KU Outdoor Life

アウトドアおやじの日常冒険生活

「ショーケン」

2016年09月15日 | 


 いつか読もうと思っていた本。近くの図書館でたまたま見つけて一気に読了。☆☆☆☆
 
 その人生は波乱万丈。
 テンプターズから始まり「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」「青春の蹉跌」など十代の一番多感な時期にリアルタイムで見てきたファンとしては、とても読み応えがあった。
 
 エピソードも満載で、例えば
・「傷だらけの天使」のアキラ役は最初、水谷豊ではなく火野正平が予定されていた。
・映画「ブラックレイン」も当初、高倉健の刑事役を勝新太郎、松田優作のギャング役をショーケン、そして殺されるマイケル・ダグラスの部下役をトム・クルーズがやる予定だった。
など、この本で初めて知って何とも興味深かった。
 
 また私生活では、数多くの結婚と離婚、そして麻薬使用による逮捕があったかと思えば、その後、四国八十八か所のお遍路に出たり、マザーテレサに感銘してインドに出かけたり。
 ただのアウトローではなく、繊細で真剣だからこそ衝突して失敗し、もがき続ける人生はまさに前出のドラマの主人公の不器用さそのもの。
 「かっこわるい男のかっこよさ」というのはショーケンが演技の中で目指していたものらしいが、まさにそれがショーケンの魅力だと思う。
 
 最近は、ずっと後になってビデオやネットで観た若い連中が「傷天、サイコー!」などと、のたまわったりしているが、あの頃の自分たちは「アニキ」に敬意を表してそんな言い方はしなかった。
 傷モノの天ぷらじゃないんだから、何でもかんでも略すなよ、まったく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スラブのお稽古【小川山】

2016年09月10日 | フリー(山梨、長野)
日程:2016年9月10日(土)日帰り
天候:
同行:yokkoさん
 
 先週に引き続き、また日帰り小川山。
 横浜からだと圏央道~中央道経由でうまくすれば片道3時間で行けるようになったが、やはり朝7時頃に相模湖IC辺りが渋滞となるようで今日は4時間かかってしまった。
 廻目平の駐車場はほぼ満杯。人のことは言えないが、皆さん好きですね。
 
【八幡沢左岸スラブ】
 ビクターの脇を通って、お初のエリアへ。
 
ビスタの夏休み 5.9 ×(2テンTO)
 中間部のスラブであと少しが耐えられなかった。これで5.9か。スラブは辛いよ。(TT)
 
走れメロス 5.10a ×(1テンTO)
 一本目のボルトがやや高いので慎重に。(トポにNPとあるのは、この出だしの部分か?落ち着いてやれば無しでもイケた。)
 先ほどので少し感覚が慣れてきたが、やはり1か所バランスを崩してしまって軽くテンション。ダメだなぁ。でも慣れると結構面白い。
 
トムといっしょ 5.10a MOS
 スラブの洗礼を受けてから、ガバ豊富なカンテ課題へ。
 さすがにこれはイケるでしょ!と甘く見積もって取り付いたが、中間部は割と立っているのね。
 でもまぁ落ち着いて二人とも一撃。

 
(左)走れメロス、(右)トムといっしょ 
 
 さらに右手のブラック&ホワイト側の壁はトップロープがスダレ状。かと言って11以上のスラブが自分たちにこなせるわけがなく(TT)、そそくさと移動。
 
【スラブ状ルート】
無名ルート 5.10a? MOS
 「オーウェン~」と「かわいい女」の間にある謎のライン。
 一本目のボルトがやけに高く、慎重に取り付く。
 その上は右と左、どちらでもラインは取れるが、左側の「オーウェン~」をすぐ後から登ってくる人がいたので、私は右を選択。
 核心は剥がされそうになるのを左手アンダー、バランスで耐えて右上・大エクボのリップ取り。
 ラストは松の木をかき分けてアルパインチックに終了点まで。
 
高い窓 5.10b ×(3テンTO)
 前からの宿題。
 これまた一本目のボルトが高く危険なので、下部は「オーウェン~」の支点を共用させてもらう。
 出だしのスラブ、中間部のハングは既に自動化。
 問題は最後の岩塔だが、ここがどうしても繋がらない。ハングドッグでホールドとムーブを探るが、1セクションだけブランクのまま本日も敗退。orz
 
ウルトラセブン 5.7 (再登)
 クールダウンで。出だしのスラブで今日の〆。

 
 (左)無名ルート、(右)高い窓

 本日は予定していたわけではないが、スラブ主体となってしまった。
 10台前半までしかやっていないが、それでも一本ごとに「ここには立てる!」と足の爪先が岩の感触を覚えていく感覚がなかなか楽しかった。
 しかし、やはりスラブはメンタル勝負だなぁ。yokkoさん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近買ったモノ

2016年09月04日 | 道具
NIKE Air Pegasus
 秋から少し始めようと思っている近所のウォーキング用に。
 一応、山に行ったり岩に登ったりしているが、無理するとやはり膝に負担がかかるのでジョギングは今しばらく封印。
 まぁ近所の公園を歩くぐらいならどんな靴でもいいのだが、まずは形から。

 
PETZLのアイゼン
 現在、アイゼンはBD社のサイボーグを使っているが、そこそこ爪も丸くなってきたので、予備としてヤフオクでGet。
 昨年のシャモニー、そして今年のアンデスの万年氷を経験すると、BD社よりもペッツル(シャルレ)やグリベルなど昔ながらのヨーロッパ系の鋭い爪の方が安心できる。




 
左の黒いのがPETZL、右の銀色はBD
 
Mon-bell フォームパッド
 現在、山で使うスリーピングマットはカスケードデザインのZ-LITE130を使用。
 それより前は同社の空気注入式を使ってきたが、冬山でパンクし辛い目にあってからはもっぱらパンクレスのクローズド・セルを信頼している。
 Z-liteは沢でも岩でも無敵だが、それでも収納がやや嵩張るという難点があった。
 そこで出たのが、モンベルのZ-LITEパクリ版(失礼しました。)
 
 実際の仕様の数値を比較すると、
 カスケード Z-LITE130 長さ130cm×幅51cm×厚さ2.0mm
 モンベル フォームパッド90 長さ90cm×幅50cm×厚さ1.6nmm
 
 長さは短く厚みも薄くなるが、畳んだ時のコンパクトさは約半分で、思わず衝動買い。
 ウルトラライトにまた一歩近づいた。

 
オレンジ色のがZ-LITE130、緑色がmonbellフォームパッド90
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姉岩上部4勝1敗【小川山】

2016年09月03日 | フリー(山梨、長野)
日程:2016年9月3日(土)日帰り
天候:
同行:M田師匠
 
 夏の遠征を挟んでしまったため二か月半振りぐらいの外岩。
 当初ストリームサイドを目指すが、このところの雨続きで川の水量多め。水勢に躊躇し、敢え無く断念。
 しかたなく上流に回り込み、お手軽エリアの「上の姉岩」へ。(それでも靴を脱いでの渡渉はあった。

 
 
 とりあえずまた一から出直しモードで。やったのはこちら。
 
大きな松の木の下で 5.10a MOS
 出だし、やや右から取り付こうとしたら結構イヤらしく、やや左の小フレークを使ってスタートを修正。
 そこさえ越えれば、上に行くにつれ易しくなってホッとする。
 
強火の職人 5.10b MOS
 ボルト2~3本間はフレークを利用するナチュプロ。
 カムを持ってこなかったので師匠が3本目から長スリングを足してくれた。
 ルーファイに注意すれば見た目より素直な課題で楽しめた。
 トポにある通り6本目のボルトは完全に見逃してしまったが、最上部はアルパインの三級程度なのでまぁソツなくこなす。

 
師匠@リハビリ中。左が「大きな松の木の下で」、右が「強火の職人」
 
美貌の神様 5.10c MOS
 ルート名の割には少し日陰であまり美しい感じはしない。
 一見脆そうな感じで、小川山にしてはアルパインの本チャンぽい岩質に見える。
 全体的に薄被りで、下部を慎重にこなした後、核心のハングはフラッギングの態勢から腕を伸ばしてクラックに右手をねじ入れる。
 スタミナ不足なので、何とか今日一便で登れて良かった。
 
僕の場所 5.9 OS
 カンテ。グレードを信じて甘く見ると、下部は少し考えさせられる。
 ボルト4本目辺りが核心だろうが、ここと思った所に足、立ち上がればそこにガバが待っている!
 
なんとなくホゲホゲ 5.10c ×(3テンTO)
 スッキリした浅めの凹角。距離は短め。
 ステミングするには幅がやや窮屈だが、下部は足を使って省エネでこなす。
 最後核心は足をスメアで決めてカチ→カチ→デッドだろうが、肝心のカチがまったく持てない。
 宿題となってしまったが、まぁ本来の指力が戻れば登れるかな。

 
左が「僕の場所」、右が「なんとなくホゲホゲ」
 
M田師匠もようやく腕の痛みが回復傾向にあるようで良かった。
帰りはいつもの相模原大勝軒「金太郎」へ。久々の太麺は今日は少し固く感じた。(兄さん、もう少し茹でてよ。)

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今月のジム(2016年8月)

2016年08月27日 | 総括
8/9(火)夜 横パン
コソ練。南米から帰国後、中二日。
一階メインでやるが、6級までが精一杯。全体的にスタミナ切れ。


8/13(土)昼 BaceCamp(入間)
yokkoさんと小川山日帰りで出かけるも中央道に入る手前でお盆渋滞に掴まり、敢え無く転進。
最高5.10cまで。ヨレてしまって10d以上が登れない。
まぁクリス・シャルマもオフの時はイレブンが登れないと言うし、あの谷口ケイさんもヒマラヤ帰りだと5.10aで落ちると聞いたことがある。
自分もアンデス帰りということで今日のところは勘弁してもらおう。(←言い訳)
それでも頑張って10b中心に16本は登ったかな。

 
 
8/23(火)夜 横パン
コソ練。一階・5級をリピート。更に二階の被りもの5級を一撃。
少し身体が戻ってきたかも。

8/27(土)夜 戸塚RISE
この夏、山で怪我して入院中のKくんを見舞った後、同じ山岳部のM先輩と。
ここでは3級までは登っているが、今日のところは4級までが精一杯。ま、こんなもんか。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加