out of curiosity

blog ってどんなものだろ?
そんな好奇心から衝動的に作りました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏旅行 裏磐梯 カヌー編

2007年08月28日 00時53分29秒 | travel

桧原湖上より望む磐梯山

 8月20日。 朝目覚めるとたたきつけるような雨の音。。。
 もぅほんとにザーザーでした。 朝食をとりに食堂へ行くと他のお客さんが「雷もなっていたわねぇ。」と話している。 「あぁ。。。せっかくカヌーがメインだったのに、中止だわね。」となかばあきらめていました。 
 もっともこのくらい天候が悪くて中止ならカヌー料金は返ってくるし、近くにはダリの作品を集めた『諸橋近代美術館』もあるし、ま、いいか、と思っていたのですが。
 食事をしているほんの30分くらいの間に雨がやみ、薄日まで射してきた。 おぉぉ。 カヌーできそうじゃない。 けど、湖上でどしゃ降り、雷はイヤだなぁ。。。などと思いながら出発。

 いやぁ。 薄日どころか、雲の間から出てくる太陽光線は結構きびしいよ。 この日のためにノースフェイスのエクスプロアーハットを買っておいて良かった。w

 カレワラさんに紹介していただいたのは『アウトドアスポーツクラブ BACSS』。 カヌーだけじゃなく釣りやウィンタースポーツもお任せです。 桧原湖のこんなきれいな入り江にベースがあって、なかなかに気分が盛り上がります。

 わたしたちはダッジオーブンで作ったランチ込みの一日ツアーで参加しました。
 午前中はカヌーレッスンも含め、参加者全員でのカヌーツアーリング。 午後は習った技術を活かして自由行動です。 とても丁寧なレッスンとセイフティートークを受けました。 で、カメラは濡れる可能性があります、写真を撮っているとツアーに遅れて迷惑です、とのことで午前中のカメラ撮影は遠慮しました。
 と、言うわけで写真はすぐにお昼ご飯となります。w

   

 どうです、これ。 おいしそぅでしょー? おいしぃんですよ。w
 ポテトとチキンですけど、たぶん味付けは塩、コショウだけなんですよ。 けど、お肉がホワッ、ホロッと柔らかくて、レタス、パンと一緒に食べるとおいしーo(>▽<)o
 午前中は練習だけで大したことないかな、と思っていたのですが、2時間半みっちり漕ぎまくったものでパクパク食べてしまいました。

   

 お腹もいっぱいになり、できればこの美しい風景の中で昼寝でもしていたい、という気持ちを抑え出航です。
 
 ガイドなしでこの広い湖を好きなように行ってきて、と言われるとちょっと不安でしたが、やっぱり自由行動は気持ちいい。 ま、ほとんど午前中ガイドさんが教えてくれたコースだったんですけどね。
 観光船やモーターボートが通過すると大波が寄せてきてスリル満点ですが、たいていの人が手を振ってくれて、まるで人気者です。w

   

 天気もますます良くなってきて、いい感じです。
 バックスのベースは桧原湖の東岸、南北に長い湖のちょうど中ほどにありますが、そこから南に向かって漕いでゆきます。 ベースの入り江では見えなかった磐梯山も、湖上を進んでゆくにつれよく見えてきます。 
 山の景色はあちこち絶景ポイントがあるでしょうが、何も障害物のない湖のうえから見る磐梯山は格別です。
 また、桧原湖上からは磐梯山、吾妻山、安達太良山と日本百名山がいっぺんに3つ見られる、とガイドの方が言っていました。 この日は雲が多く磐梯山しか見られませんでしたが、そんな景色も眺めてみたいものです。

   

 桧原湖は浮島も多く、浮島と浮島の間はまるでジャングルクルーズのようです。 この先抜けられるのか、行き止まりなのか、水深が浅くなってしまい通れるのか、けっこうスリルがあります。 狭いところではバックをしたり、回転技を使ったり、とても楽しいです。
 右の写真は中央右側あたりにつり橋があるのですが、これは桧原湖にかかる唯一のつり橋です。 陸上で車を置いて探勝路を歩いてここまで来るには一時間半かかるそうです。 カヌーでバックスのベースからまっすぐ来れば30分ほどでしょうか。 このつり橋の先は「いかり潟」と呼ばれ、行き止まりの入り江です。 まるで秘密の入り江に入り込んだようで、ステキでした。

 午後はゆっくり写真を撮りながら約2時間くらいのカヌーイングをして終了としました。 気づけば、膝下丈のパンツをはいていたわたしの足先は、ふくらはぎから下あたりが真っ赤に日焼け。。。うはぁ。。。夏の思い出が焼きつきました。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏旅行 裏磐梯 五色沼編 | トップ | 夏旅行 裏磐梯 五色沼編 P... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
桧原湖 (Kanko)
2007-08-28 08:39:59
カヌー楽しそうですね^^
私は、猪苗代湖よりも、桧原湖のほうが好きです。
桧原湖は、カヌーを趣味としている友人も、
お気に入りの場所なんですよ。
Kanちゃん (Layla)
2007-08-28 22:59:12
カヌーたのしかったよー(・∀・)
日焼けした足の下の方の皮が剥けてきたけどね。w

波が立ったり向かい風だったりすると結構腕が
疲れます。 
腕力ついちゃったかも。w

今回猪苗代湖はほとんど見られなかったんだ。
地図で大きさを見ると興味はあるけどねー。
またのお楽しみです。
カヌー (Kiyo)
2007-08-29 09:29:15
昔、野田さんというカヌーで日本中の川を下る人の本に嵌まり、カヌーが欲しくなりました。買うのは高いし、持っていく手段が無かったので、「暮らしの手帳」で見つけた組み立て式のカヌーを自作しようとしました。が、作る場所が無いことに気づき、挫折。
結局そのままになりました。
今はこういうツアーがあるのですね。日本も進みましたねえ。
わくわくしながら体験記を読みました。ところでひっくり返って起き上がる、という訓練はありませんでしたか?そこまでハードじゃないか。湖面だしね。
Unknown (Layla)
2007-08-29 22:50:56
へぇぇぇー。
自作のカヌーですか。
そういえば、布張りのようなカヌーも見たことが
ありますよ。

ひっくり返って起きる練習はしませんでしたね。
むしろ、デモで乗り込む動作を練習した人たちの船を
大きくゆすって、「こんなにしても転覆しませんから。」というお話がありました。
二人乗りのタンデムですから、横幅もありますし、
開業以来一度もカヌーから落ちたり、転覆した人はいません、
とおっしゃっていました。
たぶん川くだりのカヌーとは全然ちがうのでしょう。
そうそう、犬もライフジャケットを着て乗れるんですよ。
カヌーやラフティングなど、ちょっと費用は高いですが、すーごく楽しいですよー!
1日コース (パン・ド・カンパーニュ)
2007-08-31 12:50:34
すごいですね、1日コースを選んだのですか。
でも、ゆったりして、楽しめましたね。
ダッジオーブンの昼食もおいしかったでしょ。でも、パンがいまいちだったのでは?
午後の自由行動がいいですね。私は半日コースだったので、午前のガイドさん付きのカヌーツアーリングだけでしたが、それでも満足しました。
またやってみたいです。
お天気がよくなって、よかったですね。足まで焼けて。。。
Unknown (Layla)
2007-09-01 06:43:32
バックスさんはカヌーレンタルのみもOKなんですよね。 いったん漕ぎ方を覚えれば、半日だけでも自由散策のためにカヌーを借りられます。 ランチも1000円増しで申し込めるし。 わたしもまた行ってみたいです。
足の日焼けは、日焼けした部分だけ皮がむけてしまいました。 けど、ふくらはぎの真ん中から下だけ黒くて変な足です(T_T)
ご利用有り難うございました! (バックス サトシ)
2007-09-03 16:14:46
layla_april様
先日は、バックスカヌーツーリングをご利用頂きまして誠に有り難うございました。ネットをしていたらこちらにたどり着きました。日焼けの具合はいかがですか?ツアーの方は、概ねお楽しみ頂けたようで良かったです。ぜひまたご利用下さい。お待ちしています!!

追伸:もしよろしければ、弊社HPにこちらへのリンクを張らせて頂いてもよろしいでしょうか?よろしければ、info@bacss.jpまでご連絡下さい。よろしくお願い申し上げます。
Unknown (kuroneko)
2007-09-03 20:53:58
れいちゃん、元気いっぱい全開ですにゃぁ、・・・ふ、歳はとりたくないもんだわ、というかれいちゃんの歳のときもそんなに元気なかったわ。
バックス サトシ さま (Layla)
2007-09-03 23:42:41
はれぇ~。
見つかったぁ~(;´Д`)
って言うか、バックス連呼ですよね、このエントリー。w
お叱りの言葉でなく、ホッとしました。

提携宿泊施設利用でとてもお安くカヌー体験を
させていただき、心も懐も充実感いっぱいでした。
日焼けの足はベロベロ剥けていますが、また是非
伺いたいと思っていますー!!
kuronekoさん (Layla)
2007-09-03 23:55:14
というか、
今のkuronekoさんのパワーは絶対に
私以上だと思ふ。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。