サッカー狂映画監督 中村和彦のブログ

映画「アイ・コンタクト」DVD発売中!
サッカー・映画・手話、各障害者サッカーにまつわる話もUPしていきます

APOカップ大会2日目

2013年01月24日 | 電動車椅子サッカー

大会2日目の第1試合は、チームジャパンvsオーストラリアグリーン。
先発は、東、中野、塩入、北沢選手。
前半3分(くらい)、ジャパンがゴール正面でFKのチャンスを得る。キッカーは中野選手。GKがはじいたところを塩入選手がつめて先制。2人のコンビネーションが光った得点であった。
18分に同点に追いつかれたものの、前半終了間際、右サイドからのFKに交代出場の竹田選手がうまくニアで合わせて2対1と勝ち越す。アシストは中野選手。
後半は両チーム得点なく、ジャパンが2勝目を飾り勝ち点を6にのばした。

第2試合は、チーム・ニッポンvsオーストラリア・ゴールド。
ニッポンの先発は、三上、木下、中井、佐藤選手。
ニッポンがオーストラリアの攻撃をしのぎきり0ー0のスコアレスドロー。大会初の勝ち点1を得た。

日本のチーム同士の対戦となった第3試合は、後半セットプレーから黒沢選手がゴールを決め、チームニッポンが先制!ニッポンがそのまま逃げ切るかと思われたが、ジャパンの塩入選手が同点ゴールを決め引き分けた。
両チームは、合宿で何度も対戦しているが、ジャパンチームの全勝。ニッポンチームがオーストラリアで初勝利をあげるかと思われたが、ジャパンが意地で引き分けに持ち込んだ。

大会2日目を終了して、ジャパンチームが勝ち点7で首位、2位は勝ち点6でオーストラリアグリーン。3位は勝ち点2のニッポンチーム、4位に勝ち点1のオーストラリアゴールド。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電動車椅子サッカーの国際大... | トップ | 電動車椅子サッカーの国際大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。