。

痺れるくらいに美しい山陰、島根の海と山の緑を舞台に
繰り広げられるピュアラブストーリー。
同名のコミックの映画化。
既にドラマ化もされていて大人気である。

出来すぎ?
お約束の展開?
いいじゃないですか。

ここには歳月を纏うことで
いつの間にか忘れていた大事なものがある。

ずっとそばにいるよ。

言えてもなかなかできることじゃない。
だからこそ心をとらえる。

それにしても砂時計には
素敵な仕掛けがある。

それは見てのお楽しみである♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルームーン

2008-05-10 21:59:03 | 湘南ライフスタイル
久しぶりだ。

私は「青い月」だ。
クララは何だっけその赤いやつ。
ま、いいやなんでもさ(^^;)

夕餉を地元でとって
バスまでのこ一時間たまにゃいいいだろ、と
若向けのカフェバーに紛れ込んだ。

肴は生チーズに山葵である。
美味♪

明日はどうしようかね?

え??

母の日だろ。
お義母さんの日だろって。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若葉の頃

2008-05-09 23:59:42 | お気に入りの風景
今の季節が私は一番好きなんです。

梅雨までに少し間があって
新緑がいつの間にか目に眩しくなって
ツツジの華やぎに心揺さぶられる、

晴れて暖かくなるのだけれど
時にしっとりとそぼ降る雨にけぶる景色は
胎動の、伸び行く前の希望の芽吹きに
満ちた輝かしい季節の予感すら感じます。

FIRST OF MAY
若葉のころ。

この季節を顕す
これほど素敵な言葉を
私は知りません。

恋に恋した高校生のころ
傷がつくほど繰り返し聞いたレコード
映画「小さな恋のメロディ」の挿入曲。

主人公の子供たちの初めてのデートの日。
鮮やかな新緑とともに
バックに流れる
ビージーズのこの歌は
多分私の核になっている。

真珠の珠の芯のように。

いかがですか?
とっても素敵な曲で
今でも結構流れています。

機会があったら
聴いてみてください。

そうして5月の頃って
青春って
こんなに眩しかったっけっと
少しでも感じて下さったら
嬉しい。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはのんびり♪

2008-05-02 23:48:58 | お気に入りの風景
ここのところ夜更かしが続いたせいか、

眠い。
ちょー眠いんである。

時間がいくらあっても足りない。

工人舎という会社のモバイルPCを自分用に調達したり
家人に仕事用の新たなPC買ったり
携帯を買い換えたり
新学期とはいえ物入りが続いたはよいが
その後の調整が意外に面倒なんである。

パソコンなんて私などネットとメールくらいなものなのだけれど
同じ環境をさあもういちど作ろうということになると
機械に不案内なのに加えて
pcの方が進化していて
こちらに慣れるのも一苦労でもあって
なかなかうまくいかない。
試行錯誤の日々、
睡眠時間は減るばかりなのであった。

それにこうしたストレスは
解消しなけりゃ

となれば
自分の場合は一杯やりながらの読書であって
その時間もこ一時間はいるとなれば
当然午前は1時を回ってしまう。

あ、そうそう
これにはブログやSNSの更新も含めての
それであるから
相当に忙しいっちゃ忙しい。

やらなきゃ、らくだっちゃそうなんだけれど
生活の一部になっちゃってるからな~~~

ま、明日からは4連休だから
久しぶりにゆったりとのんびり時間を
使えそうである。

が、さっきから「どこかつれてけビーム」が
刺すように痛いのだ。

どこかへお出かけしなければならぬ。

あ~~あ。
でも忙しくって
寝不足になるってことは
それでもなにかしなくちゃいけないことがるって
ある意味健康で幸せなことなのかもしれない。

とまれ4連休、
なんとかなるなる
歯を食いしばって寸暇を惜しんで
やすんでやるっちゃ♪ v(^0^)v
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加