こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「ミリオンダラー・ベイビー」

2005-05-19 | MOVIE(AMERICA)
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール

「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ
配給:ムービーアイ、松竹
監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・ローゼンバーグ、
   アルバート・S・ラディ
製作総指揮:ロバート・ロレンツ、ゲイリー・ルチェッシ
原作:F・X・トゥール
脚本:ポール・ハギス
音楽:クリント・イーストウッド
撮影:トム・スターン
編集:ジョエル・コックス
美術:ヘンリー・バムステッド
衣装:デボラ・ホッパー
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、
   ジェイ・バルチェル、マーゴ・マーティンデイル、リキ・リンドホーム、
   マーカス・チャイト、ミゲル・ペレス、マーク・トマソン、マイケル・ベント
上映時間=2時間13分 PG-12


天下のアカデミー賞で「作品賞(クリント・イーストウッド、アルバート・S・ラディ、トム・ローゼンバーグ)」、「監督賞(クリント・イーストウッド)」、「主演女優賞(ヒラリー・スワンク)」、「助演男優賞(モーガン・フリーマン)」を受賞!!他ノミネートのみ「編集賞(ジョエル・コックス)」、「主演男優賞(クリント・イーストウッド)」、「脚色賞(ポール・ハギス)」
そして、その前哨戦のゴールデングローブ賞でも「監督賞(クリント・イーストウッド)」、「ドラマ部門女優賞(ヒラリー・スワンク)」を受賞!!他ノミネートのみ「ドラマ部門作品賞」、「音楽賞(クリント・イーストウッド)」、「助演男優賞賞(モーガン・フリーマン)」

この作品はハンパじゃありません!!
「ザ・インタープリター」同様、観たくて観たくていっぱい応募したのに、ひとつも当たりませんでした。劇場で観てもいいんだけど、早く観たくって試写状を交換していただきました。E様感謝感謝m(__)m

何を書いてもネタバレになっちゃうんですよ、この作品。
私の感想など不要。まずは劇場へ行ってください。28日から公開です。必ず速攻で観に行くように!
泣いちゃうので、ハンカチ(できればタオル地のもの)、ティッシュはお忘れなく!

「えーー、なんでヒラリースワンクが世界で最も美しい50人に?」と思っていましたが、これを観て納得。彼女は美しく強かった(だめだ、思い出して泣いてしまう・・・(T_T))
ボクシングはTVでも見たくない私が、つい興奮するほどのリングパフォーマンス。それだけでもヒラリー・スワンクの女優魂を見た気がしますよ!
しばらくは余韻が続きそう。
「賞を獲るには理由がある」と思い知ったこまったちゃんでした。


★★ 本日の愚痴 ★★
開映ぎりぎりに来て、既に座っている人たちに「詰めろ」と言った女。
予告が始まると同行者とでかい声でしゃべりまくり、本編中も変な声で笑う(気持ち悪い)。
エンドロールが流れるやいなや、またでっかい声でおしゃべり。
うちらの真後ろだったので、ものすご~く不快でした。
ちなみに性格の悪さが顔に出ていて、顔を見ただけでも関わりたくないタイプでした。
やだ、やだ。


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥3000(ヒルズのプレミアスクリーンで観たい!)
実際に出したお金          ¥ 150(試写状交換に300円-同行者に150円、定期券内)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (54)   トラックバック (154)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試写会「ザ・インタープリター」 | トップ | 飛び込み乗車 »
最近の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBしようと思いましたが・・・ (あーちゃん)
2005-05-20 13:19:09
TBしようと思ったのですが、私のブログはネタバレ気味というかネタバレなのでTBは中止しました☆
え!!! (こまったちゃん@終業後)
2005-05-20 18:22:03
TBはご遠慮なく!

TB先を見てネタバレちゃうのは自己責任だと思っているので・・・。

じゃないと、今までもネタバレの日以外TBお断りしなきゃいけなくなっちゃう(笑)

どうぞ、TBしてやってくださいませ(*^_^*)
ネタバレ (chikat)
2005-05-20 22:16:00
TBありがとうございます。

ネタバレOKということなのでお返しいたします。

本当に迷惑な人っているんですよねえ。

自分勝手すぎるよ。

もっと周りみて気にしろって!!ネ!
こんばんはです~! (ともや)
2005-05-20 22:48:20
こんばんは、こまったちゃんさん♪

ともやのところもちょっとネタバレしてるのでTBを躊躇してました(笑)。

どうしても後半の展開に触れられずにはいられなかったので…。



>開映ぎりぎりに来て、既に座っている人たちに「詰めろ」と言った女。

かなり前にともやもそんなこと言われたことがありますが、

「自分たちは並んで入って、観やすい席に座ってるんだから嫌です!」

って断りました。

ずれて座って、巨大な人で見えにくい席に移動するなんて理不尽以外のなにものでもないですからね(ずれた先が巨大じゃない人だったら、ずれるのはやぶさかじゃないんだけどね)。

遅れてきたらバラバラで座るのもしょうがないと思わないとダメですよね。
スワンクさん素敵です (TINO)
2005-05-20 22:48:41
TBありがとうございます。

スワンクはマジにすごいですよ。あれだけごつさと美しさを兼ね備えた役作りに感動です。
はじめまして! (のら(bunchou2))
2005-05-21 11:56:43
トラバしてくださったところから他のトラバ先をたぐってこちらにたどり着きました。

「隣人13号」見てきたのでトラバさせてもらいましたm(__)mミリオンダラーベイビー早くみたいですね。

「大統領の理髪師」も楽しみなんですが。

ではでは、まずはご挨拶まで☆
TB (あーちゃん)
2005-05-21 13:54:36
TBOK!のコメントを見たので早速TBさせていただきます。今日は「戦国自衛隊1549」の試写会に行ってきます
おっ! (こまったちゃん)
2005-05-21 14:03:29
私も今日はダーリンと「戦国自衛隊1549」です!

15:00の回なのに、まだ自宅にいていいんでしょうか?

だめです!!きゃーーーーー
ぶっちゃけちゃって・・・ (ななな)
2005-05-22 09:48:15
最初は「アカデミー賞とったからってね~」ってな感じでした。

見た後イーストウッドに謝りたかったです(笑

なめて見てごめんなさい~って。

とにかくあの展開と見た後の気持ちはとにかくすごかったですよね。

私もずるずると泣いてしまいました。
コメント多謝m(__)m (こまったちゃん)
2005-05-23 11:34:20
chikatさま

「そことそこ空いてますか?」って聞けば、

前の人が巨大とかじゃない限り、ほとんどの人は詰めてくれると思うんですよ。

それをいきなり「どっちか(右か左か)につめてくれます?(高飛車風)」ってないよなーと思いました。詰めてあげたOL風の若いねーちゃんは感じのいい人たちでこころよく詰めてあげてましたが、詰めた座席はもともと男性が一人のクセに荷物置いてた席。かなりの混雑だったのに、その男性もどうかと思いました。

長くなっちゃった、ごめんなさい・・・。

とにかく、試写会にしても映画館にしても、みんなが気持ちよく楽しめるようにそれぞれが少しづつ気を遣えばいいのになと思います。



ともやさま

どうしても後半の展開に触れられずにはいられい・・・。



そうなんですよねぇ。で、私は書くのやめました(笑)



遅れてきたらバラバラで座るのもしょうがないと思わないとダメですよね。



賛成!!大賛成!!!(#^.^#)



TINOさま

ヒラリー・スワンクには脱帽です。

すごい女優さんですね(^^♪



のら(bunchou2)さま

絶対に観て欲しい映画です!

公開したらもう一度じっくり観ようと思っています。



あーちゃんさま

あーちゃんからのTB欲しさに頑張ってコメントしてみました(笑)



なななさま

私も「アカデミー賞受賞作」ってことを重視して、観たいと思ってました。

でも、受賞するには理由があるんですよね~。

いい映画です。

前日に観た「ザ・インタープリター」が吹っ飛びました。
Unknown (GO)
2005-05-23 22:13:10
TB有難うございました。

こちらからもTBさせて頂きました。

試写観られて羨ましいです。

私は未だ原作止まりなんで。
情報一切シャットアウト運動 (えい)
2005-05-23 22:19:12
こんばんは。



トラックバックありがとうございます。

私はこの映画に関して

「情報一切シャットアウト運動」を起こしてます(笑)。

「とにかく、なにも耳に入れないこと。

ほんとうに損をしますよ」と、

公開ぎりぎりまで声を大にして言いたいです。



しかし『席をつめろ」はひどい。

みんな自分の一番見やすい席、お気に入りの席というのがあり、

そのために早くからきてそこを確保するわけです。

ほんと、ひどい人もいたものですね。

TBありがとうございました! (しーな)
2005-05-23 22:53:39
お返しします♪

深い映画でしたね・・・ラストシーンがぐっときます!

ヒラリー本当に良かった。



でも嫌な女に会っちゃいましたね

ホント最近(でもないか?)マナーなさすぎる奴が多すぎです。映画館に来るな!と言ってやりたい。。
コメントありがとうございました(*^_^*) (こまったちゃん)
2005-05-25 00:53:35
GOさま

原作も泣けちゃうんですか?

読んでみたいなぁ。



えいさま

「情報一切シャットアウト運動」!!

それはぜひ推進しましょう!

「とにかく、なにも耳に入れないこと。

ほんとうに損をしますよ」と私も周りに言います。

昨今の?大人のマナーの悪さには怒るよりあきれちゃいます。子供が真似するぞ!!



しーなさま

ほんとヒラリー・スワンクよかった。

ヒラリーって強い女のイメージだな。

ヒラリー・スワンク、ヒラリー・ダフ、極めつけはヒラリー・クリントン!!(爆)

映画館や試写会場でどんなにマナーのことを注意してもダメな人はダメなんですよね~。
アカデミー賞 (kazupon)
2005-05-29 19:17:34
いつもお世話になってます!

3000円でもOK!ってことはかなり気に入られたんで

すね!自分も最近のイーストウッドの映画では

一番好きかもしれません。

マギーの様にひとつの事だけを信じて、それに向かっていく姿勢ってとっても見ていて考えさせられる部分でした。彼女は最初からフランキーに教えてもらう

事だけが唯一の道だと確信していたんですよね。

レモンケーキを食べる場面の二人の笑顔が印象的でした。
レモンパイ (こまったちゃん)
2005-05-29 21:01:15
私もレモンパイを食べる二人の笑顔はとても印象的です。とくにヒラリー・スワンクの無垢な笑顔を思い出すと胸が締め付けられる思いです。



期待以上に、しかも前日観た「ザ・インタープリター」が軽く吹っ飛んじゃうほどによかったので、自分の中での最高額をつけたかったんですよね。で、ヒルズのプレミアスクリーンの値段にしました。



kazuponさんはお名前に「かず」がつくのですか?私の名前にもつくので旦那には「かずりん」なんぞと呼ばれております(てれっ)
ハンパじゃないですね (any)
2005-05-30 00:33:43
アカデミー賞4部門受賞は納得の作品でしたね。

と言っても、他の候補作はまるで観ていませんが…。



主要キャスト3人の素晴らしい演技と重厚なストーリーに、流れる涙を止めることができなせんでした。

本当に、ハンパじゃなく、素晴らしい作品でしたね。

Unknown (GO)
2005-05-30 00:55:09
本日映画を観て参りました。原作をとてもうまく消化していてとても良く仕上がっておりました。原作で結末を知っていた為、私はあまり泣けませんでした。でも深い感慨に浸れました。間違いなく名作です。

Hスワンクは美しかったです。原作と同様に貧しく、どん底にいながら、気高く美しいマギーは彼女じゃなければ演じる事は出来なかったでしょう。

自ブログへ鑑賞後の感想を追記致しております。

よかったらまたお越し下さい。
コメントありがとうございました(^^♪ (こまったちゃん)
2005-05-30 01:09:37
anyさま

本当に、ハンパじゃなく、素晴らしい作品でしたね。



まったくの同感です。

今日、二度目の鑑賞予定が夫婦喧嘩によりパーでした。残念。



GOさま

原作は映画鑑賞後にちらっと立ち読みしました。

注射を打つ位置が違っていて、原作に納得。

バレるって!と思っていたので、スッキリしました(笑)

追記読ませていただきますね。
観ました。 (Black Pepper)
2005-05-31 16:50:10


どう書いてもネタばれになってしまうので

ひらきなおって書きました。



マギーがなんであの生活から抜けたかったのかもよくわかったし。

イーストウッドとモーガン・フリーマンのちょっとしたやりとりってギャグで作ってるんでしょうけど、

笑うというより泣かされちゃいますよね。

TBさせていただきますね。
ほんとに素晴らしい映画!! (しん)
2005-06-01 14:07:50
>性格の悪さが顔に出ていて、顔を見ただけでも関わりたくないタイプ



マギーの母親だね
まったくですね~ (ぷちてん)
2005-06-01 20:05:09
ヒラリー・スワンク、強い!

殺気も含んだ目つきも見事だし、鍛えられた肉体も見事でした。

もう、役にのめり込んだという感じ。

彼女の主演女優(笑)はほんと、納得してしまいましたね。



あとは、イーストウッドと、フリーマンのさすがの演技、これは見ていても安心していられました。

コメントありがとうございました(^^♪ (こまったちゃん)
2005-06-04 09:54:26
Black Pepperさま

マギーの家庭はホントかわいそうで、よりいっそうお話の幅が広がりましたね。

アメリカの映画を観るとトレーラー生活の人って結構よく出てきますけど、いまいち状況がわからないんですよね。ちょっと勉強しようかなと思ってます。



しんさま

マギーの母親!

その比較は思いつかなかった(笑)

いや、彼女はマギーママを凌ぎますよ(爆)



ぷちてんさま

ヒラリー・スワンクには、脱帽!

他も何もかもすばらしく、クリント・イーストウッドには主演男優賞も獲って欲しかったです。でも「Ray」もよかったですよね。
Unknown (かんすけ(シアフレ.blog))
2005-06-04 17:56:18
この映画はとても心を打たれました!二人が徐々に心を交わし合い、マギーが無邪気に喜ぶ笑顔がとても印象的だっただけに、後半は本当にやるせない思いで一杯でした。そして、それぞれの俳優の演技がホント素晴らしくて、どんどん映画に惹きこまれます。是非観て頂きたいお勧めの映画です。

こちらにTBさせて頂きますね。よろしかったらボクのブログにもTB&評価のコメントお待ちしてます。
かんすけさま (こまったちゃん)
2005-06-04 20:40:48
俳優陣もストーリーも素晴らしかったですね。

ぜひもう一度旦那を連れて劇場で観たいと思っているんですが、他にも観たいものがたくさんあって時間もお金もたいへんです(笑)
トラバありがとうございます。 (のら(bunchou2))
2005-06-04 21:35:26
私もあ~だこ~だ書きましたが、

いい映画って言うのは言葉で言い表せないというか、とにかく映画館行って見てください!って気持ちになりますよね。

今年見た映画のベスト5には間違いなく入るな~(最初ベスト10と思ってましたがそれどころじゃないと後から思ってきました)
はじめまして☆ (ゆうき)
2005-06-04 21:53:23
TBありがとうございました!

こちらにも返させていただきます☆



それぞれの俳優の演技が光るすばらしい作品でしたね。

実際に観るまでは、アカデミーを疑っていた私ですが、

観た後は、大納得というか、この作品以外の受賞は考えられない!と思うほどでした。



いろいろなことについて見直すいいきっかけになったと思います。

NEXT ONE (iina)
2005-06-04 23:41:17
「ミリオンダラー・ベイビー」で検索いただいてのTBご訪問をありがとうございます。

あるいは、「マスク2」でクルクルご回転でしたっけ。

いずれにせよ、映画はiina~

ほぼ言い尽くされている感じがしますので、再びNEXT ONEの感想文をまたまた勝手にクルクル来るです。

さて、何を観るかなぁ~

観て スカッとする映画が好いかもと思っています。



TBありがとうございます (yuu)
2005-06-05 02:50:24
ミリンダラーベィビーは 今年いままで観た映画の中で

印象に残ってる映画です

観る本数が多く だいたいはすぐに忘れてしまうのですが(笑)

徹底したエンターティメント映画も良いのですが

こういう作品も 私は好きです
*再鑑賞します... (ダーリン/Oh-Well)
2005-06-05 03:05:35
☆こまったちゃんさん、

ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした~



先だっては、拙ブログにTBを頂きましてありがとうございました、



いやぁ、こまったちゃんさんの所にくると元気が湧くなぁ、

ここ数日来の疲れが吹き飛びました!



本作『ミリオンダラー・ベイビー』、

『スターウォーズ』、『宇宙戦争』の波に飲まれる前に(^^)、

そう、今週中にもう一度鑑賞したいと思っています、



何と言うか…、単純な見かけを持つがゆえに重々しくも観る

者に迫るのでもあろうこの映画を、きちんと自分の内に納め

られたらと思う次第です。
TBありがとうございました (7_7seven)
2005-06-05 04:14:26
アカデミー受賞時はスコセッシに穫って欲しいと思っていたので「えー」って感じだったのですが作品を見てうちのめされました。映画化への道は困難を極めたようですがこんな作品を残してくれてよかったです。



私も上映ギリギリに駆け込んできた二人組に「席変わってくれます?」(変わらねーよ!)って言われたことあります。むかつきますよねー。  
Unknown (アスカパパ)
2005-06-05 12:15:06
TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきます。

ねたばれしないように書いてあるつもりなのですが、、。

映画館でのマナーの悪い観客には、ほんとうに困りますよね。
TBありがとうございました! (アキ)
2005-06-05 14:19:38
 TBありがとうございました。早速TB返し! させていただきました!



 沢山試写会に行ってらしゃるのですね。すごい! 



 実は「ミリオン~」まだ、見てません……。どうにか都合をつけて、スクリーンにて見たいと思っているのですが。頑張るぞーー!!
はじめまして (16mm)
2005-06-05 22:10:25
はじめまして、16mmと申します。

TBありがとうございます。



孤独であると言う事を自覚した時に戦い始めた人達の話。

戦えなくなった時、孤独が絶望に変わるんでしょうな。

ただ生きてるだけという状態に意味を見出せなくなるから。



私を含めて孤独である事に無自覚な人間の方が楽に生きれるのにな。
TBありがとうございました (AISYA)
2005-06-06 07:06:02
重すぎるな~っていうのが 私の正直な感想です。

アメリカでは 昨今 尊厳死問題が取り上げられているようですが、どうも アメリカ人が この手の問題を映画にすると 重々しくなりすぎるというか…

実際 重々しい題材なので当たり前と言えば当たり前なんですけど…



私的には 尊厳死問題を 第三者の目線で見た映画よりも、

当人の目線で見た「海を飛ぶ夢」の方が すんなりと受け入れられました。 

TBありがとうございました。 (tabalog)
2005-06-06 10:15:35
こちらからもTBさせていただきました。



ボクシング好きなんで、結構あら探しをしてしまったんですが、ヒラリー・スワンクはもはや女優とは思えないくらいパーフェクトだったと思います。
コメントありがとうございます(*^_^*) (こまったちゃん)
2005-06-06 19:53:46
コメントもTBもはげみになります。

ありがとうございますm(__)m



のら(bunchou2)さま

鑑賞前から楽しみにされていたようなので、

鑑賞後同じ気持ち(とにかく映画館行って見てください!って気持ち)になられたようで嬉しいです♪

本当にたくさんの人に観て欲しいですね(^^♪



ゆうきさま

本当に本当に俳優陣がすばらしい!

俳優という職業の必要性をあらためて考えさせられました。私にはあなたたちが必要です。



iinaさま

またぜひご来店?くださいませ。

クルクルしたいところですが、結局「マスク2」を未見のワタクシです・・・(汗)



yuuさま

私も今年観た数々の映画の中でも最も印象深い作品です。すぐ忘れちゃう、または忘れちゃいたい作品もたくさんあるんですけどね(笑)



ダーリン/Oh-Wellさま

元気でますか??そう言ってもらえると嬉しいです♪またぜひぜひ遊びにに来てくださいね(^^♪

『スターウォーズ』『宇宙戦争』の波かぁ。私はエピソード2も観ていない人なので・・・(汗)



7_7sevenさま

私は「アビエイター」未見なので、なんともいえない部分が大きいのですが、「ミリオンダラー・ベイビー」が素晴らしかったのは確かですね(^^♪

「席変わってくれます?」なんて、よく言えるよなー。自由席である以上、早いもん勝ちなのは必然。遅れたら遅れた自分を恨みなさいと言いたい今日この頃です。私ははじっこに座ることが多いからか、幸いにも言われたことがないんですが・・・。

  

アスカパパさま

映画館でも他のところでもマナーの悪い人にはたくさんの人が嫌な思いをします。

少しだけ気をつければいいことなのにネ。



アキさま

絶対!って言っていいほど観て欲しい映画です。ぜひご覧くださいね♪

それと、事前に情報を仕入れていかないことも重要かもって、これを読んでいる以上難しいかな??(笑)



16mmさま

「孤独」「絶望」どちらも悲しい言葉ですね。

私もいろんなことに無自覚な人間なので、笑っていられるのかしら?なんて思いました。



AISYAさま

普通にさらっと映画を観たい場合には確かに重すぎるかもしれませんね。

でも、私は「海を飛ぶ夢」の方が重く感じられました。いい・悪いではなく、好き・嫌いでいうと「ミリオン・・・」の方が好きですが、「海を飛ぶ夢」もたくさんの人に観てもらいたい映画です。染みます。あとからじわじわ染みます。そういう作品だと思います。



tabalogさま

ヒラリー・スワンクのボクサーぶりはすごかったですね。私はボクシングは苦手なのですが、そんな私も迫力ある試合のシーンに一緒に拳を振ってしまいそうでした(笑)
結構いますね・・・。 (TEXAS)
2005-06-06 20:53:19
TBありがとうございました。



かなり、嫌なやついますね、だいぶ、携帯電話で話すやつなどは減りましたが、いまだにおしゃべりの多いやつ・・・。



私は結構、注意しますが、中には・・・。



また、ちょくちょく拝見させてもらいます。
私も (こまったちゃん)
2005-06-06 21:43:30
今度、マナー違反を見かけたら

注意しようと思います。

なかなか言えないんですよね。



でも、この間お芝居を観ていて、前の席の人が携帯いじってたので座席を蹴ってやりました。手加減しすぎて、本人には分からなかったみたいですが(苦笑)、うちの旦那には分かっていました(意味ないって。笑)
Unknown (Carolita)
2005-06-12 19:18:11
はじめまして!T/Bありがとうございました。

映画館でおしゃべりはカンベンしてほしいですねよ! なんの映画だったか、いつか外国の方が近くに座っていらしたとき、日本人が無反応のところでゲラゲラ笑っていました。

その時は「ネイティブはニュアンスがわかっていいなぁ・・・」とちょっとうらやましかったかなっ。

こちらからもT/Bさせて頂きました。

今後とも宜しくおねがいします。
こんばんは。 (小夏)
2005-06-12 20:29:30
TBありがとうございました。

とにかくヒラリー・スワンクの役者魂には感服です。

あの完璧な肉体美!

相手役の世界チャンピオンプロボクサーと並んでも、

全く見劣りがしませんでした。



トラバ返しさせていただきましたw
コメントありがとうございました(^^♪ (こまったちゃん)
2005-06-13 00:21:35
Carolitaさま

とくに、ヒルズに観に行くと、外国の方が多くてわからんところで笑っている方が多いですな。

英語ができたらよかったと、しみじみ思う瞬間ですね。

こちらこそ、よろしくお願いいたしますm(__)m



小夏さま

ヒラリー・スワンクの肉体には、私も脱帽です!

女優魂ここにあり!って感じですね。

アカデミー主演女優賞って肉体改造ものに出やすいのかしら(笑)
こんばんは! (tatsuo)
2005-06-14 22:39:42
TBありがとうございました。



6/1にマリオンで観てきました。

こんな良い映画を1000円で観れて嬉しい。

7/1は何観ようかな?アカン出張や!



それにしても、すごいTBの数ですね。

ひとつ増やしますね。

ありがとうございます。 (こまったちゃん)
2005-06-15 00:56:01
私ももう一回は観たいと思ってたんですが

楽天地は今週いっぱいで終わりみたいです・・・。

旦那に見せたかったんですよねぇ。
いい映画でしたね~ (chishi)
2005-06-16 11:30:50
でもこの監督の常々主張したいことには、なんとなく反論したくなる自分もいたりして。

そうかぁ、そんなイヤなオバハンおったのですか。折角のいい映画なのに残念でしたね。次はそんなことが無いように祈ります(笑)
それはそうですね。 (こまったちゃん)
2005-06-16 21:24:26
私は、たとえば旦那がそういう状態になったとしても生きていて欲しいと思う。

そういう点では反論したい気持ちもありますが、エンターテイメントである映画の中で、一石を投じた点を評価します。

そして、俳優陣の素晴らしい演技魂に惜しみない拍手。

(ちょっと思い出し泣き・・・くすん)
こっちゃんも (こっちゃん)
2005-06-18 11:22:24
この映画を観たときに、ずーっと最後まで笑っている

ギャル軍団といっしょになってしまったんです

エンドロール流れてからもギャハハハって。

そりゃないよねぇ~。

試写会でもマナーの悪い人を多く見かけますね。

こまったこまった



   こっちゃん
なぜ? (こまったちゃん)
2005-06-18 11:30:56
この映画を観てなぜ笑えるんですかね??

こっちゃんさん不幸でしたね~。

心からご同情申しあげます。



試写会、とくに有楽町のよみうりホールで高いところに座ってると1階の客席がよく見えるんですが、携帯出してる輩がいると消しゴム切って投げたくなります。消しゴム持ってないのが残念(笑)
何度もすみません (とし)
2005-06-26 19:16:54
としの備忘録のとしです。

何度もTBを試みていただいたという事で・・・。

何で出来ないのか分からなく、すみません。

こまったちゃんのBlogは、もの凄い数のTBとコメントですね。羨ましいです。
TBは・・・ (こまったちゃん)
2005-06-26 21:55:41
時間をおいて試みるとOKの場合、何度やってもNGの場合とあるようです。

なんでなんでしょうね・・・。

ほんと申し訳ないですm(__)m
TBありがとうございます! (SooMo)
2005-07-03 18:31:47
私もボクシングは嫌いですが

この映画ではそんなこと気にならない・・・

すっかりハマってしまいました

映画館が明るくなるのが早すぎる

って感じで
私もボクシングは苦手 (こまったちゃん)
2005-07-03 19:39:04
なので、ちょっと不安だったくらいなんですが、途中ヒラリー・スワンクと一緒にちっちゃく拳を振ってました(笑)

余韻を邪魔してくれた性格悪そうな女性のことはしばらく忘れられなさそうです・・・(苦笑)
TBありがとうございました。 (ひろたん)
2005-07-09 23:12:00
役にはまる俳優って感じでしたね。

彼女の顔を思い出すと胸が詰まります。

私は (こまったちゃん)
2005-07-10 00:37:20
ヒラリー・スワンクの出演作を観るのも初めてだったので、なおさらすんなりとヒラリー・スワンクがマギーに見えたと思います。

ホント健気でいい子だったのに・・・(T_T)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

154 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ミリオンダラー・ベイビー」 (てんびんthe LIFE)
「ミリオンダラー・ベイビー」 イイノホールで鑑賞 泣こう!と思っていきましたが今日も空振りでした。会場はすすり泣き声、鼻水すする音…。 今日は全部ネタバレです。ジムを経営するフランクは強いボクサーを育てているがチャンピオンを目前にして皆彼の元を去ってゆ
ミリオンダラー・ベイビー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MILLION DOLLAR BABY) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演男優賞・監督賞の計4部門を受賞したヒューマン・ドラマ。 ロサンゼルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジム。そこを経営する老いたトレー
「ミリオンダラー・ベイビー」 (TINO的日記)
日経エンタテインメント!の試写会でなんと「ミリオンダラーベイビー」の招待状が届く
試写会感想 ミリオンダラー・ベイビー 編 ★★★★+2/3★ (ボタン連打)
”夢みる30女(is me)”には、いろんな意味でキツイハナシだったため、途中からなるべく感情移入しないよう、頭の中の”共感スイッチ”を切ってニュートラルに鑑賞したにもかかわらず、観終わった後、じわじわ効いてくるボディーブロー(これを書いている今でも)。さすがは
ミリオンダラー・ベイビー (映画を観たよ)
ネタバレにはなってないと思いますよ。多分・・・ 試写会でした。 今年度のアカデミー賞を獲りましたね。 この作品侮っちゃだめ!! イーストウッドは音楽もやっててびっくりしました。 才能が豊かですね~。 それで映画なんだけど・・・何を書いてもネタバレになってしまい
「ミリオンダラー・ベイビー」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は久しぶりに誘ってもらっての試写会です。あーちゃんはよく試写会に行くけど、自分から誘う事がホトンドで誘ってもらったのは夏絵ちゃんに誘ってもらった「ニライカナイからの手紙」以来。てか、まぁ・・・せっかく誘ってもらったのにその時は行けなかったんだけどねぇ
ミリオンダラー・ベイビー (Remeber Tomorrow)
第77回アカデミー賞4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)を獲得し、5/28から日本でもロードショー公開されるクリントイーストウッド監督の話題作の原作。邦題:テン・カウント(原題:ROPE BURNS)に納められている5つの短編と1つの中篇中の一つ。筆者で...
『ミリオンダラー・ベイビー』 (ラムの大通り)
------あれっ、今日は別の映画について喋るはずでは? 『ミリオンダラー・ベイビー』のようなビッグタイトルは いつものように\"週末にゆっくり\"のパターンかと思ってた。 「うん。初めはそのつもりだったんだけど、 これは一言、早く言わなくてはと思って」 -----なに、そ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (コウの鑑賞人blog)
この前のアカデミー賞で主要部門4冠も獲得した 『ミリオンダラー・ベイビー』です。 「そんなぁ。。」 って感じです。見たあ
ミリオンダラー・ベイビー。 (だらだら感想日記の日々)
18日に『ミリオンダラー・ベイビー』の試写会に行ってきました。 TVブロスさんありがとうー、実は試写会って初めてです。 アカデミー賞主要4部門受賞の話題作ということで、ほぼ満員。 孤独な老トレーナーとハングリーな女性ボクサーの物語。 前半はボクシン
ミリオンダラー・ベイビー (Butterfly Stroke)
ようやく「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。 予想していた内容とは、かなり違う\"ドラマ\"で、「ロッキー」的な内容を期待している方には全くお薦めできません。 ヒラリー・スワンクは大熱演で、2003年の「モンスター」のシャーリーズ・セロン同様、体を張ったと言うか
Million Dollar Baby (vivid memories)
オットは映画が大好き。金曜日の昼頃から「今日は何を見よう?」と頭は映画で一杯になる(はず)。たいていDVDを借りて家で見るのだが、今日は久しぶりに映画館に繰り出す。アカデミー賞に、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞などがノミネートされてい
■ミリオンダラー・ベイビー (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■MILLION DOLLAR BABY ●「ミリオンダラー・ベイビー」、既にオスカーで主演女優賞、助演男優賞、作品賞、監督賞という主要部門を受賞した注目の作品。この作品、やっとGW明け、それも5月末という遅さで公開になる。 映画は始まりと同時に、一瞬にしてクリント・イ
クリント・イーストウッドの ミリオンダラー・ベビー Million Dollar Baby (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
Million Dollar Baby ミリオンダラー・ベビー クリント・イーストウッド監督によるボクシング・マネージャーの実話の映画化
「ミリオンダラー・ベイビー」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
夜の闇は夢を見せてくれるのに、 昼の明かりは全ての現実を隠してくれない。 原題:「Million Dollar Baby」 監督・主演・音楽:クリント・イーストウッド 出演:ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本編:133分 Story 「自分を守れ」が信条の老トレーナー
絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評 (I N T R O+blog)
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの
ミリオンダラーベイビー「自分を守れ」と痛切なドラマの中に描く感動の作品 (話題のナレッジベース)
ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーのアカデミー賞4部門受賞は伊達じゃない。話題だけで興味を持って観ても、助演男優賞
ミリオンダラー・ベイビー (メルブロ(更新不定期))
ミリオンダラー・ベイビー 上映時間 2時間13分 監督 クリント・イーストウッド 出演者 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン  特集ページ  私が試写会に行くには3つ理由がある。まず、新作がいち早く格安(葉書とか運賃があ
ミリオンダラー・ベイビー (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ゲール語:ケルト語派に属する言語。アイルランド、スコットランド、イギリスのマン島でそれぞれ異なるゲール語が存在。本作のはアイルランド語。 F・X・トゥールの短編集「Rope Burns」の一編を映画化した、御大クリント・イーストウッド25本目(!)の監
ラスト30分がすげえ!! 「ミリオンダラーベイビー」 (平気の平左 Blogの巻)
ミリオンダラーベイビー 評価:85点{/fuki_love/} 舐めてた。 かなりの衝撃を受けました、この映画。 予備知識ゼロで観に行ってもらいたいですね。 下手にネタバレして欲しくない映画です。 さぁ、いますぐ映画館にGO!! さて、今回はネタばれに気をつけて、感
「 ミリオンダラー・ベイビー 」 (MoonDreamWorks)
監督 : クリント・イーストウッド主演 : クリント・イーストウッド / ヒラリー・スワンク /      / モーガン・フリーマン / 公式HP:http://www.md-baby.jp ミリオンダラーベイビー   最近の映画通は単なる絆の物語やサクセスストーリーじゃ感動でき...
ミリオンダラー・ベイビー (Akira\'s VOICE)
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
ミリオンダラー・ベイビー (Saturday In The Park)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド     ヒラリー・スワンク     モーガン・フリーマン 同じ境遇にありボクシングという世界に身を置くマギーとフランキーがお互いに思い焦がれるものを相手に重ね合わせながら栄光へと歩んで
ミリオンダラー・ベイビー(5) (自主映画監督のBlog)
立て続けに2回見てしまいました。1回目は前半笑い、後半泣きました。2回目は、前半も泣き、後半もやはり、泣きました。生命力に満ちた映画だと思いました。
ミリオンダラー・ベイビー ( 露 思 案 青 )
今日(28日)から封切りの「ミリオンダラー・ベービー」 、早速観て来ました。   アカデミー賞授賞式の模様を、BSで見た時(Mar.12)から観たかった映画。 さすがアカデミー賞主要4部門受賞作品!  「アビエイター」も、これじゃとうてい敵わないよね(^_
ミリオンダラー・ベイビー (まったりでいこう~)
格闘技は好きですがボクシングだけは苦手でした...。でもこれは映画なのだし、なによりストーリーがおもしろそうということもあって初日に行ってきました。 ボクシングだけではない、とても重い内容のヒューマンドラマでしたね。静かな音楽とともに流れていくストーリーは淡
ミリオンダラー・ベイビー (ネタバレ映画館)
!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ  この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、
ミリオンダラー・ベイビー (It\'s a Wonderful Life)
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。 この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして アカデミー賞の主要部門を独占。アカデミーなんて全然アテにならな いと思ってる方なんですが、その時はあぁ、スコセッシ可哀相! ...
ミリオンダラー・ベイビー (impression)
<ストーリー>ボクサーとしての成功を夢み、ウェイトレスをしながら自己流のトレーニングに励むマギーは、ベテラン・トレーナーであるフランクの門を叩く。昔気質のフランクは女性を拒むが、熱意に負け、二人三脚で頂点を目指すことにする。意外な素質を見せ、連勝街道を突
ミリオンダラー・ベイビー (future world)
その人にとっての幸せって何だろう・・・最近観た映画、「海を飛ぶ夢」「バタフライ・エフェクト」に続き本作も‘人生’‘道を選ぶこと’について考えさせられる内容だ。 特に最後の方は・・重い・・涙流れっぱなしの状態だった。。 133分という時間、長くは感じなかっ
悔いのない人生 (soramove)
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★ ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド主演 鋭いパンチが炸裂し のけぞると、こちらも 同じような痛みを感じる そんな映画だった。 人は何を求めて 生きているのか。 「やりたいこと」がしたい。 よく耳にす...
Million Dollar Baby (nahoritaのBrooklyn★Brooklyn)
思った。 この人は映画がほんとに好きなんだ。きっと大好きなんだ。 イーストウッド。 自分で監督して自分で演じて自分で音楽を作る。 贅沢だ。でもこの人はできるんだ。 思った。 イーストウッド。 年とったなぁ。最初の30分、ほんとにこの人はイーストウ
『ミリオンダラー・ベイビー』 (京の昼寝~♪)
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ-ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   
ミリオンダラー・ベイビー (any\'s cinediary)
愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 ストーリー
「ミリオンダラー・ベイビー」 Million Dollar Baby (俺の明日はどっちだ)
いったいどんな映画なのか、ほとんど予備知識なしで観たので、後半の展開には驚いて、戸惑いさえ覚えてしまった。 せっかく有望な選手を育てながら次の一歩に躊躇するため去られてしまうしがないボクシングジムの経営者でありトレーナーでもあるフランキー(クリント・イー
ミリオンダラー・ベイビー  ボクシングとは距離を置いたストーリーに一抹のさびしさ (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:ザ・ミリオンダラーベイビー/アメリカ,ムービーアイ ジャンル:スポ根+哀切なヒューマンドラマ/2004年/133分 映画館:MOVIX京都10(422席) 鑑賞日時:2005年5月28日(土),16:00~ 350人 私の満足度:60%  オススメ度:70% ※同名原作本(原題Rope Burns):
ミリオンダラーベイビー MILLION DOLLAR BABY (自然に生きる 映画に生きる)
今日が公開日初日。初日に見に行った作品はこれが初めてかもしれません クリント イーストウッド監督作品、ヒラリー スワンク主演作品(2004年) 辛かったですね。何回も泣いてしまいました。 ヒラリー演じるマギー、クリント演じるフランキー、モーガン演じる
『ミリオンダラー・ベイビー』 (映画と文庫とMDと)
ミリオンダラー・ベイビー早川書房このアイテムの詳細を見る 渋谷ピカデリーにて、クリント・イーストウッド監督。 ボクシングジムを経営する老トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)の下に、31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)が弟子入りを志願。 最初は突っ
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞 (Cafeアリス)
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。 今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。 ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」 でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。 「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選ん...
ミリオンダラー・ベイビー (まつさんの映画伝道師)
第108回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ)  元アイドルと呼ばれる女性達。  下克上激しい芸能界、生き残れるのはほんの僅か。  旬を過ぎたアイドルは人気の低迷とともに、その人生も失墜してゆく。なぜかはわからないが、
感動作と言うより (アンバランスなヤジロベエの扉)
かなりヘビーな内容でした。 昨日から公開のミリオンダラーベイビーです。 タイヤ交換から帰還したついでに整備と思ったら、 後ろで券をパタパタさせてる後輩がいまして、 整備を中断して見に行ってきました。 映画の予告は見てましたので、 大体のストーリーは読めてはいた
ミリオンダラー・ベイビー(5/29 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『エンドロールが流れる間、涙が止まらなかった、重いテーマを投げかけるイーストウッド渾身の作』  今年のアカデミー賞で、ディカプリオ&スコセッシ組の『アビエイター』を抑えて主要部門を制覇した注目作。といっても、私はイーストウッドファンではないので、アカデミ
ミリオンダラー・ベイビー (Black Pepper\'s Blog)
不思議なほど大人受けのいい作品、「ミリオンダラー・ベイビー」。 アカデミー賞で主
ミリオンダラー・ベイビー (新しい夜明け)
アカデミー賞4部門受賞作品 『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY) <作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・ 主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・ 助演男優賞(モーガン・フリーマン)> を観にいってきました。(久々のビックタイトル) あらすじ ボ
「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ (映画の話をしませんか?)
ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい
『ミリオンダラー・ベイビー 』 (Rabiovsky計画)
『ミリオンダラー・ベイビー 』公式サイト 製作・監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン  2004年/アメリカ/133分 第77回アカデミー賞主要7部門にノミネートされ、作
「ミリオンダラー・ベイビー」「オペレッタ狸御殿」 (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
「ミリオンダラー・ベイビー」 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 心の奥底にドスンとパンチを喰らった。 苦い、苦すぎる。 イーストウッドの作品って、「ミスティック・リバー」や
『ミリオンダラー・ベイビー』を観た~!#81 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
ミリオンダラー・ベイビー  (原題:Million Dollar Baby) 【愛に、打たれる】 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン アンソニー・マッキー/ジェイ・バルチェル マイク・コルター/ブライアン
ミリオンダラー・ベイビー 【すごいよクリント】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
クリント・イーストウッド(のようなじーさん)になりたい!! 心からそう思った。 アカデミー賞をとった俳優二人は、それはもちろん素晴らしい演技だったのだけど、僕には俳優クリントの方がはるかに輝いて見えた。 彼は自分が歳をとったことに気付いていないのではないだろう
痛いッ!! @ ミリオンダラー・ベイビー(吉祥寺) (:: N a r o o m ::)
アカデミー賞受賞作品でもあるミリオンダラー・ベイビーを観に行ってきました。 各レビューに載っているのでセーフだと思いますが 老トレーナーの「自分を守れ」と繰り返す言葉は、 耳にするタイミングで違う言葉のように思えました。 ボクシング話
「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。 云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。 ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリン
「ミリオンダラー・ベイビー」 (わたしの見た(モノ))
「ミリオンダラー・ベイビー」   クリント・イーストウッドが主演・監督、 アカデミー賞で、主要4部門を制覇、 老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。 予備知識はここまで。 いざ劇場へ。    米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。 本当に良い作品なの
ミリオンダラー・ベイビー (ヲイラのだいあり?)
■ ミリオンダラー・ベイビー 原題:MILLION DOLLAR BABY     本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の主要4部門を受賞した作品。「許されざる者」「ミスティック・リバー」の映画の伝道師クリント・イーストウッドが監督、主演など
ミリオンダラー・ベイビー (利用価値のない日々の雑学)
「ミリオンダラー・ベイビー」が漸く公開され、今年のオスカー総決算という形での鑑賞になった。当初より、単なるボクシング映画では無いという評判(では、「単にボクシング映画」って例えばどういう映画?「ロッキー」にしても、「レイジング・ブル」も「チャンプ」も、どれ
静かに心の奥に響く「ミリオンダラー・ベイビー」 (映画好き集れ!!)
静かに心の奥に響く「ミリオンダラー・ベイビー」はっきり言って、私が今年観た映画の中ではNO.1の映画ですね。この映画を観るまではNO.1は「アビエイター」でした。どうしてあそこまで力の入った素晴らしい映画が作品賞すらとれなかったのかがよくわかりませんでしたが、...
ミリオンダラー・ベイビー (シアフレ.blog)
ボクシングに希望を見い出そうとする女性とそのトレーナーの心の葛藤と交流を描いたヒューマン・ドラマ。 幼い頃に唯一の理解者だった父を亡くし家族の愛に恵まれなかったマギーと、実の娘に縁を絶たれ修復不可能な過去を持つフランキーが、お互いの中に「家族」を見出して
「ミリオンダラー・ベイビー」 (花太郎♀の日常)
観てきました。(2004年 アメリカ) (ネタバレしてないつもりですが、難しい・・・) アカデミー賞4部門受賞ということで、かなり期待していた作品でした。 いや~、重くて地味だけどいい映画でした。 なんといってもヒラリー・スワンクの熱演が光ってましたね。 マ
ミリオンダラー・ベイビー(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
クリント・イーストウッド監督の映画を観てきました。 アカデミーの四部門の賞受賞ほか、さまざまな映画の賞を獲得した作品ですが 見れば「納得」イーストウッド、あんたすごいよ! (って私が言わなくても皆知ってるちゅうの) ヒラリー・スワンクもタフで野心家なのに
ミリオンダラー・ベイビー MILLION DOLLAR BABY (Movie Book Oracle)
ストーリー: 愛に、打たれる。 二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。 それは、深い絆の\"ミリオンダラー・ラブストーリー\" 主な出演者: クリント・イーストウッド Clint Eastwood
ミリオンダラー・ベイビー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:クリント・イーストウッド 原題:Million Dollar Baby キ
ミリオンダラー・ベイビー (~~映画見ちゃいました~~)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン ほか 製作国:アメリカ2004年 日本公開 2005/5/28~ ううむ。 ボクシングの師匠と女ボクサーのサクセスものかなぁと、勝手に思っていたら ラストはこうく
究極のラブストーリー (Addicted to...)
また、公開初日に観て来ました。 「ミリオンダラー・ベイビー」。 実は、3月にアメリカに旅行したときに 観たので今回は2回目でした。 アメリカで観たときも十分感動したんだけれど、 やっぱり全部パーフェクトに 英語を聞き取れたわけではないし、 何度でも観た
『ミリオンダラー・ベイビー』~届かない手紙~ (Swing des Spoutniks)
『ミリオンダラー・ベイビー』   公式サイト    監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン     この作品の前情報と言えば、アカデミー賞4部門受賞、クリント・イーストウッド
ミリオンダラーベイビー (ё俺のブログё)
これはまあまあよかった。 最後の方話が重くなってくるのだが、それまでは淡々とした展開。 いい俳優演じる、いいキャラしとる爺さんのやり取りがよかったかな? 俺的に、イーストウッドの最後の判断はあれでよかったと思う。 しかし現実的に考えたら、俺はできないね。チキ
ミリオンダラー・ベイビー (一期一会  )
苦手な映画というのが2種類ある。一つはアクション映画(SFを除く)、もう一つがスポーツ映画だ。スポ根ものと書いた方がいいかもしれない。練習に練習、苦労に苦労を重ね、最後に勝利のハッピーエンドの「泣かせの法則」が定番となりつつあり、先が読めてしまうのが嫌だっ
ミリオンダラー・ベイビー(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン【公開日】2005/5.28【製作】アメリカ【ストーリー】ジムを経営するトレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)。彼の育てた若いボクサーは、実
ミリオンダラー・ベイビー (【96粒の涙】)
道徳心と戦い、家族に失望し、自分の行動を後悔している人生の大半を終えた老人。 彼の前に現れた女性ボクサーに面くらい拒絶するも、結局は自分の下で育てあげる。 原作『ロープ・バーンズ』を読み、その男を演じたいクリント・イーストウッドが、 映画化しました。オス
ミリオンダラー・ベイビー (ようこそ劇場へ!)
人と人とは、心の虚ろな部分を補い合うかのように求め合うものである。 それによって見失われていた魂が救済されれば幸いである。 ヒラー・スワンクが演じるマギーは、愛を獲得した者と棄てられた者との違いはあるが、フェリーニの『道』でのジュリエッタ・マシーナのように
ミリオンダラー・ベイビー (CINEMA正直れびゅ)
イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。
『ミリオンダラー・ベイビー』 (『世の中みじん斬りblog』)
『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。     イントロダクション 全米中にわき上がる絶賛の声。アカデミー賞2部門に輝く『ミスティック・リバー』から1年、ハリウッドの頂点を極めたクリント・イー
ミリオンダラー・ベイビー (たにぐちまさひろWEBLOG)
貧しい小さな村で生まれたマギー。13歳のときからウェイトレスとして働いていた彼女の夢は女子ボクシングのチャンプになること。31歳になったとき、老舗のボクシングジムの老トレーナー、フランキーの教えを請うため、ジムに出入りするようになるが、フランキーは女性ボ
映画の持つ「力」実感 (微動電信)
ミリオンダラー・ベイビー クリント・イーストウッド ★★★★☆  アカデミーで主要賞独占の映画たるやいかに、と当初は冷めた視線で見始めたものの、久々の見ごたえある感覚に自意識変容、重量感100%の感動作。最初はいくらかコミカル、というよりはいささかたるい流れに
「ミリオンダラー・ベイビー」 (試写会帰りに。)
ヤクルトホール。クリント・イーストウッド監督、主演作「ミリオンダラー・ベイビー」試写会。 アカデミー監督賞、作品賞、主演女優賞、助演男優賞と主要四部門制覇。予告編を見ただけで予想出来てしまうストーリーに、期待はしていなかった。 前半、登場人物三人の人物設定
ミリオンダラー・ベイビー (レインボゥメモリーズ)
2004/アメリカ(133分)監督 クリント・イーストウッド原作 F・X・トゥール出演 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン/■アカデミ-賞作品賞受賞評価:★★★★★/ 05.5.28 劇場この映画の感想ネタバレはしたく無いので何と書いて良い物か
★「ミリオンダラー・ベイビー」 (ひらりん的映画ブログ)
いよいよ公開になりました・・・今年度アカデミー賞主要4部門受賞作品。 ひらりんお得意のレイト・ショウで見ようと思ったけど・・・ ずるいチネチッタ・・平日はレイト設定無し、土曜はヘンな時間設定。 どうしても1800円取りたい作品らしいです。 まっ133分ものだ
ミリオンダラーベィビー (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
クリント・イーストウッド監督 主演 老ボクシングトレーナーの元で成長する女子プロボクサーの 単純なサクセスストーリーでは無かった・・・・ ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン 彼らの演技の素晴らしさ そしてイーストウッドの人間描写 見ごたえのある映画でした
■〔映画雑談Vol.5〕今週末、ダラダラするより『ミリオンダラー・ベイビー』!! (太陽がくれた季節)
***************************************************************** 『ミリオンダラー・ベイビー』盛り上げ企画(^^) ~皆さんの「オイラの(^^)イーストウッド作品」をお教えくださ~い!! ★5/28(土)から劇場公開の『ミリオンダラー・ベイビー』、 本作に関し
■〔映画鑑賞メモVol.1〕『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド) (太陽がくれた季節)
皆さん、こんばんは~ 私め、 昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました! じわりじわり、 映画のあれこれが今甦って来ています。 うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』と
ミリオンダラー・ベイビー (Kaz.Log)
             偶然にも、今日5月31日はクリント・イーストウッドのバースデー。という訳で観てきました、この映画。前作「ミスティック・リバー」を凌ぐヒュ-マン・ドラマであり、またイーストウッド映画においては最高のラブ・ストーリー。丁寧に作られ、
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (seven.blog)
「アビエイター」を破ってオスカー獲得した「ミリオンダラー・ベイビー」 重い重いと評判の「ミスティック・リバー」を借りて来たのに見ないうちに鑑賞。 ヒラリー・スワンクがボクサーの身体になっていくとこはすごすぎ 宣伝等の「衝撃の結末」より前半~中盤のシー
ミリオンダラー・ベイビー (かなり週刊:にっき)
「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。勝手に映画評は、こちらから。 今年の
(劇場)『ミリオンダラー・ベイビー』感想 ((映画)新作DVD発売日情報)
5/28~公開『ミリオンダラー・ベイビー』アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)受賞の話題作。監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンiloffreの満足度=★★★★☆(78...
ミリオンダラー・ベイビー (きままなブログ)
=5/29(日)=「ミリオンダラー・ベイビー」を観に行きました。朝一番だったので空いていて良かった~~。内容的には、粗筋を知ってしまっていたので・・・。それにしてもヒラリー・スワンクのパンチは強そう!かなりトレーニングを積んだのでしょうね!!とある楽器屋
ミリオンダラー・ベイビー ★★★★☆ (えいがんだむ)
娘を求めるトレーナー 家族の愛に恵まれない女子選手 一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる 譲れない物がある ボクシングだけは譲れない これだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない 後半ストーリーは想像もしなかった展開を迎え
ミリオンダラー・ベイビー (外部デバイスへの記録)
公開:アメリカ 公開:2005年5月28日 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン 本当は昨日観ようと思ってたけど、ガンダム事件(?)で予定が狂ったため、本日八王子シネマにて鑑賞。 ストーリーは
ミリオンダラー・ベイビー (アスカ・スタジアム)
私は拳闘はあまり好かぬ。その残忍性が嫌だから。或いは私が菜食人間だからか。肉食主体の欧米では女性のボクシングも盛んらしい。前半はその拳闘場面が多い。が、後半は「これが同じ映画か」と思う程ガラリと変わる。そしてぐいぐいと画面に引き込ませる。 感じたことは、
『ミリオンダラー・ベイビー』 (平凡な日々に終止符を)
こんばんは。泣ける映画は1人でないと観られない、はむこです。 今日は買い物がてら、『ミリオンダラー・ベイビー』観てきました。 本年度のアカデミー賞4部門受賞…なんて話題になっていますが、そんなの抜きにして、とても良い映画でしたよ~(泣) とある口コミサ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (yskのblog)
クリント・イーストウッドは嫌いです。 ついでに、マイケル・ダグラスも嫌いです。 さらに言うと、リチャード・ギアも嫌いです。 なんつーか、この手の「ダンディなおっさん」が苦手で仕方ないです。 一緒の班で修学旅行とかには死んでも行きたくないです。 ヒラリー・スワ
映画【ミリオンダラー・ベイビー】を観ました。 (★BREAK’N DOWN THE TRASH・TALK★)
アカデミー賞の4部門を獲得したこの作品。私も期待せずにはいられない作品でした。 何が凄いって、この作品に対するクリント・イーストウッドの身の捧げようがただ事ではないです。 自ら主演を演じる中で、監督、製作、音楽まで担当したのですから。 映画を観る前は、ボク
気になる映画 (風と語り手プログ)
 今、気になっている映画は「ミリオンダラー・ベイビー」と「姑獲鳥の夏」です。絶対、見に行くぞ! オー[:グー:]   とその前に、レンタルビデオ屋さんで、念願の「ミスティック・リバー」を見なくては!! と思っておりやす。  イーストウッド監督の作品って、
ミリオンダラー・ベイビー(映画館) (ひるめし。)
愛を、教えて。 アカデミー賞受賞作品だから公開2週目にもかかわらず、まずまずの人の入り。久しぶりに両隣に人がいて、ちょっと窮屈だわと思いながら鑑賞~。 まるでマギーのフックをもろ脇腹にくらったような重い、重い映画でやんした。人の栄光と脱落を淡々と描いてた。
人生を考えさせられた! (omapeeprivatenikki)
日頃そんなに自分の人生なんて、考えた事もないが、ふと、このままで良いのかななんて、思ったりすることがある。それは、この世の物とは思えない綺麗な景色をみたり、自分とは違う価値観を持った人に出会ったりと様々だけど、映画を観て思うことなんてめったにない。個人差
『ミリオンダラー・ベイビー』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
ボクシングを題材にした小説やら漫画やらルポルタージュやら映画やらは沢山ある。沢山あるという事はそれを読み解く事に魅力があるからだ。 なぜ魅力があるかと言えば、それは\"不自由\"なものだからだと思う。 サッカーにしてもそうだろうが通常ならかなり難しいだろう脚
『ミリオンダラー・ベイビー』(2005年・53本目) (Bardus Scriptor)
 本年度アカデミー賞で大本命とされていた『アビエイター』を退け,監督賞,作品賞,主演女優賞,助演男優賞の主要4部門を独占した話題作.ボクシングの世界で生きていくことを夢見る女性と彼女をボクサーとして育てる老トレーナーの,心温まる交流と,そして絶望的な悲劇を
ミリオンダラー・ベイビー (日々徒然ゆ~だけ)
 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。  これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合いに
ミリオンダラー・ベイビー (KINOKANAL)
監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,モーガン・フリーマン 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成
ミリオンダラー・ベイビー (酩酊記)
観てきました。ようやく。 前作「ミスティリック・リバー」の時にも感じたんですが、 クリント・イーストウッドのように、人生の成功者で恵まれた人間 なはずなのになぜもこう・・・・深い絶望の中にいるんだろうかと。 前回は「ひどいはなしや・・・いくらなん...
ミリオンダラー・ベイビー (taba-log)
公式HPはコチラ。 公開初日に観に行きました。 吉祥寺の映画館で観たせいか、アカデミー賞関連で散々話題になったいたわりには結構お客さんが少なかったです。 嫌な予感はしていたんです。 これだけ話題になっているにも関わらず、あまりにも詳細が入ってこない。
ミリオンダラー・ベイビー(2004/アメリカ) (+propernoun+)
:::stuff:::監督: クリント・イーストウッド製作: クリント・イース...
じわじわと効いてくる 『ミリオンダラー・ベイビー』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
渋い映画だった。 撮ってる人も演ってる人も渋いからな。 女性ボクサーとトレーナー
ミリオンダラー・ベイビー (I LOVE CINEMA +)
ミリオンダラー・ベイビー F.X.トゥール, 東 理夫 Million Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack] Clint Eastwood, Kyle / Stevens, Michael Eastwood, Lennie Niehaus, Hollywood Studio Symphony Million Dollar Baby 監督:クリント・イーストウ
【ミリオンダラー・ベイビー】 (ただの映画好き日記)
名トレーナーと言われたフランキーのもとへ、女性ボクサー・マギーが「トレーナーになって下さい」とやってに来た。最初は断っていたフランキーだったが、マギーの熱意と垣間見せるセンスの良さに、トレーナーを引き受ける事に。 2人で目指してきた頂点に手が届いたその時・
「バタフライ・エフェクト」と「ミリオンダラー・ベイビー」の共通点 (尋常ならぬ娘のオタクな映画日記)
      以前、語らせていただいた、これらの作品。 「バタフライ・エフェクト」 と 「ミリオンダラー・ベイビー」 どちらも今年の上半期ベスト5に間違いなく入るであろう作品である。 もしかしたら、今年のベスト5にも、そのまま生き残ること
『ミリオンダラー・ベイビー』(\'04/米国) (傍流点景)
 今年のオスカー4部門制覇作品、というのはとりあえず私にとってはどうでもよく。この作品が観たかったのは、女版・明日のジョー、のその後を描いたものらしい、という理由からだった。  真っ白な灰になれなかった矢吹丈(あるいは、丈と闘っては消えたボクサー達)と丹下
ミリオンダラー・ベイビー:ネタバレあり注意(^_^;) (nemoのリセットライフing+αアフィリエイト)
  やっと見れました・・・。 あの胸がキュンとひねりあげられるようなBGMにのせて、年を聞かれ、「31歳よ」と答えるヒラリー・スワンクは、不遇な境遇を背負い、 喫茶店でウェイトレスをしながら、ボクサーになるのだけを願い続ける、おそろしく情熱だけはあるけど
短くても太く生きた女性の話◆『ミリオンダラー・ベイビー』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。 彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで\"ヒーロー\"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分が
ミリオンダラー・ベイビー (Imagination From The Other Side)
年老いたトレーナーと孤独な女性ボクサーの深い絆を描いたヒューマン・ドラマ。 今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞。 ボクシングに全てを賭けるマギーに「ボーイズ・ドント・クライ」でもアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・ス...
ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン) (GoGo Surf !!!)
2005年度アカデミー賞、主要4部門受賞という話題に惹かれシネコンにて鑑賞。 全くストーリーも知らないまま、なんとなく鑑賞という感じだったが、ゆっくりしたテンポで流れる音楽と共に、3人の人生がボクシン
「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい
ミリオンダラーベイビー (M\'s Bar)
今年度アカデミー賞受賞作(?) ミリオンダラーベイビーを見た。 これはこの間銀座で前売り券を安く買ったので 1250円で見られた。 ボクシングのシーンとか ボクシングで怪我して止血するシーンとか いろいろと目を閉じてしまうところがあったけど (どうもそうい
ミリオンダラー・ベイビー☆サスガだね (***minorgang*blog***)
第77回アカデミー賞・作品賞他を獲得した話題作。『ミリオンダラー・ベイビー』見てきました。とても真面目な作品でした。でも、痛いです。ボクシングシーン。いくら、スポーツだからってそんなに殴っちゃイヤだ。みたいな?で、この作品、宣伝されている以上に深く、また...
「ミリオンダラー・ベイビー」に見る絆 (エモーショナル★ライフ)
先日知り合いになったeiga.comからいただいた試写状で アカデミー4部門受賞の「ミリオンダラー・ベイビー」を見てきました。 クリントイーストウッド演じるフランキー・ダンの指導を仰ぐために ジムを訪れた女性ボクサーマギー・フィッツジェラルド(ヒラリー・スワンク)
「ミリオンダラー・ベイビー」 (Caroli-ta Cafe)
昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。公開初日の3回目の上映。混んでるかと思ったらそうでもなく、まぁまぁの入り。下の階で上映中の「コンスタンティン」に比べると、なんとまぁ年齢層が高いこと!やはり74歳の監督作品だけに、観客も“人生のベテラン”な
ミリオンダラー・ベイビー (七月のうさぎ)
MILLION DOLLAR BABY 2004年、アメリカ 監督 : クリント・イーストウッド 出演 : クリント・イーストウッド      ヒラリー・スワンク      モーガン・フリーマン この物語は、 「人と人」とのラブストーリーだ... ――クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビー (Diarydiary!)
《ミリオンダラー・ベイビー》 2004年 アメリカ映画 - 原題 - MILL
Million Dollar Baby (2004)ミリオンダラー・ベイビー (jajaの映画日記)
最後の対戦相手、娼婦上がりで汚い手を使うチャンピオンの「青い熊」を演じたLucia Rijkerは実際にボクサーですね(オランダ系でタイのキックボクシングの経験もありとか)。クレジット見ると彼女がヒラリー・スワンクへのボクシング指導もしてたような…。 あとクレジット
ミリオンダラー・ベイビー (ひとりごと)
※ネタバレに対する配慮は一切しておりません。 正直、この映画がこういった展開を迎えるなんてこれっぽっちも予想してなかった。前半と後半でこれだけ印象が違う映画もなかなかありません。 予想外だったぶん、頭に一発ガツーンとくらったような気分です。 しかし、考え
「ミリオンダラー・ベイビー」 ルシア・ライカやったんか! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
イーストウッドにとっては、「ダーティー・ファイター 燃えよ鉄拳」以来の拳闘映画。 あの頃の相棒、オラウータンのクライドは1/4世紀をかけて、人間になった! 猿顔のヒラリー・スワンクに!! な~んて、冗談はこの映画に似合わないので、止めておこう。 ボク
ミリオンダラー・ベイビー (2004) MILLION DOLLAR BABY 130分 (極私的映画論+α)
 ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちはみんな彼のもとを去ってしまうのだった。そんなある日、31歳になる女性マギーが
ミリオンダラー・ベイビー(2004米) (趣味は映画鑑賞。)
監督:クリント・イーストウッド キャスト:クリント・イーストウッド       ヒラリー・スワンク       モーガン・フリーマン [ストーリー] 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジ
「ミリオンダラー・ベイビー」 (the borderland)
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。 これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。 個人的
「ミリオンダラー・ベイビー」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/クリント・イーストウッド  出演/クリント・イーストウッド       ヒラリー・スワンク       モーガン・フリーマン  オスカーも納得。これしかないでしょう。見終わってそう思った。  「アビエイター」のスコセッシに獲
ミリオンダラー・ベイビー (みかんのかんづめ)
ルールは守らないといけない (ネタバレの部分は反転で隠しています。未見の方気をつけて読んで下さい) ~ストーリー~ 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、 23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ(モー
Million Dollar Baby@影見の転 (一杯のcafedinho)
Million Dollar Baby(ミリオンダラー・ベイビー)/評価:★★★★☆ ミリオンダラーは百万ドル(約一億円)。 ベイビーは気の小さい人、若い女、かわいい奴、恋人、 厄介な役目・責任・仕事、甘やかす、大切に扱う、の意。 ミリオンダラー・ベイビー、ベイビー、ベイビ
絆と命と・・・ (HamaHama)
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的
ミリオンダラー・ベイビー (東京単身赴任者はブロックノイズの夢を見る)
久々に熱いものがこみ上げて来ました でも、映画館で隣に座っていたのが女子だったので涙を我慢してしまった(なんで?) キャッチコピーは 「愛に、打たれる。  二人が命をかけて守った魂は、永遠に輝き続ける。」 対抗してマイコピー 「ボクシングに人生を掛けた
カウンターパンチ一発! (聴いて観ておくんなまし)
映画の日2本目の映画は「ミリオンダラーベイビイ」であります。 この映画はアカデミー賞の話題を独占した映画だけあり、もの凄く骨太でイイ作品でした やっぱりこういったCGなんかに頼らない丁寧に作り込んだ作品が注目されなければダメですよねぇ・・・ この映画ネタ...
映画『ミリオンダラー・ベイビー』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦す
「ミリオンダラー・ベイビー」 (るるる的雑記帳)
「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 非の打ち所がないような、綿密にセリフも選ばれた全く隙のない端正な仕上がりの映画です。端正なと言うと大人しい行儀正しい映画のようですが、むしろその逆で、
ミリオンダラー・ベイビー (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
正直、この映画を観るのが怖かったです。漠然とした、例えようのない怖さが、観る前から付き纏っていました。公開後、ちょっと日数が経った事もあり、こっちゃんの近くのシネコンは、一番小さなスクリーンの上映でした。今日はこの映画の感想を書きたいのですが、どうにもパ
ミリオンダラー・ベイビー (シネクリシェ)
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、\"枯淡の境地\"という言葉があ
ミリオンダラー・ベイビー (シネクリシェ)
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、\"枯淡の境地\"という言葉があ
【映画】ミリオンダラーベイビー (としの備忘録 ~最近物忘れが激しい)
としです。
ミリオンダラー・ベイビー (僕の中の世界)
 『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。  観る前の印象はアカデミー賞で4部門もかっさらっていったトレーナーと女性のボクシング映画くらいにしか思ってなかった。こういう映画を観ると、実際に映画を観なくてはわからないものだなあというのを思い知らされる。  ..
ミリオンダラー・ベイビー ((ほとんど)シネマ日記)
クリント・イーストウッドの映画作りの上手さを見せつける映画でした。人間はパンだけじゃ生きられないということをひどく残酷な方法で表現しています。でも、僕には前半だけで充分だった。 マギー(ヒラリー・スワンク)は生まれたときから貧乏だった。13歳からウエイト
ミリオンダラー・ベイビー (逃源郷)
 本年度アカデミー賞作品賞他主要4部門を受賞した、クリント・イーストウッド監督最新作。 かなり期待していたが、多少的外れされた感じだった。ただ、主役3人の人物描写はかなり緻密で深く掘り下げられているし、ストーリーにも矛盾がなく、丁寧に作られているところは
ミリオンダラー・ベイビー (感想.blog)
●メインスタッフ 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 原作:F・X・トゥール 公式サイト:http://www.md-baby.jp/ 【ストーリー】 フランキー(クリント・イーストウッド)は、ロスのダウンタウンにある小さなボクシングジムのオーナ
ミリオンダラー・ベイビー (lip)
アカデミー賞4部門受賞だけれど、クリント・イーストウッドは貫禄不足? ベストキッド4やギフト、そしてバフィに出演していたヒラリー・スワンクはいいとして、クリント・イーストウッドとモーガン・フリーマンという大御所二人が出演している訳だけれど、熟年の貫禄(笑
☆ミリオンダラーベイビー☆ (【あきらめない人生】)
見ました{/atten/} 「ミリオンダラーベイビー」 深い、深~い映画でした 久しぶりにすご~く泣けた映画ですが 泣きながら何の涙だろうと・・・ 悲しいでもない、悔しいでもない 壮絶な生き方に対する感動かな{/eq_1/} マギーが不幸だとは思えないのは ヒラリー・スワンクの
ミリオンダラー・ベイビー (きまぐれ Live☆Like☆This)
(ネタばれ注意) なんとも 衝撃的 だった やりきれない想いが胸に重くのしかかる しかしそこには静かな感動がある 「アカデミー賞のわけは映画をごらんください」 CMの言葉のイミがようやくわかった マギー は下層出身の白人女性 敏腕トレーナー ・ フランキー
ミリオンダラー・ベイビー (映画の休日。)
本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた作品はいかに。それは期待ではなく、興味から。
映画『ミリオンダラー・ベイビー』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
人気blogランキングへ【この映画について】今年のアカデミー賞の主要4部門を獲得した作品として、そしてクリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」に続く作品として注目度が高かった。監督賞、作品賞、主演女優賞のヒラリー・スワンクは女ボクサーのマギー...
ミリオンダラー・ベイビー 今年の222本目 (猫姫じゃ)
ミリオンダラー・ベイビー ハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。 途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら.
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進みま
ミリオンダラー・ベイビー ・・・・・ (サクっと)
ミリオンダラー・ベイビー アカデミー賞ではいっぱい賞を取った(詳しくは知りません・・・・) 話題の映画 「ミリオンダラー・ベイビー」 なんか前評判が良すぎてどうかとは思ったんだけど やっぱり見たくなって・・・・・
ミリオンダラー・ベイビー (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・スワンク ポニーキャニオン 2005-10-28売り上げランキング : 268Amazonで詳しく見る by G-Tools テーマ的には『海を飛ぶ夢』と似通ったところがあるのですが、あちらはやや情熱的に、こちら.
ミリオンダラー・ベイビー (cinema capsule)
昨年度のアカデミー賞で「アビエイター」を蹴散らして見事!主要4部門を受賞したのが「ミリオンダラー・ベイビー」。観た人の感想が賛否両論だったから、予告編を観ただけで敢えて何の予備知識も仕入れずに鑑賞してみたけど、これがとってもよかった!! ひょっとしてお
映画『ミリオンダラー・ベイビー』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、昨年度のアカデミー賞主要部門をほぼ独占した『ミリオンダラー・ベイビー』です…重い映画でしたね。いろいろ考えさせられましたよね。いただいたコメントもそうい
ミリオンダラー・ベイビー (坂部千尋のsparrow diary)
 やっと{/apple_up/}します{/hiyo_en2/}まず言い訳から入りますが(笑)本当は昨日の夜書いたんだけど投稿直前にエラーで消えちゃったのよ{/kaeru_cry/}その後書き直す気力が無く、サクっと寝ました{/hiyo_z/}  ではでは日記予告してからかなり遅れましたが{/kirakira/}
DVD/ミリオンダラー・ベイビー (IP-Network - Road to IPv6 -)
クリント・イーストウッド監督の最新DVDを見ました。 ミリオンダラー・ベイビーク...
Million Dollar Baby (Kazu\'s CINEMA PARADISE)
久しぶりにいい映画に出会った。恥ずかしいが、久しぶりに泣いてしまった。 クリント・イーストウッドの映画はどうしても好きになれないでいたので、以外である。 今回は昔の彼
Million Dollar Baby (Kazu\'s CINEMA PARADISE)
久しぶりにいい映画に出会った。恥ずかしいが、久しぶりに泣いてしまった。 クリント・イーストウッドの映画はどうしても好きになれないでいたので、以外である。 今回は昔の彼
◆DVD・ミリオンダラー・ベイビー (映画大好き☆)
ミリオンダラー・ベイビー監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド , ヒラリー・スワンク , モーガン・フリーマン 原題 : Million Dollar Baby 製作 : クリント・イーストウッド 脚本 : ポール・ハギス 原 ...
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (make myself just as hard)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国) モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生の意味を確認す ...