HARI INI ?

じゃすみんの雑記帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[cinema]クライマーズ・ハイ

2008-06-16 | 映画
試写会に行ってきました

クライマーズ・ハイ

Staff:原田眞人

Cast:堤真一 堺雅人 尾野真千子 高嶋政宏 山崎努


『半落ち』の横山秀夫原作。

1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落したJAL123便。
世界最大・最悪の単独航空機事故の死者は520名に及んだ、風化させてはならない23年前の事件。

主人公・悠木(堤真一)は全権デスクを任命される。

悠木の同僚で親友の安西(高嶋政宏)はクモ膜下出血で倒れる。



映画で描かれるのは、激動の1週間。
この1週間の、内容が濃い。



舞台である、新聞社のリアル感。
上司と部下のぶつかり合い。

人間らしさと、どろ臭さ。


現場を体験していた横山秀夫だから。。
横山秀夫じゃないと、描けなかったお話だと思いました。





私の好きな、堺雅人サマは
県警キャップ「佐山」役。

相変わらず渋い演技で、ぐいぐい物語にひきこまれてしまいました。



145分の映画。

観る前に上演時間を聞いたとき、「長い!」と思った。
けれど、観終わったとき、長いとは思わなかった。


正直、あまり期待していなかった映画だったのですが
映画館でもう一度観たい、そう思いました。


私はかろうじて日航機墜落事故の記憶がある世代だけれど
事故後に生まれた世代にも、是非見て欲しい映画。



「事故を風化させちゃいけない」ということだけじゃなくて
人間って、社会って、生きるって・・・って
色々な事を考えるきっかけになればと思います。



スカパー!厳選69チャンネルを今すぐ!スカパー!e2簡単申込

映画・ドラマから音楽までDVD満載【タワーレコード 公式サイト】

『TSUTAYA DISCAS』/ネットでいつでもどこでもお気楽レンタルDVD&CD!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吸い込んでしまった。。 | TOP | パトカーに反則切符 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・...
映画「クライマーズ・ハイ」もみたい (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
堤真一「新聞記者なら徹底的に闘いたい」(日刊スポーツ) - goo ニュース クライマーズ・ハイ - goo 映画    この作品の原作は横山秀夫さんの「クライマーズ・ハイ」だ。同作品はNHKが2005年にドラマ化し、その年のギャラクシー賞優秀賞を受賞している。面白いので...
「クライマーズ・ハイ」高度な映画 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
高さもすごい、硬さもすごい(硬度)。 まるでドキュメンタリーを観るような、まさにその現場に居合わせたような緊迫感は、なるほど実際に上毛新聞の社会部の記者として取材に当たった経験を持つ原作者 横山秀夫ならではだ。 ひさしぶりに硬派な映画を観た。
クライマーズ・ハイ (アートの片隅で)
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
クライマーズ・ハイ (まぁず、なにやってんだか)
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメ...
クライマーズ・ハイ (Memoirs_of_dai)
真実は闇の中 【Story】 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部...
クライマーズ・ハイ (Thanksgiving Day)
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
クライマーズ・ハイ (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重ための映画のような気がして、どうしようか、迷ってはいたんですが。 他に「どうしても観たい」という映画もなく、「クライマーズ・ハイ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつもの土曜のレイトショーにしては、ちょっと多めかな? 「クライマーズ・ハイ」は...
[映画『クライマーズ・ハイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。 川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。 後に、阪神大震災が起きた後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が終...
クライマーズ・ハイ (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開、堤真一主演「クライマーズ・ハイ」観てきました。 劇場内、初日のせい
映画「クライマーズ・ハイ」 (ice-coffee)
昨日 初日に行ってまいりました~~^^ 一言でいうならば とてもよかったです~^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ~と 感嘆いたしました。
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しよう...
【映画】クライマーズ・ハイ (新!やさぐれ日記)
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...