こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「シンデレラマン」

2005-08-10 | MOVIE(AMERICA)
試写会「シンデレラマン」開映18:30@TOKYO FMホール

「シンデレラマン」 CINDERELLA MAN 2005年 アメリカ
配給:ブエナビスタ
監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ペニー・マーシャル
製作総指揮:トッド・ハロウェル
原案:クリフ・ホリングワース
脚本:クリフ・ホリングワース、アキヴァ・ゴールズマン
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
配役:ジャネット・ハーシェンソン、ジェーン・ジェンキンス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、コナー・プライス、
   ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ、ブルース・マッギル、
   パディ・コンシダイン、ローズマリー・デウィット
上映時間=2時間24分


「家族愛」の映画だと言われていますが、それだけじゃない。大恐慌時代に労働者の希望の灯火となったロートルボクサーのお話だと言った方がいいのではないでしょうか。
たしかに家族のためにお父さんは頑張るんですけどね。
失業してどん底の生活を知っているからこその、ハングリー精神。やはり、ボクサーに一番必要なものは「ハングリー精神」なんだなとしみじみ思いました。

この映画はとにかく痛いシーンが多くって、一緒に右手を折ったり、肋骨折ったりっていう気になって力が入るため、終映後は肩がこって、頭痛がしました。
一緒に行ったMさんも、同じようなことを言っていたので、私だけに限ったことではありません。
ラッセル・クロウのやんちゃっぷりが発揮されていて、彼の魅力が少し分かったような気がします。でも、実生活で暴力はいかんよ・・・。

レニーは思ったよりずっとしっとりといい感じでした。彼女の出演作は「ブリジット・ジョーンズの日記」と「恋は邪魔者」しか観ていない私としてはかなり意外だったんです。「シカゴ」も「コールドマウンテン」も観てないんですよね・・・。
ま、「グラディエイター」も「マスターアンドコマンダー」も観てないので、ラッセル・クロウなんて初体験ですわ。

そして、ポール・ジアマッティ。彼はいいよね。「サイドウェイ」を思い出してしまい、思わずワインが飲みたくなりました(笑)

「ミリオンダラー・ベイビー」もよかったけど、「シンデレラマン」もいい!テーマは全然違うんだけど、「愛」と「ボクシング」が絡むという点では共通です。
未見の方はぜひご覧ください。
ボクシング好きの男性も見ごたえある作品になっていると思います。

そして、この作品が実話を元にした映画ということを書き添えておきます。


今日のいくらなら出しても惜しくない  ¥1800(さすがアカデミー賞最有力候補)
実際に出したお金             ¥140(あーちゃんにもらっちゃったので往復送料のみ+定期券内)


☆ お ま け ☆
今日は開映前にゴン妻の生田智子さんのトークショーがありました。
闘うスポーツ戦士の妻という点では、映画の中のレニーと同じ立場なのね。
上品で美しい方でした。好感度UP♪
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京フレンドパークⅡ | トップ | 楽しいおとりよせ⑤ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (toe)
2005-08-23 19:15:58
コメント&TBありがとうございました。



あのラッセルが電話で頭をゴチンとするのは、想像するだけですごく怖いですね。

うーーん。確かにイカンです。
そうそう (こまったちゃん)
2005-08-23 22:21:32
やはり暴力はイカン。

しかもラッセル・クロウめちゃ怖そうですもんね。
ハングリー精神! (ななな)
2005-09-04 12:31:51
打たれても打たれても立ち上がる姿ってすごい!

しまいにはこっちが痛くなってきました。

しかも実話ってすごいですよね。

ポール・ジアマッティとってもよかったです。

中村勘三郎が (こまったちゃん)
2005-09-04 21:30:34
TVCMしてるのを観ました。

説得力のあるなかなかよいコメントです。

実話だからこその感動っていうのもあるかもしれませんね。



以下参照



◆勘三郎映画CM出演



 中村勘三郎が映画「シンデレラマン」(9月17日公開)のCMに出演する。



 同映画は1930年代に実在した米ボクサーのジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)が主人公。引退後に愛する妻と子どものために、奇跡的なカムバックを遂げる感動ストーリーだ。勘三郎は女優・はなや演出家・蜷川幸雄氏、映画監督・井筒和幸氏と共演。「久しぶりにいいね」と言わせる映画のテーマで、作品の魅力を熱く語っている。



 勘三郎は「うちの女房と見ていたんですよ。途中で子供も来たんです。気づいたら4人で見て、最後は立ち上がっていましたからね」と絶賛。「この作品はすべてがお勧め!見てください。絶対にいい映画だから」とまくし立てた。CMは3日から放送。



TBありがとうございました。 (ルーシー)
2005-11-03 23:14:25
私も、あまりの痛さにのけぞっちゃいました。

ボクシングシーン、ちょっと多過ぎ!!

でも、男性諸氏はあんなの好きそうですよね。

ラッセル・クロウっていくつでしたっけ?

よくがんばりますよね、役者根性って、ほんとすごいですね!!

観てるこっちまで (こまったちゃん)
2005-11-04 00:17:49
痛くなってしまうってことは、それだけリアルってことなんでしょうか。

普段ボクシングは一切見ないので、なおさら痛く感じたのかも。

ラッセル・クロウは1964/4/7生まれだから、今41歳ですね。

思ったより若いな(笑)
Unknown (ホーギー)
2008-06-26 21:14:59
はじめまして、ホーギーと言います。
今まで多くのボクシング映画がありましたが、闘う目的が「愛する家族を守るため」だけというところが、今までのボクシング映画と一味違い心を打たれますよね。
また、大恐慌時代のアメリカ市民の希望でもあったジムの実話に基づくストーリーがより説得的ですよね。
ところで、寡黙で内なるパワーを持ったキャラクターを演じさせると、ラッセル・クローは実に上手いと思います。
また、トレイナー役のポール・ジアマッティの演技が最高でしたね。さすが、オスカーノミネートの演技でした。
アメリカではあまり評判が良くなかったようですが、久しぶりに感動するスポーツ映画を十分堪能することができ、多くの人に観てほしい映画だと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『シンデレラマン』試写会/イイノホール (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
シンデレラマン/イイノホール/17:00~ 監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、     ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ <簡単あらすじ> 大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボク
「シンデレラマン」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
本日2作目はかなり前から楽しみにしていた、ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー共演の「シンデレラマン」です。このゴールデンコンビにはかなり前から期待していたし、普段は暴れん坊と報道される事の多い彼がスクリーンの中でボクサーを演じることにも興味津々。レネ
世界より大切なものを守るために… (ぼちぼちですわ)
 彼は父。彼は夫。そして元ボクサー。  たった一杯のミルク代のために、  彼は一夜限りの試合に臨んだ。  それが勝ち目のない無謀な戦いだとしても──。  はい感想でございますよ~。  とはいえ、まだ封切り前の作品。そう簡単に落ちを教えるわけにはまいり...
大家投手・野茂投手おめでとう!&感動実話『シンデレラマン』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
映画みたいな話だ。 先週アメリカのメジャーリーグで、 ナ・リーグ東地区の首位を走る新興チーム= ワシントン・ナショナルズの大家投手が先発し、 試合の中盤、交代を告げにやって来た監督に背を向けて ボールを渡さなかったことから監督が激怒。 大家投手を翌日
シンデレラ・マン CINDERELLA MAN (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ラッセル・クロウ,レニー・ゼルウィガー主演 二年続けてボクシング映画のアカデミー賞? どうもこの作品は来年2006年のアカデミー賞を狙っているようだ ロン・ハワード監督 ブライアン・グレイザー、トッド・ハロウェル このメンバーだとそう思われてもしかたない ジム
シンデレラマン (toe@cinematiclife)
本日、めでたいことに、このブログを開設してから2ヶ月が経ちました。 常に辛抱強く暖かい皆様が、私のダラダラとした話を読んでくださるおかげで、アクセス数も徐々に増えています。 これからも、映画・本・お芝居・art・音楽・・・などなど、毎日見聞きした話をマイペー
「シンデレラマン」 (てんびんthe LIFE)
GTF「シンデレラマン」 イイノホールで鑑賞 朝の作品ががらがらだったのにいやーー、混んでました。後ろの上のほうほんの少々空いていたようですが。ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ロンハワードのオスカートリオがタッグを組んで来年のオスカーに望む…で
「シンデレラマン」試写会 (ミチミチ)
「シンデレラマン」 監督 ロン・ハワード CAST ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/・・・ 「シンデレラマン」試写会、東京厚生年金会館 会場がでっかいだけに大勢の人でした。そして・・・映画は・・・ おもしろいです!お勧めです! ボクシングの試合のシ
シンデレラマン (映画を観たよ)
アカデミー賞最有力らしいですね。 最初彼がどのような人物かを描いたあと大恐慌が起こりジミーら家族がどのような立場にいるかなんだけどちょっと眠気を感じてしまいました。 でもどん底の生活って・・・電気もミルクも止められて、かつて手にしていた栄光もプライドも捨
シンデレラマン (メルブロ)
シンデレラマン 上映時間 2時間24分 監督 ロン・ハワード 出演 ラッセル・クロウ レネー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ  今回の九段会館での試写会はなんか変だった。開場20分前に到着すると、入り口階段にいるはずの長蛇の列がなく、すでに開場していた
シンデレラマン (欧風)
昨日試写会行ってきました。帰省から戻って来たとき試写会のハガキが2枚来てたってこちらに書きました。で、火曜に行った「容疑者 室井慎次」の方はシリーズもので世界も知ってるし、すごく楽しみに観に行って、まあその通り楽しめて良かったんですけれども、こちらの「シ
「 シンデレラ・マン 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ロン・ハワード「ビューティフル・マインド」主演 : ラッセル・クロウ / レニー・ゼルウィガー /       公式HP:http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ 「 Cinderellaman 」  「 あなたは、みんなの希望だけど、私の大切な人 」 試合の...
シンデレラマン (シネマモルツはてな支局)
【シンデレラマン】 配 給:ブエナビスタ 公開日:9月17日 出 演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー 監 督:ロン・ハワード [http://www.movies.co.jp/cinderellaman/:title=公式サイトへGo] [http://www.cinderellaman.co.kr/:title=韓国版公式サイト] 実話
シンデレラマン -CINDERELLA MAN- (Chic & Sweet * びいず・びい)
変なタイトル、と思いつつも、本年度アカデミー賞最有力というふれ込みと セピア色のイメージ画像にそそられて試写会に行って来ました。 実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生。 かつて将来を嘱望されたジムも、不運続きの中ライセンスを剥奪され引退。 夫の
シンデレラマン (プロホロフン)
昨日よみうりホールで行われた試写会に行ってまいりました。 上映作品は本年度アカデミー賞最有力の呼び声も高い「シンデレラマン」 心で語り継がれる<奇跡の実話>だそうです。 私、「希望」とか「奇跡」とか「家族」を題材にした感動モノに強いんだよネ。 強いって
シンデレラマン/ Cinderella Man (我想一個人映画美的女人blog)
早くから本年度アカデミー賞有力とされていた作品。(あ、でも最近外された模様?ラッセルの事件のせい?) ロンハワード監督作品は「身代金」「アポロ13」ニコール&トムの「遥かなる大地へ」など好きな作品が多い{/face_zzz/}加えて、yueが去年トロントでの撮影を目撃し
シンデレラマン(試写会) (まったりでいこう~)
友人が当たったということで誘ってくれました。嬉しい。 時間が約2時間半と長く正直いって不安がありました。途中でダレて観てるのが辛くなるんじゃないかと。でもそんなことは全然なくてむしろずっと集中して観ていられたというか、話に引き込まれていきました。 大恐慌時
シンデレラマン。 (執筆家志望の小言。)
アカデミー賞最有力候補作品みたいですね。 本当になんの予備知識もなく、ボクシングの話なのかなー?とフライヤーを見てからやっと分かりました。実話みたいですね。 以下、ネタバレあり。 私は基本的に暴力や戦争ものが嫌いです。 ボクシングでの殴るということは、暴力と
映画感想「シンデレラマン」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「シンデレラマン」 【評価】★★★★ 【感動】★★★★★ 【暴力】★★★★ 【 夢 】★★★★ 【エロ】 【笑い】★★ ひさしぶりに試写会に行ってきました。 いえね、最近、仕事が忙しくて、試写会に行ってないのよ。 というより、応募しても当たんない。
『シンデレラマン』 (honu☆のつぶやき)
『シンデレラマン』 製作:2005年米 監督 ロン・ハワード  出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ かつては前途有望なボクサーとして活躍していたジム・ブラドックが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放され、引退を余儀.
ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて アメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた\"シンデレラマン\"と呼ばれたボクサーが居た。 前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、
シンデレラマン。 (執筆家志望の小言。)
アカデミー賞最有力候補作品みたいですね。 本当になんの予備知識もなく、ボクシングの話なのかなー?とフライヤーを見てからやっと分かりました。実話みたいですね。 以下、ネタバレあり。 私は基本的に暴力や戦争ものが嫌いです。 ボクシングでの殴るということは、暴力と
シンデレラマン (まぁず、なにやってんだか)
今年度のアカデミー賞最有力とウワサの「シンデレラマン」、初日の初回上映を観てきました。 地元の新聞の懸賞で、近所の映画館で使える鑑賞券が当たったので、話題作を初日に観よう!と思ったワケです。 赤坂泰彦の「One on One」というラジオ番組でも、ゲス
シンデレラマン (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 9月17日土曜日 鑑賞した劇場 : ピカデリー名古屋(9:20~)   好きなレニー・ゼルウィガーと苦手なラッセル・クロウの共演。 ラッセル・クロウは好きではありません。 彼の出演作で好きなものもありますが、どうもこう響かないんですよね。 &nbsp
シンデレラマン (Akira\'s VOICE)
ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。
シンデレラマン・・・・ラッセル・クロウ (ぷち てんてん)
ラッセル・クロウってここでもいい人なんだけど、彼本人は結構短気なのかな?このまえホテルでひと騒動起こさなかったっけ??実際どんな人か知らないけど、この映画では泣かせてもらったよ~。☆シンデレラマン☆(2005)ロン・ハワード監督ラッセル・クロウ・・・・・・...
シンデレラマン (It\'s a Wonderful Life)
ここしばらくちょっとマニアックな映画ばかり観ていた気がします。 (ヨンさまの「四月の雪」もある意味そうだなぁ) 何となく観た後スッキリしない映画が多かったのですが、 久々に鑑賞後「ああ良かったなぁ」と素直に感動出来る 映画を観た気がしました。 何と...
シンデレラマン (花ごよみ)
  大恐慌時代の人々に希望を与えた ボクサー、ジム・ブラドックの半生を 感動的につづる……  ラッセル・クロウは  映画によって顔、体型が違っています。 (インサイダー)、(ビューティフルマインド)、  等ではふっくらしていたのに この映画ではシャープな顔
映画のご紹介(40) シンデレラマン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(40) シンデレラマン シンデレラマンを観てきた。 一言で言ってしまうと21世紀版ロッキーといったところか。 二言、三言で言おうと思っても、やっぱり、ロッキーの21世紀版だね、これ
シンデレラマン (KINOKANAL)
監督・製作:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ,レネー・ゼルウィガー,ポール・ジアマッティ,クレイグ・ビアーコ 大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、カメラは寄り添うように見つめていく。家族と幸せに
シンデレラマン (any\'s cinediary)
家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にか“アメリカの希望”になっていた・・・
シンデレラマン  (毎週水曜日にMOVIE!)
・・「皇帝ペンギン」を見た後、お父さんたちは見るべきじゃないかと思った。 黙って子供を守り、妻を待つ父親の姿にとても学ぶものがあるのじゃないかと思ったからである。 でも、この「シンデレラマン」。もっと、お父さんたちが観たらいいのかなと思った。 (もち
シンデレラマン (まきまきにっき)
今日は今年54本目の映画「シンデレラマン」を見る。 人々から「シンデレラマン」と呼ばれた実在のボクサーの半生を描いた作品。 大恐慌時代のアメリカ。 ジミー(ラッセル・クロウ)は、妻のメイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供と幸せに暮らす、前途有望な若...
シンデレラマン (ネタバレ映画館)
 歯を落としちゃった・・・今度はマウスピースも落としちゃったよ・・・タイトル戦まで落としちゃったらどうしよう・・・  「アカデミー賞最有力候補!」などというキャッチフレーズが付いてしまうと、ちょっと身構えてしまうものだ。しかも実話である。一昨年の『シービ
Cinderella Man★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
邦題:シンデレラマン 『ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドックだったが、大恐慌と共に栄光は過去のものとなり、ライセンスを剥奪されてしまう。日雇いの仕事をしながら妻や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。...
『シンデレラマン』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
いい映画だよね。 素直にそう思うわ。 映画の文法も基礎もわかっていないようなノータリン作家とか、これ見よがしなヤカラとかとはやっぱ違うよな、ロン・ハワードは。 しっかり作られた<映画>になっております。 まぁオレ的には、ロン・ハワードっていうのはウェルメイド
シンデレラマン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロン・ハワード 【出演】ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ/クレイグ・ビアーコ/ブルース・マッギル 【公開日】2005/9.17 【製作】アメ
シンデレラマン (利用価値のない日々の雑学)
日本を代表する舞台演出の巨匠が「久々にいいね」と言っていると、その久々は一体何時から「久々」なのだろうと・・・。そういう視点を持って望んだ今作品の鑑賞であった。結論を書いてしまうと、巨匠は何時からか分からないが、筆者にとっては、1979年「チャンプ」以来、四
『シンデレラマン』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月25日 シンデレラマン Cinderella Man 実在した伝説のボクサー かつて、“シンデレラマン”と 呼ばれた男がいた 2005年9月17日(土)より全国ロードショー 2005年6月3日全米公開 2005年/アメリカ ??心で語り継がれる《奇跡の実話》??
★「シンデレラマン」 (ひらりん的映画ブログ)
最近ちょっと忙しくてチネチッタに行けなかったけど・・ 久しぶりに観に行ってきました・・・しかし・・・ 1個前に見たDVDで苦手女優K・Dを見てしまった後に・・・ もうひとりの苦手女優R・Zの出演映画を観てしまうとは・・・ 今週は「ひらりん的苦手女優克服週間」なのかも
シンデラマン (シカゴ発 映画の精神医学)
6月3日アメリカ公開 9月日本公開  「Mr.&Mrs.スミス」と「バットマン ビギンズ」をハシゴしようと思って、「ミスター・アンド」を見た後、別な劇場へと急ぐ。「バットマン・ビギニング」の15分後の回は、売り切れになっていた。凄い人気だ。その次となると、45分後に
「シンデレラマン」ラッセル・クロウの本気 (soramove)
「シンデレラマン」★★★★ ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー主演 アメリカが体験した 大恐慌時代。 財産の全てを失い、失業率が高く 食べられない現実に市民が うつむいて過ごしていた頃、 夢を掴んだ男がいた。 この飽食の時代に 物が食べられない...
Cinderella Man(2005,U.S.) (The Final Frontier)
シンデレラマン  昨夜、映画館のポイント消費のため、同僚を誘ってレイトで観てきました。  ロン・ハワードにラッセル・クロウといえばA Beautiful Mindコンビですよ。ヒューマン・ドラマの監督をさせたらかなりいい味を出す(と私は思っている)ロン・ハワードが監督です
シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ 評価:87点(100点満点) テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう
シンデレラマン (Rohi-ta_site.com)
映画館で、ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ 出演 、ロン・ハワード監督作品「シンデレラマン」を観ました。 ●ストーリー 前途有望な若きボクサー、ジム・ブラッド(ラッセル・クロウ)は、愛する妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子
シンデレラマン (Diarydiary!)
《シンデラマン》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CINDERALLA
シンデレラマン(映画館) (ひるめし。)
CAST:ラッセル・クロウ/レニー・ゼルウィガー 他 たしか「ミリオンダラー・ベイビー」の感想で「シンデレラマン」は観ないって書いたけれど・・・訂正します。 え~と、ちゃっかり観てきましたよ。そんで感動しちゃいましたよ。 やっぱ子供が出てると涙腺ゆるむわ~。
シンデレラマン (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ...
シンデレラマン ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
めっちゃ痛い映画だった・・・ ボクシングシーンが映画の半分はあったような気がする。 リアルで、本当にこっちまで痛くなってきちゃった。 でも、本当に痛かったのは、肉体ではなく、心の方だった。 大恐慌のあおりを受けて、お金もない。仕事もない。 だけど家族を養っ
「シンデレラマン」 (こだわりの館blog版)
10/2 丸の内ピカデリー にて ボクシング界で起こったこれほどの奇跡があまり知られていないとはもったいない! これもアメリカ大恐慌という時代が産んだ悲劇なのでしょうか…。 監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジア
シンデレラマン[洋画] (Spotlight 英語で歩く、噂の現場-choibiki\'s BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し)
Cinderella Man久しぶりに、心の底から魂を揺さぶる映画が登場しました。男が命をかけて手に入れようとしたもの。それはミルク。彼が愛してやまない子供たちと、かけがえのない妻への、一途な思いでした。この映画で、つらさの裏には、代わりになるものがあるから耐えられる
シンデレラマン (八ちゃんの日常空間)
これも昨年度「観たい」と思っていながら見損なった映画の一つ。諦めていたのに、こんなに早く上映してくれてほんとありがたい。ギンレイホール。というかロッキーより3倍面白い。そして4倍感動した。もしかしてロッキーは、このボクサーがモデルなんじゃないの?
■シンデレラマン (ルーピーQの活動日記)
ボクサーとして華やかな戦歴を持っているジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、右手の負傷がきっかけでライセンスを剥奪されてしまう。さらに同じ頃、追い討ちをかけるようにアメリカ経済を大恐慌が襲った。日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や
シンデレラマン (しーの映画たわごと)
シンデレラマン2005年 アメリカ監督:ロン・ハワード出演:ラッセル・クロウ , レニー・ゼルウィガー , ポール・ジアマッティ , クレイグ・ビアーコStoryロン・ハワード監督、ラッセル・クロウとレニー・ゼルウィガー共演による感動の人間ド.
『シンデレラマン』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな?
『シンデレラマン』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじジム・ブラドックは、前途有望なボクサーとしてタイトル奪取は時間の問題。だが、右手の故障がきっかけで、ジムは引退を余儀なくされる。時を同じくして、大恐慌がアメリカの経済を壊滅状態にしジムは家族の為に、勝ち目の無い一夜限りのカムバックに臨む・・・。...
シンデレラマン (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『家族への思いが奇跡を!』  【公   開】 2005年 【時   間】 144分 【製 作 国】 アメリカ 【監...