言葉による音楽的な日々のスケッチ

作曲講座受講日記と、言葉による音楽的日々のスケッチを記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もうすぐ父の日。父、談志の来店を思い出す

2016-06-05 01:30:04 | 日々
梅雨の走りですね。
久々のブログ更新ですが、いつの間にか
スマホで便利になってる‼︎(笑)

もうすぐ父の日。しっかり者の母が認知症になって久しい。もともと天然ボケの父が今さら、しっかり者のポジションに(笑)

妹から、父と出掛けた先での会話メールが来ました。本屋で落語の本を見ていた父が、かつて営んでいた寿司屋に立川談志が来た事を想い出したと言う話。
やはり変わった人だったとのこと(笑)

これは私も初めて聴いた話でした。かつて寿司屋は北海道の地方都市で割と繁盛していました。

何のツテもない立川談志が来たのなら、やはりそこそこの店だったのだな、当時は共に働いた今は認知症の妻を支え、その時を振り返る高齢の父はどんな気持ちなのかな、などと考えていました。

認知症に関する不幸なニュースが多いなか、例え認知症でも天然ボケでも高齢の両親が仲良く、健在なのは有難い事です。
父の日には好きな帽子でも送ってあげようかな。

写真は今も使っている、母の趣味で窯元から取り寄せた有田焼の醤油皿と(寿司屋の薄い色の醤油が金色の柄をすかして綺麗なんです)
繁盛していた店の前で、知り合いに抱かれている四角い顔の赤子は私です(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨はとうぶんいらない/やっぱり多様性を愛してる

2015-04-15 02:27:29 | 日々
私の、色んな好きな物事は一貫性がなくて分散してます

そして私の中に二種類の 時に相反する自分が居るのです

友達の友達が仲良くなるのって 素敵だけど
私には時々難しい

例えばAさんとBさんとCさんが居て
私とそれぞれが仲良くても

他のお三方はそれぞれお互いが 気に入らない、
という事がよくある

その事は私が平和主義とか社交的とかいうのではなく
統合的というよりは
分裂してる所があるからではないかと思うのです

などと考えるのは天候不順によって
天候に心身の影響を受けやすい人間の
モノローグなのかも、、、

では、雨の曲をふたつ
お送りしましょう


安藤裕子 / さみしがり屋の言葉達



荒井由美/雨の街を

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の様なライヴはブルーノート/美しきクリシェ

2015-03-17 01:54:18 | POPS(商業音楽)
ひさびさのブログ更新、、、
とかいう決め台詞について

一般人が書くことについて考えつつ
本当に何年ぶりかの更新になりましたが
たとえばその理由は

大貫妙子のライヴを
初めてのブルーノート東京で聴けたから?
そのうえ春を感じられたから?
両手でキーボードを叩けるようになったから?

だとしても、こんなことはもはや
モノローグに近いものでは?

まあそれでもいいかとか思いつつ、、
音楽的愉悦について備忘します

大貫妙子ことター坊を初めて聴いたのは中坊の頃
この曲が最初でした
少女のようでどこか少年のようなメゾの声


Taeko Onuki - Carnaval (1980)



かつてホールでは聴いた事があったけれど
ずっとライブハウスで聴きたかったので
清水の舞台から飛び降りる気分で行った
今日の大貫妙子のブルーノートでのライブ

1曲目が不意打ちでやばかったわ~

Oonuki Taeko 大貫妙子 - Wakakihi no Bourou 若き日の望楼




中坊の頃の私も隣で一緒に聴いていたので
何度か感極まり、甘い桜の味の

大貫妙子オリジナルカクテルが
しょっぱくなりましたw

風の道、横顔、新しいシャツ、突然の贈りもの
Hiverなど新旧含めた
満席のブルーノートの大貫妙子40周年カルテットライブは
夢心地で(小沼純一氏も来場されてました)


歳をとるのは素敵な事だなと思えるライヴでした


(私達があまりに楽しそうだったのか
ドラムの林立夫氏に「そのカクテル、
美味しい?」と突っ込みいただいたり

たー坊の微笑をもらったり一人で来ていた隣席の男性が
話に入ってきたり、した~♡)



1人の頭の中から始まり演奏者、聴衆など
他者を巻き込む音楽(や、アート)とは
美しいコミュニケーションなのだなと


中坊のころ部屋で一人で
大貫妙子を聴いてた私が隣で呟いたのでした



<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-61258235-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');

</script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追記:愛の讃歌(Hymne l'amour 愛のアンセム)

2010-12-06 02:01:51 | POPS(商業音楽)
全曲聴ける動画を発見したので、、、!括弧内は菊地さんの
マネージャーさん情報です↓↓

『菊地成孔 宇多田ヒカルさんの現在CMで流れている
「愛の讃歌」のサウンド・プロデュースをしております。
メンバーは、 太田朱美(flute)坪口昌恭(fender rhodes)
鈴木正人(bass)本田珠也(ds)井谷享志(perc) です。』


Hikkiこと(新生?)半引退表明をした宇多田ヒカルの
Hymne a l'amour を聴いた。CMでちょっと気にかかったので
改めて全曲聴いたら思っていた以上に良かった。

(宇多田ヒカル) Utada Hikaru - Hymne � l'amour (Ai no Anthem)


世代的に(?)たいていのフランス的なものが好きだけど
シャンソンは苦手、それでも銀座にあった
伝説のライブハウスに
幸福いっぱいだった20代当時、
ちょっとイカれた友人に誘われてついていった、
かの場所で生まれた初めて聴いた
苦手なシャンソンは「愛の讃歌」でした。
生まれて初めて歌で涙が止まらなかった時のことを思い出したのです。

この楽曲にはそういうテイストがしっかり残ってて
それでいてすっかり新しい解釈で、
早いサンバ調でスイングしているし

エレクトックピアノとパッショネイトなフルートのアレンジや、
ビブラート抑えめのボーカルも何もかもが魅力的だった。
一人の夜にもパーティーにもぴったりくる
まさに「愛の讃歌」でした。

これをプロデュースした師匠の手腕に感服しました。
先日の、彼の日記から引用します。


グルーヴは決して情報化されません。
グルーヴは常に現在性の直接的な具現であり、
永遠性の直接的なヒントであり続けます。


http://www.kikuchinaruyoshi.com/dernieres.php?n=101010031225
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛の讃歌:Hymne a l'amour

2010-10-11 19:42:41 | POPS(商業音楽)
Hikkiこと(新生?)半引退表明をした宇多田ヒカルの
Hymne a l'amour を聴いた。CMでちょっと気にかかったので
改めて全曲聴いたら思っていた以上に良かった。

世代的に(?)たいていのフランス的なものが好きだけど
シャンソンは苦手、それでも銀座にあった
伝説のライブハウスに
幸福いっぱいだった20代当時、
ちょっとイカれた友人に誘われてついていった、
かの場所で生まれた初めて聴いた
苦手なシャンソンは「愛の讃歌」でした。
生まれて初めて歌で涙が止まらなかった時のことを思い出したのです。

この楽曲にはそういうテイストがしっかり残ってて
それでいてすっかり新しい解釈で、
早いサンバ調でスイングしているし

エレクトックピアノとパッショネイトなフルートのアレンジや、
ビブラート抑えめのボーカルも何もかもが魅力的だった。
一人の夜にもパーティーにもぴったりくる
まさに「愛の讃歌」でした。

これをプロデュースした師匠の手腕に感服しました。
先日の、彼の日記から引用します。


グルーヴは決して情報化されません。
グルーヴは常に現在性の直接的な具現であり、
永遠性の直接的なヒントであり続けます。


http://www.kikuchinaruyoshi.com/dernieres.php?n=101010031225
コメント
この記事をはてなブックマークに追加