Planet MACARON MURATA プラネット・マカロン・ムラタ

マカロン星人 叢田 一範 地球での活動報告

秋のタルト

2016-09-19 | ケーキ
季節のタルトは黄桃が終わり
イチジクのタルトに
ファーブルトンも
スタンダードのプラムから
和栗タイプへ移り変わっております。



この記事をはてなブックマークに追加

ファサードリニューアルから2年

2016-09-16 | ファサード
ファサードを新しくして2年が過ぎて
良い具合に寂れてきたけれど



遠い目的があって何百年も
寂れない部分も作ってある。
それは

いつだったか?
誰からだったか?
人は亡くなってから
30年の時を経て
前世の記憶を消して生まれ変わるという
話を聞いた。

拙い僕でも
生まれ変れるのなら
そして
また君たちと
2000年も繰り返して
一緒にやりなおせるなら

少しは気がすむのかもしれないと思って。。。
何年もの永きにわたって
劣化する心配がない
陶磁器タイルに
シンボルマークを焼き付けて
壁画にしたの。。。



記憶がなくても
何かでこの絵をみて
懐かしいとか
好きだという
フィーリング湧いてくれば
またここで逢えるでしょう。

そしてまた
皆んなで続の人生を始められるでしょう。

でもね
2年前は良いアイディアだと思ったのだけれど
もうそういう事には満足している自分がいて
だからこれは自分じゃない他の誰かのために
作ったんだろか?ともう一度自分に問いかけたら

何をするでもなくとも
どこかの時に
一緒にいたい人たちと
再会する為の目印だった事に気付いたよ⭐️

そんな気持ちの人がやってるお店
世の中に一軒くらいあってもいいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

泉ヶ岳vol.8

2016-09-06 | 山系

本来であれば心身の健康のために毎週登りたいところですが
天候やら用事やらタイミングが合わずに
一ヶ月ぶりの山ですが。

残暑が厳しいので涼しい標高の高い山に登りたいところだけれど
天気が不安定で全滅 かろうじて ホームの泉ヶ岳は午前中勝負なら
曇りでなんとかいけそうな予報を信じて家を出る。


実際に登りだしたら暑いやら湿度は高いやら蚊は多いやらで
大変なことです。
かいた汗は蒸発せずにそのまま服にとどまり熱が体にこもる状態
山は25度予報だったのにまさかの30度超え
一番避けたいパターン

マダムはちょっと熱射病気味

水分取りながらゆっくり下山

下りは風が吹いてきて若干気持ちが良いかな!

汗に湿ったウエアーに風が当たり気化熱で涼しい。風があると違います。

無理して笑顔


登りの時に今までにないくらい蚊にたかられて
ミントスプレーも全く効き目なしで全身50か所以上刺されました
虫刺されに強い体質なのですぐにひくとは思うけれど
こんなに刺されたのは初めて。


下山後は水分をたっぷり補給して温泉です。
ポカリは水で割って半分くらいの濃度にすると一番吸収が良くなるので覚えておくと良いです。

 

帰宅後映画を見に行き終了

「君の名は。」すごく良い映画。

恋愛的な視点で広い間口で観れるので若い子供たちが見て面白く

観終わると意識がシフトしていきます。

古今和歌集の歌がモチーフで

のっけから人間の身体と魂は別個に存在することが前提で始まり

転生する魂とソールメイト、もう一人の自分 

不思議な雰囲気を持った映画だなあと思いました

さらに音楽の詩が映像を超える部分があったりと 

世界観が 万華鏡のように移ろうので

つかみどころが危うくて

また見たくなる素晴らしい作り。

上映中もう一度は見に行くと思います。 



ストーリーとは別だけれど

冒頭の隕石がいくつもの欠片に分かれながら

地球に降り注ぐシーンを見た途端に

頬をサラサラとした涙が 流れ出し

それは映画の8割くらいまで続きました。

降り注ぐ光を見て

別れる欠片を見て

自分の魂もいくつもに分かれながら

人の体に宿って生まれてきたような感覚

分かれた欠片とはまた会えるのだろうか? 

出発点を、みんなを、思い出したいというような 

ことを思わせてくれた懐かしくって切ない映像だった。 






この記事をはてなブックマークに追加

葡萄のショートケーキ

2016-09-03 | ケーキ
本日より
葡萄のショートケーキが
ブティックに並びます。

皮と実間にある最も味の濃い
紫色の部分をできるだけ残して
フレッシュコンポートにした
大粒の葡萄を
たわわに盛りつけた
季節のショートケーキ秋バージョン

Facebookより
季節のショートケーキシリーズは
単純にカステラ&生クリームの土台に
季節のフルーツの"刺身"を乗せた
言わばケーキのお寿司のようなもの

フルーツは しめ鯖のように
さっと下処理したり そのままだったり
表面に塗ったツヤ出しのジュレの本当の役目は
バニラや複数の柑橘の抽出液で出来ていて
主役の風味を更に引き上げるドレッシングのような存在

ほぼ生のフルーツサラダのような状態で食べ進んで最後にサイドに着けたパイの塩気とコクで終わらせる

ベースの考え方は和食とドイツ系菓子の融合

職人の我などを一切入れないで
食べる人に想いを馳せ
家族の団欒を彩る事を夢見て作ったレシピ

日本のフルーツは生で単体で食べるために品種改良されていて
その完成されたフルーツを
それ以上の満足感で季節感を感じながら
食べてもらうために季節々でシリーズ化

ピュアでクリアーでノンアルコールな味は
子供に正確な味覚を育み
幅広い年齢に好まれる軽い味わいなので
決して家族の団欒を壊す事がない

この菓子は集う人達の好みを超えて
誰もが笑顔にさせるという
店舗コンセプトの原点のような
ショートケーキ

年間のバリエーションは
マンゴー、白桃、葡萄、柿、モンブランと
季節毎に移り変わる。
このほかにお祝い用のデコレーションケーキも
同じ考えで作られています。

この記事をはてなブックマークに追加

夏季休暇

2016-08-15 | ケーキ

この記事をはてなブックマークに追加