ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「受取人不明」感想と、手紙文面(映画に無い部分)シナリオより

2006-02-02 | 映画感想 他
受取人不明 Address Unknown(2001)キム・ギドク監督を見てみました。
上はロシア版写真  他のポスターは下部に(それより下はネタバレ注意!)
まずは、主要登場人物2名が、情がうつってる好きな俳優さんだったので、
とても入り込んで見ることが出来ました。主役は、黒人米兵を父に持つ混血児
チャングク(ヤン・ドングン)、クァンキ、ノンストップ、勝手にしやがれ他
韓国モノ見始めた最初から、彼を一杯見て来てるせいか、まるで甥っ子みたい
に思ってしまって・・じゃがいもみたいな顔なのだけれど、彼のやりきれない
悲しい表情ってとても胸にぐっと来る。今回も、とても可哀想なチャングガ~
相変わらず素晴らしい演技だったと思います。本当にチャングック本人
実際の人物の様な気がしてしまうというか・・彼にぴったりな役でした。

彼とお母さんは貧しく赤い廃バスの中で暮らしています。お母さんは、20年間
アメリカに行ったままの夫に手紙を出し続けるのですが、いつも受取人不明の
ハンコが押されて戻って来るんです。それでもひたすら待ち続ける母。
そして、混血ということで、差別されているチャングク。幼い時に母に英語を
教え込まれたので、本当は英語が出来る(実際話すシーン、本当に上手だった。
風のファイターでも、結構日本語上手かったし、ラッパー歌手なだけあって、
耳とカンが良いのかな)

そして、冷酷な犬商人?だが、チャングガのお母さんを、チャングガが産まれる
前から愛しているケヌン(犬目)役のチョ・ジェヒョン
この人は、キム・ギドク監督映画に良く出ている人ですよね。悪い男の主役の人。
私は「SBSのピアノ」他の幾つかのドラマで、これまた情が移ってしまっていて、
好きな俳優さなんです。声と目力が好き←変な趣味と言われます(^^;)
最初は、この2人の、犬を食肉にするという過程や描写が、ギョエッ!!と
吠える犬は噛まないどころじゃ無いです。丁度、豚汁食べながら見てたので
なんか消化不良起こしそうでした。犬好きな人は要注意です!!

あとは、チャングガの友人で気弱なジフムを、「春夏秋冬そして春」「殺人の追憶」
ソウルから来た青年刑事役)のキム・ヨンミンが演じてました。最初解らなかったです。
彼が片想いしてる片目に障害がある少女、米兵のジェームス、戦争で
片足が不自由になったジフムのお父さん、等が上手くからんで、
そして朝鮮戦争を発端に色々な話しが・・・(;´_`;)悲しく重い内容です。
「弓」활 The Bow(2005)とかぶる部分が多かったです。私は先に
「弓」を見ていたので、順序逆に見てしまいましたな。

私はこれ、字幕無し韓国版を見ながら、シナリオを片手に見ました。
シナリオを見ながら映画を見ると、通常見るより3倍は時間がかかります(x_x)
本当は字幕で見たかったのですが、無かったからしょうがなくがんばりました。
でも、シナリオを見ながら映画見ると、あ~最初は、こういう風に撮る予定
だったんだ・・・。ここはカットしたのね?あれ、ここは後から変更したんだ。
等と違う面白さがあるのも、結構楽しいんです。親切なクムジャさんも
そうやって見たのですが、こちらの受取人不明の方は、クムジャさんよりも
ずっと変更・カットした部分が凄く多かったです。


((シナリオと映画と変更、違った部分))
例えば、最初はジフムのお父さんは片足を戦争で怪我したのではなくて、
片目を亡くしていて、その描写が結構グロそうだったのですが、目から
足に変更になって
いたし。。。
片目の女の子の兄の恋人が、色々な所で出て来るはずだった
(→ジェームスとも密かに出来てるって内容だった)
でも実際の映画では、ジェームスは彼女以外の女とデレデレしたり
飲んで遊んでる様なシーンはなくて、シナリオより良い人になってました。
カットされてた部分で、ん~どうして辞めちゃったのかな?って思った
部分は、汽車と色々照らし合わせているシーンが色々あったんです。
多分近くに汽車が走ってるロケ地が使え無かったとか、事情があった
のかもしれませんね。

注意)写真の下から、ネタバレ ラストも大ばれ!!
今回は文字反転せず、モロに書いてますので、注意!!

 
そして・・・最後のシーンで、チャングク母が、もごもご食べてたのが
もしや・・・って思ったのですが・・・はっきり解らなかったですよね。
シナリオでは、最初足だけ無くなったチャンググ・・・最後は
頭部分だけになったチャンググ・・・って書いてあるんですよ@@
ギャー!やっぱり、息子を食べちゃったんだ・・・・(+_+)
ママ、痩せてるのに、おっぱいが綺麗な形で大きかったわ。

ところで、映画を見た他の方の感想を幾つか拝見して初めて解ったのは、
ええっ~~~!!!ラストの、あの手紙の文面内容って、
映画では、解らないまま
なんですね?!(てっきり字幕で出てると思った)
私はシナリオ読みながら見ていたので、あの手紙の内容を読み、まだ
少しは救いがあるわ・・って思ったんだけれど・・
映画を見られた方で、あの手紙の文知りたいぞ!って方が、いらっしゃる
かもしれないので載せときます。(どこかでどなたかが既に書かれてるかもしれませんが

こんにちは?私はカリフォルニアで、小さい食品店をするクリントンです.
ずっとあなたの手紙を受けたが、あなたの捜すマイケルがここに住んでいなくて、また返しました.しかし今日また手紙が来て、ためらったあげく、開けてみました.あなたの混血である息子の写真と手紙内容を通じて、あなたの不幸をぷんぷんと感じたし、あなたのマイケルを捜してみる事にしました.しかし切なくも韓国から帰って来た後、訓練途中、飛行機墜落事故で死亡したことを確認しました. しかしマイケルがあなたと息子を常に、しのんだということ仲間たちから聞きました.嬉しい消息をお知らせすることができなくて申し訳ありません.またあなたの不幸な人生に対してアメリカ人の一人として深い責任感を感じます. しかし絶望しないで、あなたと息子が勇気を持って幸せに生きて行くのを常に神様に祈ります.”
アメリカカリフォルニアで 00 クリントン'

翻訳機で出た日本語ですので少々変です


それと、犬撮影のシーンは、ちゃんと本物ではなくて造り物で代用するとか
注意書きがされていましたよ^^ シナリオ一部抜粋 ↓
犬を殺す場面は最大限犬を見せないで残忍に描かないで、心理的に人間の残忍な内面を描く.犬を扱うゲヌンとチァンググックにカメラを合わせてロングショットで描くとか、水に反射したことで模造犬を緩衝して比喩的に縮約して描く

犬シーン以外にも、結構痛いシーンや描写(その瞬間を映像では見せなくても)
が多くて苦しかったし、とにかく悲惨な展開で、かなり重い映画なのですが、
凄く引き込まれたし、今までキム・ギドク監督映画は、映像とかで多くを語る
って印象だったけれど、この映画は内容勝負!って感じでした。
7割が現実に即したことと聞いてまたショック)
朝鮮戦争や、韓国とアメリカとの関係などを、登場人物に重ねて、
それぞれ深い意味を含んで描かれていて、とても立派なシナリオ

だと思いました。アメリカを絶対悪に書いてないところも好きですな
チャングクが半分だけ埋まったのも、半分だけしか故郷の土に還れないという
意味なんですね・・・。

挿入歌に、またサティのジムノペティが使われてました。サマリア・・?
何かでも使っていましたよね。舞台は米軍基地が側にあるピョンテク
だそうで、「コッチ」もピョンテク(平沢)70年代が舞台だったはず。

Address Unknown 수취인불명 監督:キム・ギドク

ちょっとおまけ映像
この映画とは全然違う、おふざけ好きな陽気で、おちゃらけた
役をよくやってる「ヤン・ドングン」の姿(アドリブ多し)
 KBSドラマ98年頃 クァンキより 
ドラマの中で、しょっちゅう髪型、ヘアカラーを変えてます。
仲良しのwonbinといつもじゃれあってる姿が、とても可愛くて、
そんな2人が大好きでした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「弓」The Bow キャプチャー... | トップ | 単騎、千里を走る 感想と、... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シナリオ! (現象)
2006-03-11 01:53:32
おー!いろいろ情報を得ることができました^^;

ありがとうございます。

チャングク役のヤン・ドングンはいろいろ出演している役者だったんですね。

そして何よりチョ・ジェヒョン。

そっかぁやはり「悪い男」の彼でしたか。

似ているとは思っていたのですが「悪い男」では寡黙で、

しかもラストで口を開いたらやたら高い声でびっくりしまして、

声が違うから別人か…と思っちゃいました。

シナリオいいなぁ…レアものをお持ちですね。

母親がチャングクを食べるシーン。

シナリオ通りのほうが良かっ…いやグロいかなw
現象さん☆ (latifa)
2006-03-11 19:06:19
わ~い!現象さん、またいらして下さったのですねありがとうございます。嬉しいです~☆

現象さん、「受取人不明」ごらんになられたのですね!

チョ・ジェヒョンさん、悪い男のあの強引な、あの人なんですよー!あの映画はセリフなかったですもんね。ベラベラよくしゃべる3枚目の役とかコメディタッチのドラマなんかにも出ていて、本当に色々な役を出来る人だな~と思っています。他にもキム・ギドク監督作品で、私が未見のワニとかにも出てるそうなのです、見たいな~と思って探しているんですが・・・

そういえば、お住いの場所によって違うと思うのですが、関東地区では、昨日のチョナンカン2(SMAPのくさなぎクンの番組)に、キムギドク監督がゲスト出演していました。来週もその続きの様です^^
TB&コメントありがとうございました (朱雀門)
2006-03-17 00:59:46
お母さんが息子を食べていたとは・・・ショッキングですね。犬殺しどころではない・・・一種の母子心中のようにも思えますわ。



そういえば「サマリア」の後半は父と娘のストーリーでしたね。こちらは(予想に反して)むごたらしい結末にならなかったことを考えると、「受取人不明」とちょうど対をなしているように感じました。



キム・ギドク関連で色々勉強になりました。また、お邪魔させて頂きます。

朱雀門さん☆ (latifa)
2006-03-17 08:51:21
朱雀門さん、こちらにもありがとうございます

あんまり回りに、キム・ギドク作品を見ている人がいない(というか、「悪い男」は見ている人が多いのですが、その後は見る気がしないみたいで・・・誰も興味持ってる人がいないんです)ので、こうやって、色々お話出来て、とっても嬉しいんですよ!

そんな、何をおっしゃいます!!こんなつたない私の文なのに、(汗)

こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願いします(*^_^*)



>サマリアとこの映画が対をなしているように

なるほどねー!そういう気もしますね!初期のと最近のとでは、テーマや内容などに少し似ている部分がありながらも、最近のは柔らかくなってきた感じもしますよね。



ps そういえば、カムイはアニメ版じゃなくて劇画漫画の方をご覧になられていたんですね^^すいません、はやとちりしてしまって。私も劇画漫画も読んだことがあります♪忍者とか武士もの(バカボンドとか)が好きなんです。
Unknown (みみこ)
2006-03-20 10:22:06
凄い!映画だけではわからないことが

いっぱいあって参考になったわ。

まずジェームス。シナリオだとちょっと悪い

人なのね。意外だったな。それにお父さんのケガの件。これ以上グロだと私もきついから

映画版ぐらいでちょうど良かったわ。

手紙は。。そうだったのね。クリントンって一体

誰よ・・・って悶々としていたので

スッキリ。それとお母さんの件ね。

え~~~<息子を食べちゃったんだ・>。

これは全然気づかなかったわよ。それっぽい雰囲気も

感じなかったのよね。そこまでいくのか・・って

感じだね。チャングクの役の人・・よくご存知なのね。他の作品も色々知っていると、見方も変わりますよね。私は、初めて観たのですが・・あ、美木良介みたいと一瞬思いましたよ。でも他の写真見ると

全然違うね~~笑

他の作品へのコメント、TBはまたのちほどね~~

みみこさん☆ (latifa)
2006-03-20 14:11:41
いや~~~、嬉しいよー!みみこさんと、この映画について話せるだなんて!

そうなのよ~!あくまでもシナリオだから、映画とは違うんだけど、えーっ!!って部分が色々あったもんだから、そこんところ、驚きでね。

驚いてくれて、嬉しいー!!

あの食べちゃったところは、私はなんか、もしや・・・って思ったのよ。キム・ギドク監督ならやりかねないって思って(爆)

>美木良介

や~~~~だぁ~~~!ちょっと、みみこさんったらヾ(≧∇≦)〃 似てないよ~~。美木良介ってかなりハンサムな人じゃない?完全なる2枚目よね?(あれ、それじゃヤンドングンに失礼か・・・(^^;))

私の友達が昔から好みのタイプは?って聞かれると、美木良介って答えてるワ^^

ヤン・ドングンは、かっこ良くは無いんだけど、なんか好きなのよ。家の娘もドングン面白くて大好きって言ってるし、私の友達でとっても綺麗な人がいるんだけど、その人なんて恋人にしたいって言ってる
Unknown (とみ)
2006-04-07 08:36:26
 latifaさん、はじめまして。

 latifaさんのこの記事、読んでよかったです。

 泣いてしまいました。

 >チャングクが半分だけ埋まったのも、半分だけしか故郷の土に還れないという

意味なんですね・・・。

 そんな深い意味があったんですね。

 チャングクは混血で、半分は故郷の人間、けれど、半分はアメリカ人・・・。だから、故郷の土に半分しか入れなかった・・・。そんなの悲しいと思いました。生きている時に、半分違うという理由で、故郷の人達に、仲間に入れて貰えないシーンがありました。死んでからもそうだ、というのが悲しいです。

 それに、手紙の内容に衝撃を受けました。DVDで観たら、最初の1行くらいしか把握出来ませんでした。せめて、お母さんが、この手紙を読んだらよかったのに・・・と思いました。私の想像では、お父さんはアメリカで、別の家族を作り、妻子と共に幸せに暮らしていると思っていたんですよ、チャングクとその母の事なんて忘れて・・・。でも、亡くなっていたんですね。しかも、チャングクとその母を愛おしく思っていたなんて・・・。

 チャングクとお母さん、受取人不明になっちゃて、読めなかったんですよね・・・。
とみさん☆ (latifa)
2006-04-07 08:44:38
とみさん、はじめまして!TBとあったかいコメントどうもありがとうございました~とっても嬉しいです

今丁度ログインしていたので、とみさんちに飛んで来て戻って来た処です☆



そうなんですよー!!あのまるで犬神家の一族(だったかな・・?)状態のチャングクの埋まったシーンにも意味があったなんて、私も知った時は、そんな深い意味があったなんて・・・って胸がきゅ~っとなってしまいました。



手紙の内容、せめてもうちょっと早く届いていたなら、、、(;_;)チャングクのお母さんに、読ませてあげたかったよー!!!って切実に私は思ってしまいました。あの手紙の内容は、とっても良い内容だったと思いました・・・手紙を送ってくれたアメリカ人のクリントンさんのご好意も

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
受取人不明 [RENTAL] (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
1970年代、アメリカ空軍駐屯地のある韓国の村に暮らす3人の若者とその家族の物語。犬は食肉であり、ペットでもある。朝鮮戦争の爪痕は強く残っている。アメリカには羨望と憎しみがある。歴史や文化を織り交ぜて、小さな村が世界。 アメリカ軍人との混血であるチャング
受取人不明:3人の「絵になる」生き様 (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:キム・ギドク(2001年 韓国作品)TSUTAYAにてかりたDVDを鑑賞...
映画「受取人不明」を観て (とみのひとりごと)
 男は矢のように大地に突き刺さり、私の心には、男の悲しみが突き刺さる。