風の遊子(ゆうし)の楽がきノート

旅人を意味する遊子(ゆうし)のように、気ままに歩き、自己満足の域を出ない水彩画を描いたり、ちょっといい話を綴れたら・・・

楽書き雑記「自宅の庭のユリが咲きました」

2017-06-17 14:31:51 | 日記・エッセイ・コラム

 

自宅の庭のユリが咲き始めました。
昨年、10本ほどが開花した後、掘りあげて球根を分球することもせず、そのまま残してあったものです。

春先に20個ほど芽が出ているのを見て、ただでさえ密植状態だったので芽を少し取り除こうかと思いましたが、やはりそのままに。結局、12本が成長、それぞれ5~7個の蕾を付け、17日にうち4個が開花しました。

開いた花弁には虫にやられた跡があり、残る蕾のいくつかにも黒い穴がみえます。1度も薬剤を使っていないから当然でしょう。
花の大きさも昨年に比べてやや小ぶりのようですが、しばらく部屋の中はユリの香りに包まれます。

  

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽書き雑記「野鳥のお土産?... | トップ | 楽描き水彩画「雨水を流す街... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事