KU Outdoor Life

アウトドアおやじの日常冒険生活

間違いだらけのワイルドターキー 【伊豆・城山】

2017年02月04日 | フリー(伊豆)
日程:2017年2月4日(土)日帰り
天候:
同行:M田師匠

 本日はワイルドボアのつもりだったが、何となく前から気になっていたワイルドターキーを偵察することに。
 二週間前のポンポコランド同様、こちらも現在の「日本100岩場」に載っていないため、「城山フリークライミングガイド400」を持っているM田師匠にぜひ現地案内をお願いしたかったエリアだ。
 
 明日の天気予報が雨のせいか、峠の駐車場付近はさすがに満車。  
 何とか空きスペースに入れるが、おそらくその時点で20台は来ていただろう。こりゃぁボアは混んでるだろうな。

 とりあえず山頂を越えて、先にターキーまで行ってみる。
 稜線にザックを置いて先に師匠が偵察。一部は苔と染み出しで自然に帰った状態だが、乾いて登れるパートもあると言う。
 では、行ってみますかね。
 ちょっと悪いFIXロープと梯子を使って谷底へ降りていくと、そこがワイルドターキーゴージ。
 当然、貸切。


 

 

 

 状態の良い壁を選んで、今日トライしたのはこちら。

ディザイア 5.12a ×(二便。テン山TO)
 凹角の短めルート。リヴァーアイランド(5.10c)のつもりで取り付くが、実はとんでもない勘違いだった。
 先に取り付くが、スタートから自分の苦手な三角ボテのスメア系。登りにくい。
 せいぜい10cと思い込んでいるので棚の上に使えるガバがあるはずと手を出すが、かかりの悪いスローパー。
 一旦、仕切り直して師匠にバトンタッチするが、快適と思っていた師匠も「あれぇ、おかしいな???」とタジタジな様子。

 二便目、左手でコーナーにあるガバを引き付けて、右手でわかりづらいカチ、左手アンダーに持ち替えて立ち上がって右手ガバ。
 そこから左側のコーナーへ移るが、しばらくハマり、セミになってしまう。
 右隣の12cのルートにも一部入り込んで、最後はヒィヒィ言いながらヌンチャク掴んでゴールしたが、これにて今日の腕パワー2/3を消耗。 
 朝イチのアップのはずなのに・・・。
 下から見ると簡単そうに見えるが、ロワーダウンすると思いのほか壁から離され、実はけっこう被ったクセもの課題。
 ただテン山でも何とか終了点まで行けた。12aなんて自分には届かない世界と思っていたが、その気になればもしかして・・・?
 
ウォークドントラン 5.10b MOS
 パンプ回復のため、左壁右端の簡単な9~10bでお茶を濁そうかと思ったが、こちらは苔と湿気でほぼ壊滅状態。
 で、代わりにやったのがこちら。
 取付が薄被りぽいが、後は思った所にきちんとガバが見つかる好ルート。
 でも、けっこう長くて(トポでは22m)、最初の一本で少々腕が張った状態ではちょっと辛かった。

寺子屋 5.10c MOS
 トポによるとこちらもスタート核心とのことだったが、やってみると思ったほど悪くなかった。
 途中、クラックの中でジィージィーと妙な機械音が聞こえるので不思議に思ったが、どうやら岩の隙間にコウモリが隠れている様子。(いきなり飛び出して来なくて良かった。)
 その後も意外と立ったフェースが続くが、けっこう長い。
 トポにはB6(ボルト6本)とあるが、それではちょっと足りんぞ。
 予備の捨てビナも駆使して何とかクリアするが、体感的には先の「ウォードントラン」より明らかに長く感じた。

果て無き道 5.10c MOS
 大した本数登っていないが、ダメージ的に今日はもう十分。
 最後にもう一本と思ってマミーブルー(5.10c)に手を出すが・・・これも間違いだった。

 出だしは立体的でなかなか面白い。
 しかし、ちょっとした段差の所で、岩の表面を覆っていた砂で爪先がスベリ、右スネをしたたかにぶつけてしまう。
 痛かったがテンションかけなかったので、そのまま続登。後で気付いたが、流血していた。
 
 

 その後は似たような難しさのフェースが延々と続く。
 マミーブルーだと思い込んでいるのでボルト7つで終了点に着くはずが、既に手持ちの10本を使い果たし、後はビレイ用と捨てビナが数個あるだけ。
 おかしいなと思いつつも目の前に次々とボルトが現れるので、もう登るしかない。
 ハンガーにカラビナ直掛けなので、ロープも次第に重くなる。
 途中、出っ張り気味の岩の部分は迂回したり、何度かクライムダウンしたりして軌道修正。ロープの流れを気にしつつ何とか登る。
 結局、たどり着いた終了点からは歩ける道が続いており、どうやらこのエリアで一番長い「果て無き道」(トポでは43m!)を登っていたらしい。
 自分ではよくわかっていないので普通にロワーダウンしようとしたら、何やら下の方でビレイしている師匠が叫んでいる。
 ここでようやく事態がわかり、夕暮れ迫る中、ロープの付け替えなどでアタフタし、師匠には多大なる迷惑をかけてしまった。やれやれ。
  
 そんなこんなでドタバタしながら、本日は終了。
 出だしの登れないアップから始まり、最後もルートの選択ミスと何とも言えない内容だったが、肩と前腕の張りと疲労度はなかなかでフィジカル的には充実した一日だった。
 帰りはR136号沿いの「焼肉田苑」でクッパーをいただき、帰宅。

  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今月のジム(2017年1月)

2017年01月31日 | ジム
1/4(火)夜 横パン
 仕事始め。年始の挨拶もそこそこにコソ練。
 長い間、できなかった一階船左舷、5級。太目のドーナツ+フランスパン二つのパーミング課題。
 そろそろ船もホールド替えだし、半ば諦めていたのだが、なぜか今日はガッと掴めてようやくクリア!
 ついでに同・右壁のマンスリー課題も一撃。
 今日の感想「体幹の調子が割とイイ。」

 

1/9(月・祝)昼 海老名レッジ
 三人で。
 リード 5.10a~11aまで計12本。(11bは尻が重くて腹筋が足りず×)
 クールダウンでボルダー5~6級を四つほど。

1/15(日)昼 戸塚ライズ
 復習で4級×5つ、3級×1つを登り直す。
 ここもそろそろ全面リニューアル。
 新しい課題が楽しみである。
 今日の反省「夢は夜ひらく、指がすぐ開く(?)」

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の赤岩尾根~両神山、完結

2017年01月29日 | バリエーション・ルート
日程:2017年1月29日(日)前日発日帰り
天候:
同行:まっちゃん、ノトっち(我が社の山岳部)
行程:起床4:30-赤岩橋・出発5:45-赤岩峠6:45~55-赤岩岳7:20~25-P49:00~10-P110:40-八丁峠11:10~20-西岳12:10-両神山14:05~25-上落合橋17:15

 この週末は一人で軽い山へ行ってスノーシューで遊んでこようと思っていたところ、直前になって我が社の山岳部・若手二人からお声がけいただき急遽、両神山へ計画変更。
 冬の両神・赤岩尾根は、私は過去二回単独でトライしているが、いずれも八丁峠までで時間切れ。両神山までは達していない。
 やはり横浜を当日朝に出発していては登山口に着くのが9時過ぎになってしまうので、今回は前日発。これで三度目の正直としたい。
 横浜から両神山は圏央道により多少は近くなった気もするが、高速を下りてからもなかなか遠い。 
 本当はもっと明るいうちに着いて廃村となったニッチツ住居跡のシュールな景観を見てもらいたかったが、夕暮れになってから到着。
 シェフ・ノトっちの山メシとそれぞれ持ち寄った酒を飲んで明日に備える。
 
 翌日曜。ヘッデンを点け、未明に出発。
 夜明け前だとわかりにくいかなと思ったが、さすがにこれまで二回も行っていたので道を覚えていた。
 ルートに詳しいといっても終始、自分が先頭を行ってはつまらないだろうから今回は基本的に若い二人に先を任せる。
 我が社の山岳部の中でも特にパワーが有り余っている二人だけに、おじさんは付いていくのに早くも汗ダク・・・。

 赤岩峠着。
 積雪はそこそこあるが軟らかく、アイゼンを着けるほどではない。
 そして驚いたことに、昨日歩いたかのような真新しいトレースがあり、これから進む赤岩尾根へと続いている。
 ネットで検索すると、無雪期の赤岩尾根はもはやポピュラーなバリエーションだが、冬の記録となるとほとんど無い。
 そんな変人は自分ぐらいしかいないということか?

 ラッセルの必要は無い積雪量ながらルーファイが重要となる赤岩尾根にとって、このトレースはかなり時間短縮となり、今回大いに助けられた。

 尾根を少し登ってから正面の岩からそれて左へ樹林帯をトラバース。雪のルンゼ、そしてちょっと細い岩のリッジを辿っていく。
 「これで一般ルートですかぁ?」とノトっちがボヤくが、まぁ一応バリエーションとなってます。
 赤岩岳に到着。木陰から大ナゲシ、遠く浅間山方面を遠望して小休止。先へ進む。

 

 

 続いて1,583m前衛峰。一応、このルートの核心か。
 正面突破はⅢ級の岩登り、やや左のFIXロープ沿いにも行ける。チャレンジャーのまっちゃんは前者、堅実派のノトっちは後者を選ぶ。
 私は前二回とも正面を登っているので今回はノトっちの後からFIXロープ沿いに登ってみた。
 過去の記録にはFIXロープはかなり年季が入っていて却って頼るのは危険と書いてあったが、今(2017年現在)はもう一本比較的新しいのがしっかりハンガーボルトでセットされ、不安はない。
 まぁ瞬間的にほぼ垂直の箇所もあるが、慣れた人ならロープを頼らずに登れる。

 続いて1,583m峰。
 向かって右側、南側面をトラバースして段差のあるスラブ状の岩場を登っていく。
 ピークから一旦高度を下げ、尾根は続く。登り返した所が樹林帯の中のP4。
 ここまでで赤岩尾根の約半分か。八丁尾根から両神山までまだまだ長い。

 

 

 簡単に跨げる小キレット、ちょっと悪いトラバースを経てP3。そしてⅢ級のチムニーを越えてP2へ。

 この先、古いFIXのトラバースがあってP1に到着すると記憶していたが、ロープが雪に埋まってしまっていたのか全く気付かず南側の一段下がった巻道へ進んでP1を飛ばしてしまう。
 特にピークに拘るつもりはないが、P1は赤岩尾根の中で一番展望が良いのでせっかくなので、まっちゃんと共に登り返す。省エネ派のノトっちは割愛。
 これで赤岩尾根はほぼ終了。後はタラタラと快適で緩やかな道を下って八丁峠着。

 

 

 多少のタイムロスはあったが、誰かのトレースと以前よりも増えた赤テープに導かれ、ここまでペースは順調。
 多少疲れはあるが、小休止後、予定通りに八丁尾根へ継続する。
 この先は私も初めて。

 赤岩尾根がルーファイが求められる細かいアップダウンの連続だとしたら、八丁尾根はルートこそ明瞭だが、大きく鉈で断ち割ったような鎖場が続く。
 これが赤岩尾根からの継続だと、体力的に響いてくる。

 

 

 「長いなぁ、シンドイなぁ。」とボヤキながらもういくつ目となったかわからない鎖場を登り切って、ようやく両神山山頂に到着。
 やっと終わった。

 だが、まだ安心できない。
 下山口の上落合橋までの最後の下りも一応作業道とされているが、一般ルートでなく、いわゆるバリエーション道だ。
 特に雪の時期だけに状況がわからず、ここはヘッデンを使わず明るいうちに突破したい。
 ネットの記録を参考に通行止めのトラロープを二回潜り、雪の沢筋へ。

 しばらく真っ直ぐ雪の急斜面を下っていくが、やがてクライムダウンも厳しそうな凍った小滝に行く手を阻まれる。
 ロープを出して懸垂下降かと思ったが、そこさえ越えれば安全かという保証はなく、無雪期にあれだけ多くの人が下っているならこんなに悪い筈がないという気がした。
 すると、まっちゃんが向かって右手の方に道標となるピンクのテープを発見。いや、これはファインプレイ!
 以後、向かって右手の山裾をトラバースする作業道をピンクテープに導かれ、延々と下る。

 しかし、この下りもなかなか長い。
 無雪期だと1~1時間半と書かれていたりするが、とんでもない。
 この時期だと不安定な雪の箇所などあって、思いのほか長く感じられ、「下りは短く、楽勝(なはず)だから。」と事前に説明していたオヤジは、若い二人から不信のまなざしを向けられてしまった。

 それでも何とかヘッデンが要らないギリギリの時間に安全地帯である林道に到着。良かった。
 技術、体力的には一人で行けても、この下りは単独では泣きが入ったかも。若手二人には精神的に大いに助けられた。感謝!
 帰りは大滝温泉で汗を流して、秩父市内のちょっとレトロな洋食屋で夕食。

 
 
 行動時間約11時間半。

 結局、持参したロープもアイゼンも今回は使わなかったが、翌二日間はフルマラソン級の腿筋バキバキ状態が続いた。畏るべし藪岩魂。
 冬の赤岩尾根から両神山、これにて完結。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スベる!ポンポコランド 【伊豆・城山】

2017年01月21日 | フリー(伊豆)
日程:2017年1月21日(土)日帰り
天候:曇りのち
同行:M田師匠

 さて本日は城山のポンポコランドへ。
 師匠によればトポに書いてあるより全体的に1~2グレード甘めとのこと。私は今回お初だが、はたして・・・。
 
 峠の駐車場からアプローチ。頂上手前から微かな踏跡を斜め左下へ少し下ると、そこがポンポコ。
 うーん、何だか苔っぽいというか泥土っぽいというか・・・全体的にウェットな印象。
 とりあえず本日は我々の貸切みたいなようなので、手頃なヤツから始める。

 

 

復活の日 5.10a ×(3テンTO)
 見た目、傾斜緩めだし10aだしと軽い気持ちで取り付くが、何だかミョーに足が滑る。
 フリクションがまったく感じられず、片足離すのがなんとも怖い。
 おまけに朝のうちは岩も冷たく手がかじかんで、上部のスローパーっぽい所で思わずテンション。
 結局3テンぐらいして、ヒィヒィ言いながらトップアウト。
 「復活の日」どころか、これでは「引退の日」。師匠も同様。ダメだ、こりゃ。

転勤前 5.10b MOS
 トポにある通り下半部のフェースは細かいが、それでも細かい分ホールドはカチッとしていて、まだ「復活の日」よりどうにかなる感じ。
 上に行くほど簡単になり、ホッ・・・。

天の命を拾う 5.10c MRP(二便)
 ここも見ため傾斜はキツくないし、以前登った師匠によれば体感10aとのことだったが・・・。
 出だしのスラブフェースが細かいが、ここを何とか抜けてホッとするも束の間、その上でいきなりスベってまさかのフイ落ち。師匠も同じく・・・。
 二人とも仕切り直しで二便目はトップアウトするが、やはり足が信じられず、垂直以下なのにパンプしてしまった。
 それでも原因不明の腕痛によりしばらく低迷が続いていた師匠、久々の10c完登。良かったです。
 
猫道 5.10a/b MOS
 午後になり岩も少しは乾いてきたのか、さすがにここはまぁまぁ快適。癒しの一本。
 時間は少し早いが、もうこれ以上、本日のコンディションではポンポコで登れる気がせず打ち止め。

 
(左)ポンポコランドの「ポン」。右半分はコケに濡れ、もはや Back to the nature 状態。
(右)ポンポコランドの「ポコ」。取り付いているのが「転勤前」、カンテを挟んで右が「復活の日」。どちらも湿っていて悪い。

 
(左)ポンポコランドの「天の命を拾う」。ここもコケ気味。下部スラブのスタート核心。
(右)帰りに偵察したウェーブロック。こちらは乾いていたが、下地が崩落岩の堆積でデンジャラスな雰囲気。

 せっかくなので、これまたまだ行ったことのないウェーブロックを偵察。
 やや悪いアプローチを辿って着いてみると、なるほど。覆い被さる岩の形が北斎が描く波を彷彿とさせるから、たぶんウェーブ・ロックなのだなと想像はつく。
 岩はドライであったが、全体的に崩れそうで危険なイメージ。下地はどう見ても岩が崩れた跡だが、大丈夫かなココ。
 ポンポコもそうだが、これらの岩場は現在発売中の「日本100岩場」(山と渓谷社・刊)には掲載されておらず、絶版となった「伊豆・城山Free Climbing Guide 400」にあるのみ。
 結局、現在のトポに無い→人気が減る→誰も行かない。ということになり、そういった岩場は自然に還っていく運命なのか。

  持っている人だけが持っている「伊豆城山FCガイド400」。乞う再販!

 帰りは三島駅前の「ガッツリ麺」で。
 ガッツリと名乗る割には、自分も大盛りで丁度イイぐらいだったが、味は悪くなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルーを見ルー

2017年01月17日 | 映画

  新春話題の映画「MERU」観てきました。

 インドヒマラヤに聳えるメルー。
 そこにあるシャークス・フィンと呼ばれる高難度ルートを一度は敗退しつつもその後の試練を乗り越え、最後は完登する三人のクライマーのドキュメンタリー。
 ヘタな演技や過剰な演出は無く、三人の静かで熱い情熱が淡々と描かれる。
 山に登る者ならもちろん、登らない者でも共感と感動を得られる作品との前評判もあって大いに期待してみたのだが・・・。

 たしかに映像は素晴らしい。あの厳しい環境の中で、よくぞここまで撮って一本の映画に仕上げたなと思う。
 ただ、期待が大き過ぎただけに自分の満足度は、五点満点の☆3つ。
 クライミングの内容は自分のような者には到底あれこれ言えない高次元なものなので置いとくとして、これはあくまで映画としての自分の満足度。(評価ではない。)
 理由は単純。何度でも見たいか、そうでないか、だ。
 
 これはたぶん、クライミングの映像に対して「DOSAGE」や「REEL ROCK」シリーズでヘンに目が肥えてしまい、生半可の迫力やスピード感では驚かなくなって、こちらの感性が鈍くなってしまっているせいかもしれない。
 実際、登っている彼らにしてもどこか淡々としているように見える。
 そして、最後のクライマックスである登頂のシーンも(自分には)どこかあっけなく見えて、それがそのまま自分の感想に繋がっている。
 
 イイなぁと思ったのは三人の友情。
 そして作品中に「師(メンター)」という言葉が出てくるが、マグス・スタンプ→コンラッド・アンカー→ジミー・チンと受け継がれる師弟愛がこの映画のテーマの一つだと感じた。
 ちょっと要らないなぁと思ったのは、ナビゲーター役(解説?)のJ・クラカワー氏の熱い語り口。
 そんなのいいからもっと山の映像見せてくれ、と思ったのは私だけ?(まぁ尺伸ばしのために仕方ないんだろうけど。)
 
 最後に私がかつてガンゴトリを訪れた時の写真を。
 まだ馬目さんやコンラッドらが訪れる前の頃。(1980年)
 手前がシブリン、右奥にメルー。シャークス・フィンも小さく写っている。
 映画「MERU」の中でも自分が登った山が一瞬チラッと見えて、目頭がちょっと熱くなりました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加