ナレーター大島榎奈の反省会。

関西を中心に活動しているフリーアナウンサー・ナレーター
大島榎奈が日々のお仕事について語ります。多分。

【業務連絡】

2017-05-25 00:11:29 | Weblog

美保さん届きました

ありがとうございました^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せのかたち

2017-05-24 00:23:28 | Weblog

さて、久しぶりにスケート関連ではないブログを書こうと思います。

 

先日仕事でいただいた原稿

奥さんを亡くした男性について

「10年前に妻と死別。不幸のどん底をさまよった」

とあった。

その文言が私の心には引っかかった。

「妻と死別」した人は世の中にたくさんいる。

それを「不幸のどん底」と感じている人も確かにいるだろうが

「人が亡くなるのは自然なこと」と受け止めることで悲しむ心をせき止めている人もきっといる。

妻を亡くして一人で暮らしているすべての男性に対しテレビが

「10年前に妻と死別した人=不幸のどん底」と放送をすることは

ものすごく思いやりのないことのように感じたのだ。

そういう「レッテル貼り」のようなことはしてあげてほしくないな、、と。

 

数年前、女優の大原麗子さんが自宅で一人で亡くなった。

その時テレビは一斉に「孤独死」=「不幸な人」「かわいそうな人」という報道をしたが、

果たしてそうなのだろうか?とずっと違和感を持っていた。

大原麗子さんは発見されるまで少し時間がかかった、、それはとても残念だった。

でもその何日かは不幸だったとしても

1年の残りの三百数日は一人で気ままに暮らしていたのかもしれない。

周りに迷惑もかけていらしたようだが

ご本人は案外気楽で幸せだったのかもしれない(そうであってほしい)と思うのだ。

 

さだまさしさんの「向い風」という曲に

「幸せのかたちくらい私に決めさせて」という歌詞がある。

まさに「幸せ」だったか、「不幸」だったかは自分だけが決められる。

他人に勝手に自分の価値観だけで決めつけられるのは

迷惑以外の何物でもないだろう。

 

さて、くだんのその原稿

結局

「『不幸のどん底をさまよった』という」

と、その男性の感覚であることを示唆する文言となった。

「という」を加えただけのささいな変更。

しかしその内容はかなり変わった。

実は

私の父も数年前に妻を亡くして一人で懸命に暮らしている。

本心は寂しいに違いないが、私たちにはあまりそのことを口にしない。

私はその父に、テレビを通して

「あなたは『不幸のどん底』ですよ」と言いたくなかっただけなのかもしれないが。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティモシーコレト選手へのバースデーカード(ギフト)を送ります♪

2017-05-11 18:37:49 | Weblog

このブログをさかのぼっていただけるとご覧いただけるのですが

もう5年ぐらい前から個人的にティモシーコレトくんにバースデーカードとギフトを送っています。

6月17日がティムくんのお誕生日なのですが(注:日本のウィキペディアは6月1日となっていますが間違いです!)

今年もお送りしようと思います!

ご本人にお送りすることの許可を得ていますので

もし一緒にカードなどを送らせていただける方がいらっしゃいましたら

〒579-8799
大阪府東大阪市鷹殿町19ー7 枚岡郵便局留め

大島榎奈 宛

にお送りいただけましたら

まとめて送らせていただきまーす(^^♪

(もちろん自分で送りたい!という方は送ってあげてくださいね!

その際はイタリアは郵便事情が悪いのでご注意ください^^)

送っていただく際のご注意点を・・

必ず中身の内容とグラム数を書いた紙を添付してください。

送り状に書かなければならないので間違いがないように正確に書いてください。

(間違いがあると届かなかったり返送されてしまうことになります)

ギフトをお送りいただく場合の注意点としましては

重すぎるものは×(500グラム以内で)

スプレー缶、香水、アルコール、バッテリーのある電化製品はダメです。

送っていただいたあとコメント欄かツイッターでご連絡いただけると

お引き取りがスムーズに行えます。

締切は5月31日とさせていただきます。

去年のギフトはティムくんがペリスコで生中継してくれました!→こちら

日本のきれいなカードだけでも喜んでいただけるので

ぜひぜひお待ちしています^^

Kana

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メッセージブック届きました~♪

2017-05-08 19:29:40 | Weblog

宮原知子選手へのメッセージブック
たくさんご参加いただきありがとうございました!

先週末ご自宅にお送りし
ご本人のもとに届きましたのでご報告いたします。

お母さまからは
「皆様の熱い熱い愛をひしひしと感じ、感動致しております!」とのメッセージをいただき
知子ちゃんからは
「皆様へ 順調に練習を再開いたしました!
皆様のお言葉を力に頑張ります!ありがとうございます」
とのお礼の言葉をいただきました!

順調に練習を再開できて本当によかったですね!
皆様のたくさんの想いを届けさせていただきありがとうございました^^
The message book for SATOKO 2016-17 メッセージブックから動画を作りましたので
ご確認くださいね~。

音楽もちょっと編集してみて
知子ちゃんの昨季のフリーは既成の音楽ではなくオリジナル編集が施されているところに
振付のディクソンさんの思い入れを改めて感じます。

来季のプログラムも本当に楽しみですね!!!!

今シーズンもさまざまなご協力ありがとうございました!
来季はもっともっとたくさん
知子ちゃんの素晴らしいスケートが見られますように♥

※せおりさん、したくさんコメントありがとうございました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティムくんメッセージ とざっくり訳

2017-05-02 02:08:07 | Weblog
小松原・コレト組のティムコレトくんがツイッターで長文をアップされましたので
訳してみようと思います。



 最近、昨年のことを振り返っていて、心から分かち合いたいことがいくつかありました。
恒例の帰省のために長時間苦労するパッキングを始めたとき、
自分のフライトがミラノに越してきた日からちょうど1年であることに気づいて苦笑していました。
私の人生はその時以来ずっと目まぐるしく変わってきました。
 イタリアで飛行機から降り立ったとき、私は自分のスケート人生における最後の希望の1本の糸を握りしめていました。
ここ数年の、内面的、外面的、両方の挫折の経験は、私を弱気と諦めの境地へと導いていました。
私は初めて、スケートをやめ、大好きなスポーツ以外の人生を送ろうという気持ちに折り合いをつけていました。
イタリアへの移動はまさに最後の道のりだったのです。
完全に未知の世界へと崖を飛び降りる、未知の領域への恐ろしいフリーフォールでした。

そして今は飛び降りたことを本当によかったと思っています。
私が完全に見捨てられたと感じていた時、チャンスをくれ、信頼してくれたコーチに本当に感謝しています。
僕自身でさえまだ見つけていない何かを僕の中に見つけてくれた美里によって支えてもらい、愛してもらいました。
それらの出来事に私は涙が出るほど感謝しています。
それは、自分は地球上で一番ラッキーな人間だと感じた瞬間でした。

なぜか諦める寸前のところで、信じてくれた一人のひとが、
僕が大好きで20年近くの日々をささげてきたスポーツに戻る機会を与えてくれました。
これまでのスケート人生の中でこんなに幸せだったことはありません。
現在のようにインスピレーションを得てモチベーションが上がったことはないでしょう。
バーバラが僕の手を取って「あなたが辞めなかったのはとても嬉しいことよ」と言ってくれたとき以上に
感謝し気持ちが通じたことはこれまで本当にありませんでした。

このスポーツは体力的にもハードで、精神的にも負担になります。それは残酷といってもいいほどです。
そして非常に若い時から「勝つ」ということが他の何よりも重要だと教えています。
しかし、自分自身鑑みると、そこには別の側面があると思うのです。
人間としての経験を共有する側面、弱い気持ちと愛の側面。 犠牲と献身と美しさといった一面。
まだそれを学んでいないリンクの子供たちにやさしくしてあげてください。
大きなお金とプレッシャーがとても若い年齢の多くの子たちにかかりますが、
それを理解できるようになるまでにはしばらく時間がかかることがよくあるのです。
お互いを敬意と理解をもって尊重すれば、私たちはスポーツの未来に、より安全な環境を提供することができるのです。

私は、できる限りのスケートし、それはあなたへのお返しとなり、
そしてあなたが周りに何かを与えるといった出会いが広がってとても幸せです。
私は、支えてくれ愛してくれる人々の腕に落ち、人生の中の最も暗い時期から生きて帰ってきたことがとても幸せです。
パフォーマンスが勝利以上に意味があることを知るチャンスを得ることができたのは本当に幸せです。

僕のスケートはまさに始まったばかり、セカンドライフ、セカンドチャンス、
そして「猫には九つの命がある」ということわざのように、やっと生きる準備ができたような気がします。
表現したいことはいっぱいある、見せたいものもいっぱいある、そして、みんなと共有したいものはいっぱいあるのです。
僕を支えてくれてありがとう。
より高みを目指して前進あるのみ!

*****

すいません、英語力がないのでたぶん変な訳になっているところがあると思います。
お気づきの方はこっそりコメント欄で教えてください^^;

ティムくん、素晴らしいパートナーやチームに恵まれて本当によかったね。
お楽しみはまだまだこれからだぜ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【承り確認用】 5月4日更新 ※最終

2017-04-16 00:12:20 | Weblog
5月4日更新
眞由美さん・麻子さん・恭子さん
多佳子さん・智子さん
受け取りました。
ありがとうございました!

私にまで切手やギフト・カードなどいただいた方
ありがとうございました^^

沢山のご参加本当にありがとうございました。

********

5月1日更新
きらさん・直子さん・哲さん・真理子さん
直子さん・いつみさん・敦子さん・彩里さん
美喜さん・咲恵さん・絵美さん・あゆみさん
じゅんこさん・祐子さん・里華子さん・路子さん
承りました!
ありがとうございました~♪


4月27日更新
まーにゃさん・わかさん・香織さん・加奈子さん
百合子さん・代志子さん・身和さん・順花さん
恭世さん・りえさん・直美さん・伸枝さん・陽子さん
承りました!
ありがとうございました

********

4月20日更新
・喜久子さん ・美佐子さん ・美保さん ・史恵さん
届きました。ありがとうございました!

******
・那智さん ・奈穂さん 届きました。
・せおりさん ・したくさん 承りました。
ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮原知子選手へのメッセージブック参加者募集します

2017-04-10 13:25:48 | Weblog
今季はけがのため少し早めにシーズンが終わってしまいましたが
来シーズンに向け体の回復に努めている宮原知子選手に今年もメッセージブックを贈ります。
これは2012-2013シーズンから贈っているもので 当時は20人程度だったので色紙にしていましたが
一昨年から色紙には収まりきらずアルバムに収めて贈っています。
昨年のアルバムはこちら To Satoko from fans 2015-2016
今季もアルバムにおまとめした後、宮原選手のご自宅に直接お送りします。
知子ちゃんが引退したのち選手生活を振り返るときファンからのメッセージが1冊にまとまっていたら
見やすいかなぁと思っています。
たくさんの皆さまのご参加お待ちしています。

締め切りました。
今季も沢山のご参加ありがとうございました!



今季は残念ながら早くシーズンが終わってしまいましたが
GPF銀メダル、全日本3連覇と内容は素晴らしいものでした。
来季の五輪シーズンに向け
明るく前向きなメッセージをお送りできればと思います。
たくさんのご参加をお待ちしております

Kana Oshima


 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック観戦あれこれ

2017-02-09 15:17:03 | Weblog
さて、最近告知ブログと化しているこちらですが、
ツイッターばかりで済ましていると自分自身の文章構成能力が格段に落ちていることに危機感を覚えたため
今年はブログも更新していこうかと思います^^

いよいよ平昌オリンピックまであと1年となりましたね!
私はこれまで、北京、バンクーバー、ロンドン、ソチと
自力でオリンピック観戦してきました。

その中で気づいたことなどを少し綴っていきたいと思います!

オリンピックで治安などを気にされる方も多いと思うのですが
それはあまり心配はありません。
何故かというとオリンピック期間というのはそれぞれの国がその国の威信をかけて
全ての対策をやってきます。
注目が集まっているだけに何かあるとイメージが著しくダウンします。
なので普段の旅行より治安は格段に良くなっていると思っていいですよ^^

しかしオリンピックというイベントの中では短い滞在でもその国のおかれている状況やカラーがとてもよくわかります。

まず2008年北京。
そのころの中国は今ほど経済発展を遂げているわけでもなく
まさにこれから!といったところでした。
それだけにボランティアには若い学生たちが多く、またみんなエネルギーに満ちあふれていて
とにかく「熱い!」という感じでした。
しかしいたるところで改装工事が間に合っておらず
街のあちこちに美しいビルや街並みが描かれたビニールシートで覆われている一角が!
見えているところだけとにかくきれいに仕上げろ!という中国のお国柄がうかがえました。
また国民のマナーが問題になり始めたのも北京五輪がきっかけ。
当時五輪に向けて、バスや電車の乗り降りの際に整列するキャンペーンなども国家を上げて行われていたため
それほど不快な思いをすることもありませんでした。

1泊2日の滞在でバレーボール、柔道、体操を見たのですが
中国の人たちはとてもまっすぐです。
もちろん自国の応援はありますが素晴らしい演技には感歎の声を上げ
惜しみない拍手を送ってくれます。
フィギュアスケート観戦でも中国にはよく行きますが
スポーツに対する中国の人たちのリスペクトはとても熱く
どんなスポーツ競技でも楽しく見ることができます。
警備はまぁ厳しいのですが中国の特徴として
厳しいのは最初の数日間で期間の後半になるとどんどん緩くなっていきます^^;

次に2010年バンクーバー
この時はスピードスケートチームパシュート、フィギュアスケートエキシ、閉会式を見ました。
バンクーバーは町中がお祭り騒ぎ!
ホッケーでカナダが金メダルを取ったこともあり
町中が大騒ぎする人々や車があふれ本当に国民が五輪を楽しんでいるのがよく伝わりました。
バンクーバーの街も五輪一色!あちこちでイベントも行われ五輪気分を満喫できました♪
閉会式は客席参加型でものすごく楽しかったです!
大ちゃんや真央ちゃんがすごく楽しんでいる様子も見られてとにかくハッピーな空間でした。

2012年ロンドン。
こちらはさすが?成熟した街。
ボランティアの年齢層も高いです。
でもとにかく親切。駅で質問しようものなら4~5人のボランティアさんが寄ってたかって教えてくれました!
しかし、地下鉄に乗ると
え?今五輪期間ですよね???って忘れてしまいそうな日常の風景。
街の中の装飾なども控えめでCoolな感じ。
国のカラーって本当によくわかります。
ロンドンでは卓球、テニス、体操、そしてソチのデモンストレーションで行われていたアイスショーを見ました。
アイスショーは素晴らしいメンバーだったにもかかわらずお客さん少な目。
安い席で入りましたが前に詰めて~と言われて最前列で見られました。
っていうか、ガラガラでもまじめに席を移動せず後ろで見ているのは日本だけの常識^^;
海外では当日空いていたら勝手にどんどん前に詰めていいのが普通です。
バンクーバーでの街を上げてのお祭り騒ぎを経験していただけに
ちょっと盛り上がって無さに肩透かしな感じ。
でも都会での五輪はこうなのかもしれません。

そして2014年ソチ。
これは自分史上最悪でした。
空港のインフォメーションから顎で指示。
五輪の公式売店でもおつりは投げてよこす。
電車やバスは我先にと乗り込み座ったもの勝ち。
何度も通らなければならないセキュリティーチェックは軍人。
公共交通はいちいち値段交渉しなくてはいけない白タク、、。
全てが軍によって統制された中でのオリンピック、、楽しい雰囲気が台無しです。
これまで行った五輪ではすべての場所でハッピーオーラに包まれていましたがロシアにはそんなもの微塵もありませんでした。

でもそれがこの国の形なんですね。
この電車に乗らなければ次の電車がいつ来るかわからない、、
この食べ物を食べなければ次の配給がいつあるかわからない、、
そんな中で暮らしていると
そりゃ電車にも我先にと乗り込みますよね、、。
まぁこれに乗らなくてもすぐ次の電車が必ず来る、、たったそれだけでも
日本で暮らすことはとても幸せなのだと思いました。
と同時に、
ずるいことをしてでも座席に座った方が勝ち!という雰囲気から
北方領土は絶対返ってこない、、と絶望的な気分にもなったのですけど、、。

ソチではノルディック複合、カーリング、スピードスケート、フィギュアスケート女子SP,FSを見ました。

会場でのロシア人はまさに傍若無人。
自国の選手以外全く興味ありません。
女性はみんなモデル立ちで写真を撮ることに懸命。
このあたりでこの国の女性の価値観
セックスアピールで早くお金持ちのいい男をゲットしたものが勝ち!みたいなのも見て取れました^^;

とにかくロシアでは生きるのが必死!
その空気が伝わってきて息苦しい五輪でした。
唯一素晴らしかったのは外国資本の船ホテルかな。
深夜まで無料で食事ができるので試合が終わって帰った後にゆっくりひとり飯ができて助かりました。

ざっと思い返してみましたが
こうやって比べるだけでもお国柄がよく伝わるでしょ?^^

次の平昌はどんな五輪になるのか?
韓国でのフィギュアスケート観戦ではあまりいい印象がないだけに
会場の雰囲気で言うとかなり心配かも、、。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KoKo組歓迎会のご報告 ※1/5加筆(緑部分)

2017-01-05 01:35:23 | Weblog
昨年の12月25日にこちらで募集しました
小松原美里・ティモシーコレト組の歓迎会が無事終了いたしました。

募集のRTなどたくさん協力していただきありがとうございました!

内容について覚えている範囲で書き留めておこうと思います。

会場は京橋のカフェの個室を用意していただき
とても素敵なお部屋でした。

進行はまずお二人のこれまでの選手としての実績の紹介
簡単な全日本の感想を聞いた後、お食事タイム。
そしてサインや個別のプレゼント、会話タイムのあと
インタビューで質問に答えていただき
最後に個別の写真タイムのあと集合写真を撮影して終了となりました。

では質問のお答えをなんとなく記憶をたどって書いてみます。
(録音していたわけではないので言い回しなどこの通りではありません)
Q:全日本はどうでしたか?
M(美里ちゃん):1週間ぐらい前から気持ちが高ぶってしまい
 当日まで自分の心と体の状態のバランスをとるのが難しかった
T(ティムくん):いい練習もできていて意気込んで会場入りしたが
 いざリンクに行って天井を見上げたらわぁ~~~と舞い上がってしまった。
 でもできることはやったと思うので満足している
Q:二人はどのような経緯でカップルを組むことになったの?
M:お互い別のパートナーと組んでいた時から知っていて
 前のパートナーと解散した後トライアウトをすることになった。
 トライアウトの日程は10日用意していたが3日目には組むことを決めた
Q:お互いの第一印象は?
M:わ~背が高ーい(笑)
自分たちもしっくりくると感じてたけど先生たちが、あなたたちいいわ、いいわーと言ってくれて嬉しかった。
T:僕はこのトライアウトで絶対に美里に選んでもらいたかったから
 美里に気に入ってもらおうと必死だった。
 一生懸命うまいと思ってもらえるように頑張った。
Q:実際に組むと決めたときはどんな感じ?
M:トライアウトの3日目にコーチのバーバラ(フーザルポリさん)と3人で座って
 さぁこれからどうしましょうか?って感じで、うんじゃあやりましょう、、みたいな
T:実はイタリアに行くときに僕の荷物がロスバゲになって靴も服もなくて、服はステファノ先生のを借りて
 仕方なく2日は陸上練習だけだったから実際に滑ったのは1日で決まったんだ。
Q:イタリアで練習が始まってからもビザの問題とか苦労があったようですね
M:日本の選手がイタリアで練習するというのではビザが下りなくて
 (美里ちゃんが)2か月ぐらい日本に足止めとなってイタリアに入国できなかった。
 しかしその間ティムが急きょ岡山に来たり、二人でコロラドに練習に行ったり
 またいろいろ話し合ったりして絆が深まった。
Q:西日本選手権で初めて日本で試合してみてどうでしたか?
T:連盟の方や周りの方に温かく迎えてもらい嬉しかった。
 日本のスケーターは世界でもとても有名。その日本の一員と慣れて嬉しい。

Q:結成から約半年、今はお互いについてどう思っていますか
M:自分も母国とは違う国の代表になってたからその大変さがわかる。
 なので日本代表になることを決心してくれたティムくんにとても感謝してる。

 今はこれまでの競技人生で一番楽しい
 毎朝練習に行くのにワクワクしているのは初めて
 ティムは毎日すごく努力しているし、私を笑わせてもくれる
 やっと最高のパートナーに巡り合えたと思う
(この言葉を聞いて私が感極まって涙涙・・会場の皆さんもつられて涙^^;)


~皆さんからの質問
Q:もらって嬉しかったプレゼントは何ですか?
M:手紙が嬉しい。家に手紙を入れる特別の箱を作っていて
 そこにすべての手紙を取ってある。練習でつらい時など何度も読み返しています
T:ファンアート(イラストとか)
 ファンの人が自分たちを描いてくれることによって気持ちがつながっている気がする
Q:今回の衣装はだれのデザイン?
M:それぞれ本人とバーバラ先生で考えた。
 フリーの衣装はバーバラ先生はもっと明るいターコイズ系のブルーがいいと言ったが
 私たちはグレーと思っていたのでこの色にした
Q:来季もクリストファーディーンさんに振付してもらいますか?また曲は何か決まっていますか?
T:実は今季コロラドでディーンさんに会った時まだ振付ができてなくて(前述の理由から)
 ディーンさんに「まだできてないんだよ~へへ」って感じで
 「じゃあここで作ろう」って感じで振りつけてもらった。
 彼はすごく独特のアイデアをたくさん持っている素晴らしい振付師。
 できればまた一緒に作りたい。
 曲は来季はルンバ(SD)で、サンバとかルンバは好きだから
 きっと楽しいものになると思う
Q:最近覚えた日本語は何ですか?
T:教室 (お客さん:ええええ???)
M:きょーしつという伸ばす発音が英語にはないから面白いみたい
T:隣の客はよく柿食う客だ(←発音完璧でお客さんに大うけwww)


Q:最後にみなさんにメッセージを
M:今回の全日本よりもっともっと自分たちは滑れる、私たちの伸びるスケートを今後皆さんにもっと見てもらいたいです


ざっくりこんな内容だったと思うのですが
途中気が動転して^^;記憶が定かではありません(汗
ご参加いただいた方でここに書いていない内容をご記憶の方はコメント欄からお教えください~!
加筆させていただき完成させたいと思います。

今回参加いただいたみなさん、ご協力いただいたyasminさん、sachiさん、ありがとうございました。
そして美里ちゃんティムくんお忙しい中本当にありがとうございました!
来季からはなかなか難しいと思いますが
またいつかどこかでこんな楽しいパーティーが開けたらいいですね!

美里ちゃんとティムくんにとって
2017年が素晴らしい飛躍の年になりますように~!!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小松原・コレト組TeamJAPAN歓迎会参加者募集中です!

2016-12-07 02:34:15 | Weblog
このブログで度々ご紹介しているティムコレトくんが
今季から小松原美里ちゃんと組んで日本のアイスダンス選手となりました!

このブログをチェックしてくれている方はご存知だと思いますが
初めて来られた方はぜひ過去のブログをご一読ください→こちら

そして今年の全日本は私の地元大阪!
せっかくですからたくさんの人に会ってもらいたい!
そしてティムくんがどんなにいいこかを知ってもらいたい!と思い
その旨お話ししたところ、
美里ちゃんも一緒にOKをいただくことができたので
ファンミというよりは「歓迎会」という形でランチ会を開催したいと思います。

こういう形で開けるのは今回が最初で最後になるかもしれませんので
ぜひお気軽にご参加ください!

【要項】
日時:12月25日(日)12時~13時半ごろ
場所:地下鉄京橋駅近くのカフェ
内容:インタビューのあと各自お話や写真撮影など(すいませんが時間制限ありで^^;)
会費:2500円(ランチコース・デザート・1ドリンク付き)

ご参加希望の方は arminjpc☆gmail.com (☆を@に変えてください)までメールをお願いします。
          

注意事項:当日選手が参加できなくなった場合ただのランチ会になります。
     選手がSNSなどに写真をアップする可能性がありますので顔が写る場合があります。
なおこの件に関して選手に直接お問い合わせなどはなさらないよう願いいたします

☆また当日はいけないけれど「手紙を渡してほしい」「プレゼントを渡してほしい」「投げ込みしてほしい」
という方がいらっしゃいましたらお預かりしますので
その場合もメールでのご連絡をお願いいたします
(投げ込みできない場合、手渡しします)

ご質問等はこちらのコメント欄をご利用ください
和気あいあいとしたフランクな会にしたいと思いますので
みなさまのご参加をお待ちしております

Kana Oshima
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加