対局日誌

ネット囲碁対局サイトでの、私の棋譜を記録していきます。
全くの初級者がどう成長していくか、見守ってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK杯で鈴木歩プロが初勝利

2009-05-17 22:08:39 | 雑談
鈴木歩プロ…もとい歩様勝ったぁ!
イヤッホゥ!




序盤、ウロ覚えだけれど、
こんな展開になった時、
黒ド必敗やん
と暗澹たる気持ちになったのだけれど、
ここから更に下とのカラミになるという状況から、
あれよあれよという間に逆転。

最後の上辺コウ争いで紛れを求めてきた局面は、
既に歩様、冷静でしたね。
あの勝負手と対応方法、まとめ方は、
自分の実戦にも使えそうで参考なりやした。
少しでもいいから感想戦が観たかったなぁ。

我ながら苦笑してしまうけれど、
こんなにハラハラしながらNHK杯を見たのは初めて。
前々回(4、5年前)に出場したときは知らなかったし、
前回は用事があってビデオ録画で我慢でした
(といいつつ結果がわかってしまって、まだ観ていない気がする…)。

何でこんなに鈴木歩プロを応援するのか、
自分でもよくわかりません(汗)。
最近の碁は手に入る限り結構並べていると思いますが、
攻撃的な棋風という方向性は一致するけれど、
ちょっと薄い感じがして好みとも思えない。
先にあげた図もこういうのは
黒が幸せになれない碁」だと今でも思っています。
高尾先生というよりウックンタイプなんですよね。

だったら
「結局、見た目にやられたんでしょ」
と言われそうだけれど、私のストライクはもう少しゆったりというか、
ホッとさせてくれるようなタイプなんですね(何言ってるんだか)。
カナボーみたいな方がむしろ…と思うのだけれど。

色々考えた末、ふと気がついたのは彼女が
「碁を始めて一番最初にドキリとさせられたプロだということ」
ほら生まれたばかりの雛が最初にみた物体を親だと思う、
刷り込み」ってあるじゃないですか。
アレ(笑)!

きっと師匠のいない私は、
歩様を心の中で「碁の親」だとと思っているに違いない(笑)。
全く何のこっちゃ!?

あと解説者の溝上プロの手の見え方はさすが。
あらゆる局面で溝上プロが推奨する手の方が勝る気がして
対局者よりコミ分ぐらい強いのではないかと唸らされました。
こういった上位陣と戦うには、歩様ももっと強くならないといけませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2次猿十番碁第4局告知 | トップ | 新刊棋書情報「大斜・村正・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日本棋院が囲碁普及のアイディアを問うアンケートを実施 (immoral & stoic ―下心系囲碁普及考察日記―)
日本棋院の会員制度および免状制度についてアンケート KGS7連敗で凹み中の最中、 こちらで存在を知り、 早速回答してきました。 基本的には会員(金を落とすファン)向けのアンケートながら、 「どうしたらもっと囲碁ファンを増やすことができると思いますか?」と言う...