風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「野鳥のお土産?庭に咲いた白いクチナシの花1輪」

2017-06-16 06:42:07 | 日記・エッセイ・コラム

庭の片隅に、1輪の真っ白なクチナシの花が咲きました。でも、この木を植えた記憶はありません。

何の木だろう?1年ほど前、花壇の密植状態になっている小菊の間から伸びている1本の木に気づいて見守っていたところ、樹高60センチほどに成長。
白い花弁6枚からなる直径6センチほどの花が咲いたのです。調べると、一重咲きのクチナシと分かりました。

実は一昨年まで、数メートル離れたところにクチナシを植えてあったのですが、枯れてしまいました。でも、このクチナシの種子が芽生えた、とは考えられません。
なぜなら、今回咲いたクチナシの花は一重咲きですが、枯れたクチナシはバラのような八重咲きだったからです。

考えられるのは、野鳥の「お土産」です。
都心から離れた自宅周辺には、雑木林もあって野鳥が生息、民家の庭にも飛んできます。僕も庭木の枝にミカンやリンゴを刺して歓迎、鳥たちは食べ終わるとフンを落としていきます。

春になるとフンの中にあった種子が、次々に発芽。見たこともない苗もありますが、放っておけば雑木林になるので形端から取り除いています。
今回残していたのは、小菊の陰にあって発見が遅れたのと、正体を確かめてから切り取ればいいと思ったからです。数年前にはサクラの苗と分かり、しばらくそのままにしていたものの、狭い庭にサクラは無理、と引き抜きました。

新しいクチナシには、まだ6個の蕾が残っています。芳香を放っていた前のクチナシが枯れて寂しい思いをしていましたが、これで初夏の楽しみのひとつが戻ってきました。

 

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽書き雑記「富士山の写真コ... | トップ | 楽書き雑記「自宅の庭のユリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む