三味三昧 笛三昧

ある時は三味線弾き、ある時は笛・尺八奏者、又ある時はカッ飛びライダー
音楽好き趣味三昧人間「くまりん」のお気楽日記です

滅多に書かない無線ネタ・・・「8J9VLP」の運用・完結編

2017年05月22日 23時07分36秒 | アマチュア無線

滅多に書かないアマチュア無線ネタの完結編です。


5月20日(土曜日)

14日(日曜日)にひき続いて、滑川市のほたるいかミュージアムで「8J9VLP/9」の運用でした。
前回は日曜日でしたが、この日は土曜日。
土曜の朝のR8は日曜の朝のようにスイスイと走れなくて、氷見の自宅から滑川市までは結構時間がかかりました。

この日の運用は福井から応援に駆けつけて下さったJA9BSL/野村さん、前回に同様夜勤明けでかけつけてくれたJR9EIE/舟橋さん、そして責任者の私JH9CDZの3名です。

ふみ立て(車のタイヤで固定する伸縮ポールのベース)と伸縮ポールを持って行ったJR9EIEが若干遅れるとのことで、それまでに他の準備から始めます。
1週間前にも設営しているので、すんなりと、そして前回よりもはるかにすっきりとアンテナ設営も完了。
前回同様、7MHzと10MHzのツェップを張りました。


この日は前回と比べてあまりコンディションが良くなくてCQの空振りの連続ですが、そこはよもやまの雑談で時間をつぶしました。
前回はCWのみだったので、今回はフォーンも少しだけ運用しました。
といっても、私もEIEもマイクを持つのを躊躇して、フォーンはJA9BSLさんにお願いしました。

JARLの「アマチュア無線運用中」という幟は、JA9BSLさんにお願いしてJARL福井支部の私物を持ってきて頂きました。
これが功を奏したのか、この日は見学者が2組もいらっしゃいました。

最初の方はトラックの運転手さんの二人組で、「おれも免許持ってるんだけど・・・」と話しかけてこられました。5Wで運用していると言うとビックリされてました。

もう一人の見学者の方は、JA1のコールサインを持っているという超OMさん。
最近の無線機はすごいねぇ、と言って話しかけてこられました。
昔のリグの話やらされましたが、私にはちょっと古すぎてわからなくて、BSLさんと昔話で盛り上がっておられました。
その昔イギリス勤務のときに、14MHzでDXを楽しんでおられたそうです。



前回と同様のスタイルで設営しました。
ポールから左が10MHz、右が7MHzのツェップです。



まだまだ午前中は元気です。








JARLの幟の効果か、見学者がありました。



BSLさん。
安定化電源に直射日光が当たっていたので、菅笠で日よけ中。



なんと、縦振電鍵でオペレート中。
縦振の信号は味があって良いですネ。



コンディションが今ひとつで、前回の14日よりは交信数が少なかったのですが、何とか150局程でした。
私とEIEはこの日も寡黙にCW一筋。マイクを握ることはありませんでした。


これにて、8J9VLPの富山県の担当期間2週間は無事終了。
長いようでもあり、あっという間に過ぎ去ったようでもありの2週間でした。
滑川移動の他の日は、私は氷見市の自宅、及びEIEは自宅近くの土手(中新川郡)から運用しました。


この2週間で私が交信した局は、のべ400~500局程かと思います。
すべて7MHzと10MHzのCWでした。
無線を始めてから35年ほどになりますが、まるまる2週間も無線漬けになったことは初めてでした。
コンテストなんかでも大体週末の2日間だけだし、よくもまぁこれだけ2週間も続いたものだと我ながらビックリです。


さて、当番の2週間も終わったし、頭のモードを無線から民謡に切り替えて頑張らなくては。
今週末から7月はじめにかけて、毎週末は民謡漬けです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滅多に書かない無線ネタ・・・「8J9VLP」の運用、続編。

2017年05月15日 23時23分33秒 | アマチュア無線

滅多に書かないアマチュア無線ネタの続編です。

Facebookでは、写真と簡単なコメントをアップしましたが、14日(日曜日)は滑川市のほたるいかミュージアム駐車場で8J9VLPの運用をしてきました。

「小さいパワーで大きな感動を」というキャッチコピーで運用するには、ほたるいかミュージアムが最適なのではないかという某先輩の言葉を受けての運用でした。


最近、道の駅などの施設の敷地内でアマチュア局の無線運用をする方が多いようですが、今回のほたるいかミュージアムは、きちんと敷地内使用許可をいただいての運用でした。
先月末に、ぱぱっと作った使用許可願いを持参してほたるいかミュージアムを訪れて、館長に趣旨を説明したところ、快く使用許可を出していただき、大型車駐車スペースで運用してもいいよ、という許可までいただきました。

今回の運用に際して、発電機が要るので、息子のところから商売道具の発電機を借りてきました。
テーブルはその昔キャンプ用に買って一度だけ使ったのがあったので、これを持参。
椅子は野外の三味線演奏用に買ったのが2脚合ったので、これを持参。
伸縮マストはその昔買ったのがあったので、ふみたてくんにこれを立てて使いました。


当日はミュージアムの開く9時に現地集合、館長に挨拶をしてから設営にかかります。
オペレーターは、石川から応援に来ていただいた大先輩のJA9CZJさん、そして夜勤明けのJR9EIE、で今回の責任者の私JH9CDZの三人です。

アンテナは7MHzと10MHzのフルサイズのツェップを張りました。
伸縮マストから両方向にステーのように張れば良いだろう、という安易な考えで設営開始。
意図は良かったのですが、ちょっと地上高が足らなかったので、CZJ局が持参したポールで高さを補填して設営完了。
アナライザーでチェックしたところ、SWRは高めですが、これは地上高が低いので仕方ありません。
アンテナチューナーを使えば大丈夫だろうと言うことで、調整無しでオペレーションスタートしました。











7MHzと10MHzは、おそらく干渉して同時には運用できないだろうと思っていましたが、実際にやってみると全く干渉しなくて快適に運用できました。
こればかりは絶対に無理だろうと思っていたのに、ラッキーでした。

オペレーターは三人共にCW派。
ラッキーなことに三人とも左手パドルで、お互い何の不都合もありませんでした。
今回マイクも持参していましたが、マイクはバックの中に入ったまま出番は一度もありませんでした。
次回の20日には、少しフォーンでもサービスしなくてはという話にはなってます。

7MHzと10MHzを中心に、設営完了後の10時頃から運用スタート、夕方の17時半頃まで運用してCWのみ約350QSOでした。
途中18MHzのダイポールを仮設して、18MHzでも何局かQSOしました。


私は午後2時頃からずっと7MHzの担当でしたが、17時を回ってそろそろ途切れたらやめようかという話をしているところに、JV1という局から呼ばれました。
JV1なんて聞いたことがないし、絶対に打ち間違えだろうと思って3度聞き返したのですが、やはりJV1と打ってくるので、横にいたJA9CZJさんに聞いたところ、ぱぱっと調べてくれてモンゴルだと判明。
この日の最後のQSOは、JV1で終わりとなりました。
すべてQRP5Wでの運用ですが、アンテナがフルサイズだったこともあり、良く飛びました。

久々の無線漬けで、こんなにたくさんQSOしたのは、10年ほど前にJA9コンテスト・CWで参加したとき以来かもしれません。
天気にも恵まれて、実に楽しい一日でした。
左手のパドルもこれだけ打ってると知らず知らずのうちに上達してほぼノープロブレムになりました。
今年の収穫の一つかなぁ。

次回は今週土曜日、20日の9時頃からスタートしますので、お暇な方は冷やかしに来て下さい。
場所は同じく滑川市のほたるいかミュージアムの大型車駐車スペースです。
差し入れ等大歓迎です(^^)v
ではでは。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滅多に書かない無線ネタ・・・「8J9VLP」の運用。

2017年05月10日 22時23分50秒 | アマチュア無線

滅多に書かないアマチュア無線ネタです。
アマチュア無線なんて関心ない、と思った方は即パスしていただいて結構です。


今は昔、私の学生時代、アマチュア無線は「King of Hobby」と言われていて、文字通り趣味の王様として君臨していたこともありますが、今では単なるオヤジのオタク趣味の一分野に過ぎないのかもしれません。
若者はほとんど存在しなくて、アマチュア無線家の平均年齢は60歳をはるかに越えるのではないかと思います。

昔たくさんいた無線仲間も、携帯電話が普及して、インターネットが世界に広がると皆さんそちらの方に趣味の中心が移行してしまって、ひとり減り、ふたり減りして、今では私の親しい知り合いで無線をやってるのは2~3人になってしまいました。
かく言う私もしばらくは無線から遠ざかっていたのですが、数年前に開局当初からお世話になっていた石川県の某先輩から、「北陸QRP同好会」を設立するからメンバーになってくれないかという話があり、それをきっかけに復活したような次第です。


一昨年も運用したのですが、「8J9VLP」の運用当番が回ってきて、一昨日8日から21日まで私の担当になりました。
平日は私の自宅から運用するか、もしくは知人が移動して富山県内より運用しています。




今週末14日(日曜日)と、来週末の20日(土曜日)には、滑川市のほたるいかミュージアムで、公開運用しますので、お暇な方は冷やかしに来て下さい。
7MHz、10MHz帯で運用予定です。

今回の使用リグはIC7300。
最近のリグは高尚すぎて、予備知識がないと使い方が良くわかりません。
取説をあちこちひっくり返して、やっとこさ最小限の事は理解できました。
無線機と言うよりも、コンピューターという感じですね、危うく浦島太郎になりかけてました(笑)




QRPということで、運用はCWが主体です。
CWは超ローテクのデジタル通信と言えるかもしれませんね。

一昨年の運用ではしばらく無線から遠ざかっていたもので、CWに耳を慣らすのが大変でしたが、今回はしっかり耳を慣らしてから臨んでいます。
以前は右手でエレキーのパドルを操作していましたが、今は左手で打てるように練習中です。
今となればはじめから左で練習しておけば良かったと思います。
何度も打ち間違えをして苦戦しながら、左手にエレキーのパドル、右手にシャーペンで頑張ってます。
間違えが多くて聞き苦しいCWで失礼していますがどうかご容赦を・・・。


以下説明です。
「8J9VLP」は、QRPデー特別記念局です。
1985年の国際アマチュア無線連合第3地域総会において、「毎年6月17日をQRPデーとする」と定められた決議に基づいき、広く「QRPデー」を知って頂くとともに、QRP通信の有効性をアピールするために開設されています。
JARLでは、QRPを空中戦電力5W以下、QRPpを空中戦電力0.5W以下と定めています。


ちなみに「VLP」とは「Very Low Power」の略だそうで。
そういうわけで、「小さなパワーで大きな感動」というキャッチフレーズでやってます。

民謡だけではない私のもう一つの趣味でした。
ではでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「追憶」を観てきました。

2017年05月09日 23時13分49秒 | しょーもない徒然日記

前の投稿から日が前後しますが、6日(土曜日)に「追憶」を観てきました。
岡田准一さん主演で富山・石川ロケの映画です。
おいらが氷見市でもロケをしてます。




6日は津軽から夜通し車を運転して早朝に自宅に着き、そのまま昼頃まで死んだように寝てました。
お昼にむっくり起きると、家内から「追憶」を観に行く元気があるかと聞かれ、二つ返事でOKしました。
GWのあいだ、ずっと家を留守にしていた私には、行くしかありません。

この日封切りの映画なので、良い席は残ってないかも、、、とスマホで検索したところ、いつものお気に入りの最後列真ん中が空いていたので、早速予約して家内と映画館に向かいました。

映画館では、民謡の会の会主夫妻とバッタリ遭遇。
世の中狭いですね。


いや、良い映画でした。
俳優さん達の演技も素晴らしいし、映像もきれいだし。
皆さんもぜひどうぞ。


地元ロケということで先日から新聞にいろいろと記事が掲載されていました。









これでしばらく特に観たい映画もないので、民謡に精進します。

実は5月~7月は実に大変なのです(~_~;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北日本民謡舞踊富山大会

2017年05月09日 15時18分22秒 | 民謡・尺八・笛

7日(日曜日)は、北日本民謡舞踊富山大会でした。
北日本民舞連のど自慢の今年2回目です。

私は先月の南砺大会に引き続き、尺八の固定伴奏の当番でした。
まだまだ津軽詣の疲れが取れなくて、体も重いのですが、頑張って行って来ました。


今回の会場は富山市の婦中ふれあい館。
長岡すみ子先生の教室は、ふれあい館の隣の婦中公民館でやってまして、通い慣れた道です。

今回はこどもの部、健寿の部、大賞の部合わせて92名ののど自慢でした。
尺八は才川先輩と1曲ずつ交互に吹きますので、半分の46名分の伴奏をしたことになります。
加えてアトラクションが3曲。

いつもの如く重労働でした。
当然の如く疲れました・・・。


自分が伴奏した尺八唄を唄った人が合格されると嬉しいものです。
この日も、同郷氷見市のTさんが、大賞の部で県大会出場を果たされました。
県大会でも頑張って頂きたいと思います。




表彰式の時にようやく客席へ行くことができました・・・(~_~;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWは津軽へ行っておりました。

2017年05月09日 14時32分07秒 | 津軽三味線

GWは2年ぶりに津軽へ行って来ました。
過去何度か一緒に行っていた同門の先輩が、「もう津軽へは行かない」と言うもので、生徒さんひとりを連れての津軽詣ででした。
2日の早朝に出発、6日の朝に帰ってくるといういつものパターンです。


2日はひたすら北へ走ります。

途中秋田で、毎回訪れている八郎潟の桜並木に寄ってみましたが、残念なことに花はほとんど散ってしまい、菜の花だけが頑張っていました。
富山の桜は平年より1週間ほど遅かったので、今年はちょっと期待していたのですが、その後桜前線は急に加速して北へ向かったようです。

八郎潟の中を自分の地元のように走る私に、生徒さんはビックリしたようです。


ちょっと残念でした。


何とか少しは花が残っている場所もありました。

今回レガシィでしたが、なるべくエコランするように心がけた結果、こんな燃費表示が出ました。
過去最高新記録かも。
実測でも12.6km/Lでした。





3日は弘前の津軽三味線世界大会へ。

私は今年B級に出場するのでこの日は出番がなくて、ひたすら応援&観戦です。
撮影許可証を求めて、ビデオ撮りしてきました。
暇を見てビデオを見ながらいろいろと研究してみたいと思います。

お堀の桜はほとんど散ってしまっていて、観光客も少なめでした。
車の渋滞も例年ほどではなくて、ちょっと拍子抜けでした。






4日は津軽三味線弘前B級の本番。

今年からは過去の各年齢別のC級優勝者は、ひとつ上のカテゴリーのB級にエントリーするようにとの但し書きがあったので、今年のB級は人数も多くて混戦でした。

ずっと練習不足だったのに、当日になってから一生懸命練習してもいけませんね。
大きなミスこそありませんでしたが、小さなミスが重なって、思うようには弾けませんでした。
来年に向けて、いろいろと研究を重ねて頑張ります。


こちらはアトラクションです。


5日は、津軽三味線金木大会のA、B級戦の応援&観戦です。

会場では、富山の柴原先生&生徒さんと合流して一緒に観戦しました。
来年は、柴原先生の教室と合同チームを作って、金木の団体に出ようかという話になりました。
何か一曲作ってくれないかと言うことでしたが、どうも私はアレンジのセンスがないので、困ったものです。

7月になればちょっと忙しいのも落ち着くので、いろいろあちこちからのいいとこ取りで合奏曲を書いてみたいと思います。


金木のA級決勝戦を観戦してから帰路につきます。




途中いつもの如くエルムシティでお土産を買って富山を目指します。

いつものことなのですが、新潟の村上から高速道路に入ると突然に睡魔が襲ってきて、大変でした。
夜が明けて空が白んでくると、周りの風景も見えてくるのでまた目が覚めるのですが、どうも夜の高速道路は風景も見えず単調で睡魔が襲ってくるので苦手です。
今回も新潟県内がやはり大変でした・・・(~_~;)

金木会場の真ん前のGSで給油して、約750キロ先の氷見の自宅まで給油無しで帰り着くことが出来ました。
エコランするとこんなにも違うものでしょうか。
ただ単にアクセルを踏みすぎないようにしていただけなのですが。


かくして、今年の津軽詣では無事に終了。
今から来年はぜひ行きたいと言っている生徒さんもいますので、数人で行くことになると思います。
今から楽しみです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母親の実家でバーベキューをしてきました。

2017年05月01日 20時55分33秒 | しょーもない徒然日記

30日(日曜日)は、母親の実家へバーベキューに行って来ました。

両親が亡くなってからは、滅多に行くこともなくなったのですが、先日黒部市のイベントへ行った帰りに立ち寄ったら、一度家族全員でバーベキューでもしようかと言うことになった次第です。




魚津市の山間の母親の実家から見る風景も様変わりしました。
昔は北陸道も、北陸新幹線もなかったのですが、今では北陸道と新幹線の高架橋が横切っています。

左手の山が布施谷節で有名な僧ケ岳、右側の山は毛勝岳です。
私にとっては昔から良く見慣れた懐かしい風景です。
高岡生まれの家内は、山が近いのに感動しておりました。



女性軍が天ぷらをたくさん揚げてくれました。


ウドとホタルイカの天ぷら


富山名物白エビの天ぷら


上からゲンゲ、コゴミゼンマイ、コシアブラの天ぷら


富山名物ホタルイカ



孫達は、タケノコ堀の初体験だったようです。



昼からしこたま飲んで食べて、楽しい一日でした。
ちょっと飲み過ぎでしたけど・・・


さ、明日からは2年ぶりの津軽詣でです。
生徒さんがひとり見学に連れて行ってくれと言うことで、ふたり旅です。
天気も良さそうだし、良い旅になりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

となみチューリップフェアの民謡アトラクション

2017年05月01日 20時52分51秒 | 民謡・尺八・笛

29日(みどりの日)は、毎年恒例の砺波チューリップフェアの民謡アトラクションでした。

お昼前後に雨が降るかもという天気予報でしたが、何とか天気は持ったようで、担当の3曲の2ステージをこなしてきました。
これで数年続けて出演していますが、雨で中止になった事は一度もなく、4月29日は晴れの特異日なのかなぁ、なんて話も聞かれました。
雨で中止になれば、これも毎年4月29日に福井県で開催されている「越前馬子唄全国大会」の見学に行きたいものだと、毎年思っているのですが、、、




私の担当は以下の3曲。
・チューリップばやし(笛)
・こきりこ節(笛)
・となみ散居節(尺八)












9時半と11時の2ステージでしたが、控え室からステージまで結構歩かなくてはならなくて、ちょっと足首が心配だったのですが、何とか無事でした。
まだ走ることは出来ませんが、早足で歩くのには全然平気になりました。
そろそろ、正月に買ってきたストックでノルディックウォークでも始めようかと考えています。


イベントはお昼で終了。
車は乗り合わせて行っていたので、速攻で帰ってきました。
チューリップフェアもゆっくりと訪れたいものです。
と、これも毎年思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「アラピア春の夜桜まつり」に出演してきました。

2017年04月18日 02時00分35秒 | 津軽三味線

昨日は高岡市の健康ランド「アラピア」さんの「春の夜桜まつり」に出演してきました。
久々に津軽三味線メインのお仕事です。

毎年春には「春の夜桜まつり」、秋には「秋の夜長まつり」と称して、お招きいただけるので本当にありがたいことです。

とはいってもギャラが出るわけではなくて、食事をさせてもらって、温泉に浸からせていただいて、無料の入場券を2枚いただけるという現物支給のお仕事なのです。
私どものようなアマチュアにとっては、これでおつりが来るほど十分の報酬です(^^)v
感謝感謝。


さて、今回は太田まり子さんに唄をお願いしたところ、ちょうど月曜日はフリーなのだそうで、快く出演を承諾していただけました。
せっかくまりちゃんが来てくれたのに、あいにくの暴風雨でお客さんが少なかったのはちょっと残念でした。
が、いつもお世話になっている踊りの会の皆さまや、私にとっては大大大先輩の津軽三味線奏者の先生もはるばる来ていただいて、本当にありがたいことでした。




メニューは以下の通り。
久々の三味線のお仕事で、頑張って弾かせて頂きました。

・オープニング・・・花笠音頭~ソーラン節~真室川音頭
・津軽あいや節
・北海鱈釣り唄
・津軽六段合奏
・津軽じょんから節新節合奏曲
・白虎隊・・・これは大島さんの唄、兼久絹江さんの踊りでした。
・津軽よされ節~津軽じょんから節新節独奏
・麦屋節・・・私は胡弓
・山中節~山中鉄砲踊り唄・・・笛
・越中おわら節・・・これも胡弓
・津軽甚句
・アンコール~秋田船方節

以上のなかなか濃厚なメニューでした。
カメラ係をお願いした家内の評価もなかなか高かったようです。


オープニングのメドレー






津軽じょんから節合奏



津軽よされ節~津軽じょんから節独奏



麦屋節



山中節



越中おわら節



アンコール~秋田船方節



終演後ステージにて




鱈釣り唄なんて、尺八は眠っていても吹けると思いますが、三味線はおそらく20数年ぶりに弾いたような気がします。
とは言っても事前に控え室で1コーラスだけ合わせただけで、なかなかスリリングでした(^^ゞ
アンコールの秋田船方節も、尺八は眠っていても吹けると思いますが、三味線は滅多に弾く機会がないので、こちらもなかなかスリリングでした(^^ゞ
たまにはこんな刺激もないとね・・・

演奏終了後は、なかなか豪勢な食事をいただいて、風呂にゆっくりと浸かって帰ってきました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北日本民謡舞踊南砺大会

2017年04月17日 09時13分15秒 | 民謡・尺八・笛

昨日は北日本民謡民舞南砺大会でした。
北日本民謡民舞のど自慢県大会の予選の第1回目です。
今年ものど自慢のシーズンが始まりました。


私は尺八の固定伴奏です。
後はアトラクションの尺八、笛、三味線と大忙しの一日でした。

北日本民舞連の尺八の固定伴奏を仰せつかって今年で4年目となりました。
最初は無我夢中でやっていたような記憶がありますが、4年目ともなると少し余裕が出てきて、のど自慢の選手さんたちが気持ちよく唄えるような尺八でありたいものだと思いながら吹いています。

みんよう春秋の最新号に尺八演奏家の特集がありまして、我が米谷会の大先輩、米谷智さんの記事の中に、「尺八は指で歌い、心で歌う」という米谷威和男師匠の言葉が紹介されていました。
まだまだ諸先輩方のそんな領域には近づけませんが、いろいろ考えながら尺八を吹くように心がけたいと思っています。


北日本民謡民舞のクラス分けは今年から変更になって以前の4部門からひとつ減って3部門となりました。昨年までは、こども、シニア、熟年、大賞の4部門でしたが、大賞の部の参加者が少ないということで、今年から子供、健寿、大賞という3部門に変更されました。
70歳以上が健寿の部、高校生以上70歳未満が大賞の部ということになりました。




今回ののど自慢参加者は81人。
尺八は先輩のSさんと二人で1曲毎に交代で吹くので、40人の伴奏をしたことになります。
これに加えて、各部門ののど自慢の間に行われるアトラクションの伴奏が尺八4曲、笛2曲、三味線1曲で、順番と段取りを考えるのも一苦労でした。

大忙しはいつものパターンですが、控え室とステージが離れていると大変です。
足の具合もかなり良くなってきたので、昨日は何度か走ってダッシュして控え室とステージを往復しました。
こんな状態では写真を撮る暇なんて全くありませんでした・・・。
今回はプログラムと新聞の記事のコピーで失礼します。


miyuはこどもの部で出場、苦手な越中おわら節でした。
中学生のお姉さん達に混ざって、何とか県大会出場の4名に入りました。
保育園児の時からこののど自慢に出ているので、顔なじみの皆さんもたくさんいらっしゃって、大きくなったねぇと言われました。
悔しいけど、もう少しで私の身長も超えることだろうと思います。




今朝の北日本新聞に掲載されていた記事です。
上手い具合にしっかりと写ってました。
決してサボっているわけではありません、尺八は1曲毎に交代で吹いています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加