experimental

experimental ambient leftfield wired noise glitch

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sample}denial of correlationism(ethno polyrhythm)zizek in coma 2nd album

2016-09-17 20:46:32 | Weblog
Sample}denial of correlationism(ethno polyrhythm)zizek in coma 2nd album



polyrhythm ethno post kantian muziq!
Band:zizek in coma
Song:denial of correlationism
Album: 2nd album
Label:usyukuro
descript :postkant,,M Gabriel,
Q Meillassoux,M Ferraris,etc..

Link:http://zizekincoma.sankuzushi.com/
zizek in coma is dark dense band since it,
formerly members of Dia,Overdose Kunst,
Nukey pikes(Now replaced),KolSonzlgn.
2011 nwobhm era guitarist ;mickey Nakayama
belongs to zizek in coma .
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Provocative 4th musiq (sequence)month:07-08

2016-08-15 01:11:09 | Weblog
Provocative 4th musiq (sequence)month:07-08





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリコンSamizdart litelatole

2015-06-03 22:56:25 | Weblog

オリコン
NEW高音質シングル
音楽ファイルを1曲ずつ試聴・ダウンロードできます。
Samizdart litelatole 試聴する



Zizek In Coma
価格(税込)
\257
時間:-
ダウンロード曲数:1曲
アルバム購入すると \1084 お得!

今すぐ購入する
カートに追加する
プレゼントする
ALBUMこの曲が収録されているアルバム

Zizek In Coma全12曲収録
Zizek In Coma
価格(税込)
\2000
アルバム購入すると \1084 お得!
※1曲ずつ購入した場合、全部で \3084 になります。
今すぐ購入する
カートに追加する
プレゼントする
SMARTPHONE着うた®/ 着メロ®/ 待ちうた®(メロディコール) / シングル / ビデオ
スマートフォンからもこの曲を直接購入・ダウンロード・試聴できます。また、PCでダウンロードした曲はスマホ、タブレット、iPhone、iPod、携帯音楽プレーヤー(一部MP3プレーヤを除く)などに転送できます。

● PCでもスマートフォンでも御利用になれます。スマートフォンからもダウンロードできます。
▲ PCでダウンロードした曲をスマートフォンに転送して御利用になれます。この曲はDRMフリーです。
★ スマートフォンでサイトにアクセスして御利用になれます。
- 誠に申し訳ございませんが対応しておりません。
提供コンテンツ iPhone Android
シングル
1曲まるごとが収録された音楽ファイルです。 ● ●
ビデオ
映像付きの動画ファイルです。 - -
着うた®
電話がかかってきた時に鳴らすことができる着信音です。着信設定ができます。 - -
着メロ®
ボーカルが入っていない着信メロディです。着信設定ができます。 - -
待ちうた®(メロディコール)
電話の相手に聴かせることができる呼び出し音です。 - -
URLこの曲のURL

スマートフォンから2次元バーコードでこの曲にアクセスできます。フィーチャーフォン(従来型の携帯電話)でアクセスの場合は、着うたフルサイト「オリコンスタイルフル」に接続します。
ARTISTアーティスト情報

Zizek In Coma
SINGLEこのアーティストの人気シングル
カートに入れる 試聴する 1

ifrsifrs
カートに入れる 試聴する 2

Ouspensky's baby
カートに入れる 試聴する 3

Samizdart litelatole
カートに入れる 試聴する 4

smallers!(bravo Werner Herzog)
カートに入れる 試聴する 5

Tannu Uryankhaiy (what the hell savaltan am I)
もっと見る
ALBUMこのアーティストの人気アルバム
カートに入れる 試聴する 1

Zizek In Coma
ページトップへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KHOLODNYI SMERCH

2013-05-09 16:23:05 | Weblog
KHOLODNYI SMERCH(russian cold tornado)
Ovdk/Ryuta.k last works example,such as“the depressed” album on Dark Winter,(Bunk data is also known as Nathan Larson. Nathan is the creator and curator of the Dark Winter net.label which focuses onreleasing dark ambient),
"Andansite" album on DOPPELGANGER/Usyukuro,we can find long Redundant Expression there.Here it is ;Post sampling kinetic nonhierarchical nonlinear nonequilibrium forth world muziq !It seems This Expression must demand releasing from human's creativity.
This time project KHOLODNYI SMERCH(russian cold tornado) also refered
Newest physics term;Autopoiesis rather than their musical Expression as brief description .
Their participation to Autopoiesis may mean system of"psycho-mental".part of pan-tonality made system of "timbre" at real world.pan-tonality belongs to real order (Le real)(please warning!real order be compeltely different from real world )Then Coupling of system of"psycho-mental"- system of"psycho-mental" makes hullcination with not only sound but also
color- & system of "timbre" -Ovdk defined The system of "Timbre" have hesitation between tone of one or another- must make sound (japanese ,Oto).
here what is called sound by both system may mean structure with emergence(souhatu).
Actual thier music sounds schizo-Ambiental-style but they seems want Escape line from musical thing.





ovdk.ning





Collaboration Project;oVdk & Bunk Data
Title;KHOLODNYI SMERCH
label;Atmoworks
(eclectic ambient label)
http://www.atmoworks.com/
release year;2008/05

竜太k&ネーサンラーション
Ovdk & Bunk Data participated as components of Autopoiesis. In doing so, a system of "timbre" gradually occurred such as a cold tornado with all it's deconstruction. All environmental soundscapes were edited and incorporated with pan-tonality.

Bunk data is also known as Nathan Larson. This Duluth-Minnesota native has created electronic and experimental music for over 12 years under the names Samsa, Bunk Data, and Royal Obtuse. Nathan is the creator and curator of the Dark Winter net.label which focuses on releasing dark ambient music.

Tokyo-chiba based experimental musician Ryuta.k aka RYU and ovdk releases mostly freeform ambient and leftfield muziq since 97. He calls The genre of fishy music he makes "Post sampling kinetic nonhierarchical nonlinear nonequilibrium fourth world muziq!" Or "A post
sampling kinetic quantum-reduction dissipative system of sound in nonequalibrium...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムムムスダン

2013-04-11 22:22:28 | Weblog

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」は11日、「我々の強力な打撃手段(ミサイル)は発射待機の状態で、弾頭には目標座標が精密に入力されている」と主張した。


 「ムスダン」などの弾道ミサイルの発射準備の動きが今月上旬に探知されて以降、北朝鮮が発射準備が整っていることを示唆するのは初めてとみられる。

 同委は、最近の北朝鮮の「強硬措置」について、韓国政府などが実行を伴わない「心理戦」と見なしていると批判。その上で、発射待機状態のミサイルが「今や、ボタンさえ押せば発射されるようになっている」と強調した。

 「目標座標」の詳細には触れていないが、同委は米本土や「太平洋上の各米軍基地」を狙った攻撃計画があるともほのめかした。

自衛隊トップの岩崎茂・統合幕僚長は11日の記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイル発射の動きを見せていることについて、「かなり深刻な、挑発的な行動を取っている」と述べたうえで、自衛隊が厳戒態勢で臨んでいることを明らかにした。

 防衛省はすでに、日本海に迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦を派遣しているほか、首都圏などに地対空誘導弾「PAC3」を配置している。過去の発射実験とは異なり、北朝鮮は今回、飛行ルートや発射する時間帯を公表していないが、岩崎統幕長は、「いかなる事態にも対応できるように、万全の態勢を取っている」と述べた。

日本歴史学会(にほんれきしがっかい)は、「日本歴史の研究と歴史知識の普及を図ること」を目的に、高柳光寿を初代会長として、1949年(昭和24年)に設立された日本史研究の学術団体である。日本学術会議の指定する協力学術研究団体ではない[1]。主たる事業として月刊雑誌『日本歴史』の編集をおこなっている。現会長は東京大学名誉教授の笹山晴生。教師・院生・学生など全国の日本史研究者、および歴史愛好家等で構成され、約8,000名の会員を擁する。なお、その事務局を吉川弘文館編集部内に置く。

2000年(平成12年)には“日本歴史学会賞”を創設し、「日本歴史研究の発展と研究者への奨励」を行うため、『日本歴史』に所載の論文より毎年一編を選定、その研究者の業績を顕彰する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UPDATE4: 豪中銀、政策金利を3.0%に据え置き 「緩和の余地」温存

2013-04-02 17:55:11 | Weblog
◎豪中銀、3回連続で金利据え置き

 ◎インフレの落ち着き踏まえ、必要なら緩和の余地と再表明

 ◎金融市場は年内に1回の利下げを予想

 [シドニー 2日 ロイター] オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は2日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを3.0%に据え置いた。また、必要なら緩和の余地があるとの認識をあらためて示した。

 据え置き決定は予想通り。ロイターが事前に実施したエコノミスト調査では、全員が据え置きを予想していた。豪ドルAUD=D4もほとんど反応しなかった。

 豪中銀は2011年11月から2012年12月までの間に、政策金利を計175ベーシスポイント(bp)引き下げたが、今年に入ってから据え置いている。

 中銀は声明で、世界経済について「成長は当分の間、平均を小幅に下回ると予想されるが、下振れリスクは和らいだようだ」と指摘。

 豪経済については、「資源投資のピークが近づいている」とする一方で、「他の一部の分野で需要が強まる余地がある」とした。最近の経済データは民間消費が穏やかに伸びていることを示すと指摘した。

 「今後1年間はインフレが目標に沿った水準となる可能性があり、成長水準はトレンドをやや下回る可能性がある」として、緩和的な金融政策スタンスは適切と表明。その上で、インフレ見通しを踏まえると、需要を支援するために、必要が生じれば政策をさらに緩和する余地があるとした。


 今回の理事会については、緩和余地、という表現を温存するかどうかが焦点になっていた。

 決定発表後、UBSの金利ストラテジスト、マシュー・ジョンソン氏は、豪ドル高を理由に「緩和バイアスをやめる余地は限定的」と指摘。また、「一部の状況が改善していることで、中銀は若干自信を強めている」とし、今年は金利を据え置くと予想した。 

 金融市場は、今回利下げの可能性はほとんどないとみていた。投資家は、年内に1回利下げがあると予想しているが、最近の国内指標が改善していることから、予想の見直しを迫られている。

 <家計の富増える、しかし豪ドル高がなお重し>

 中銀の決定に先立ち発表されたデータは、住宅ローン金利の低下で、長らく低迷していた住宅市場が息を吹き返しつつあることを示した。

 不動産コンサルタント会社RPデータ・リスマークが発表した3月の住宅価格は前月から1.3%上昇。第1・四半期では2.8%上昇と、ほぼ3年ぶりの上昇率となった。 

 住宅市場の回復は、株式市場の上昇と相まって、家計資産を増やす。家計が潤えば消費拡大も期待できる。

 しかし、長期にわたった資源投資ブームが今年ついにピークアウトすると予想されている。これが豪経済にどの程度の影響を及ぼすかは未知数。

 長期化している豪ドル高は、製造業などの産業を苦しめている。このため、多くのアナリストが豪中銀の追加緩和予想を維持している。


Der prozeB with maturana & varela
Makryham | Format: MP3 Music
From the Album Kafka/Toward minor trivial
Be the first to review this item
Original Release Date: May 1, 2008
Format - Music: MP3
Compatible with MP3 Players (including with iPod®), iTunes, Windows Media Player


金融緩和金利引き下げ
 セントジョージのチーフエコノミスト、ハンス・クネン氏は「中銀は利下げの可能性を残している。投資意欲が弱いままだったり、小売売上高が低迷したり、またここ数カ月改善を見せている労働市場が再び悪化すれば、利下げに踏み切るだろう」と述べた。
それは旧アジェンダ政権に対する暴力的弾圧による社会組織の滅のあと、(略)
こうして新自由主義の起源は自発的な経済活動というものではなく権力的な内政干渉
と不可分ではじめから設計主義的性格をふくんでいた。したがって市場か国家かという
二元論は多くの場合あてはまらない。最近の中国の共産党や近代ドイツのやり方を参考。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後任に黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁

2013-02-25 14:34:25 | Weblog

<トヨタアセットマネジメント 投資戦略部 チーフストラテジスト 濱崎優氏>

政府が、日銀の白川方明総裁の後任に黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁をあてるとともに、2人の副総裁候補を学識経験者と日銀内部から起用する方針を固めたと報じられている。マーケットは、とくに株式市場がポジティブな反応を示しているが、実際のデフレ脱却への道筋については、新執行部の政策の舵取りを慎重に見極める必要があるのではないか。

大胆な金融政策、機動的な財政出動、成長戦略という三本の矢の中で、一番大事なことは金融政策と考えている。デフレ脱却という大きな目標に向けたしっかりとした動きがあってこそ財政出動が生きてくるし、デフレ脱却を実現できると思うからこそ成長戦略も生きてくる。財政出動という第2の矢、成長戦略という第3の矢を放つためにも、第1の矢となる金融政策でつまずいてしまうと、ゆくゆくは全てが中途半端な効果しか生まなくなってしまう。

●急ピッチな金利上昇避ける施策を

<みずほ総研常務 高田創氏>

政府は、日銀の正副総裁人事で財務省、日銀、学者とバランスをとった。学習院大学の岩田規久男教授とは1月に安倍首相主催の有識者会合で同席した。副総裁への起用という点では金融緩和の強化というメッセージが強い。量的な緩和という中で買い取る国債が長めになり、実際にどうなるかは別に、付利金利の撤廃も選択肢に入ってくるだろう。

金融緩和はインフレ期待を生み出す初動手段だ。当面は低金利が続くだろう。しかし、いずれ景気が良くなれば金利は上昇しやすくなる。経常黒字を確保し続けるのと同時に、急ピッチな金利上昇を招かないような国債管理政策が、より重要になる。

●バランスの取れた配置、マーケットは好感
<明治安田生命 チーフエコノミスト 小玉祐一氏>

バランスの取れた配置となり、マーケットにも好感される人選となった。日銀総裁に必要な資質としては、金融政策の知識や語学力、組織運営能力などに加え、政府やマーケット、いわゆる国際金融マフィアとの交渉力が非常に重要だ。次期日銀総裁として報じられた黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁、副総裁として報じられた学習院大学教授の岩田規久男氏ともにリフレ的人材が入り、安倍首相の方針どおりの人選といえる。

●材料出尽くしで利食いが先行、円売りモメンタムは低下か

<野村証券 金融市場調査部 チーフ為替ストラテジスト 池田雄之輔氏>

材料出尽くし感がある。短期筋の中には日銀総裁人事が明らかになるまでは、円ショートをキャリーする動きがあったので、今朝は円ショートの利食いが先行している。今後の為替市場の焦点は、4月の日銀決定会合以降の緩和期待に基づいて短期筋が円ショートを再度構築するかだろう。

黒田アジア開銀総裁は、財務省出身者には珍しく、以前からインフレターゲットの支持者で、積極緩和によるデフレ克服を訴えてきたため、通常であれば市場は円安ストーリーを描きやすい。

しかし、G7の為替に関する緊急声明やG20での協議を経て、市場の円売り警戒感は着実に広がっており、ドルが目先100円をつけに行くほどモメンタムが高まることは困難になったとみている。

黒田氏は2月11日のインタビューで、昨年末以降の急激な円安は、「リーマンショック後に行き過ぎたアジア通貨安と円高の是正」であるとの認識を示しているが、一連の国際会議での議論を踏まえ、黒田氏から同様の認識が今後示されるか否かに注目している。

●マーケットは歓迎ムード、好材料続出で株価の調整許さず

<東海東京調査センタ― チーフストラテジスト 隅谷俊夫氏>

次期日銀総裁として報じられた黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁は金融緩和に積極的であり、国債購入の期間延長などマネタリーベースを増加させる政策が期待される。マーケットも報道内容を歓迎しており、週明けの日経平均は一時200円を超える大幅高となった。朝方の買い一巡後は一服感を強めているものの、中期的な上昇トレンドが続き、年度末1万2000円との見方に変わりはない。アベノミクスの一環である日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加など好材料が続出しており、株価の調整を許さないくらいの大きな波となっている。

●大胆な長期国債買い入れなら市場は評価

<マネックス証券 チーフ・エコノミスト 村上 尚己氏>

報道されているように黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁が総裁、岩田規久男氏と中曽宏日銀理事が副総裁の組み合わせであれば、岩田氏の提案する大胆な金融緩和政策をどう実現してくかが課題になりそうだ。決定会合メンバーのなかから反対意見が出て来る可能性もあり、それをどう調整していくかだろう。

予想される政策としては、対象年限長期化による長期国債の買い入れ増額が中心になるのではないか。FRB(米連邦準備理事会)に遜色ない規模とスピードであれば、外債購入などがなくても、市場は評価し、円安が進むとみている。

●アベノミクス推進にマーケットは好意的
<三井住友海上あいおい生命 経理財務部部長 堀川真一氏>

黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁が日銀総裁候補と報じられているが、為替相場(ドル/円)が円安に振れていることからもうかがえるように、マーケットは安倍晋三首相が掲げる「アベノミクス」政策を進める人物として好意的に受け止めている。

ただ、具体的にどういう金融緩和策を実行するのか見通せないため、正式な人事が固まるとか、あるいは次回の金融政策決定会合が開かれるまではマーケットの反応は限定的となるのではないか。国債買入年限の長期化、付利撤廃などの政策に対する期待感が膨らんでいるが、政策が多数決で決まるということを考えると、実際にどこまで踏み込めるのか、慎重に見極めなければならない面もある。

●円安一服で調性的なドル売り出やすい地合い

<三井住友銀行 市場営業推進部 チーフストラテジスト 宇野大介氏>

日銀総裁人事関連の報道を受けてドル/円は94.77円付近まで上昇したが、ドル/円は材料出尽くし感からむしろ反落している。

積極緩和派と市場に理解されている黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁が総裁に就任する公算が大きいとの報道が、もし昨年の12月や1月に出ていれば、明らかにドル買い/円売りの追加支援材料となっただろう。

しかし、G7、G20での協議内容や、これまで自国通貨安を享受してきた国々から不満の声が続いていること、ドル/円がさしたる調整もなく一本調子に昨年11月から上昇してきたことなどを踏まえれば、今後ドル/円は戻り売りに押されやすい地合いが続くと考えられる市場がもう一度円売りに傾くとすれば、4月3、4日の決定会合の前か7月の参院選の前ということになろう。しかし、それまでには時間的余裕があり、円の買い戻しに回帰しやすいとみている。さらに、2つのイベントに照準を据えた円売りが顕著なものにならない可能性もある。

●積極緩和論者で海外勢が評価する可能性

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジスト 三浦誠一氏>

日銀総裁候補が仮に黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁であれば、これまでの財務省OB候補よりも積極緩和論者であり、株式市場にとってポジティブだ。副総裁候補と報じられている岩田規久男氏もリフレ派であり好感されるだろう。国会同意人事であるため、簡単に決着しない可能性もあるが、確定すれば3―4月にかけて海外勢の日本株に対する評価が高まりそうだ。少なくとも円高には振れにくくなる。銘柄によっては上値追いの材料になる。ただ、きょう株式市場に関しては買い一巡後、材料出尽くし感が強くなる可能性もある。二の矢、三の矢が出なければ高値圏でもみあいとなりそうだ。

●強力な緩和路線、国債買入年限長期化の思惑も

<岡三証券 債券シニア・ストラテジスト 鈴木誠氏>

総裁候補・副総裁候補として報じられている黒田東彦氏・岩田規久男氏とも積極的な金融緩和論者。安倍晋三首相の意向を汲んだ強力な金融緩和路線を想起させる人事だ。円安・株高が加速すれば、円債相場は上値がおさえられる可能性があるが、資産買入残高を積み増す量的緩和の強化、国債買入年限の長期化の期待が高まりやすい。

今週は、2月末のインデックス年限長期化需要で長期・超長期ゾーンの金利低下が想定されているので、好需給を背景に慎重ながらも利回り水準を押し下げていく展開になるのではないか。

国会同意について、黒田氏が財務省出身者であるため、みんなの党が反対する可能性があるが、民主党は財務省出身者を排除しないことを明らかにしている。最終的には、報道されている人事案で決まる可能性があるとみている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q 外債購入

2013-02-18 14:46:59 | Weblog
Q 日銀による外債購入とは

 A 日銀は今、金融緩和策の一つとして、民間銀行から日本国債を買って市中にお金を供給しているが、買い入れの対象を米国債券など外国債券にも広げることだ。外債を購入する際に円を売って外貨を買う必要があるので、円売り介入と同様、円安を誘導する効果があるとされている。

 Q 外債購入案が注目されている背景は

 A 1ドル=78円台前後という歴史的な円高が続き、自動車や電機など日本企業の業績不振の一因になっている。日銀は80兆円規模の基金を使った金融緩和策を行っているが、いまだにデフレ脱却の道筋が見えていない。しかも国も巨額の借金を抱え、財政出動は難しい。平成26年の消費増税の前提である景気浮揚のために、やれる限りの金融政策を総動員すべきだとの声が外債購入案を後押ししている。
Q 外債購入の利点は

 A 「日銀は円高是正に本気だ」という強いアピールになる。だが、もし日銀が外債購入を実行するとしても、年10兆円規模で外債を買わないと、円安を定着させるのは難しいといわれている。IT(情報技術)バブルの崩壊や米中枢同時テロ事件があった平成13年にも、日銀内で外債購入の是非が議論されたが、見送られた経緯がある。

 Q 実現は難しいか

 A 日銀の白川方明総裁は「為替介入そのものになる」と否定的で、日銀法の改正が必要というのが財務省と日銀の見解だ。日銀法40条1項は、必要に応じ、「自ら外国為替の売買ができる」となっているが、同2項では、為替相場の安定は国、つまり財務省の取り扱い事項となっているためだ。為替相場は円が安くなればドルが高くなるなど、市場への影響が大きいため、欧米の通貨当局の反発を招く恐れもあり、ハードルは高い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

independent commercial real estate firms

2013-02-06 23:19:49 | Weblog
NAI Global is the premier network of independent commercial real estate firms and one of the largest commercial real estate service providers worldwide. NAI Global manages a network of 5,000 professionals and 350 offices in 55 countries throughout the world. NAI professionals work together with our global management team to help our clients strategically optimize their real estate assets. NAI offices around the world completed over $45 billion in transactions annually. We also manage over 300 million square feet of commercial space.

NAI Global is based in Princeton, New Jersey. A dedicated 70-person staff, strategically positioned around the world, provides management, technology, marketing and corporate services support to its members and their clients.

C-III Capital Partners LLC, the parent company of NAI Global, is a national leader in real estate services and investment management. C-III Capital Partners, led by a management team with extensive experience and a track record for creating value, provides innovative real estate equity and debt solutions tailored to address the needs of its clients and investors. C-III is engaged in a broad range of activities, including primary and special loan servicing, loan origination, fund management and principal investment. C-III’s principal place of business is located in Irving, TX, and it has additional offices in New York, NY, Greenville, SC, McLean, VA, Chicago, IL and Nashville, TN.

Mystery of Hadness
Ergo Phizmiz |


To learn more about C-III Capital Partners please visit c3cp.com.

(FORTRESS Investment Group)。ニューヨークに本拠地を置く、世界最大級の上場ヘッジファンド運用会社。1998年に設立され、2007年2月に米国のヘッジファンドとして初の上場を果たす。 運用資産額は300億ドル(2008年12月31日現在)。ヘッジファンド以外にも、プライベート・エクイティ・ファンドの運用も行っている。

フォートレスの旗艦ファンド「Drawbridge Global Macro」は、2008年12月にパフォーマンス悪化を理由に投資家からの解約を一時停止した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ovdk – Order of III

2013-01-30 15:36:55 | Weblog
Ovdk – Order of III
Publiziert 29. Januar 2013 | Von glasklinge zeitenlicht


download album

info text MiMi Records

Order of III is an hard sound that crosses styles characterized by aesthetic freedom, without feeling the need to identify with any particular feature and subsisting without the usual places.
Perfect for some intense headphone listening, late nights, an album for those who seek a more unusual experience.
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加