奈良大好き☆お勉強日記

奈良大学文学部文化財歴史学科(通信教育部)卒&奈良まほろばソムリエ検定のソムリエを取得したヒトの色々な勉強の日記です♪

奈良大恐るべし

2017年03月05日 | 奈良大学お勉強日記
すでに旧聞に属するハナシかもしれないけど…。

なんちゃら鑑定団(をい)で「すわ!国宝級のお宝現る!」と紹介された茶碗が、
実はつい最近つくられた偽物なんじゃね?
という『事件』がありましたが。

「それホントなん?」ということで奈良大が一肌脱いだ(?)そうです。

”美術品等の鑑定をおこなうテレビ番組で、“国宝級”と鑑定された茶碗。

その後、「あんなものは真っ赤なニセモノだ」という人たちが現れ、
ネット上では真贋論争が盛んに行われているようです。

この茶碗の所有者から、本当にニセモノだと言っている人たちが言うような
モノなのか調べることができないかとの相談を持ちかけられました。
話を聞く中で、ニセモノだと言っている人たちは実物をまったく見ずに
言っていることを知り、文化財調査の原則である、
自分の目で実物を観ることがないまま真贋を云々することに疑問を感じました。

そこで、本学に設置されている対象を傷つけることなく文化財に含まれる
元素を知ることができる「蛍光X線分析装置」を使って、
ニセモノと主張する人たちが言うような発色させるための
釉薬(うわぐすり)が使われているのかを確認しました。

その結果は、発色の原因と考えられるような元素は検出されず、
赤、青、緑、白(黄)、黒のどの色に見える部分も含まれる元素には
大きな違いがないことが分かりました。

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14882573150769.html

このことで、この茶碗がホンモノであることは証明できませんが、
ニセモノだと言う人達が主張しているようなモノではないことは確実になりました。

文化財学科では、「現地現物主義」という考え方を
大きな柱として日々教育を行っています。

今回の例はほんの一例ですが、文化財の調査に臨む姿勢として、
何かを感じ取っていただければ幸いです。”

(→http://www.nara-u.ac.jp/faculty/let/cultural/news/2017/166)

※いつもは全文コピーはしないんだけど、今回はweb上の文章保存の意味で丸コピしてます。
ということで、以下も丸コピーします>出典も明らかにして。

この話、
発端は、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」

”鑑定番組で新たな曜変天目茶碗か 
テレ東の収録で発見 2016/12/20 22:13

鑑定番組で新たな曜変天目茶碗か 
テレ東の収録で発見
 テレビ東京は20日、鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」の収録で、
世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」とみられる陶器が、
新たに見つかったと発表した。現存する3点はいずれも国宝に指定されている。

 テレビ東京によると、徳島県のラーメン店経営の男性が番組に鑑定を依頼。
大工をしていた男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の
移築を請け負った際、買い受けた骨董品に交ざっていたらしい。
 20日夜に放送された番組で古美術鑑定家の中島誠之助さんが
「曜変天目に間違いない」とし、2500万円の鑑定額を付けた。”

(→http://www.topics.or.jp/worldNews/worldMain/2016/12/2016122001001980.html)

すわ!世紀の大発見!!!か?(東スポ風)
な話でしたが、「あれ偽物ちゃうん?」という声が上がったんだそうで。

「曜変天目茶碗」鑑定 
県人所有品に真贋論争 2017/1/27 14:20

テレビ東京の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、徳島市の50代の男性が所有する
陶器が世界で4点目の「曜変天目茶碗」と鑑定されたことを巡り、真贋論争が沸き起こっている。
一部の専門家は「鑑定は間違い」「どう見ても偽物」と指摘。
テレビ東京側は明確な回答を示しておらず、批判の声も上がっている。

 番組は昨年12月20日に放送された。男性は、曽祖父が徳島ゆかりの
戦国武将・三好長慶の子孫から購入したという陶器を出品し、曜変天目茶碗と鑑定された。

 番組では曜変天目茶碗と鑑定した理由として
▽陶器の高台や口縁部に中国で南宋時代(12~13世紀)に生産された特徴がある
▽高台に室町時代に将軍が使う食器に記された「供御」という文字が彫られている-
などを挙げた。古美術鑑定家の中島誠之助さんは2500万円の鑑定額を付けた。

 これに対し、専門家から異論が出ている。

 親子2代で70年にわたって曜変天目茶碗の再現や研究に取り組む
陶芸家・長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=は、男性所有の陶器は中国で作られる
模倣品と酷似した偽物だと結論付ける。その根拠として、陶器の外側に曜変天目にはない
斑紋があることを挙げ、内側の斑紋の色合いなどから18世紀以降に開発された
化学顔料が使われているとみる。

 沖縄県立芸術大の森達也教授(中国陶磁考古学)は「曜変天目には『供御』の文字が
記されたものは一つもない」と述べ、番組の鑑定結果を否定。
「男性所有の陶器は曜変天目である可能性が低い」と話す。

 一方、三好一族に詳しい四国大の須藤茂樹准教授(日本中近世史)は、
長慶の弟で茶人として知られ、勝瑞(藍住町勝瑞)を拠点とした実休(義賢)や、
一族の宗三(政長)らが曜変天目を所持していたことを文献史料(津田宗達「天王寺屋会記」など)
で確認できると指摘。「真贋については分からないが、三好氏の本拠である徳島に
曜変天目があった可能性はある」と言う。

 テレビ東京と番組の制作会社は徳島新聞の取材に「鑑定結果は番組独自の見解に基づく。
番組の制作過程はお答えできない」と回答した。インターネット上では
「テレビ東京は鑑定の経緯を説明する必要がある」などと、批判的な意見が上がっている。

 男性は「こんな騒動になるとは思わなかった。そっとしておいてほしい」と困惑している。
(→http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/01/2017_14854944555476.html)

で、その後、この男性は奈良大に成分分析を依頼した…と。

徳島市男性の「曜変茶碗」 
化学顔料ほぼ検出されず 2017/2/28 14:10

テレビ東京の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、徳島市の男性が所有する
陶器が世界で4点目の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と
鑑定され、真贋(しんがん)論争が起こっている問題で、
この陶器を奈良大が成分分析した結果、18世紀以降に開発された
化学顔料はほぼ検出されなかったことが27日、分かった。
番組での鑑定結果に異論を唱えていた専門家は、中国の模倣品と斑紋が酷似している
ことを理由に「化学顔料が使われている」と訴えていたが、その主張を覆す結果となった。

 陶器の成分分析は、所有する徳島市の男性(57)が
2月22日に奈良大の魚島純一教授(保存科学)に依頼した。

 魚島教授は、物質に含まれる元素を検出する蛍光X線分析装置を使い、
茶碗表面の色ごとにX線を当て、元素の種類と量を調べた。
その結果、アルミニウムなど10種類の元素が検出されたが、
化学顔料に使われる元素は発色に影響を与えない程度のごくわずかな量しか出なかった。

 魚島教授は「どの色にX線を照射しても、ほぼ同じ成分が検出され、
使われた釉薬(ゆうやく)は1種類とみられる。
この結果が出たことで偽物とは断定できなくなった」と話した。

 分析を依頼した男性は「科学的な根拠が持てて納得できた」と言っている。

 一方、陶器は化学顔料が使われた模倣品だと主張していた曜変天目研究家の
陶芸家・長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=は、今回の分析結果について
「これだけでは真贋は分からない。正確な分析に欠かせない器の洗浄が行われておらず、
分析方法に疑念も残る」と話した。

 沖縄県立芸術大の森達也教授(中国陶磁考古学)は「南宋時代(12~13世紀)の
中国・福建省で作られた陶器の成分と比較するなど、総合的な検証が必要。
今回の調査で本物とは判断できない」と話した。

 番組は昨年12月20日に放送され、男性は、曽祖父が戦国武将・三好長慶の子孫から
購入したという陶器を出品。曜変天目茶碗と鑑定され、専門家から異論が出ていた。
【写真説明】奈良大の装置で成分分析される男性所有の陶器(魚島教授提供)
(→http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14882573150769.html)

ちゅうことで、冒頭の奈良大の発言となったのだわね。

しかし、あの検査結果だけでは、偽物か本物かが決まったわけではない。

曜変天目研究家さんは『これだけでは真贋は分からない』とし、
芸術大の教授は『今回の調査で本物とは判断できない』と話したそうですが、
奈良大的にも『この結果が出たことで偽物とは断定できなくなった』とだけしか言ってない。

「絶対に偽物!」というのではなく、
『「絶対に偽物!」とは言い切れませんよ』という現状。

さ。
お次はどうなるんでしょうか。

しかしすごいなー>奈良大。
「蛍光X線分析装置」なんて持ってんだー(って、私が在校時からあったっけ?)
ブツはブツに語らせてナンボだかんなー。

話変わるけど。
天目茶碗なんてものはわたしの興味外にあるものなのですが。

『大工をしていた男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の
 移築を請け負った際、買い受けた骨董品に交ざっていたらしい。』

うーん。
売った骨董品に混じっていたって…二束三文、十把一絡げで売っちゃったってこと?
骨董品はよくわからないから、まとめ売りしたら、とんでもないものまで入っていたってこと?
そんなんで売り渡してしまった側の人の心境はいかに?(笑)

そして、三好長慶といえば、奈良検定のおべんきょうの途中で出会いましたっけ。

”1560(永禄3)年には、三好長慶(ながよし)の家臣松永久秀が大和に入り、
筒井氏を攻めて大和を平定し、1562年には奈良市街地の北に、多聞山城を築城した。
1567年三好三人衆といわれる長慶の家臣らが筒井順慶と結んで久秀と戦い、
このとき三好三人衆が陣取った東大寺大仏殿が戦火で焼け落ちた。
1568年には織田信長が京都に入り、久秀は一旦信長に従ったが、すぐに反して、
1577(天正5)年に、本拠の信貴山城(三郷町ほか)で滅ぼされた。”
奈良県の歴史散歩 上 奈良北部 奈良県高等学校教科等研究会歴史部会編 山川出版 2007

松永久秀といえば、信長に「平蜘蛛くれたら俺に歯向かったことチャラにしちゃる」
と言われて「やーなこった、お前にくれてやるくらいなら、爆発させちゃうもんね」と
それに火薬を詰めて、有言実行。
カレ自ら木っ端みじんになったとさ、というエピソードを思い出すけど…。
(マジなのか?!とは思っているけど)

そんなこんなで。
その時代の茶器というのは、現代ともまた違った価値があったんでしょうな。
件の茶器の真贋はともかく(とかゆうな)
三好長慶との決着はつけんといかんかなあ…。

いや、じぶん、その時代が苦手なもんだから。
奈良検定の勉強でも、なかなか深入りしてなかったもんだからして。

いやー、なんか奈良大学から宿題出されたような気分やわー。
(最初の話とはかけ離れた結論ですけど)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

にがつがにげる

2017年02月26日 | 色々・モシクハお勉強
一月にあれこれやらねばならぬことをやり遂げて、
ぼーっとしていた二月。
気が付けば月末です。

いやー、二月は普段の月よりも1割ほど少ないから、
「二月は逃げる」といわれるけど、マジそれを感じております。

そうだ、奈良検定の2級と1級も合格通知が発送されてますね。
すっかり忘れておりましたけど。
受験された皆様、首尾はどうでしたか?

今年も1/6終わっちゃったんだなあとしみじみ。
年とると一年が早いっていうけど、ホントそうだわね。

今年度は何を始めようかなあ…と呑気に考えている今日この頃。
あっというまに四月が来るぞ。

別に新しいベンキョウを始める「必要」はないのだけど。
なんか春になると、何かを始めたくなるのは、悪い癖(?)かなあ。
試験は嫌いだが、勉強は好きだ。

とりあえずは「奈良検定お勉強日記」のペースを上げねば…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュズツナギ展覧会

2017年01月28日 | 色々・モシクハお勉強
正月早々、新潟市の「会津八一記念館」に行ってきましたが、
今度は美濃加茂市文化の森でやっていた
モノを蒐(あつ)めるまなざし 早稲田大学會津八一記念博物館蔵のコレクションとともに
を見に行ってきました。

なんで、美濃加茂市で会津八一なのかというと。

”早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業
2007年に、早稲田大学と美濃加茂市は文化交流協定を締結し、
毎年、共催企画を実施しています。
文化交流協定は、美濃加茂市出身で早稲田大学で教鞭を取った坪内逍遙博士、
津田左右吉博士を共通項とし、文化事業について協力し合うこと、
相互発展と地域社会の活性化、学問研究の向上などに寄与することを
目指して締結されました。”

なんですって。
そういえば、そうでしたわね。
八一センセは早稲田の教授だったことがありましたわね。

”早稲田大学には、創立以来の学術研究を物語る膨大な資料が蓄積されています。
そのうち會津八一は、東洋美術史研究や教育のため、
約4,000点に及ぶ実物を蒐集しました。それらは現在、會津コレクションとして
會津八一記念博物館に収蔵されています。また同館には、長年にわたって
研究に携わった人々による様々な分野の貴重な資料や作品が収蔵されています。
また美濃加茂市をフィールドとして地道な調査と記録の蓄積、
資料の蒐集を続けた研究者がおり、それらの成果は
美濃加茂市民ミュージアムに収蔵されています。
本展では、両館が所蔵する貴重な文化遺産(モノ)を通じて、
学術研究に邁進した「蒐集者」の姿や思い、生き様を紹介します。
そして「蒐集者」が注目した社会や文化的背景にも思いを馳せる機会とします。
(主催 早稲田大学文化推進部 美濃加茂市民ミュージアム )”

ちゅうことで、八一センセが収集した「モノ」だけではなく、
他の方の集めた「物」もあって、
八一センセが集めたものは、ごくごく少なかったですが、
その中で興味深いものが出展されていました。

雙柿舎」の扁額…の拓本。

雙柿舎(そうししゃ)は熱海にある、文豪・坪内逍遙の住宅。
その家の門に掲げられた額が、会津八一の手による書を彫ったものなのだな。

坪内センセは八一センセの恩師。
博士論文の審査をして、推挙して下さったのが坪内センセなので、まさに恩師。
そして、坪内センセの出身地は現在の美濃加茂市。
(逍遥センセが生まれた当時は美濃国加茂郡太田村)
ほれ、つながった。

そんな八一センセは熱海の逍遥センセの家に入り浸っていて(をい)、
その家に柿の木が二本あるために「雙柿舎(双柿舎)」と名付けたらしいですけど。
(お宅の内部あちこちはこちらを見られたし

これ、新潟の会津八一記念館でやっていた『会津八一と刻字』
で出ていた『雙柿舎』の額(複製ですけどね)の拓本なのだな。

あら。
こんなところで再会するとは。

その展示の近くに書かれた情報では、

八一はこの額にする文字を書いた紙(彫る前の下書き)に、
・書と空白はこのままにしろ
・バランスを崩してはならぬ
・この通りに彫れ
といった意味を含んだ文章(うろおぼえだ)を、
ゴム印にして(!)ベタベタ押していたそうな。

ああ、ああ、そうそう。
会津八一記念館でもそれ見た。
現物を見たわ。
そして、笑った。大笑い。
誰もいないのをいいことに、ガハガハ笑ってしまいました。

自分の文字バランスを崩すな&このまま彫れという強い意志。
それをわざわざゴム印にして、書をしたためた空白部分に
ベタベタと押して、ものすごい彫り師にプレッシャーを与えたという事実(笑)
それほどまでに、八一センセはこだわりが強い人だったそうです。

まあ、ゲージツカはそういうもんだよね。

会場にあった会津八一の人物紹介の所の写真が、
どーもどこかで見たことがある景色のような気がする。
この写真どこかなあと思って眺めていると、
センセの手元の茶碗には「ものをこそおもへ」と書いてある。
ぴこーん。

おほてら の まろき はしら の つきかげ を 
 つち に ふみ つつ もの を こそ おもへ
』だな。たぶん。

となるとこの写真、唐招提寺だな、きっと。
後ろに写っている建物は入母屋造りだから、講堂かな。
(唐招提寺の現地建物配置はこちらを参考に

なんか新潟→美濃加茂→奈良とつながって、
奈良行きたくなっちゃったぞ(ははは)←毎度まいどのセリフだけど。

でもって、会津→早稲田もつながっちゃったから、
早稲田大学にも行きたくなっちゃったわさ。

こうなったら、いつか早稲田の會津八一記念博物館にも行ってみたいもんです。

ま、私のことだから、近々のうちに行く気がするけど★
八一センセ・数珠つなぎは、こうしてどんどんリンクされていくのであった。

(追記)
美濃加茂文化の森の展覧会は終わってしまいましたが、
2017年2月8日(水)~3月7日(火)の会期で、
早稲田大学26号館大隈記念タワー125記念室にて、
同内容で展示が行われるそうです。詳細は→こちらから。
関東方面の方は、ぜひそちらへどうぞ。(無料です)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は何の日

2017年01月26日 | 色々・モシクハお勉強
本日は文化財防火デーです。
文化財は大切にね。

それとは全然関係ないけど、
本日は宣伝(のみ)です(ってなんじゃいな)

去年というか、先月マレーシアとブルネイに旅行した時の記録、
『マレブル旅行記』がようやく完結しました。
よかったら読んでください。

わたしが奈良以外の所に行くなんて珍しいし、
ましてや海外に行くなんて、この先あるかどうかわからんし。

旅行に行くまでの逡巡も読みたい方は→こちらから。

旅行記だけでええわって方はさくっとこちらから→こちらから

いずれも楽天ブログ(ココじゃないです)
>お遊び関係なので別ブログでやってます。
※ここ「おべんきょうブログ」だし(え?そーだったの?)

どぞよろしゅう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊びに行きたし足は無し

2017年01月14日 | 色々・モシクハお勉強
1月14日が土曜日ということで、
「茅原のとんど@吉祥草寺」とか「鬼走り@念仏堂」とかに行こうかと、
ひそかに思っていた今週はじめ。

ダンナが「今年は奈良行かないの?」
「はあ?」
「いや、いつも今頃奈良行ってるから、今年は行かないのかなと思って」
恐るべしダンナ。
例年の私の行動パターンを把握している。

例年は奈良検定受験記念ウォークってことで、
奈良検定を受けた後、あちこちを歩いていたけど。

今年は私の周辺の人が奈良検定を受験してないので、
記念ウォークは無し。

ただ、土曜日にそれらの行事がぶつかったので、グッドタイミング!
行こうかどうしようか悩んでいたら…。
この土日は大雪の予報!(悲報)
ということで、今年の火&火行事は無しになりました(涙)

奈良は雪降ってますか?
電車止まったらやばいので行けませんでしたけど。
寒いのは何とかなるけど、電車止まるのはかなわんしなあ。

そこでこの週末はおうちにこもってパソコン三昧。
某たまっていた旅行記の写真を整理したり、書き始めたり。

そうそう、このブログの正月記事に写真を追加したりしてました。
(ガラケーに入っていた写真も取り出してupしたし>岐阜大仏

まだまだのんびり正月気分です。
まあ、明日くらいまではいいか>小正月ってことで。

雪は降る~♪
あなたは来ない>奈良へ。

わーん、行きたかったよお~(T_T)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加