反転授業実践ブログ

反転授業の取り組みその他を周知させていただきます。

大学院生からの質問

2016-07-11 20:21:59 | 日記
ゲストスピーカーとして授業を行う前に
反転授業についていくつか質問をいただきました。
 ① グループごとに発表や説明が行われていますが、個人の理解をどのように把握されているのか
 ② 全体のシェアや教師の補足は行わないのか
 ③ 生徒の予習による理解を前提としているが、予習を徹底させるために工夫していることは
 ④ 勤務校で教科書を予習させて問題演習する方がおられますが、生徒の評価は微妙です。予習をしている=理解している ではない
   予習をしない生徒にとっては授業で応用すると余計にわからなくなるのではないか

 だいたいこれくらいに集約できますが、これらの問いにはこの春から実施している反転授業第2幕の授業デザインで答えることができました。
しかし言葉だけでは分かりにくく、生徒の動きを見て実感してもらわないと納得感が持てない部分もあったようです。
予習については、全員がきちっと予習をすることはなく、このブログでも書いているように予習を強制しないとできない生徒もいます。
 そうだからといって、今までの一斉授業が効果的だったのかというとそれはそれで疑問で、授業後の演習を生徒に強制しているのと変わらないと思います。
だから付加価値がつけられる授業の方が生徒のためになると考え実践しています。
 7月19日までに予習を仕掛けているのは、できない(しない)生徒にその後、予習をさせるタイミングを設けるためです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨年同様、大学院生対象に講義をしました

2016-07-09 23:18:31 | 日記
 今年も教員を志しているまた現職の教師が学び直すために通っている
ある国立の大学院生を対象にゲストスピーカーとして話をしてきました。
 もちろん、反転授業✖︎協働学習✖︎非認知スキルで変わる数学の学びというものです。

 講義を聞いていた学生には、既存の授業に対する価値観をことごとく壊す内容だったので
刺激が強すぎたかもしれません。現職の先生にも一斉で教えることに固執しない教授法には
素直に肯定的に捉えられないようでした。

 ある参考書のコラムに数学の授業は大きく分けて2つ。
予習型か復習型のいずれかである。復習型が割合として多いと書かれていましたが、
私が取り組んでいる形態は、ズバリハイブリッド予復習型と言えます。
 生徒の時間の使い方がその両方ともに時間をかけるものですから。


      
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期末試験終了

2016-07-08 21:47:13 | 日記
 今回は2次関数全般というとても広い範囲の濃い出題となりました。
少し難しい出題だと思っていたのですが、平均点は60点とまずまずの結果に
生徒がしっかり取り組んでくれたおかげだと思っています。
 ノート作成から演習、そして級友同士の練磨そして見直しといった流れで
しっかり練習量を確保できたことが良かったと思っています。
 期末試験が終了したところですが、7月19日までに第3章図形と計量の予習を
指示しました。2学期中間試験の範囲の始動となります。2学期期末の範囲の数学Ⅱも
この夏休み中に動画配信したいと考えています。

  早い目、早い目の取組みのおかげで、テスト直前で見直しがかけられるタイミングがあり
修正がかけられているのは、反転授業の効果大きな効果です。

 生徒が作成したノートの写真をあげておきます。
今回は期末終了後の家庭学習日なので、最後のページを提出するように指示しています。

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪のある文理学科の先生と北海道から授業見学に来られました

2016-06-26 21:07:17 | 日記
 文理コース5期生が入学してから、初めてジグソー法を利用した授業展開をしました。
今までも学校見学に来られてはいたのですが、従来どおりの授業展開だからと
断っていました。むしろ、生徒には授業デザインを教え組む時期でした。
 これが3年前と大きく異なる点です。3年前は反転授業という言葉に、それだけで
興味を持たれて授業見学に来られ対応していました。しかしその見学者の対応をする前にが、
授業デザインを変化させるにはその背景や思いを伝えることが大切だったと学びました。
約2ヶ月かかりましたがジグソー法を用いた「級友の級友による級友のための練磨」演習は、
3年前とは比較にならないぐらい1年生でここまでできるかというくらい積極的に取り組んでいます。
3年前は私自身授業デザインを探求していたので生徒が悪いのではなく、私の所為です。
 ところでわざわざ北海道から見に来られた先生は、生徒に色々と質問されて作りもののにわか授業ではなく
生徒が学ぼうとしている姿勢に感銘を覚えていただきました。
ぜひ反転授業を利用して生徒の主体的な学びを引き出したいと言って北海道に戻られました。
 大阪の公立のトップ10のある学校の数学の先生は、本校がすでに2次関数を終了していて、生徒がこのレベルまで
教え合っていることに感心されていました。ほぼどの学校でも2次関数の最大値・最小値が期末試験の範囲だと想像します。
この夏に行われる全国模試の範囲も2次関数の最大値最小値までといったところなので、多分その通りだと思います。
本校は、公立のトップ校の併願校で、生徒の半分は高校受験で辛酸を舐めさせらています。
見学に来られた学校を落ちた生徒もクラスにはいましたが、反転授業を利用した授業デザインによって
進度が早いできていることがやる気と自信につながっているようです。

  

 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

級友の級友による級友のための練磨

2016-06-17 22:28:45 | 日記
 新入生が入学してから2ヶ月あまり、やっと協働学習が行うことができる
人間関係ができてきました。まだまだ生徒同士のつながりはこれから構築されていきますが
やっと協働学習が行えるし、前述したように進度もペース良く進んでいるので
十分に協働学習を行える時間的余裕もあります。
 それに今日は大阪府関係の方が20名あまり来られたので、ちょうど始めるのにいい機会と
捉えて、近畿大学附属高校文理コース5期生に生徒には始めてジグソー法✖︎協働学習を行いました。
初めての動きゆえ、動きにスムーズさはまだありませんが、最初にしては積極的に疑問をぶつけ合いながら
学びが深まっていく様子が受け取れました。
 期末試験まであと10時間ぐらい授業ある中で、5時間協働学習に充てようと思っています。
その材料は生徒たちが自作した期末試験対策問題です。これも今年度から取り組み始めたものです。
これを級友の級友による級友のための練磨と名付けました。

 その様子を画像にあげておきます。

          


コメント
この記事をはてなブックマークに追加