ケイさん語録

あっち行ったり、こっち来たり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・支那人の使うお金/人民元紙幣は糞まみれで世界一不潔で穢いお札である、細菌18万個。鈔票経過衆人手傳

2007-08-06 00:07:41 | 中国
上のPhotoは支那人民元紙幣一元の現在のデザイン(第五版)。

最も穢い商いを得意とする支那人の使う紙幣は世界一不潔である。
大便をした後、老若男女ともに手を洗う習慣が無い支那人が触れたお札は
糞まみれ
(支那大陸の便所には手洗い水道が配管されていない、有っても水が出ないか蛇口が盗まれているので使用不能である)。
支那大陸では経口食品は無論、お札に触るときもご注意!

日本人って・・・
笑っていいとも! 細菌まみれの中国人民元紙幣!

引用リンク;
・人民幣是全球最脏鈔票 3/15/2007 9:36:42 AM (大紀元/簡体字)。
・【大紀元3月15日讯】 (大紀元2007年3月15日報道)。
鈔票経過衆人手傳,充満了細菌。
(紙幣は多くの人々の手を経るので細菌が満ち満ちている)。
・有調査显示,人民幣是全世界最肮脏的鈔票,一張鈔票有多達近18万種細菌,而部処ヘ小額紙幣毎張更含細菌3,700万只。
(ある調査が明らかにしたところでは、中国の人民元紙幣は世界で最も穢い紙幣であり、一枚の紙幣には細菌が多くて18万種近くにも達し、しかも二種類の小額紙幣には一枚あたりもっと多くの細菌が含まれていて3千700万個にもなる)。

以下、中日対訳文は割愛。
(ある政府協議会の代表が二度の会議期間中に提示した議案は、人民元紙幣を定期的に消毒することを奨めるというものである)。

(広州日報の報道によると、3月14日、件の二度の会議の下部組織会議において、广東省代表のラ・テンチャン女史は『流通している人民元がとても穢いということは国家のイメージに影響を及ぼす』という議案を提出し代表たちに共感を惹き起こした)。

(彼女は、広州の空気は比較的湿潤であるために人民元紙幣の不潔な情況は北京に比べて深刻であり、大量の細菌を撒き散らしていると説明した)。

(別のある代表ホウ・レンキもあるデータを引用し、人口が最も多い中国では紙幣の細菌が多くて18万個にも達していて、疑いの余地の無いことは全世界の紙幣のなかで最も不潔な国である。併せてトルコの大学医学院が発表した出納員に対して行った調査でも明らかになったことは、貯蓄係の肝炎の感染率
は他の人々に比べて最も高くて6倍にも達していると指摘した)。


(彼は紙幣の消毒システムを構築して紙幣の流通による細菌の伝播を減らし、人民の紙幣使用時の細菌感染の可能性を低減することを提案した)。

(以前にもメディアが報道したところでは、香港大学細菌研究センターの実験で香港・中国大陸・インド・パキスタン・カンボジャ・フィリピン・北鮮などこのアジア七カ国の紙幣で、中国人民元紙幣が最も多くの細菌を含んでいて、その数は17万8千個にも達し、穢さ第二番目の香港・カンボジャの紙幣と
比べても16万個も多く付着していることが発見された)。


(報道によると、中国の関係部門で以前北京・上海・重慶・広州・南京・大連から集めた500枚近くの人民元紙幣から大量の大腸菌・B型肝炎ヴァイラス・連鎖球菌・真菌・サルモネラ菌など十種を超える菌が発見されたとがある)。

(ある医者は、大腸菌は糞便に含まれていて支那人たちが大便の後に手をよく洗わず糞便が付着したままの手でお札に触れるから細菌まみれになってしまうんだと明かした)。

(紙幣に付着している細菌は一角紙幣には大腸菌・変形桿菌・ブドウ球菌が、二角紙幣には大腸菌・真菌が、五角紙幣には大腸菌・連鎖球菌が、十元紙幣にはサルモネラ菌などがある)。
http://www.epochtimes.com/gb/7/3/15/n1646570.htm

中日対訳文はこちらに保管;
・タイトル同名 (ケイさん中文語録)。


1994年1月1日からついに兌換券(外国人専用通貨)が廃止された。
当時、以前から度々廃止の噂が流れたが一向に無くなる気配が無かったものである。

上の写真は兌換券:100 Foreign Exchange Certificate Noteの表と裏。

かつて支那大陸では、外国人はこの種の“兌換券(Foreign Exchange Certificate)”しか使用が許されなかった。外国人が支那人民専用の“人民幣(RMB)”を使用すると当局に通報され逮捕されることもあった。逆に支那人民は外国製品を購入するとき以外は“兌換券”を使用することを禁止されていた。完璧なまでの二重通貨制度が施行されていたのである。
1US$=3.7~4.0FEC=130~140JPY。
1FEC=1.8~1.9RMB。
(1990年の前後数年間交換率実績)

簡単にいうと外国人は支那人民の二倍近くの料金を払っていたことになる。
街で売っている全ての商品・交通宿泊機関・公文書費用などの表示価格は同一でも使用する貨幣の値打ちが二倍近くの開きがあったのである。外国人は更に外国人料金という特別割り増しを払わされる事態が多数あった。
例えば天安門入場料は二倍、列車・長距離バスなども約二倍。更にひどいのは宿泊施設・飛行機などは支那人民価格と外国人価格を故意に数割も高く設定されていることが多かった。二重どころか三重四重苦を嘗めさせられていたのである。一種の詐偽である。


早い話が支那の共産党政府と支那人民がぐるになって完璧なボッタクリをしていたことになり、現在でもその精神は全く変わっていない。支那はそのくらい丸ごと貧しい国であったし、今でも因縁をつけてはゆすり・たかりをする精神は旺盛である。

----
政協:zheng4xie2:“中国人民政治協商会議”の略形。日本の“経団連”もどきの類。
・羅天嬋:Luo2 Tian1chan2:人名。ラ テンセン。“罗”の繁体字が羅。
・彭序カ基:Peng2 Lin2ji1:ホウ リンキ。
病毒:bing4du2:Virus。ヴァイラス。
大腸杆菌:da4chang2gan3jun1:大腸菌。
・鏈球菌:lian4qiu2jun1:連鎖球菌
・链球菌属 (Wikipedia/簡体字)。
・黴菌:mei2jun1:ばい菌。真菌
・沙門氏菌:sha1men2shi4jun1:サルモネラ菌
角/a>:jiao3:中国の貨幣単位のひとつ。口語では“毛/mao2”という。
十分で一角。十角で一元(圓)(約16JPY / 2007年実績)。一元は百分。
一元(圓)=十角(毛)=百分。
----
・人民元 中国人民銀行発行の中国の法定貨幣 (Wikipedia/日語)。
・人民幣 (Wikipedia/簡体字Photo有り)。
・中国 紙幣(人民元)部会にようこそ (旅行のとも、ZenTech HP。Photo多数)。

初稿:2007年03月。
改定:2007年07月。
対訳負責人:kay Japan。
お暇つぶしになりましたら・・・☆BlogRanking☆ ← ここをクリックよろしく
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加