「京都・北山丸太」 北山杉の里だより

京都北山丸太生産協同組合のスタッフブログです

藤の花

2016年05月12日 | 日記

 藤の花の季節となりました。

 ここ北山杉の里でも近年山々に藤の花が美しく咲いています。

ただ・・・昭和40年代、50年代、60年代頃に北山杉を育ててきた年配の方に言わせると・・・

藤の花が咲くのは「山が手入れされていない証拠」だとか。北山丸太の需要が全盛期の頃は山林が宝の山だったことから、絡まって北山杉を台無しにする蔓は全部切り、しっかりと山の手入れをしていたので、この地域で藤の花はほとんど見られなかったそうです。

育てた北山杉のほとんどが十分な価格で販売できればこのように手入れされず荒廃した山林もないのでしょうが・・・

今後、産業として継続できなければ、北山杉の山々は放置林となり、いつか一面に藤の花が咲いてしまうかもしれません。

そうならないよう、北山杉の里らしい景観を子々孫々にまで残せるよう、北山杉の需要を掘り起こす努力を惜しんではいけない!
 

「藤の花」を眺めながら改めて考えさせられました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミス日本「みどりの女神」現る | トップ | 北山あるある① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL