反転授業実践ブログ

反転授業の取り組みその他を周知させていただきます。

反転授業✖協働学習で変わる数学の学び

2016-04-20 22:25:47 | 日記
 iBooksに「反転授業✖協働学習で変わる数学の学び」という本をあげています。
これは、この3年間反転授業に取り組んで数学の学びが変化した結果
得られものや変化する経緯・社会的な背景及びラーニングスキルなどを書いています。
新入生に数学の学び方が変えるということをきちんと伝えたく書いたものです。
 新入生には難しい言葉も多いですが、とにかく一斉授業からの脱却と
協働学習の有効性を説いています。中学まで当たり前と思っていた一斉授業の授業形式が
それだけではないということ伝える一つのツールと考えています。

 iBooksが読める環境のある方は是非一度見てください。

 https://itunes.apple.com/jp/book/fan-zhuan-shou-ye-xie-dong/id1053353343?mt=13

  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

授業が始まりました

2016-04-14 22:39:52 | 日記
 入学式も終わって、反転授業第2幕が始まりました。
まずは、春休みの課題として数学機Aともに第1章の予習を
課題にしました。
ただし、ネット環境が整っていないご家庭もあるだろうから
全員が予習をしてくることは想定していませんでした。
わかっていても予習をしない生徒もいることも織り込み済みでした。
その結果、45人ベースのクラスで、クラスの差はあるものの4人・8人・17人の生徒が
予習を怠っていました。
しかし、7割以上の生徒が入学前にすでに予習をしてくれていたようで、
授業が始まった今週はスムーズに授業が進みました。
たった3回の授業で、数学気楼数分解まで終了しました。
予習を行うことが大切だと感じてくれた生徒と
いままで教えてもらってからが学習の始まりと考えていた生徒の考え方に
そうではないという考えを持ってもらう良い期間になりました。

 ところで解説動画についてある数学教師から、解説動画を見たが教科書通り読んでいるだけだからあれでは
生徒全員がわからないのではないかと言われました。
全くその通りだと思いますが、授業時間の使い方が演習を中心に行えるところで生徒が理解しにくいまたはわからないところを
克服できる時間になっているところまでは考えてもらえませんでした。

 3年前の反転授業第1幕と異なり、授業の進み方を変えることに対する理論づけがしっかりできていることと、
学習に対するマインドセットに時間をかけていても教科書の進度を進ませることにつながっていると思います。
普通の授業形態で行っておられる先生はまだ展開が終わったところのようで、すでに2時間の差ができています。
 
 授業時間20%の活用として、教科書・問題集以外の数学(非定形問題)にも取り組みたいと考えています。
またいずれ報告したいと思います。
この3年で反転授業の考え方が広まったのと同時に知識伝達方法の仕方の幅ができたことで順調にスタートできていると
感じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度始動開始 

2016-04-01 22:28:10 | 日記
 新年度の開始にあたり、高校1年生の担当が決まりました。
また頑張ろうと気合が入りました。

 さて専願で合格した生徒は合格発表から2ヶ月、併願で入学が決まった生徒でも3週間、
例年ならば課題も何もない期間を過ごして入学式を迎えていましたが、
今年の新入生にはすでに作成した反転授業の解説動画を用いて
入学式までに数学I・Aのそれぞれ第1章の予習を課題に出しました。
 それに伴い内容について何件か問い合わせがあり、入学前から直接生徒と電話やメールでやり取りができたことは
すでに学びを始めている生徒がいることがわかり、私自身頑張っている新入生の声が聞けて大変喜んでいます。
 例年、中学までと大きく異なり、課題の多さと授業早さにめげる生徒もいますが、この入学前の休暇中に
数学の予習をかけることでスムーズに高校の学びに入っていける生徒が多くなると考えています。
 どこの学校でも同じだと思いますが、高校1年生の1学期の学習習慣が学力をつける上ですごく大切で
このジョイント部分のスムーズな移行は高校からの入学生の課題になっています。
 
 授業が始まっていないので、今はe-learningですが、授業が始まれば反転授業第2幕の始まりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学入試結果について

2016-03-25 22:44:15 | 日記
後期の国公立大学の入試の発表も終わってすべての結果が出ました。
反転授業を行ってものすごく成果が出たと報告したいところですが、
大きく入試に反映したという感じはありません。
具体的には、昨年より98名のクラスで9名の国公立大学合格数に対して
反転授業組は42名でのべ18名の合格者数ということです。
ただし、数学だけで入試結果が決まるものでもないので、一概に反転授業がどうのこうのという判断はできないと思います。

感覚としては、教え込まなくても生徒は理解するし、教壇からしっかりわかりやすく教授をすることが数学の教育だと思っていたいましたが、それ以外にも学びの形はあることが実感できました。

卒業に際し、卒業生から私に色々とメッセージをいただきました。

反転授業大変でしたが私はよかったと思います。反転授業の普及頑張ってください。
反転授業やジグソー法による協働学習は大変だったけど、自分のためになったと思います。
数学は苦手でしたが、この授業のおかげで少しは頑張れた気がします。
高校に入学して、慣れない環境の中、反転授業という新しい授業スタイルに数学が苦手な私には大変でした。
けれど演習の量をこなせられたことで理解できるようになりました。ずっと苦手にしていた数学が大学受験の時に
大きく足を引っ張らなかったのはこの授業スタイルでおかがだと思っています。いろいろな仕掛けをしてくださったことに感謝しています。
反転授業より先生の授業をしてあげてください。評判のいい授業受けたかったな。

生徒からの最後のメッセージなので、サービスも含めて前向きかつ応援してくれるメッセージが多かったですが
最後に書いたメッセージのように授業をして欲しかったというコメントもいただきました。
この4月から行う反転授業第2章は、生徒たちが取り組む反転授業✖協働学習と私が行う講義の比率を考えながら
取り組みます。この3年はほぼ100対0と言っても過言でなかった比率でした。

2013年から反転授業に取り組んだことで、この4月から反転授業第2幕に自信を持って取り組むことができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反転授業研究会に新たな動き

2016-03-14 22:59:28 | 日記
 先日、反転授業を行っているメンバーで集まってこれからの取り組みの話をしました。
この3年間で、反転授業を実践される先生も少しずつ増え、英語数学そして理科と広がりを感じています。
〇〇サプリとかスマート〇〇と言った業者による配信講義も3年前には皆無だったものが
爆発的に増えています。
 学びが変わる。この方向性はさらに加速すると思います。
だから、今までの教室という空間で、何をどのようにするのかが問われるようになると思います。

 反転授業研究会の副会長だった大場彦史先生が3年の人事交流期間を終了して福岡に戻られます。
新たに福岡支部長として当研究会に関わっていただく予定です。
また新たに、附属高等学校で実践している教員が当研究会の運営に関わってくれる予定です。
 決まり次第周知いたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加