goo

Nintendo World2006 Wii体験会 TOKYO 前編【日記】 
今日は『Nintendo World 2006 Wii体験会』だ。

あまりのワクワクと興奮のためかなのか
目が覚めたのが3時半。

で、



気がつくと幕張メッセに6:30に到着。早い早い。コレならバッチリ
『ゼルダの伝説』が楽しめるな!

と言う事で『ゼルダの伝説』は、ハンパじゃない待ち列が作られるそうで
別の入り口から。と言う事は周りは全員『ゼルダ待ち』だ。

開始が9:00という事もあり、やはり待ち時間は『DS』で
『ピクトチャット』&『ソフト配信』が盛り上がりました。
こういうときこそ『ピクトチャット』は威力を増すもんなんだなぁ。
と、感激しました。ここまで大勢と『ピクチャ』したのは初めて。

いいもんですね。『DS』の真価をいまさら再確認しました。
ま、ちょっと通信が多かったのか、電波切れまくりでキレまくりそうに
なりましたけど。

冗談です。


この時どなたかが

『ジャンプ アルティメットスターズ』

を配信&対戦待ち。
早速ダウンロードに応じ、対戦プレイ。
未プレイのゲームだったので結果はボロボロでしたが
『ケンシロウ』の『北斗百裂拳』と
『キン肉マン』の『キン肉バスター』が出せたのでよしよし。
一撃必殺ではなかったけど。意外と面白かった。

と、早速新作ソフトを体験してしまいました。予想外だ。

~~~~~


9時。入場。

『ゼルダの伝説』のプレイゾーンへ案内。
整理券70番。高まる期待感。興奮度が高まります!



早速20名ずつが『ゼルダの伝説』をプレイ。

おお・・・ついに・・・遂に~!

これが『ゼルダの伝説』と『Wii』か~!!

初見で大感動。


とはいえ、オアズケ喰った犬のように他人のプレイを後ろから眺める、なが~い時間。
はやくやりたいなぁ・・・って

ふとした拍子に目の前を通る一人の男性。
一人ひとりのプレイをチェックしてるんだけど・・・

「あ・・・あれ?」

「ひょっとして・・・青沼さんじゃねぇか??」

<青沼英二>
┃『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のディレクター。本作品を取りまとめる。
┃過去『時のオカリナ』『ムジュラの仮面』『風のタクト』をディレクターした人。
┃あの伝説の『水の神殿』を作ったのもこの人。
(社長が訊くシリーズ『ゼルダ』第五回/一番右の人)
┗━

が、目の前に居る・・・はずなのにダレも気がついていない様子・・・
おかしい・・・オレの勘違いなのか・・・??
っていうかテンション高くないか。オレ。


ようやく自分の番になり『トワイライトプリンセス』を体験。
『Wiiリモコン』を手にする。

おお・・・ついに・・・遂に~!

これが『ゼルダの伝説』と『Wii』か~!!

再び大感動。

~~~~~

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 体験版』は
『ダンジョンモード』と『フィッシングモード』の二種類が体験できるようになってました。
とりあえず『ダンジョンモード』でプレイ開始!

目の前に広がる新しい『ゼルダ』の世界。

あぁ・・・4年待ったんだよ・・・感無量だよ・・・。


『ヌンチャク』と呼ばれる左手のコントローラをフリフリすると、『リンク』が
回転切りを出してくれる。移動も『ヌンチャク』の3Dスティック。
実際持ってみると、違和感無く移動が出来る事が可能でした。

ゲームキューブのコントローラを真ん中で「バキッ」と割った感じ。
ただ、剣を振るところが自分の動きとシンクロする感じなので
従来のコントローラーよりも『一体感』は強い印象を受けた。右利きになってるけど。

非常~に楽しいっ。

体験版の流れは、並んでいる間に他の人のプレイを後ろから見ていたり、アメリカ版の
流出ムービー等で見ていたので難なくボスまで進む事が出来た。
ただ『Wiiリモコン』が初だった事もあり、弓を撃つ照準をあわせるのが・・・なかなか難しい。
慣れと共に解消されるレベルなので何の問題もありませんが。

一人に割り振られる時間は15分。どうやら13分ぐらいでボスの撃破が出来たらしい。

しかし、ボスまで一直線に進んでしまったのですが、他にも様々仕掛けがあったみたい。
ブーメランを使った仕掛けとか、マグネットを使った仕掛けとか。
一回じゃ楽しみきれないボリュームがあったみたいで・・・そこが悔やまれます。


京都なまりのスタッフに「まだ1分位残ってますがどうします?」

もちろん『釣りモード』にチャレンジだ~!!
で、再度スタート。

・・・。

なかなか釣竿を振ってくれない・・・。
スタッフのお兄さんのアドバイスで遂にルアーを投げ込む。

キリキリキリキリ・・・

おおっ!すごい!凝ってる!『バス釣りNo.1』より出来がいい!
でルアーをクルクル巻くしぐさをするとヒモを巻く。

と言ったところでタイムアップ。

残念ながらフィッシュするにはいたりませんでした・・・。



~~~~~

は!そういえば!

青沼さんは!?

並ぶ列を抜けると・・・居た!後姿だ!
ダッシュで追いかけ青の『Wii Staff』ジャンパーの男性を追いかける!

「すいません!」

「はい?どうしました?」

「あの・・・青沼さんですか?」

「はい。青沼です」


ほ  モ の Da ぁ ぁ あ ぁ! ! !
  ん


えと、ヒューズが飛びました。正直。

あまりの興奮に何を喋ったか良く覚えてないんだけども
「ゼルダ、楽しかったです」とか「いい作品ありがとうございます」とか
ありふれたセリフを言っていた気がする。

「あ、もうプレイされたんですか、ありがとうございます」

なーんて言われた気がする。

で、2度も握手してもらった。もうこの手は洗わないぞ!

今日一番緊張した時間でした。
話してみると青沼さんはすごく気さくな方で、自分の質問に丁寧に答えてくれました。
青沼さんお仕事中にお邪魔しまして申し訳ありませんでした。
そして、お時間いただきありがとうございました~!!

~~~~~

続いてカミさんとプレイを目指していた

『Wii Sports テニス』

さっそく2人で並ぶ。待ち時間は結構なものだ・・・けど、プレイしている人達の
『笑顔』がよ~く見て取れました。

『Wii』が出る前までのゲームショーとかって、こうやって親子が顔を見詰め合って
『笑顔』を作るゲームって・・・ここ最近無かったんじゃないかな?
もちろんカップルも『笑顔』でプレイしてる。
男の子2人組みは・・・う~ん。今までと対して変わらず?
いや、むしろ熱い対戦が見て取れるなぁ。

そんな観察してたらいよいよ自分の番に。

~~~~~

『Wiiリモコン』をラケットに見立てて振るだけ。

コレだけ。

コレだけでプレイが可能です。非常に簡単。
キャラクターがボールを追うのは自動的にやってくれます。

大きく『Wiiリモコン』を振ると相手のコートに大きくユックリボールを返し
コンパクトに素早く振ると、スピードも速めのボールを返します。

だんだん感覚がつかめてきたカナ・・・?と思ったらタイムアップ。5分。

う~ん。早いね。あっという間に時間が過ぎちゃう。
コレは楽しい。っていうか、『テニス』って楽しいな。
『Wiiリモコン』の操作が奇抜なのもいいけど、純粋に『テニス』っていう
スポーツは楽しいもんなんだなぁと思った。

これいいよ。すごく簡単ですごく楽しい。
買い決定だな。

~~~~~

ここで昼飯タイム。
非常に充実した午前中だ。
で、ブログのほうも・・・カナリなが~くなってるので・・・
前編・中編・後編に分けます。

そんな訳で今日はこの辺で~。


≪関連ページ≫
 Nintendo World 2006 Wii体験会(公式Webサイト)
 ジャンプアルティメットスターズ
 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(公式Webサイト)
 Wii Sports テニス(公式Webサイト)
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 ) この記事をはてなブックマークに追加

管理人のオススメ

     
« 天地を喰らう... Nintendo Worl... »
 
コメント
 
 
 
わぁ~ (ひらまお)
2006-11-26 14:15:43
いいなぁ!!
ゼルダプレイできたんですね~。
東京は2日間だもんなぁ………。
いいなぁ………。

そしてwiiテニス。
確かに自然と笑いが出てきますよね!!
家ではちょっとテレビが小さくて辛いかなあと
いうところですが………。

早く本体を確保したいひらまおでした。
 
 
 
wii LANについて (ひらまお)
2006-11-26 15:02:15
http://www.nintendo.co.jp/wii/q_and_a/044.html

公式に書いてありましたが、
wi-fi USBコネクタがあればネット接続できるみたいですね。

ん~、どうしようかなあ。
LANアダプタキャンセルしようか……。

でも有線の方が安定してそうな気も
しますしねえ……。
 
 
 
疲労も結構なものでした (kuroo0)
2006-11-27 00:10:27
ゼルダプレイしてまいりました。
非常~に最高でした。っていうか・・・
楽しすぎる!他の『Wii』ソフトなんか目じゃありません。
正直ライトゲーマーではないので、『ゼルダ』の
凄さをビンビン感じますよ。
はやく本編が欲しい!

『WiiSportsテニス』もこれまた楽しかったんです。
恐らく実力の近いもの同志でやったら
非常に盛り上がるでしょうね~。
年末年始やスキー旅行の旅館なんかでも
威力を発揮しそうです。すごく盛り上がりますね。

ただ、立ちプレイ推奨のようで、テレビとの位置関係。
その辺が今のところの過大かなと。

自分も有線になると思います。今のところ。
WiiConect24では今のところトラブル多いみたいですが
そちらもちょっと心配ですね。

明日も続きを書くんでもし良かったら未に来てください!
 
 
 
勝った!第三部完! (デレン)
2006-11-27 22:57:57
『Wii Sports テニス』の記事を読んでいて、何故任天堂はコントローラーを2個標準装備しないのか悔やみます。今更な事なのですが・・・

『ゼルダ』はファミ通でもハイスコアを叩き出していましたね!ああ気になる!

今回の記事は三部構成なのですね。
kuroo0さんの感動と熱気が伝わりました!
中編・後編も期待してます!(^^)/

 
 
 
同感です!! (ひらまお)
2006-11-27 23:51:49
>デレンさん

個人的には、
「はじめてのwii」よりも、「wii sports」にリモコンを同梱した方が良かった気がするんですけどねぇ。

友達同士なら、リモコン持ち寄ればいいけど、
家族内でプレイするなら1本では足りないわけだし………。

まあ今までのコントローラーよりも高価だし仕方ないかも知れないですね。

ある意味、本体よりもリモコンの方が大事なのかも知れない………。
 
 
 
コメントありがとうございます! (kuroo0@携帯)
2006-11-28 07:23:02
後程返事させていただきます!

 
 
 
大変遅くなりました・・・ (kuroo0)
2006-11-28 22:45:52
>デレンさん
そーですね。
『Wii』の楽しさを理解していただくには
『Wiiリモコン』二つは必須であってよかったような
気がします。
プレイしてみてそれはしみじみ感じましたね。

じゃないと片手落ちな気がします。

ちなみに360の『コアシステム』っていうパッケージも
セーブが出来ない仕様なのは片手落ち泣きがしますね。

さすがに『ゼルダの伝説』!
『Wiiリモコン』で大丈夫?っていう不安を
吹き飛ばしてくれました。

でもやっぱり右利きなんですよねぇ・・・

今夜で完結しますのでもう少しお付き合いください!


>ひらまおさん

>「wii sports」にリモコンを同梱
ナルホド!その手がありましたね!
千円ぐらい安くして同梱などであれば
バッチリだったと思います。

仰られるように、意外と『Wiiリモコン』が高いってのが
今回の展開になってるんでしょうかね。

『はじめてのWii』はソフト的には『チュートリアル』的
立ち位置で、それの商品化というのもナイスな
試みだと思ったんですけど、
『Wii』の斬新さを楽しむのであれば
やっぱり『WiiSports』だったと思います。



 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事をはてなブックマークに追加