てんかん我慢録

30歳で原因不明の夜間発作を起こしてから25年、
紆余曲折のてんかん体験記

ラコサミド増量150mg、ラモトリギン減量100mgに

2017-03-20 23:24:27 | 日記
だいぶ暖かくなってきました。
厚手のコートははもう必要なさそうです。

前回ビムパットを100mgに増量し1ヶ月、発作率25%でした。
安定して(?)ほぼ定期的に発作が起きます。
率は下がりましたが大きい発作が7回のうち4回あり、そのうち一回は近年なかったような特大発作で、何度も叫び、走って洗面所に行き、水を飲んでその後その場にしばらく倒れて動けませんでした。その後もぐったり、朝もやっと起きるようなまずい状況。参りました。

ビムパットを100mgにしたあたりから大きな発作が多くなっています。
なのでビムパットの影響かもしれませんが、ビムパットへの期待もあり、まだそう結論づけたくもありませんし、最近仕事のストレスが大きいのでその影響も考えられます。

2週間ほど前の外来で医師にそのことを伝えた上、
ビムパットを100mgから150mgへ増量、
ラミクタールを200mgより100mgへ減量しました。

その後2週間、やはり発作率は25%くらい。
前回と似たような特大発作も1回ありました。

特大発作は心身ともに堪えます。

ということで次回は早めに外来に行きます。

そういえばラミクタールを減らしたことも関係しているかもしれません。
ラミクタールとビムパットは作用が似ているので、ラミクタールを減らしたわけですが。

現在不安定な状態にあります。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラコサミド100mgに | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL