こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「ローレライ」

2005-02-28 | MOVIE(JAPAN)
試写会「ローレライ」開映18:30@イイノホール

「ローレライ」2005年 日本
配給=東宝
原作=福井晴敏、監督=樋口真嗣、製作=亀山千広
出演=役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、小野武彦、佐藤隆太、
   ピエール瀧、橋爪功、國村隼、鶴見辰吾、伊武雅刀、上川隆也、堤真一
上映時間=2時間8分


はっきりいって、CGはちゃっちいです。
でも、ローレライの正体のSFチックなところも、バラエティ豊かな出演者たちも魅力的でした。
とくに、私が目を離せなかったのが、粟根まこと。気がつくと目で追ってる(笑)
劇団新感線の舞台に欠かせない彼はいつもヘンチクリンなメガネ男を演じている。自他共に認めるメガネフェチのこまったちゃんとしては、お気に入りになってもいいはずなのに、今まで彼を魅力的だと思ったことはありませんでした。
でも、今日は完全に持ってかれちゃいました。メタルフレーム&軍服がいい!!
超タイプでした。うふっ(*^_^*)
もうひとつ気になってたのはナレーション。これって上川さんだよなぁ・・・、とうっとりしてました。こまったちゃんは上川さんが大好きなのです。
今日は、見た目=粟根さん、声=上川さんで決まりだなと思ってたら
ラストに上川さんが登場。うぎゃぎゃぎゃぎゃ。やっぱり見た目も上川さんにもってかれました(笑)
ちなみに声は堤真一の低音もいいよねぇ。
こまったちゃんは今月は上川さんの舞台もあるので楽しみ♪

で、家に帰ってチラシを見たら「粟根まこと」の名前なし・・・。ひどい・・・。
今日のこまったちゃんはそれに憤慨中。プンスカ。

あ、そういえば仲村トオルもチラッと出てた。彼は昔はどうでもよかったけど、最近好きです。
美しく年を取るって男女問わずすばらしい。彼は成功例だと思う。

今日は妻夫木くんの魅力はあんまり生かされてなかったなぁ。
彼はまっすぐな役も多いけど、悪い役のほうが魅力的。
本作の主演、役所広司と共演したTVドラマ「砦なき者」の彼は最高でした。
田中美佐子と共演したTVドラマ「リミット」の彼も衝撃的で印象的でした。
悪い役やってほしいなぁ。

今日は話があっちこっちにいってますが、男のロマンを感じられる映画で私は好きでした。


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1800(邦画でも映画館で観る価値のある作品)
実際に出したお金            ¥560(往復ハガキ2枚+交通費360円)
2枚とも当たり、1枚は早く仕事の終わるパートさんにあげて席をキープしておいてもらいました。この作戦は大正解でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (50)   トラックバック (116)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TVで映画3作品 | トップ | 試写会「オオカミの誘惑」 »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (hi-chan)
2005-02-28 22:47:25
こんばんは。

仲村トオル出てましたか??どこに?分かりませんでしたー。

妻夫木くんに関しては、私とは逆意見ですね。

私は妻夫木くんは、ふつーの青年役が似合うと思います。

「砦なき者」のブッキーはイマイチ違う感じで…



堤真一さんに、あの眼で、悪役やって欲しいなぁ~
コメントありがとうございました。 (こまったちゃん)
2005-02-28 23:00:46
最初の方でほんとにチラッと。

でも意味ありげな目線をくれてたから、もっと出るんだと思いました。

それっきりでした。

気のせいじゃないと思うんですが・・・。

ネットで調べても分からず、自信なくなってきました・・・。



「砦なき者」の妻夫木くんのチューがエッチぽくってよかったんですよーー(マニア。笑)



堤さんはいっちゃってる役が似合いますよねぇ。んで、声がいい!せくすぃ。

どんどん、いっちゃってほしい(笑)
こんばんは! (aki)
2005-03-01 00:03:01
TBありがとうございました!

こちらからもTBさせていただきます。



上川隆也の声で始まったときに、

「おお!いつ出てくるんだろ?」って思ったら、忘れかけたらストに出てきましたね!



仲村トオルは私も気づきませんでした!

もっと注意深くみてればよかった~

惜しいことした気分です
はじめまして。 (*みゆき*)
2005-03-01 10:23:41
TBさせてもらいました。

私も妻夫木くんは悪い役の方が魅力的だと思ってました☆

しかし私の周りではその意見はあまり受け入れられません
TB、さんきゅです。 (魔女)
2005-03-01 10:40:32
ご意見はそれぞれざんすね。

ごひいきの俳優さんとかもまちまちですもんね。



こちらからもローレライのトラ、連れてきたざんす、^^
コメント&TRありがとうございます (こまったちゃん)
2005-03-01 14:30:10
「ローレライ」人気に驚き。

これは役者さん人気なのかな?



粟根さんネタもお待ちしております。



メガネヲタ仲間も増やしたいので、メガネフェチの方もぜひコメント残してくださいね(笑)
私もメガネフェチ!? (さち)
2005-03-01 20:06:44
TBありがとうございます♪

粟根っちは結構出演シーンあるんですか?

軍服って似合いますよね、きっと。

あぁ、私も見たい~!
さちさま!! (こまったちゃん)
2005-03-01 22:00:25
お仲間?(笑)

そりゃもう大活躍です。

海図に定規を広げるさまなど気絶しそうにステキでした。

ぜひぜひぜひぜひ観て下さいね。

役所広司の後ろの粟根さんから目が離せなくなる!はずです。

うーーーー、もう一回観ようかな。

粟根さんオンリー目線で(笑)



&誰か仲村トオル見た人いませんか?

私の気のせいなのかなぁ?
仲村トオルさん、出てたんですか? (はるか)
2005-03-02 20:34:23
はじめまして!

仲村トオルさんのファンですが、

「ローレライ」に出ていたという

ことは初耳です。

公式HPにもお知らせはなかった

ので、もしほんとに出演されてい

たとしたらびっくりです。

また何かわかったら教えて下さいね。
いやもうほんとなんだかなぁ (こまったちゃん)
2005-03-02 22:14:47
私の記憶違いまたは最近見たTVとごっちゃになっているのかもしれません。

誰も見てないみたいだし、私も仲村トオルさんの公式・非公式HPを調べたのですが、出てません。

明日、一緒に観に行ったパートさんに聞いてみます。

間違いだったら、ほんとごめんなさい。
期待大!! (れい)
2005-03-03 01:41:39
こんばんは。

「ローレライ」は、大変気になるので観に行こうと思ってるんです。

期待大ですね~

TBさせて頂きますね。
むむむむ・・・ (こまったちゃん)
2005-03-04 00:55:57
一緒に観に行ったパートさんに聞きましたが、仲村トオル目撃証言ならず。やっぱり私の気のせいなのかも。みなさん、お騒がせしてごめんなさいm(__)m
粟根さんとは… (りくっち)
2005-03-05 09:31:01
渋い突っ込みすばらしいです。

TBありがとうございました。

この映画「戦争映画」を期待する人には物足りないと(ややもすれば不満かと)思いますが

作ってるメンバー見ればこれがSF手法のファンタジードラマが出来上がるに決まってるんですよね(*^。^*)



中島さんのお陰か劇団新感線ファンはアオドクロ上映を前にして必須の映画になっていますが

(ある意味古田さんはいないけどチャンピオン祭り並)

上川さんはやはりSHIROUのお陰なんでしょうか。



とにもかくにもフジっ子新感線っ子バンザイの映画でよかったです。



ちなみに記事内で上がっている妻夫木君のドラマどちらも野沢尚さんの脚本ですね。

これからやるなら「龍時」をやってほしいです。



それでは長々失礼いたしました~
りくっちさん (こまったちゃん)
2005-03-05 10:30:01
コメントありがとうございます。

私はエンドロールで中島かずきの名前を見て、ほーぉと思いました。八面六臂のご活躍ですね。

アオドクロもアカドクロも観たけど、私はやっぱり古田さんに1票!(選挙じゃないって。笑)

舞台での古田さんってなんであんなにかっこいいんでしょうかねぇ。



しかし「ローレライ」の粟根さんはホントかっこよかったぁ。(*^_^*)
はじめまして! (fire1000)
2005-03-07 22:11:29
こまったちゃん、TBありがとうございました!

☆*:;;;;;:*☆THANK YOU☆*:;;;;;:*♪(#^ー°)v

久しぶりに楽しめた邦画でした。

まだ、『モーツァルトの子守唄』が頭の中で

リフレインしてるようで~す!?
fire1000さま (こまったちゃん)
2005-03-07 22:24:51
めっちゃヒットの見込みだそうですね。

邦画の起爆剤になるかも・・・。

韓国映画に負けるな!って感じかな。

私は韓国映画も好きだけど(笑)
ごめんなさい (chishi)
2005-03-12 03:28:32
栗根さんという方が、どのあたりに出没していたかたかどうしてもわからなくて・・・。

今気になっているのは堤さんの部下の、顔がほとんど隠れてたバイクに乗ってた彼!

誰か彼の情報、教えてください(泣)
粟根さんは (こまったちゃん)
2005-03-12 14:52:18
海図にもの差し引いていた人ですよ。

潜水艦内でずっと写ってたんだけどな(笑)

メタルフレームのメガネの素敵なお方。



んんん?素敵なお方とか言うから分かりにくいのかも。

こまったちゃん、ちょっと変わった審美眼をしているようなので・・・(笑)

この人好きーー。かっこいい!と言ってるのを聞くたびに自信なくすんだよな、とダーリンが言います(笑)
TBありがとうございます! (ニャン坊)
2005-03-13 12:16:00
こちらもTBさせていただきました~♪



やっぱり、あれ、中村トオルだったんですか!

あまりに一瞬しか登場しなかったので、見間違いかと思ってました(笑)。



目撃者あらわる! (こまったちゃん)
2005-03-13 12:20:48
ニャン坊さま



やっぱり見間違いじゃなかったですよね。

もう自信喪失の日々でした(おおげさ)

嬉しい!飛び上がるほど嬉しいとはこういうことか・・・。



コメントまことにありがとうございました。m(__)m
はじめまして (えりりん)
2005-03-13 15:05:47
TBありがとうございます。

あまり、たいしたこと書いてなかったので

こちらからも、TBさせてくださいね。
TBありがとうございます (ぷちてん)
2005-03-13 18:03:29
妻夫木君は、初々しいこういう役がよく似あうというきがしましたね~

でも、その枠役を見たことが無いので、一度見てみたいです♪



戦争の映画としては、残酷な場面を出さずにここまで描くというのが優れているのかもしれないですね。



いらっしゃいませm(__)m (こまったちゃん)
2005-03-13 21:33:09
えりりんさま



えりりんさんのブログは間のとり方といい、言葉の選び方といい、楽しいです。参考にさせてくださいね。





ぷちてんさま



ほとんどが潜水艦内部で進んでいくところが、潜水艦もの初の私としては面白かったです。あとは俳優陣の魅力によるものかな。豪華メンバーですよね~
TBありがとうございます☆ (kazu)
2005-03-13 23:19:32
[砦なきもの]TVドラマ以前に読みましたが、妻武木くんの

キャスティングは意外でした。でも演じてみると結構いけるんですよね。等身大のいい人ばかりより、裏は陰湿な悪人なんていう役もいいかもしれませんね。
kazuさま (こまったちゃん)
2005-03-14 06:11:14
でしょ、でしょーー!!!(^^)!

妻夫木くんは、爽やかな役もいいけど、

悪役を演らせるとダークな魅力がまたいいんですよね。

悪い妻夫木くんがもっと観たいです・・・。
ピエール瀧? (ykimata@goo)
2005-03-14 16:07:41
ネタバレな映画批評は、

役者さん(それも結構マニアックな?)にスポットを当てた感想、

なかなか面白いですね。

個人的には、電気グルーヴのピエール瀧と堤さんに目が行ってました。



また面白い話題がありましたら、

T/Bやコメントをお願いします。

こちらからもT/Bさせていただきます。
ykimata@gooさま (こまったちゃん)
2005-03-14 22:22:03
ピエール瀧さんは確かによかったと思います。

でも今回は、粟根さんに目を奪われている時間が長かったので・・・(笑)



作品の背景や、スタッフ(監督とか美術のことなど)については書く人が多いので、お任せして、私は心置きなくミーハーに徹しています(笑)

アホなことばっかし書いてますが、また遊びにいらしてくださいね♪

TBは私もがんがんつけちゃいますが(反対意見の人には遠慮気味に)、TBもコメントも大歓迎です♪

よろしくお願いいたしまするぅm(__)m
TB有り難うございました (海音)
2005-03-21 22:38:29
 こちらでもTBさせて頂きました。お書きになっている妻夫木君の作品は見ていないです。記憶に留めておきます。私も眼鏡フェチなんですが、その方は分かりませんでした。もっと目をこらしめて見ていたらよかった。上川さんの出番は本当に忘れた頃でしたね。私今度の上川さんの舞台見に行くのです。うふ。前の時には1階の一番前の真ん中で上川さんが動いているのをよだれを垂らしながら見ていました。次回は2階席になってしまった。残念ですぅ。

目をこらさなくても・・・ (こまったちゃん)
2005-03-21 22:55:24
ずっと映ってたんですが・・・。

粟根さん、みんなの目には見えないのぉ??(笑)



上川さんの舞台は何を観に行くのでしょうか?

私は「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー」こそは3列目だったんだけど、「燃えよ剣」も「SHIROH」もかなり後方、「TRUTH」にいたっては後ろから2番目でした・・・。

この映画の観方 (FLUFFY)
2005-03-22 01:14:35
こんばんは。

そうか、そうやって役者を追うという

観方もあったんですね。

私は洋画ではそれをよくやるくせに

そして妻夫木目当てで観たクセに

シビアな目で観てしまった為に

かなり私としては「イマイチ」な映画になってしまいました。

だってCGショボいんだもの。CGっていうより特撮だし。
FLUFFYさま (こまったちゃん)
2005-03-22 06:10:20
CGはほんとびっくりするほどのチャチさでしたねーー。

あれは悲しいものがありました。

でも、せっかくの豪華キャストですから、それを楽しんじゃえばいいのかな・・・と。

試写で観たから、余裕のある目で観られたのかもしれませんが(笑)

1800円払ってたら、逆に1800円という評価ができなかったかもしれません。
TBあ~ざす!! (ゆかす)
2005-03-23 20:55:20
私は試写会で見ました

感想はまあまあが正直なところです。

けど、タダ映画なだけに得した感が少々残る感じです





妻夫木ファンです。

好青年役はしっくりきて好きですが、私も悪役の方が好きです

『リミット』見てファンになったくらいです。

とゆうか、『リミット』って懐かしいですねぇ?
TBありがとうございました! (蛇@評価チャンネル)
2005-03-23 22:49:01
なんか、ときおりCGがものすごくちゃっちいときがあったの気づきました?ほんと瞬きすると見逃すくらいの間だったんですが…。でも全体的にはとてもよかったと思います^^
Unknown (こまったちゃん)
2005-03-23 23:24:45
ゆかすさま

悪役妻夫木くんいいですよね~。

「リミット」のころは、初々しさもありよかったけど

「砦なきもの」は、かなりかっこよかったっす!!

1800円は甘かったかなと我ながら思ったりして(笑)

ま、観た直後の感触なので、多分きっと

粟根さん&上川さんへの思い入れの分、高くなっています(笑)



蛇@評価チャンネルさま

CGについては本文にも書きましたが、しょっぱなから

そのショボさにびっくりいたしました。

いまどきこのレベル!!って感じですな。

でも俳優陣に大きな拍手(パチパチ・・・)

初めまして! (黒猫のみわ)
2005-03-23 23:32:34
トラックバックありがとうございました。



いやぁ~目の保養になった映画でした。

私も上川さん好きです。

残念ながら、生の舞台は観たことがありませんが

来月のスカパーが楽しみです。



また遊びに来てください。

こちらからもトラックバックさせていただきました。

よろしくお願いします。



☆TBありがとうございました! (sati)
2005-03-23 23:39:19
戦争映画なのかSFなのか・・?って説明するのが

難しい映画だったけど・・

たしかに男気とロマンを感じさせてくれたました~ネ!

ラストの上川さんの持っている時計って・・

あれは(上川)妻夫木さんなんでしょうか・・?

じゃ~ラストに☆”パウラ”役のあの妖精のような女の子はどうなったんでしょう・・?って

今も気になっていますけど・・(・ω・ )モニュ?



あの~透き通ったヘイリーの歌声は 今も耳に残ってます。。。

☆TBして頂いてありがとうございました!

上川さん♪ (こまったちゃん)
2005-03-24 00:06:16
黒猫のみわさま

生上川さんも当然素敵ですよ!

機会があったらぜひご覧になることをオススメします♪

また寄らせていただきますね(*^_^*)



satiさま

時計を見て、私は上川さんは妻夫木&パウラの孫とかなのかなぁと思いました。

出演している俳優さんたちの魅力を再認識しました。
TBありがとうございます (ruru)
2005-03-24 01:15:38
なんだかんだいって、役者さん皆いい味だしてましたね。

また遊びに来ます。
ruruさま (こまったちゃん)
2005-03-24 01:20:40
コメントありがとうございました。

私もまた寄らせていただきますm(__)m



「ローレライ」の俳優談義をしていると、きりがないって感じに盛り上りますね。

みなさんの萌えポイントが違うところがまた面白い。
新感線のメンバーが! (エビマヨ丼)
2005-03-26 01:08:49
こんばんわ

この映画、劇団☆新感線のメンバーが結構出てて嬉しかったです("⌒∇⌒")

粟根さん良いですねぇ~☆彡最初から最後まで出てましたし

あの人のあの独特の声好きです
映画は監督しだい (2号です)
2005-03-26 07:32:41
 いかに役者さんを

 使えるか

 使わせるか



 好きな役者さんがでてても

 それが必ず

 好きな映画とはならず



 

 この映画は

 アニメ化への

 序章として見れば

 よきかと

なるほど・・・ (こまったちゃん)
2005-03-26 11:20:17
2号ですさま

好きな役者さんがでててもそれが必ず好きな映画とはならず・・・

まったく、その通りですね。

私にとっての「ローレライ」がそうなのかも。

作品のよさよりも、出演者ひとりひとりのことが心に残ってます。





エビマヨ丼さま

そうですよねぇ。

粟根さんずっと出てましたよね。役所さんの後ろに・・・。

なぜ、みんなには見えないのでしょうか??(笑)

海図に定規をひく姿、りりしいお顔、そしてエビマヨ丼さんもおっしゃってた独特なお声、観てから1ヶ月近くたった今でもありありと思い出せるほどなのになぁ。



ちなみに同行したパートさんですら、粟根さんのことは覚えていないそうです・・・。(~_~)



Unknown (session-movie)
2005-03-26 13:54:22
TBありがとうございました。

粟根まことは1番いいところで良い味出してましたね。

はて、仲村トオルって出てましたっけ?

忍成修吾なら何度か登場したのですが…。

どこに出ていたのだろう?

もう1回観る予定なので、確認してきます。
session-movieさま (こまったちゃん)
2005-03-26 14:16:02
忍足くん出てましたっけ?

なんせ観たのが1ヶ月近く前なので、記憶もアテになりません・・・。



この作品はキャストが豪華で多彩な分、全員を覚えていられないですね・・・(笑)



仲村トオルは最初の方だったと思うのですが・・・。

もう一回観るときにはぜひ探して、レポート下さい。

よろしくお願いしますm(__)m



私もビデオで隅々までキャスト全員探したい!(笑)
集計結果 (chishi)
2005-06-08 11:14:41
何点?アンケートの集計結果が出来上がりましたっ♪

で、いつもならTBでお知らせするんですけど

どうやらこの記事は相性が悪いようで弾かれちゃいました(汗)

最近のgooは、こういうこと多いみたいですな~(T▽T)
chishiさま (こまったちゃん)
2005-06-08 22:18:59
さっそく見てきました♪

いつもありがとうございま~す(^_^)v
Unknown (さちこ)
2006-03-12 00:53:01
仲村トオルさんは出ていませんよ。

エンドロールに名前なかったでしょ?

ご確認くださいませ。
ご指摘ありがとうございます。 (こまったちゃん。)
2006-03-12 20:36:38
ビデオ借りてこなくっちゃ。

DVDよりビデオの方が細部を確認しやすいですよね。

ずいぶん前のことでなんとも言えないんですが、どうして仲村トオルさんを見たと思っちゃったのかは確認したいと思います。

あれだけ気になっていたのに、もうすっかり忘れてました。

おせっかい、まことにありがとうございます。
Unknown (あっしゅ)
2006-08-21 17:22:22
こんにちわ。Aムビのあっしゅです。

この映画は「男たちの大和」の後に観たもんだから

非常に印象が悪かったですねぇ、、、。

この映画は戦死者を馬鹿にしていると思います。

なんだかこういう超能力映画を戦争とダブらせる

なんてなんだか許せませんでした、、、。

俳優も豪華なのに、、、。残念です、、、。
「男たちの大和」 (こまったちゃん。)
2006-08-21 17:51:21
結局、公開中は見逃しました。コノ手合いの映画では一番評判がよかっただけに残念です。



「ローレライ」は俳優萌えに尽きます(笑)

こまったちゃん的には粟根さんに100点、上川さんに125点!

DVD買って粟根さんの軍服に萌えたいです。

そして、ラストの上川さんで悶絶。



超能力ものと戦争ものを組み合わせるのはわたし的にはOK。

でも、リアルさのない映画だったことは間違いないですね。

香椎由宇が血や泥にまみれるくらいのことは、やってほしかったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

116 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ローレライ(試写会) (Movies!!)
「ローレライ」観て来ました。うーん。感想を書くのが難しい… 全体的な感想としては、満足と不満足が混在しているような気持ちです。胸に何か引っかかってるような感じ。 絶対また観たい!!というのともちょっと違うけど、もう1回くらいは観ておかないといけないような気分
ローレライ 評価☆☆★ 2005/2/24 (ムービープレス)
東京への原子爆弾投下を阻止せよ!ハリウッドを凌ぐ潜水艦超大作 広島に落ちた原子爆弾が大戦の終局を告げようとしていた1945年。海軍軍令部の浅倉大佐は、さらなる原爆投下を阻止すべく、最後の作戦を実行に移す。切り札はドイツ軍から接収した戦利潜水艦・伊507。浅倉は長
『ローレライ』 (Diary of Peace☆)
『ローレライ』の試写会に行ってきた{/star/} 戦争で、船の映画って嫌いなんだよね~。 はじめてみた戦争の船映画(タイトルも全く覚えてない・・・)が最悪で。。。 それ以来、そういう系は避けてきた。 でもなんか結構話題になっているし、キャストが豪華だから観にいくこ
試写会『ローレライ』 (明日もい~天気♪)
日曜日の夕方の試写会って初めてでした。 原作は文庫本で4冊もあるというはなし。 しかし、もともと映画化するために書いたという話も。 だったらなぜ4冊も? 第二次世界大戦末期、広島に原爆が落とされた直後に次の原爆投下を阻止するために、急遽出撃した潜水艦
愛するものを・・・ (魔女のつぶやき)
守りたい・・・ 祖国を、彼女を、そして未来をー ローレライの試写会に行って来たざんす。 あんまりこういうジャンル(戦争とか暴力とか・・・)は 好きじゃないので乗り気じゃなかったんだけど。 でも、気が付いたら映画に吸い込まれていたざんす。 そ、キャストがイイ
「ローレライ」の試写会行ってきました。 (フツー人の映画評)
最近、せっせといろいろな試写会に応募していたら、なんと「ローレライ」の試写会に当たったので、今日母と一緒に行ってきました。場所は厚生年金会館。寒風吹きすさぶ中(今日はさぶかった!)御苑の脇を歩いてやっと会場にたどり着いたときはもう開演10分前。まぁ、でも結
気になる映画 (流れる水の色)
次にどの映画を観ようかな~と、あれこれ考えた。 一番気になるのは「ローレライ」かな。 原作は知らないけど、劇場で予告編を見たら気になって・・・。 あとは「ロング・エンゲージメント」。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥ・・・ う~ん、気
#10:ローレライ (試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
いよいよ、明日3月5日(土)公開! 先日試写会にて鑑賞してきました。 この『ローレライ』は、先日観た『Uボート』とは違い、その当時に理想とされていたであろう”日本男児のあるべき姿”が強く描かれていてとてもカッコいい!と思う反面、悲しい時代があったことをストー
『ローレライ』試写会 (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
東京国際フォーラム初上陸!! デカイ!キレイ!!何だコレ!!! 3Fからスクリーンを見下ろす感じで観たんだけど、意外と観やすかった。 あと音響がスゴイね。 流石、世界最高の音響システムで知られるジョージ・ルーカスの スカイウォーカーサウンドによるサウン
#15:ローレライ(試写) ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価 いやぁ~驚きました 日本の映画で潜水艦映画が作られるとは。。。 出だしのタイトルは凝っていて格好イイですよ ラストの戦闘シーンは洋画なみ?セットも非常に良く出来ています 手に汗握る緊張感!音も映像も迫力あります ただ、少し違う...
「ローレライ」 (わるぷるぎすの議事録)
「ローレライ」 2005/03/05公開 というわけで行って来ました、試写会。 結構興奮が後引いてます。 今朝も予告CM観てまた「うるっ」となってしまいました・・・。
ローレライ (EEL BLOGSTYLE)
試写会に行ってきました。大きめのホールでやってたんですけど、着いたら会場の外までずらーっと列が続いていてびっくり。さすが話題作だなあ・・・。肝心の映画の内容なんですが・・・。ん~、私はいまいちでした。潜水艦含め背景がCG(目が悪いのでよく見えたなかったけど
「ローレライ」 妻夫木くん超カッコいい~!私物のお宝グッズ披露中 (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
「ローレライ」 監督:樋口真嗣 原作:福井晴敏 出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、佐藤隆太 妻夫木くん、ホントいい俳優&カッコいい男になったね~。 私が初めて妻夫木くんを知ったのは、確かコカコーラのCMだったかなぁ。 デビュー当
ローレライ[ゆうばり映画祭] (日々徒然ゆ~だけ)
 潜水艦内での男達のドラマッつったら数多ある潜水艦映画の数々を想像するが,まぁまぁ大方,その予想通りの内容。  原作者の世代がモロ被りなだけに,そのインスパイア元バレバレで恥ずかしくなっちゃってねぇ(苦笑)『リターナー』観た時のこそばゆさ以上である。
ローレライ (future world)
試写会なんて何ヶ月ぶりだろう・・・「クラブ・カンテーレ会員限定」の試写会に当選し行ってきた。 試写会お決まりの前説に関西テレビアナウンサーの関純子さんが登場、和やかな雰囲気で始まった。 そして私は知らなかったが、「本日のスペシャルゲスト」という言葉で会
「終戦のローレライ」見てきました (明けましておやすみなさい)
構想4年、ついに映画公開しましたねー。 いや~おもしろかったっす。 <b>オタクがオタクっぽくない映画を作る。</b>
「ローレライ」評 (I N T R O + UptoDate)
今月の注目作に百恵紳之助・佐藤洋笑・仙道勇人による 「ローレライ」のクロスレビューを追加。 「ローレライ」は、「亡国のイージス」で絶賛された作家・穂晴敏と、平成「ガメラ」シリーズで名を馳せた特技監督・樋口真嗣が、映画用のオリジナル・ストーリーを共同で考案し.
ローレライ (うぞきあ の場)
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマト”みたいだ。 絹見真一(役所広司)はブライト(すこし違うけど)。 折笠征人(妻夫木聡)はアムロ。
「ローレライ」 (もじもじ猫日記)
試写会にて。 役所さんだし、妻夫木くんだし なーんて軽い気持ちで行ったら 結構おもしろいのね。 潜水艦のメカや戦闘シーンとかには興味が無くて CGも、ま、こんなもんかな ってカンジでしたが、 役者全員が良かったわー。 思いのほか良かったのは、 ピエール瀧でびっくり
『ローレライ』 (京の昼寝~♪)
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『亡国のイージス』) ■脚本 鈴木智 ■キャスト 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤 真一 1945
『ローレライ』観て来ました。#54 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
2本目は、『ローレライ』です![制作データ] 2004東宝[上映時間] 128分
(映画) 「ローレライ」の感想 (ケータイ絵日記 Rev.A)
http://www.507.jp/index.html終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット 全4巻posted with amazlet at 05.03.01福井 晴敏 講談社 (2005/03/15)売り上げランキング: 17近日発売 予約可Amazon.co.jp で詳細を見る終戦のローレライ (1)posted with amazlet at 05.03.01福井 晴
敢闘賞かな、この調子でいきましょう! (soramove)
「ローレライ」★★★☆(☆ひとつおまけ) 役所広司、妻夫木聡主演 設定が面白い。 ありえそうなストーリーも 見ているこちらに 興味を湧かせることに 成功している。 戦争映画では必ず、 「何のために」戦うのかと 劇中で問うシーンがあるが、 それを家族...
映画:ローレライ (にっき。5)
っつーことで、久しぶりにアイスクリーム買って食ったら、歯にしみた、です。 っつーことで、↓のエントリや以前のエントリで触れたように、今日は「ローレライ」を観に行ってきたわけでございます。 原作については、同一原作者の「亡国のイージス」が良かったので...
『ローレライ』 (Rabiovsky計画)
『ローレライ』公式サイト 監督:樋口真嗣 原作:福井晴敏 出演:役所広司 、妻夫木聡 、柳葉敏郎 、香椎由宇 、石黒賢 2005年/日本/128分 『ローレライ』を見てしまいまいた。この映画は私の好きな小説家の ひとり、福井晴敏が原作を書いているのですが、
ローレライ (欧風)
最近試写会は当たってなかったんですが、自分が出した分は外れたけど、当たっても忙しくて行けない友達(残念でしたね)から貰ったんで、3月5日から公開の「ローレライ」の試写会に行ってきました。 潜水艦の映画は結構好き。なんかあの狭い空間での緊迫感なんかがいい
ローレライ (まつさんの映画伝道師)
第14回 ★★★★(劇場)  エンドロールが始まると、招待客の多くはそそくさと帰り始めた。試写会に応募し参加した人達。恐らく彼らは映画が好きだからこそ会場に足を運んだはずだ。  アート系作品を映画館で見ると気がつくことがある。観客はエンドロールが終
ローレライ (メルブロ(一時停止中))
ローレライ 上映時間 2時間8分 監督 樋口真嗣 出演 役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇 石黒賢 ピエール瀧  久々の映画ブログ。小説が原作の映画。長編小説の映画化はあまり期待できない。分厚い本2冊分をたった2時間の映画にするのは土台無理なことー。果
映画ローレライで思い出す事が・・ (ホームコンじゅく長野東教室のブログです。)
今映画「ローレライ」が話題になっています。 ぜひ見たいと思っています。 敗戦の当時を舞台にした映画で、しかも当時は鈍亀といわれていた潜水艦の事なのです。 粗筋を見たとたんにある本を思い出しました。 敗戦間際に原子爆弾を積んで(もち日本に落とす予定)航行中の重
ローレライ (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
日本が世界に向けて誇れる戦争アクション感動ドラマ大作映画! 二回泣きました。
2回目!『ローレライ』観て来ました。#55. (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
2度目の観賞です。実は自分的にどうも?ラストの終わり方がわからない部分があり、また観に行ってきました。ラストでなぜ潔く桜の花びらのようにお国の為に散るシーンではなかったのか?集中砲火に見舞われながら撃沈もせず深い深海に消えてしまったのか?何度も観かえして
ローレライ(LORELEI) (わかりやすさとストーリー)
●お家芸の演歌モノ●かみあわないアニメ、特撮、VFX、CG、ストーリー。ハリウッド映画と日本アニメとのごった煮。それってなに鍋??
「ローレライ」 (青木英美のニライカナイ)
第二次大戦末期の日本と海底を舞台に描いた数日間の物語。 『今、与えられた仕事をしろ。それが先に逝った者への報いだ』 『友や家族が殺されるのを黙って見過ごすことが出来るのか!最後まで諦めるな』 絹見真一艦長(役所広司)のセリフが印象的でした。 「新世紀エヴァン
娯楽として愉しむのがよいでしょう (瓜実薫のまるで小説のような)
CGがよくない。はっきりと海の上をおもちゃの潜水艦が渡って行くのがみえみえの合成画像。原作は原作として、映画は映画として違った展開にしてみせたのはいい、けれど原作本を読んでいないと説明不足の箇所がちらほら。ようやく(とはいってもまだ公開6日目なのだが)見
映画『ローレライ』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?そしてもし良かったら、どの俳優さんが特に気になったのかも教えていただけるとありがたいのですが・・・是非ご協力ください(^^) ※自分が観に出かけて・・・・・・←後 悔  /  最 高→            
ローレライ 役所氏勝ちで★4 (おえかき上達への道)
ローレライ ★★★★☆ 役所氏最高。 役所さんなら安心してみてられる、と思って身を任せたのが 功を奏したのか、だいぶ感情移入できました。 苦い思想ながらも朝倉(堤)さんもかっこよかったし。 途中、「お国のため」というセリフがあったのですが、 役所さんが出て.
ローレライ ★★★★☆ (◆覇王の書斎◆)
第二次世界大戦の日本終戦間際、広島原爆投下から無条件降伏までの6日間を舞台とし、戦利潜水艦「伊507」が日本首都東京への原爆投下を阻止するために、南太平洋上のテニアン島へ進撃。だがしかし、戦艦に搭載された驚異の「ローレライシステム」をめぐり、事態はより...
ローレライ (Teralinの覚え書き)
これは何と言ってよいやら…殆どアニメだと思って見たほうがいいかも、と思いました。 ローレライとは潜水艦の名前ではなく作戦というかシステムのことなのですが、こんなのあり?とくびを傾げたくなるようなものでした。他の観客の方は知っていたのかしら。 ストーリ
潜水艦映画にもハズレあり 「ローレライ」 (平気の平左 Blogの巻)
ローレライ 評価:35点(期待をかけた分だけ余計にマイナス) 日本映画の潜水艦大作! 役所広司・妻夫木聡・柳葉敏郎・堤真一などの豪華キャスト! 制作費13億円! の割にこれですか・・・ どこかで「潜水艦映画にハズレなし」という言葉を聴いたことがあったので
「ローレライ」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
3月6日日曜日に北日本新聞サービスセンター 映画の集い 『ローレライ』試写会が開かれ、抽選に当たったので独りで淋しくいってきました。 北日本新聞とは富山県で発行されている地方新聞です。富山県、て日本の真ん中あたりなのに何故北日本なのかは不明・・・ 上映前には
映画「ローレライ」 (乙女のたしなみ猫キック)
ようやく人間らしい暮らしが戻ってきました。 書きたいこともたくさんたまっていたので、 これから徐々に更新していくつもりです。 さて、そんなこんなで、今日は映画「ローレライ」」を観に行きました。 (以下、ネタバレちょびっと含む)
ローレライ 妻夫木の罪とは (lunatic\'s 映画評)
ちょっとネタバレに近い物があるかもしれません。ネタバレを好まない人はお読みにならないことを勧めます。 私がここ以外にに書いたローレライ関連の記事です。 03/01「ローレライの予告を見て…」 03/03「伊507って…」 03/06「ローレライ」 03/10「ローレライのフィギュ.
映画と私(6) 『ローレライ』 (駄ブログ)
『ローレライ』について【※ネタバレあります※】 データ:2005年 日本 128min ・監督 樋口真嗣 ・キャスト 役所広司、柳葉敏郎、堤真一、妻夫木聡 他 評価:★★☆☆☆(2点/5点) ・2005/03/07 シアター淵野辺 --------------- 内容紹介: 1945年8月、ドイツ降伏
ローレライ (ネタバレ映画館)
 3月10日、東京大空襲の日に観に行きました。今回は、珍しくあちこちのレビューを読んでから観に行くという反則技をとってしまったのです。すると、アニメオタク、ヤマト、ガンダム、エヴァ、『U-ボート』、『K-19』等々のキーワードを拾うことができました。アニメなんて花
ローレライ観に行きました。 (愛しのボンミイ)
私的には、戦争映画は嫌いな方なのであまり気は進まなかったんですけどね。(´д`) ネタばれはしたくないので、あまり語りませんが感想と言えばアニメ観ている様な感じでしたねえ。 CGをふんだんに使ってたから当然といえばそうなんですが・・・。 それに、登場人物...
ローレライ (2005) 128分 (極私的映画論+α)
 1945年8月。すでに同盟国ドイツは降伏し、米国軍の日本に対する攻撃は激しさを増し、ついには広島に最初の原爆が投下される。窮地に立たされた日本軍はドイツから極秘裏に接収した戦利潜水艦<伊507>に最後の望みを託す。特殊兵器“ローレライ”を搭載する伊507に課せられ
ローレライ (Makoz.Net)
【映画】ローレライ (★★★★★★★★★☆)第二次世界大戦中、東京に発射予定の原爆を阻止しようとするお話。熱い! 熱すぎる!! 男たち(+女1)の戦いだ!!役所広司かっけぇ! ギバちゃんかっけぇ! ピエール瀧かっけぇ!香椎由宇も透明感抜群で可愛いしカッコ
ローレライ・・・・そうか、SFなのか~ (ぷち てんてん)
ローレライ、映画館で見ようかどうしようか悩んでいたのですが、旦那がこの原作を読んだ直後で誘ったら、すぐに乗ってきたので、二人で映画館に行く事にしたのです。原作は「面白かった!」という旦那ですが、「先に原作読んじゃうと、映画は辛くなると思う」と一応忠告し...
★★★「ローレライ」役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇 (こぶたのベイブウ映画日記)
役所広司さんをはじめ、役者が燃えている!柳葉敏郎さんも、情熱的でアッチッチ(笑)。いかにも何か企んでいそうな石黒賢さん、青春って感じの妻夫木くんも良かったです。役者の魅力は楽しめたけど、物語は微妙。漫画みたいで、現実感のない映画でした。緊迫感もないし、人...
ローレライ。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
映画『ローレライ』を観に行ってきました。 本当は観ようかどうしようか迷っていたのですが、ブログを始めて『ローレライ』に期待してる人も案外いることを知ったので、よし、それなら自分も感想の輪に加わるか、と思った次第です。 この手の戦争映画を観ていていつも不思議
ローレライ (花ごよみ)
試写を見ました。    戦争映画は残酷な場面が多くて苦手なんですが この映画は戦争映画のリアリティーを   度外視した様な感じなので、  安心して見ることが出来ました。  その点において評価は分かれるかもしれませんが....  少女のエーッと驚くようなコスチュームも
■読んでから観るか観てから読むか『ローレライ』 (はずれ刑事慎重派パート3)
昔の角川映画のキャッチコピーじゃありませんが、映画ローレライに読んでから行くか悩みした。。。。読むといっても小説ではなくローレライを観たブロガーさん達のBLOGなんですけどね。最近はRSSリーダーでローレライ関連の記事が簡単に読めてしまいますし、昨日なん
伊号第五〇七潜水艦、浮上せよ!~終戦のローレライ~ (MyPersonalLinks+)
徹夜明けに近い状態でみましたが、眠気吹っ飛びました。人それぞれ感じ方が違うのであえてコメントはしませんが、一見の価値はあるとおもいます。 映画『LORELEI ローレライ』製作記者会見レポート公開!!(講談社) http://moura.jp/frames/lorelei/ ローレライ - 公式ページ
「ローレライ」 (NUMB)
「ローレライ」 ★★★☆ (2004年日本) 監督:樋口真嗣 キャスト:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢、小野武彦、佐藤隆太、ピエール瀧、堤真一 原作:福井晴敏「終戦のローレライ」 公式サイト 
ローレライ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
う~ん、イマイチ~。というか、ちょっとガッカリの作品。 第二次世界大戦終戦間近。米国により広島に原子爆弾が投下される。ドイツより接収した最新鋭の潜水艦伊507にて、広島に続く本土への原子爆弾投下を阻止するために出撃するって物語。 役所広司、妻夫木聡、堤真
ローレライ (PICO*THEATRE)
祖国を守るため、彼女を守るしかなかった…これは本当に終戦60周年の作品なのだろうか…。映画を単なる娯楽として消費する物なら、これが海外の作品だったなら「まあ、こんなものか」という程度の作品ではあります。しかしこれを今この情勢の日本で作るのか、公開するのか
ローレライ (It\'s a Wonderful Life)
うーん、数日前に、「ロング・エンゲージメント」のような スケール大きくて深い戦争関連映画を観たからかも判りませんが、 観ながら脳内比較してしまって個人的にはイマイチでした。;; 色んな部分頑張っているのはすごく伝わって来たんですが、、、。 評判はい...
ローレライ (gantakurin\'s シネまだん)
監:樋口真嗣  出:役所広司 妻夫木聡   8.5点  大いなる茶番劇を観せてもらった。面白くなかったのではなく、その逆、非常に面白く楽しめたのだ。日本舞台の戦争もので潜水艦って、どうかなぁ・・・と思いながら観に行った。始まってみると時代は太平洋戦争末
キャッチコピーは【祖国を守るため、彼女を守るしかなかった…】 (ともやの映画万歳!)
本日届いた試写状は、福井晴敏原作の「終戦のローレライ」を樋口真嗣が映像化した「ローレライ」。 主演は役所広司、妻夫木聡、柳葉俊郎、石黒賢、橋爪功、伊武雅刀など。 うわぁ、漢臭そう~! ゾクゾクしちゃいますな。 東京に落とされる3発目の原爆を阻止するために
ローレライ (ともやの映画万歳!)
【2005年・日本】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★☆) 福井晴敏の「第二次世界大戦」「潜水艦」「女の子」という3つのキーワードから作られたプロットを基に、原作小説と映画化と平行して作られた架空戦記映画。 物語の舞台は1945年8月。すでに同盟国ドイツは降伏
ローレライ (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年03月05日 監督:樋口真嗣 原作:福井晴敏 「終戦のローレライ」 出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤真一、石黒賢、ピエール瀧、佐藤隆太、鶴見辰吾 他 製作費12億円もかけ、日本最高の製作チームで作られたと言われているこ
レイトショーで (徒然なるままのくわさん繁盛記 plus)
ローレライを見てきました。 最初から最後までの約2時間 中だるみすることなく突き抜けて見れました。 詳しいことを書くとネタバレになってしまうので止めますが 日本の映画も結構捨てたものではないと 思わせてくれる作品でしたよ。   ローレライシステムラフ
ローレライに、おたく魂、炸裂! (電八郎はアンドロイドの夢を見るか?)
艦長!『ローレライ』、見てきたで、ありまつ!戦争映画ですけどね。「兵隊役の俳優が、坊主頭じゃない」なんてことを気にする人が、たくさんいるのは、おもしろいですね。フィクションとは何か。ってことを考えさせます。梶原一騎が、『巨人の星』を書いていた時、「消え...
「ローレライ」を見て (豚犬殿下blog)
映画を見る時は、まずチケット屋に行き前売り券等を買うのを習慣としています。正規の
ローレライ (海を見ていた)
 日本のSFX技術も凄いところまできたのだなぁって思える反面。それを生かすために
【映画】ピエール瀧ファンの為の『ローレライ』感想 ★★★★★ (あっ!生命線が切れている!)
(完全ネタバレしてますので、映画を観た後に読んで下さい)ピエール瀧に関係のないややまっとうな『ローレライ』感想はこちらさて、我らがピエール瀧!今回は“瀧を見る為だけの映画鑑賞会”でした。称して“瀧正則観賞会”(笑)(瀧正則はピエール瀧の本名)瀧は田口掌砲...
【映画】『ローレライ』★★☆☆☆ハリウッド超大作のカヴァー? (あっ!生命線が切れている!)
戦争エンターテイメントという言葉がぴったりかもしれない。『アルマゲドン』『タイタニック』『パール・ハーバー』などの王道大作ハリウッド映画をいいとこどりして1本にまとめてみたらこんなの出来ちゃったよ!と言う感じ。それが悪いことなんじゃなくて、きっと製作者...
映画「ローレライ」批評に思うこと。 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
 映画「ローレライ」も一般公開からそろそろ一週間になりますが、ご覧になった方々の反応は様々ですね。どちらかといえば、「批判」気味な方が多いようで。(;  賛否両論巻き起こるということは、それだけ大きな「期待」がかけられた映画であった証しでもあります。  ま
映画「ローレライ」観ました。 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
 本日、公開初日から一日遅れて、いま話題の映画「ローレライ」を観てきました。 感想をあえて一言でいえば、「戦場のおとぎ話」ですね。(;  当時、潜水艦に少女が乗艦することはありえないとか、第一次大戦の旧式潜水艦(大口径の砲塔を搭載した潜水艦はフランスで一.
ローレライ (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
あり得ない設定満載!第二次世界大戦終戦間近の潜水艦ドラマ
ローレライ (2005/日) (虫干し映画MEMO)
監督: 樋口真嗣 出演: 役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇  福井晴敏の戦争サスペンスの映画化。  特攻に反対したため臆病者とされ、干されていた海軍の絹見少佐は、中枢の朝倉大佐から広島に次ぐ日本への原爆投下を防ぐためにドイツから来た潜水艦イ507で爆撃
『ローレライ』を鑑賞 (-PARADOX-)
題名:ローレライ 時間:128分 監督:樋口真嗣 出演:役所広司 、妻夫木聡
脚本レビュー「ローレライ」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
2000年夏、に「ローレライ」の原作者、 福井晴敏氏がフジテレビに出かけていったときは、 本人は「亡国のイージス」の映画化の話だと思ったそうですが、 製作の亀山千広(「踊る大捜査線」全シリーズ)、 監督の樋口真嗣(「ガメラ」シリーズ特技監督)らからの要望は、
『ローレライ』試写感想は★3.5((注))ネタばれあり!! (深呼吸の必要)
昨日行ってきました{/hiyo_en2/} ちょっこそネタばれします。 まず感想は、まあまあとゆう感じです。 妻夫木ファン{/heartss_pink/}目線は抜きでです。 ((これ以降ネタばれありなんで気をつけろ~!!)) あれは実話なんだろうか?伝説なんだろうか?
ローレライ (an idealist)
第二次世界大戦の終盤、原爆が投下されてから終戦までの数日の物語 広島、長崎の次は東京に原爆が投下される計画が浮上 潜水艦イ507に乗り込んだ特攻反対主義の艦長がその計画を阻止するために向った ・・・とここまで聞いて、 純粋な本格戦争モノだとワクワク思っ...
映画【ローレライ】 主演:役所広司、妻夫木聡、香椎由宇、etc (評価チャンネル|お笑い/アイドル/映画/コミック/小説)
『ローレライ』は、福井晴敏氏が原作の本『終戦のローレライ(1)』がかなりヒットしているようですね。しかしこの原作『終戦のローレライ(1)』は、福井晴敏氏と樋口真嗣氏(監督)で映像化を前提に考えられた作品であるといいます。これはこれは、なんとも期待してしまい
ローレライ (まったりでいこう~)
作者の福井氏は好きな作家さんのひとりなのでようやく文庫になった原作をとりあえず3巻まで読み進めていましたが、待ちきれず見に行ってきました。 不安を感じていましたが思いの外楽しく見ることができました。潜水艦もので戦時中の話ですが、戦争ものというより日本軍の軍
ローレライ (えんため日記)
ただいま大ヒット中!と言う事で、観てきました。 あらすじ&キャストは、こちら公式HPでご確認を{/hiyos/} 感想ですか・・・??? お金使ってるわぁ~~~ いきなりお下品な発言で・・・すまない{/hiyo_en1/} だってさぁ~お目当ての上川隆也さんの出番! ラストの1シー
ローレライ(劇場) (あいりのCinema cafe)
製作 亀山千広 監督 樋口真嫡嗣 原作 福井晴敏 出演 役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇  
ローレライ (映画のしっぽ)
アメリカの広島・長崎原爆投下による・・ 日本の無条件降伏で終戦を向える1945
ローレライ (- P8 -)
テレビで「観客の7割が男性」と言ってたけど本当にそんな感じ。彼女と来てる男性というより男性同士のグループ(会社の同僚とか)で来てる人が多かったような。年配の方が多かった。『パッチギ』より高めかな。 私は原作は未読で公式ガイドみたいな雑誌を立ち読みした程度で
ローレライよりローレライらしい本… (lunatic\'s 映画評)
コメントを寄せてくださっている、tantanmenさんのブログ「花崗岩のつぶやき」の3月22日に「巡洋艦インディアナポリス撃沈-真実の「ローレライ」」という記事が掲載されています。 映画「ローレライ」が(おもしろかったかどうかは別として)、まるで何かのアニメのようなキ.
久しぶりに映画館で観た♪ (漫画原作者?の雑記帳)
 花粉がぁ~花粉がぁ~    ってな訳で、午前中の打ち合わせが夕方にずれ込んだので、近くの映画館で時間を潰すことにする。  ちょうど、始まりそうだったのが「ローレライ」だったので、金券屋で鑑賞券を買って来て映画館にgo  何か妙に席が埋まってると思った
ローレライ  (月の記憶)
アレキサンダーの2回目を見ようと思ったら、終わってしまっていたのでローレライを見ることになった。 もう一週間も前の話だけど。 大多数の若者の中に、潜水艦ものがお好き と見られる御年配の方もいらっしゃる中での鑑賞。
「ローレライ」 「G3」で勃発した樋口vs金子のケンカ! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
樋口真嗣初監督作品である。 「ミニモニ。 THE(じゃ)ムービー お菓子な大冒険!」のひぐちしんじ監督はアナザーワンということで。 奇しくも「ガメラ3/邪神覚醒」で勃発した、金子修介監督と樋口真嗣特技監督の間で起こった、美少女おたくと特撮おたくの不毛な戦い(このあ
映画『ローレライ』 (EVERSMILE(エバースマイル))
監督:樋口真嗣製作総指揮:島谷能成、関一由、千草宗一郎、大月俊倫原作:福井晴敏脚本:鈴木智音楽:佐藤直紀出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢製作:2005年、日本上映時間:128分『ローレライ』公式サイト『ローレライ』を上映している映画館は?スト
「ローレライ」を見て (豚犬殿下blog)
映画を見る時は、まずチケット屋に行き前売り券等を買うのを習慣としています。正規の
ローレライ(LORELEI) (中高年のための映画案内)
★「生き残る」を合言葉にしたアニメ風な乗物劇です★ありえない設定の数々がこの作品の「売り」となっています。「ありえないよそれ」「うっそぉ!」とワイワイ言いながら楽しむというのが「ローレライ」のひとつの観方です。アニメっぽい世界に生身の人間が迷い込んだみた
ローレライ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
2日続けて映画観に行ってきた。旦那がず~っと観たいと言っていた映画。戦争の話ってちょっと苦手やけど(残虐シーンとかあるから)これは大丈夫。 ローレライシステムの秘密が少女ってぇぇ!Σ(ノ°▽°)ノ 何か凄ない?これやったら無敵やんって思ったけど そう上手...
寸評【ローレライ】 (  ・・つれづれに・・)
見ました 【ローレライ】 良くも 悪くも 日本映画 またまた いろんな 映画の フラッシュバック ・第5の要素 被験者的衣裳  リールーもどき ・黒のスーツはキャシャーン実写でか? ・画的に【聞けワダツミの声】 潜水艦モノとして 沈黙の艦隊@コミッ
ローレライ (oscarmodel 木下真理子のホームページ)
最近よく耳にするようになったので、 今日は早起きをして\"ローレライ\"を見に行ってきました。 潜水艦エンターテイメント超大作! 極限状態を生きた男たちの 「誇り」「命」「希望」を感動的に描く潜水艦エンターテイメント byパンフ 潜水艦の映画って閉ざさ
ローレライ (cinema:LiB)
祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・ 監督:樋口真嗣 出演:役所広司 ...
ローレライ (movie impression)
(英題:LORELEI)  え? これ、そんなにひどい作品だったんか?  と、首を傾げてしまうほど、私的には「アリ」な内容でしたし、こんな大人(絹見艦長のような人)が戦中の日本にいてもおかしくないというか、なんか「親父ぃ!」と叫びながら抱きつきたくなる熱い魂
『ローレライ』映画批評8 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  福井晴敏の戦争アクション小説「終戦のローレライ」の映画化。国産の潜水艦映画です。 私はこの物語の仕掛け(ローレライシステム)を知っていましたので、はじめからSF映画として見ました。でも仕掛けについては早々とネタをバラしてくれましたね。す
ローレライ (Diarydiary!)
《ローレライ》 2004年 日本映画 潜水艦 伊507は原爆投下を阻止できるの
ローレライ (たにぐちまさひろWEBLOG)
広島の原爆投下を受け、独軍から接収した潜水艦“伊507”は、次なる原爆投下阻止のため、原爆を積んだB29が待機するテニアン島へと向かう。 途中、第二の原爆が長崎に投下されたため、海軍司令部の浅倉大佐は、アメリカに寝返り、伊507をに搭載された秘密兵器“ローレライ
ローレライ (impression)
福井晴敏の小説「終戦のローレライ」の映画化作品。 小説とは多少違うらしい。第2次大戦末期、主人公の海軍新兵・折笠征人は、未だ知らされぬ任務のため親友の清永と広島の呉軍港に降り立つ。そこでは、1隻の潜水艦が彼らを待っていた。その潜水艦こそは、戦争の形態を根本
ローレライ (any\'s cinediary)
特撮、CGを駆使し、豪華キャストが繰り広げる、潜水艦アクション大作。 ストーリ
ローレライ (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「期待通り!に激つまんない中盤にかけての展開。終盤に何とか逆転し、それなりに胸に残るものもあるが、そこまでに失ったものが大きすぎたか。」 今日は(今日も?)朝一からユナイテッド・シネマ新潟に行ってきました。もう3月だというのに朝起きたら一面真っ白でしたね。
「 ローレライ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 樋口慎主演 : 役所広司 / 妻夫木聡 /      / 香椎由宇 /  柳葉俊夫 /公式HP:http://www.507.jp/index.html総製作費12億円をかけた空前の潜水艦アクション・アドベンチャー・エンターテインメントですが、12日目の3月16日までにはやくも、...
ローレライ (シネマの実)
【好感度】 45% 愛するものを守りたい.
ローレライ (kikumasamune)
 favotire movie ; 04  これ、そんなにひどい作品だったんか?  と、首を傾げてしまうほど、私的には「アリ」な内容でしたし、こんな大人(絹見艦長のような人)が戦中の日本にいてもおかしくないというか、なんか「親父ぃ!」と叫びながら抱きつきたくなる熱い魂を
映画「ローレライ」 (学生&主婦&プレママのひとりごと)
今日は映画2本立て。 さすがに疲れた。ずっと座ってたからおしりが痛くなってしまった。 ローレライ、おもしろかった。 迫力あったし、全然飽きがこなかった。 突っ込みどころは結構あったけど。 でも日本映画にしてはなかなかやるではないですか。 楽しめました{/hiyob_en
ローレライ (テレビディレクター!!!)
★☆☆☆☆ 「守る」という言葉とナショナリズムの結びつきの気持ち悪さ。 これを戦争映画じゃなくて、恋愛映画だとかいって、 エンターテイメントだと主張して、大規模に見せることのムカムカ。 アメリカの映画で宇宙人がせめてきて、それを全世界の最後の望みをか.
人間魚雷 回天Ⅰ型 (小西製作所) (ミニチュア・コレクション)
最初のその他のコレクションは、人間魚雷  回天Ⅰ型 を紹介したいと思います。 この季節、満開の桜 の花をただ見て、酔っ払いクダをまくのではなく。 日本の将来のために青春を捨て、日本のために亡くなっていった諸先輩達 を、これからは多くの方々に想いだし、
『 ローレライ 』 (やっぱり邦画好き…)
『 ローレライ  』 [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日  本 監 督:樋口真嗣 原 作:福井晴敏 脚 本:鈴木 智 製 作:亀山千広 [ キャスト ] 役所広司 妻夫木聡 柳葉敏郎 香椎由宇 石黒賢 佐藤隆太 ピエール瀧 鶴見辰吾 國村隼 堤真一 小
ローレライ 評価額・1000円 (Blog・キネマ文化論)
●ローレライをTOHOシネマにて鑑賞 広島に落ちた原子爆弾が大戦の終局を告げよう
ローレライ (Rohi-ta_site.com)
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広
ローレライ 今年の174本目 (猫姫じゃ)
ローレライ   はまりますた。 この手の映画、大好きです。   この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。   何で、この時期に、戦争映画??   そ
★「ローレライ」、嗚呼、記憶を消したいぞ!★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「ローレライ」(2005) 日本監督:樋口真嗣  製作:亀山千広  プロデューサー:臼井裕詞 市川南 甘木モリオ  製作総指揮:島谷能成 関一由 千草宗一郎大月俊倫協力プロデューサー:山田健一原作:福井晴敏 『終戦のローレライ』(講談社刊) 脚本:鈴木智撮.
ローレライ (Imagination From The Other Side)
ドイツ軍が開発した特殊兵器「ローレライ・システム」を搭載した日本軍の最新鋭潜水艦とアメリカ海軍の戦いを描いた福井晴敏の「終戦のローレライ」を映画化した作品。 出演は、役所広司、妻夫木聡、堤真一、柳葉敏郎、伊武雅刀、國村隼、鶴見辰吾、ピエール瀧、佐藤隆太...
映画のご紹介(69) ローレライ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(69) ローレライ ローレライを観た。 以前、亡国のイージスの映画評を書いたときに、たくさんの方から「ローレライの方が良かった」というコメントをいただき、ずっと気になっていたが、ようやく
映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思.
ローレライ (Kazu\'s CINEMA PARADISE)
うーん、ラピュタ、マトリックス、アキラにとまだまだたくさんの映画を連想させるストーリにはどこか良い映画の寄せ集め的な部分が目立つが、日本映画、やっとここまできたという感
ローレライ (Kazu\'s)
うーん、ラピュタ、マトリックス、アキラにとまだまだたくさんの映画を連想させるストーリにはどこか良い映画の寄せ集め的な部分が目立つが、日本映画、やっとここまできたという感
パウラ最高のブログ紹介2 (パウラ最高 ~おかえりなさい。綾波レイ~)
   Immortality   ~永遠なるもの~  パウラ・アツコ・エブナー、  漆黒の水密服を装着した君は  鋼鉄の魔女にして、  純白の煙管服に身を包み  伊507のタラップを昇る君は  救国の聖少女、  聖上と日本と僕たちの未来を守り抜き  征 ...