KU Outdoor Life

アウトドアおやじの日常冒険生活

高所トレ@ミウラBC#1

2016年06月23日 | 海外

2016年6月23日(木)

 本日は代々木にあるミウラ・ベースキャンプの低酸素室へ。
 そう、あの80歳でエベレストに登ってしまった怪人、いやレジェンドである三浦雄一郎氏が提供する一施設である。

 実はこの夏、短期間で登れてしまうというお得な(?)南米の山をターゲットにしているのだが、一昨年(2014年)のケニア山で高山病にかかった経験から今回事前にできるだけのことをしておこうと思った。
 何しろ日本の山で高度順応をしようと思っても、最高が富士山の3,776mでは順応にも限界がある。
 で、このミウラBCでは(自然条件とは異なるが)擬似的に高々度の低酸素状態を体験できるということで、これは使わない手はない。
 
 いくつかコースはあるようだが、今回自分が選んだのは6,000m級コース。
 まず初回に標高4,000m状態で高所テストを140分。
 その後、四回に分け高度を500mずつ上げて(4,500→5,000→5,500→6,000m)高所トレが90分ずつ。

 
 お値段は最初の高所テストが1万円、後のトレーニングが各4,000円×4回=16,000円だが、セットにすると2,000円お得で計24,000円になるという。

 この金額だと新品のミウラーもしくはPUMPの回数券が買えてしまうが、一昨年の高山病の苦しさを存分に味わっていたので、若干迷った末に申し込む。
 いつでも好きな時に受けられるのではなく、事前に設定された時間に何人かが同時に受けるというシステムで、なんとなく歯医者や自動車教習所の予約と似た感じである。

 本日の高所テストに集まったのは、60代男性、60代女性、20代女性、そして私(50代男)の四人。もちろん皆、初対面である。
 60代男性と20代女性の目標はキリマンジャロ。男性の方はそこそこ山に登っている風のおっちゃんだが、女性の方は今まで山とは無縁で今度の正月に新婚旅行で登るらしい。
 うーん、キリマンジャロ、人気ですね。
 一方、もう一人の60代女性は特に海外の山を目指すというわけではなく、国内の山でも気分が悪くなってしまうのでその対処に来たとのこと。

  

 本日のカリキュラムは大きく分けて三つ。
 ・まず基礎測定。平常時の身体及び機能(肺活量)測定など。
 ・次に4,000m室での軽い運動(踏み台昇降)と呼吸法の練習。
 ・最後に4,000m室での睡眠で身体の変化をチェック。

 まず基礎測定は身長、体重、体脂肪率などを測るが、自分の体年齢はジャスト40とのこと。(実年齢は56)
 ただ肺活量の方はひどく、とても公表できないほど実年齢の平均を下回ってしまった。
 
 念のため言っておくと、体重は実際62.2kgと計測されていたのに66.2kg!と誤記載されていた。
 そのため理論値での体年齢は40よりももっと若いはず。

 また肺活量の方は器具の口がどうにも咥えにくく、横から絶対呼気が漏れていたのではないかと思う(言い訳ばかりでスミマセン。)m(_ _)m

 次に低酸素室へ。
 まずは高山病への基本的対処法をレクチャーされる。
 ・行動はゆっくりと。(我慢はしない。おしゃべりする。上を向いて歩く。)
 ・呼吸を意識する。(特に吐く時は強く一気に。)
 ・水分を多く採る。
 ・高山病にかかったらまずは高度を落とす。

 言われてみればそうかと思うが、たしかに自分はせっかちで、苦しい時は黙々と下を向いて登っているし、頻尿なのでむしろ水分は控えるタイプだ。
 これらは高所ではすべて良くない。

 その後、リズムに合わせて踏み台昇降を繰り返す。
 血中酸素濃度(SpO2)を測定するパルスオキシメーターを左手の人差し指にセットして続けるが、平地だと98%のSpO2が4,000mで軽い運動をすると私の場合78%まで低下。
 そこでミウラBC秘伝?の呼吸法を実践するとこのSpO2が若干上がり回復する。
 要はこのミウラBCではけっして短期間で高度に強い身体になれるわけではなく、あくまで高度障害を少しでも防ぐよう有効な呼吸法を覚えることが目的なのだ。

 最後は低酸素室での睡眠。
 左隣が20代の女性でちょっと嬉しかったが、右隣のオヤジが後半から猛烈にイビキをかき出し、気持ちを大いに乱される。
 が、ここでは自分のSpO2はほぼ85%をキープ。
 高度障害は呼吸を意識していない睡眠時に顕著に現れるらしく、人によってはこの睡眠時に数値が徐々に下がってしまう例もあるという。

 一昨年のケニア以来、もしかして自分は先天的、体質的に高度に弱いんじゃないかと不安だったが、他の人のデータをチラ見した限りそれはないと判明し、一安心。
 それにしても肺活量が平均より不足していること、さらに今日の段階では素人の20代女子よりも呼吸法がうまくできてないようでちょっとショック。

 次は一週間後、4,500m(マッターホルン相当)での訓練である。

  

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

高度順化@富士山 2016年#1

2016年06月19日 | その他の山登り

日程:2016年6月18日(土)日帰り
天候:
行程:須走口五合目8:15-吉田口頂上12:45-御鉢廻り・剣ヶ峰-吉田口頂上15:30-須走口五合目17:56 (単独)

 今夏の個人遠征に向け、毎度恒例の富士山トレ。
 本当は「ゼロフジ」(海抜0m、つまり太平洋から3,776mの頂上まで)というのをやりたかったが、直前になって調べてみたら標準所要日程が三泊四日。
 それでも速い人は20時間を切るタイムで下山しているが、今の自分にはあまりにも準備不足。
 結局、ノーマルスタイルで土曜朝に出発することにする。

 朝の東名を走り、あざみラインで須走口の五合目へ。
 夏の山開きまであと少しだが、既に車はけっこう多い。
 今年は異常に雪が少ないとのことだが、それでも正面に見る富士山の上部にはまだ残雪がいくらかある。
 デイパックに適当に詰めて出発。

 参道のような経路を歩き始めると、土産物屋のおばちゃんからサービスの椎茸茶をいただく。
 五合目の店は営業しているが、さすがに山開き前なので環境保全の入山料(1,000円)を徴収する人はいなかった。
 おばちゃんの話では今日も既に多くの人が登っているとのこと。

  

 須走口は六合目までは樹林帯の道が続く。
 今回は慌てず騒がずなるべく腹式呼吸を意識して、ゆっくりだがその代わりに途中で休みを入れないようにしてみる。

 六合目を過ぎてから視界が広がる。
 ゆっくりなので途中で何人か後続の人に抜かれる。
 いつもなら対抗心で抜き返しにかかるのだが、今日はあくまでマイペース。ビスターリ、チョロチョロで行く。
 が、こちらは水分を取る時やウィンドブレーカーをザックから取り出す時以外、ゆっくりだがほとんど足を止めていないので、結果それほど大差は無い。

  

 ほとんど息は乱れることなく吉田口の頂上着。
 本日もグループ、単独、トレイルランナー、外人さん・・・といろいろな人がここ富士山の頂上に集まってきている。
 人の数はまだまだ少なくちょうどイイ感じ。

 いつもと逆に時計と反対回りに剣ヶ峰へ。
 途中の白山岳では単独で来ていたフランス人と片言の英会話で国際交流。去年シャモニーへ行った時の話などをする。
 彼は今回が初めての富士山。梅雨の合間にこんなクリアな青空に巡り合えるなんて・・・彼にとって今回の富士山は「アナザースカイ」になっただろうか。

   

   

 
その後、最高峰の剣ヶ峰でもゆっくり過ごす。
 人も少なく、「怒涛のシャッター押して攻撃」に遭わないのが心地良い。
 3,776mの空気を存分に味わってから下山開始。

  

  

 下りも特に問題はなかったが、最後の最後でやはり左膝に違和感を覚える。
 今年になってからフツーに山にも行けてるし、現時点でも痺れや痛みがあるわけではないのだが・・・やはり気になる。
 夏の遠征が終わるまで何とかもってくれたらいいが・・・。


 下山後はいつもの御殿場市温泉会館。そして道の駅「ふじおやま」で車中泊。
 翌日、墓参りをしてから横浜へ帰宅。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父岩、母岩、ガマ・ルート 【小川山】

2016年06月12日 | フリー(山梨、長野)

日程:2016年6月11日(土)~12日(日)前夜発一泊二日
同行:我が社の山岳部

一日目 父岩、母岩(天候:のち

 金曜夜、後発組三人で横浜を出発。ETC割引適用のため、時間調節しながら須玉ICで降り、この日はいつもの「道の駅・南きよさと」で泊。
 
 翌朝、廻り目平にインすると先発三人組は既にマルチの「セレクション」へ出かけていた。
 女子のヒロイちゃんが待っていてくれたので、まずは各々先月の宿題が残っている父岩へ向かう。
 で、本日の私の取組。

【父岩】
タジアン2 5.10a (再登)
 アップで。先月も登ったのに、トポにあるとおり下部二か所で戸惑うが、まぁ何とか。

モラリスト 5.10a (再登)
 続けてアップ。下部は簡単なアルパイン、上部で一か所迷うが、これもまぁ何とか。

弱点主義 5.10d MRP(本日一便、通算二便)
 前回1テンのまま宿題として残してしまった課題。まだエンジンがかからずいまいちの状態だったが、まぁやってみますか。
 出だしの凹角はステミングを使い省エネでチャチャッと済ませ、ハング下で一旦レスト。十分余力のある状態でハングもクリア。ここまでは順調。
 ホールド、ムーブもわかりやすいので、前回よりだいぶスムーズにできた(と思う)。
 
 自分にとって核心はその上。傾斜緩めのスラブだが、ホールドが乏しくバランシーで足の踏み替えがままならない。
 よく観察したら死角の位置に左足フットホールドを発見。
 左手アンダーフレークも使いながらジリジリと耐えて手を伸ばしたら、何とか浮き出た背骨のようなリップに届く。(ここが一番シビれた!)

 あとは徐々に楽になり晴れてRP。
 最初は手強そうに感じたが、中間部上のスラブ以外、ホールドは豊富で割と登りやすいかも?
 ただハング下の差し歯状の岩板は動くので、登る人はご注意!(絶対に触れないように)

 


 
【母岩】
パンピー 5.10b MOS
 核心は出だしの細かいスラブ、そして上部の小ハングからフレークの乗越しか。
 上部のフレークはちょっと足の置き方に迷うが、フレークを頼りに躊躇せず一気に登るのがいいと思う。
 初見のため中間セクションは正規のライン?より右寄りにとってしまったが、大きくはずれてないので許してもらおう。

レッドストーム 5.10b MOS
 10bにしては超お買い得。手に痛いほどのフレークやガバが随所にあり、最後までホールドに裏切られることはなく、ルート自体も短く、体感5.9?

 この日は前半調子の良かったカワベくんが後半やや荒れ気味。
 ヒロイちゃんはお約束課題ながら「小川山物語」を一発クリア! (うるさい外野がいなくてマイペースで登れたのが勝因か?) 

 

  

 
 夜は焚火。
 山岳部定番の厚切りジェイソン・ベーコン?が旨い!
 しばし至福の一時を過ごすが、このところ残業続きの私はロング缶2本空けたところで日頃の睡眠不足が一気に出て前後不覚。
 頻尿に煩わされることなく、翌朝までぐっすり眠らせていただきました。

 
  

二日目 ガマルート(天候:

 本日はマルチへ。ガマルートは二年前に登っているので本当は別の所へ行きたかったが、まぁいいか。
 五人いるので二組に分け、自分はカワちゃんと。

1P目 スラブ
 カワちゃんリード。傾斜緩めのスラブだが、カワちゃんはスタコラサッサと駆け上がってしまい、ロープを送り出すのも追いつかないぐらい。
 昨日どこかで落ちた時に軽く足を負傷したということだが、相変わらず元気だ。

2P目 フレーク~凹角スラブ
 私のリード。フレークからリップに上がり、右トラバース。その後の浅い凹角スラブで・・・て、テンション!
 何だろう、指がヌルヌルしてどうにも止まらない。あえて言い訳させてもらえれば朝方、皆で食ったカレーの鍋を自分が洗ったせいだ。
 カレーの油が指に染みついているのだ。絶対そうだ。ウジウジ・・・。
 何とかへばりつき、右側の隠れホールドも駆使してどうにか切り抜ける。やれやれ。
 フォローのカワちゃんも軽く引き剥がされていたが、後続組リードのヒロイちゃんはフツーにクリア。もはやスラブでは彼女の方が上手いかも。

  

3P目 凹角フェース

 カワちゃんリード。2P目を途中の木の所で短く切ったのでその残り。
 たしか目の前の凹角をそのまま直上するのだと思ったが、ボルトがまったく見当たらない。撤去されたのか?
 安全のため途中で左側のルートのボルトにランナーをとったが、結局元に戻りそのまま直上。

4P目 スラブ~凹角フェース
 私のリード。出だし、白いのっぺりしたスラブに新しくボルトが打たれている。
 あれれ、こんなのあったっけ?という感じで、無理してそのセクションをやらなくても右でも左でも簡単に上へ抜けられるのだが、せっかくなのでやってみる。が、細かくてけっこうムズい。
 デッドも使って何とか切り抜け、凹角フェース、そして樹林帯を抜けて広いテラスへ。
 カワちゃんを迎えるが、出だしのあのスラブでビヨーンと大きくテンションがかかっていたような?
 もしかして後続隊も同じ所でハマっているのかなかなか現れず、ここで大休止。

  

5P目 フェース
 せっかくクラックがあるので練習のため、カムをセットしながらカワちゃんリード。

6P目 スラブ~リップ・トラバース
 ガマ初めてのカワちゃんにもう一つの面白いピッチをリードしてもらう。
 スラブから大きな穴に立ち上がり、大きなリップのトラバース。登り方によっては狭苦しいピッチだが、カワちゃんは小柄な身体を活かしてスイスイとクリア。
 私は前回と違って今回は左足を溝に残したまま右足でスラブをズリズリと匍匐前進的に上がっていったが、どうにも登りにくい。
 体格にもよるが、両足とも溝に立って上半身を壁にくっつけて上がった方が楽かも。
 後続リードのヒロイちゃんがリップをとった後に足を滑らせ一瞬足ブラになったので、こちらもアセった!が、何とかクリア。

7P目 スラブ
 緩いスラブを私がスタコラサッサとリードして終了。お疲れさまでした。

 

 下降は登ってきたのと反対側へ。後続組の50mダブル2本を使って一気に基部へ。
 ベースに戻り大テント撤収。帰りは山岳部定番の「ヘルシーパークかわかみ」の風呂(今どき300円!)に入って解散とした。

 初日は宿題の「弱点主義」も含めて無難にこなせたが、二日目はどうせガマだしと甘く見たのかけっこうグダグダとなってしまい、反省!
 でも梅雨の合間の貴重なひと時、楽しめました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近読んだ本

2016年05月24日 | 

   

「しょっぱいドライブ」 大道 珠貴 ☆☆☆
 
表題作は地方の海辺の町に住む微妙な年頃の女性がさえないおじさんとデートする日常の日々を綴った物語。
 とにかく主人公の気持ちがコロコロ変わり、でもこういう女性は意外に多いのだろうなと妙に納得させられる。
 いつもまとわりついてウザったいけど離れない親友の話もありがちで、まぁ面白かった。
 芥川賞の選考基準がどういうものか知らないが、物語の大胆さ、発想の面白さよりも、むしろ何気ない風景や心理をいかに表現力豊かに描写するかというテクニックが重要なのだなと思う。
 
「ホームレス大学生」 田村 研一 ☆☆☆★
 
「ホームレス中学生」がベストセラーとなったお笑い芸人、麒麟・田村の実兄によるもう一つの物語。
 弟と違って妹弟を抱えた長兄としての苦労が窺えて、自分はこちらの方が面白かった。
 著者も元々お笑い芸人だったらしいが、もちろんあの獅子舞ネタのタムケンではない。


「一日(いちじつ)」 西村 賢太 ☆★
 「苦役列車」で芥川賞を獲った作家のエッセイ集。
 貧乏でエロ好きで退廃した生活ぶりだが、それでいて自分の心酔する作家には熱い義理を見せたりする。
 今の時代には珍しい昭和の頃の無頼漢のような作家だが、好きな落語の影響なのか書きっぷりに独特のクセがあり、それにちょっとついていけなかった。
 映画の「苦役列車」は面白そうだったので、そのうちレンタルで見てみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバーサイド、姉岩など 【小川山】

2016年05月21日 | フリー(山梨、長野)
日程:2016年5月21日(土) 日帰り
天候:
同行:M田師匠、大ちゃん、山ちゃん
 
 本日は男(おっさん)4人で。
 埼玉、甲府辺りは暑いだろうと、涼を求めて小川山へ。
 おNewの246陸橋と圏央道のお蔭で、横浜からジャスト3時間で廻目平に到着。
 そそくさと用意し、川を渡ってさっそくトライ開始。

  
 
 本日やったのは、
 
【リバーサイド・エリア】
ブラックシープ 5.10a FL
 まずはアップ。リバーサイドの大半が岩茸に被われている中で一番スッキリした、フレークが魅惑的なルート。
 なるほど。中間の黒いシワシワ部分が何となく黒羊に見えなくもない。

 トポではスタートが二通りあるが、潔く10aの直上ver.で。
 まずは大ちゃん。以前RP済みとのことだが、長期のブランク明けのため核心手前で途中敗退。
 で、二番手でやるが、朝一のため我ながら動きが固く、バランスがとりにくい。
 上部のフレークも隙間に指が入るかと思ったらそんなものは無くて少々アセる。最後の立ち込みも身体が固い自分にはちょっとビミョーなイヤらしさ。
 お手軽グレードながらバランス、フリ、スメアなど基本スキルを求められる好ルート。
 
  

ジョコンダ
 5.10d ×

 自分より数段強い山ちゃんが苦戦したので無理を承知でやってみるが、下から2/3は意外とスムーズ。
 しかし、やはり10d!その先、核心のリップから上の二~三手がどうにも掛かりが甘く、身体を上げることができない。
 仮にリップにハイステップで立ち込んだとしても、足がはずれた場合ロープに引っ掛けそうで何とも怖い。
 うーん、これは技術というより度胸の課題だな。
 後から考えると、左手キーホールドを持って右手マントル返すようにすれば、うまくリップに立ち込めたかも。
 チャンスがあればまたやってみたい。

 
 
ランデブー 5.11a ×
 トポでは♀マーク(パワーでなくバランス系?)が付いているが、出だしから指に来るカチからサイドプルで体幹MAX。
 最初のボルトからクリップの体勢をとることができず、早々と退散。つーか封印。
 これで11aか。小川山、辛いなぁ。それとも自分がヘタレなのか。(たぶん、そうなのだろう。)
 
 その他、山ちゃんは「DOKUFU」(5.11a)などトライ。
 D介くんと私はせっせと岩茸取りしてから上部へ移動。

  
 

【マラ岩】
川上小唄 5.8 MOS
 今さらですが、話のネタに。
 傾斜も寝ているし、まず問題無い。
 しかし、逆にこのルートの途中で「テンショーン!」なんて言ったら、周りの人たちに「はぁ~っ?」なんて思われてしまうに違いない。
 別の意味でプレッシャーがかかると思う。
 終了点、マラ岩Topからの景色は絶景。上からだと意外とこのルートも立っているのがわかる。
 そういや昔、キムタクもジャック中根氏と登ってたな。(もちろんトップロープだけど)

  

  
 
 まだやったことのない「レギュラー」(5.10c)など魅力的だったが、何だか見た瞬間圧倒されてしまい、今日はまずできそうもない感じ。
 途中残置している組もいたりして、また今度にしようとさらに上部へ。

  妹岩にはクラック・ギャルズがいっぱい
 

【姉岩下部】
卒業試験 5.10b MOS
 壁一面を使って左から右、そしてまた左とアミダくじ的に弱点を継いで登っていく。
 水平クラック・トラバースでの足さばき、クリップするためのポジション、ボルト2つ目かけるまで絶対落ちれないなど、まさに初級者のための卒業試験。
 メニューが豊富で面白い。
 それなりに長く、けっこう疲れてしまってグダグダな登りとなってしまったが、それでも何とか一発合格。
 (ありがとう、先生!これから社会に出てもガンバリマス?)

  

  
 
た・タんか 5.10a MOS
 クールダウンで。ランナー2つの短い課題。
 ほんの一瞬バランスをとったりするが、パワーもいらずお手軽。
 右側に寄ってカンテを使ってしまうとさらに簡単になってしまうので、一応使わず限定でクリア。
 
 他に山ちゃんは「JINRO25」(5.10d)を一撃。
 腕を故障中の師匠、大ちゃんらは「センター試験(5.8)」「yamashi(5.10b)」などをやる。
 
 ほどほどの時間に切り上げ、帰路につく。
 最後はpatagonia川上店を覗いた後、町田の「蒙古タンメン中本」へ。

  

 
 旨いんだけど、熱いのか辛いのか相変わらずよーわからん。 
 孤高の人、大ちゃんは「中本ではいつもこれっス!」と"北極”を注文するが、日々の疲れもあってか本日は完食するのにやや苦戦。

 ・・・翌日、彼は大変なことになったらしい。お疲れさまでした。

   

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加