こまちのほっぺ

シベリアン・ハスキーこまちの笑顔が日々の糧!
その笑顔見たさのあれやこれや^^

2016 年の瀬旅行3日目…昔話のような雪景色

2017-02-21 23:14:03 | 旅行記

滞在3日目の朝。

山が近いから景色がダイナミック

 

夜の間に降った雪でわたしたちのコテージはこうなってました。

 

朝食前にドッグランでひとっ走り。←これよ、これ!

朝一番で雪遊びができるのは泊ったからこそ。

実はまたまた深夜、前日よりさらに大きな音がして。。汗(屋根からの落雪とは違う音)

恐怖!未確認野生動物

 

それもこれもこの喜ぶ姿を見るために我慢したんだもん。

こまちん、思いっきり楽しんでおくれ~~~

 

台所の窓から見る雪景色もなかなか。

う~ん、これぞ雪国。

 

こまちんは気になる匂いを堪能(* ̄m ̄) ププッ

朝から台所に入り浸りですよ!

気になって気になって仕方がないよーです。笑

 

昼から再び雪遊び。40mロングリード

 

雪が止まなかった昨日と違って青空。

カメラも使えるし秋田の冬は曇天が多いから青空ってだけで

 

何かの音?気配?に木を見上げ、確認のため動きを止める。

 

だけど「こまちー!」って呼ぶとちゃんと来る…すっごくうれしかった。

集中してても私の声に反応するんだな~

“何かの音”に勝利した飼い主。えへへ←器が小さい

 

この雪を思いっきり楽しんでくれてわたしらも行った甲斐がありましたヨ。

こまちがさほどでもない風情だったらやっぱりガックシだったと思うんだ~

だからホントにありがと、こまち!

いっぱいの笑顔がなによりも嬉しかったよ!

こまち大好きだーーー

 

というわけで年末、こまちから笑顔のご褒美をもらったおかげで

今年もなかなか良い一年だったんじゃないかと思えました

 

わが家はこまちが幸せそうならそれでオケ

帰路岩手県のSA 

 

こうして年末の3日間を家以外で過ごすという初めての試みは終了。

こまちも体調を崩すことなく元気なまま帰宅。

お正月は幼馴染みワンずと恒例の初日の出を見、幸せな新年を迎えたのでした。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 年の瀬旅行2日目午後…雪国

2017-02-09 18:25:53 | 旅行記

本日投稿2本目です。

 

朝食後、家にはないコタツでまったりを楽しんでいると、、

ガビンッ雨だよー

雨だと自然散策路の散歩もできない。

旅の楽しみはこまちとの散歩なんだけどなー

 

窓にぶつかる雨。

 

薄い窓ガラス1枚隔てた外…ではなく、

あちこちにある隙間からぴゅーぴゅー入る外の空気から動物臭でもするのか、

こまちんは熱心にパトロール遊びをしていました。

 

昼ごろから雨が雪に変わり嬉しい事になんと14時にはこんなに!

 

広いの、ここ。

 

普段使いの20mロングリード+今回の為に購入した20mロングリード=40m。

ばびゅんっっっ

こまちが走る。狙い通りでうれしい

あ、もちろん熱心な匂い嗅ぎの後ね(^_-)

 

雪が止まない中、ずっと遊んでました。

それにしてもこの景色…

 

この景色を見て心の中で何度も「うわぁ!」って思った。すごいって。

サカナくんなら「すギョい」だな…とも思った。笑

なにもないすごさ。

ぽつーーんとわたしらだけ。

 

楽しい時間は早く過ぎ、あっという間に夕方。

濡れたリードや帽子、コートを乾かし着替えて休む間もなく夕食の買い出しに。

 

圧倒的な雪景色。

 

窓から鼻を出して過ぎゆく景色と匂いを堪能するこまちん。

 

ご飯食べてお酒飲んで、こまちと ぐはーっとうたた寝。

我ながらええ身分ぢゃのぉ~

 

こまちは楽しげに何度も何度も居間と台所を往復してました。

こまちの大好きなメロン。特別に買ってきたのも一因かな♪

 

台所にいるこまちって新鮮☆

何枚も写真撮っちゃった。

 

朝から雪を満喫。

こうして楽しい一日は更けていったのでした。

 

↓ぐふ 朝のめんこちゃん

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 年の瀬旅行2日目…朝の円盤遊び

2017-02-09 10:07:12 | 旅行記

天井裏の動物が気になりながらも眠った翌朝。

障子を開けるとすきま風が入ってキリリと冷えた縁側(廊下)。

うー寒い寒い。

そんな寒い朝と冷えた縁側がしっくりくるこまち。

いい。 いいよ、こまちん

 

少しだけど雪が積もってたから敷地内のドッグランへGO

この程度の雪だとすぐ融けるからレインコートな!

 

おー喜んどる

 

近づきすぎっめんこちゃん

あんな夜だったけど、こまちがこんなに喜ぶんだもん。

来て良かったーーーーー\(^o^)/

 

爆走を終え、持参の円盤おもちゃで遊ぶことに。

ノーリードだから遠くまで飛ばせるぞ。へへ楽しみだな。

ちなみに家では100%近く成功してるのだ。

 

まずはいつものように近距離から。

・・・まぁ、、いろいろあるよね。笑

 

臭い嗅ぎ散歩にも満足し、われ先に車に飛び乗るこまちが一足遅れたわたしを真正面に見据える。

はいはい、早く帰ってご飯ですね。

 

思った通り朝散歩の間にすっかり融けてしまった雪。

泊ったから雪で遊べたんだな。

そうそう、家周りをチェックしたら動物が外から中に入って行ける箇所がありました。

床下も。。こりゃ今晩も覚悟しないとだな。

 

朝ご飯は自炊。

台所にこまちがいるって新鮮♪ ついでにこまパパも

  

と、午後は天気がまた変わりまして。つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 年の瀬旅行…曲がり家の宿

2017-02-05 22:52:48 | 旅行記

今さら感がすごいな!

すっかりUPが遅くなって…光陰矢のごとし。。こわいこわい

 

年末をゆっくり散歩三昧して過ごしたい!

且つそこに雪があったら最高に喜ぶだろうこまちんは!!

という願いと希望を胸に、昨年9月に宿を予約

 

場所選びで、こまちを喜ばすためにも雪は必須

こまちの体調に変化があった場合、土地勘があったほうがいいだろうと宿は結局秋田に。

年末を家以外で過ごすのはこまちが来てから初めての事。

しかも実家ではない事に特別感があってXmas前からワクワクしてました

 

では、年末旅行へGO。

途中の錦秋湖SA(岩手県)ではすでに雪が♪ 地元では雪まだ

 

雪にその喜びをぶつける。スリスリ

 

雪の時は指を広げて歩くので、超大型犬?って位の足跡を残すんだよー

  

夕方、お宿に到着。ここは母屋の離れでわたしらの貸し切りです。

でも雪が全くない…

 

曲がり家造りの和風コテージ。

明かりが灯ってて雰囲気ありました。

 

 

2家族泊れるように客室2・トイレ3があり、居間・台所・シャワー室は共用。

おっ!畳とコタツが用意してある。

後に聞いた所によると、事前に電話でコタツがあるか問い合わせしたことで用意してくれたそうです

 

曲がり家らしく天井が高い。

だから暖房はエアコンとファンヒーター両方。コタツがあってよかった。

 

食事は自炊か山荘(徒歩10分)のレストラン←犬NG。

当然自炊にしました。

とはいえ今夜の夕食はお寿司屋さんの海鮮丼を買ってきたので台所は使わず。

    

 

持参のmy毛布で寝るこまち。

 

実はこの直前まで、客室天井裏にいる「何か」に反応して尻尾ぶんぶん。

姿は見えないんだけどね。

ガタッと音がして、ハハ―ンこれはどこかの穴から野生動物が出入りしてるな、と。

音の大きさからして猫、ハクビシン、あらいぐま、タヌキ…その辺だと思う。

 

でも大丈夫。調べたけど部屋に入ってこれるような穴や隙はなかったから。

どうか“そっち”の世界にいてくれ。“こっち”の世界には来るなー

 

季節によってはカメムシも発生するらしく…

こまち連れじゃなければ1泊で帰ってた。

寝てる間も急にバタバタ天井裏を走る音がするんだもん。

 

めて明日は雪が降り積もりますように。

そう願って眠りました。つづく

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しいこと続き♪

2017-02-02 23:07:18 | ダバディ

ポーーン。

行けっ!こまちんっ

らぢゃこまっ

どどどどどーーーーー

前足肉球が ちら見え~ププッ ( ̄m ̄*)

 

相手がこまパパだと遠慮なく走れてうれしいね。

わたしとだと全力出してないもん。

……ありがと、こまちん。ええ子や

これからも手加減ヨロシク

 

同じ日。ダバディと散歩だイェイ!

 

ここ歩くの好き。

そーいえば去年ここで蛇を見てびっくりして引き返したことあった。

ちゃんとした大きさの蛇がとぐろ巻いてたの!

 

こまちん、楽しそうですね~

 

お、ここで久々に出ましたよ♪

ではダバディ、ご披露願います。

ぢゃんっ!

どーでしょーか? さすがですね~見事にお困りです

 

ぐるり周って通り抜けます。

沼に白鳥がいてわたしらの気配に近寄って来て、、スーッと横に整列した

さすが、エサを貰い慣れてます。

 

ここでダバこまにおやつ~

 

ちょっと手間取ってるとダバディが自主的に“お手”をします

これ大好きエヘヘ

 

雪もなく快晴で、なんだか春っぽい冬散歩でした

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加