串本西中学校ブログ
串本西中学校のブログです。
 



本日、8月9日は「長崎に原子爆弾が投下された日」です。

毎年のことですが、戦争を風化させないためにも、各学校で戦争に関する映画を見たり、

平和について学習をします。

人権主任の寒川先生より、DVDを視聴する前にお話がありました。

真剣にDVDを見る生徒たち

「むっちゃんの詩」というDVDでした。

DVD視聴後にも、寒川先生から戦争に関するお話がありました。

原子爆弾1発で、広島では約14万人、長崎では約7万人が亡くなったそうです。

太平洋戦争においては、軍人・一般人あわせて約300万人が亡くなったと言われています。

串本町の人口が1.6万人で、和歌山県の人口が約100万人弱ですから・・・

比較すると、どれだけの被害であったかが想像出来ると思います。

最後に、感想を書いて終わりましたが、年に1回だけの「平和登校日」に

「何を感じとり、何を考えたのか」・・・それが大切だと私は思います。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 警報発令!   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。