Aruのよもやまつれづれ日記

東京の西の端、高尾の生活
車、家族、出来事等々、取り留めないですがお付き合いの程よろしくお願いします。

豚の角煮

2017年01月15日 | 料理

昨日の夕方から作り始めた豚の角煮が出来上がりました、

この時期はストーブが料理に大活躍です。

DSC_2767

特にとろ火で煮込む系は得意分野

DSC_2768

DSC_2772出来上がった角煮はフワフワです。

DSC_2768 (2)

明日は資格の試験があるので今日は一日勉強です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末

2017年01月14日 | 日常

平日の忙しさは変わらず、、、なんとか平日をこなし今日は週に一度のラーメンエースの日

11:30あたりに到着するように出かけます。

11:10あたりに並ぶとファーストロット、11:15あたりでセカンドロット、11:25あたりでサードロットという感じでしょうか

今日は11:35到着で4thロットで外並び15分でした。

いつものらーめん(麺少な目)+青唐辛子、トッピングはニンニク少なめと脂です。

IMG_20170114_120723

食後は二階のCafeAmnosさんへ

年末にいらしたスリランカのお話を伺いました、今年もよろしくお願いいたします。。。

IMG_20170114_122326

カフェで一服後はいつものJAで買い出し、卵と野菜を購入。

家へ戻る途中で丹沢の山が雪を頂いているのに気が付きました、関東平野南部は積雪なしと思っていましたが山には降っていたようです。

DSC_2766

帰宅後は豚の角煮を調理、ストーブの上でコトコト煮込みます。

DSC_2767

下ゆで二回目です。

DSC_2768

この後味付けをして明日には頂けます。

平穏な週末に感謝します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風呂掃除 システムバスの汚れ

2017年01月08日 | DIY

年末の大掃除で手を付けられなかった風呂掃除。我が家では石鹸を使うので白く石鹸成分が付着しがちです。また水垢も石鹸やら汚れと混ざって沈着します。どうにも汚いのですが風呂掃除系の洗剤では落ちません。

今回は以下の手順で

1)セスキで落ちる汚れを落とす

2)クリームクレンザーのジフでゴシゴシ落とす

3)それでも落ちないプラスチック表面の劣化箇所(爪でこすると表面の白く変色した部分が削れる)をサンドブロックで落とす

4)小傷が出来るので車用の鏡面コンパウンドで磨く

5)仕上げに車用のコーティング剤を掛ける

 

特に効果が顕著だったのはクレンザーとサンドブロック、クレンザーは堆積した石鹸汚れが落ち、

サンドブロックは堆積した水垢がきれいになります。鏡のうろこ汚れもすっきりと落ちます。

DSC_2758

コンパウンドで磨いている途中、白い筋はコンパウンドで汚れではないです(汗)

DSC_2752

磨きあがりました。ぱっと見は新品並みに復活

DSC_2756

サンドブロックはホームセンターで購入可能。ちょっと値が張りますがオススメ


ストロングツール(Strong TooL) サンドブロック 細目(#240) 消しゴム型 06565
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始

2017年01月01日 | 料理

年末のお休みですが、気づけばすでに半分以上経過、、、(汗)

振り返ると2016年は後半から異常な忙しさになり深夜勤務や休日勤務が多数、安定した定休が染みついた身体には不安定な勤務体系は非常に堪えました。世の中のお店やサービス業の方の大変さが理解できました。

その後さらに別の仕事もアサインされて忙しさが加速。。。。何とか年内は納められましたが年明けからまた第二ラウンドが始まります。新しいことに携わらせていただけるだけでも幸運ですが、身体は正直ですね。年末からお休みとなっては居りますが全く疲れが取れません。(あと2日しかないのに、、、、、うち一日は用事が、、、)

話は戻りまして年末の休みに入ってからですが、我が家では恒例のお節づくりがスタート、29~31の3日間かけての準備となります。(お節を作るお店もまた修羅場なのでしょうねぇ、、、、)

メニューはほぼ定番で、我が家では市販のお節が非常に値が張ること、今どきは添加物満載で子供たちに食べさせるのが気が引けること、やれば出来るのだからやった方が後悔しないこと、等々で続けています。

味噌づくりや燻製料理、梅干しや漬物づくりも同じような動機でやっています。

時間と手間さえ惜しまなければ自然が味方して良いものが出来てくれる。

今の時代にはマッチしていないかもしれませんが、自家製系にトライしてみると過去の知恵には感心するばかりです。

さて、それでは少々お節の写真を

 

調理中の写真

IMGP3850

IMGP3830

IMGP3831

IMGP3832

IMGP3833

IMGP3835

IMGP3836

IMGP3837

IMGP3838

IMGP3839

IMGP3848

IMGP3849

そして冷蔵庫に収まり

IMGP3851

大みそかの夕飯は天ぷらそばをいただきました。

IMGP3852

年も明けていよいよお重で登場

IMGP3866

IMGP3859

IMGP3860

IMGP3861

IMGP3863

お屠蘇はいつもの熊本千代乃園さんの赤酒

IMGP3872

IMGP3874

お雑煮は軍鶏

IMGP3864

お茶には自家製の梅干し

IMGP3878

今年は刺身を追加したのもあって、全メニュー制覇は夕食まで持ち越し、

さて、今年はどうなりますことか、、、

本年もよろしくお願い申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルトイン食洗器の交換

2016年12月28日 | DIY

さて、年々家の備品や家電が壊れてきます。

洗面所と台所の水栓、洗濯機、エコキュート、そして食洗器、

住み始めて十年になりますので致し方ないところではありますが痛い出費です。

今回の故障は水が給水されなくなるものでした。修理すれば数万で直るようですが、流石に10年で毎日使ってきていたもの。

修理した翌日に壊れた洗濯機の例も有りますので予防保全として交換することに致しました。

我が家に付いているのはビルトインタイプで2003年製のNP-P45F1S1です。(グッドデザイン賞を取ってるんですね、、)

この製品は2003年で既に12年経っていて、10年越えの食洗器は245万台もあるとのこと。

検索で出てきたのはNP-45MC6T、設置奥行きが60センチの既設置き換え向け製品です。

既設品に比べると大分進化しているようで、最新モデルのフラッグシップ系と同等の機能です。

ついているのは以下の機能、節電、節水、洗浄力強化、排気温度の低減、静音で食器ラックが可動式かつ深さが深く鍋や長い箸でも立てたまま入れられる。

ECONAVI(3センサー)、節電コース

箸は実は面倒で、水流で跳ね飛ばされて間に落ちて洗浄アームが落ちた箸に邪魔されて洗えていなかったなんてことが、かなり頻繁にありましたので、地味にありがたい。

ちなみにこの食洗器、取り外しについても施工説明書があって、素人でも簡単に取り換え可能です。おまけに取り換え工事要領のビデオまでYoutubeで公開されてます。

では簡単に取り換えの写真を、、、、

カバーを取り外すと製品が登場

DSC_2660

既設品はこんな感じ

DSC_2658

ビルトインの下に引き出しがありますが、ディープタイプを選びましたので下の引き出しは撤去になります。

引き出しを取り外し、既存の食洗器を取り外します。

IMGP3815

下に引き出しが設置されていますので、取り外します。

引き出しの囲いのボックスの袴部分は目隠し釘で打ち込まれていたので裏側から叩いて取り外し、IMGP3814

ボックスは左右のユニットに木ねじで結合していましたので左右手前奥のねじを外し引き出します。

IMGP3816

IMGP3817

設置スペースが出来ました。

IMGP3818

今回のは置き換え製品で、食洗器の足場の架台も付属、これを組み立てて左右と合うよう高さ調整をして取り付けます。

IMGP3819

架台上に滑り込ませて給排水のパイプを繋ぎ、電源、アースを取って取り付け完了

IMGP3820

IMGP3822

うーむ、、、、実に簡単、、、、

ちょいと色が違いますが、合わせるならば木目調のカッティングシートを貼れば統一感も出せます。

手洗いになって10日ほど、これでお節づくりには間に合いました。家族へのクリスマスプレゼントでしょうかね、、、、

えがったえがった。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加