Dr. 讃井の集中治療のススメ

集中治療+αの話題をつれづれに

早期回復を目指した人工呼吸器患者看護セミナーのお知らせ

2016-08-22 19:09:07 | 集中治療

早期回復を目指した人工呼吸器患者看護セミナー」(メディカ出版)を行います。

http://www.medica.co.jp/seminar/detail/217

主な対象はナースですが、人工呼吸に関わる全ての医療スタッフが現場ですぐに応用できる内容をお伝えします。

 

本セミナーの主旨:

人工呼吸器患者さんが、退院後に良好な身体機能、精神・神経機能を発揮して、元の社会生活に戻るためには、人工呼吸開始早期から「できるだけ覚醒してもらい、どのような状態に置かれているか理解してもらい、早期に離床し抜管を目指す」べきと言われています。これには入院直後からの患者さんや家族への積極的な関わりが重要で、中でもその中心的役割を果たすのがナースと言えるでしょう。

しかし、どうすれば患者がせん妄を起こさずにうまく覚醒し落ち着くか、人工呼吸器患者さんとコミュニケーションをどのようにとれば良いか、リハビリはいつからどのように行うか、抜管後の排痰機能や嚥下機能をどのように向上させていくか、など、何をどうしたらよいか今ひとつよくわかりません、という方が多いかもしれません。

本セミナーでは、このような疑問や不安に対し、ドクター、ナース、理学療法士、言語聴覚士の4人が症例やクイズを交えながらわかりやすく解説していきます。

このセミナーを受講すると、ICUや病棟の人工呼吸器患者さんや抜管後の患者さんに「ナースとしてやらなければならないこと、ナースだからできること」を学ぶことができます。

みなさまのご参加お待ちしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中治療室のない病院における医師の重症患者管理に対する意識調査

2016-08-10 21:04:26 | 集中治療

三重大学救急医学 岩下義明先生を中心に、JSEPTIC-CTGが全面バックアップして行われた全国アンケート研究結果が、日救急医会誌に掲載されました。機会がございましたら是非ご紹介、引用、言及ください。手前味噌ですが面白い結果と思います(オープンアクセス)。

岩下 義明, 讃井 將満, 今井 寛. 集中治療室のない病院における医師の 重症患者管理に対する意識調査. 日救急医会誌. 2016; 27: 175-83

これも第一に岩下先生の頑張りの賜物です。同一テーマの大規模後ろ向き観察研究も、これに続いて完成予定です。岩下先生頑張っていますね。

その他のJSEPTIC-CTGの主要研究の多くも本年中にアクセプト、出版を目指して頑張っています。

9月17日土曜日セミナーの午前中には、JSEPTIC-CTG会議を開催予定です。ご興味のある方はお気軽にご参加下さい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

場数としての学会発表

2016-07-12 23:22:13 | その他

唐突ですが、学術集会は、自分のプレゼンテーション能力に満足していない医療者にとって、良質なの練習の場であることは昔も今も変わらないような気がします。

プレゼンの上手い下手、成功不成功の2-3割は場数(経験数)ではないでしょうか。場数を踏めば自分の未熟さに気づいて直そうと努力する。もちろん最も重要なのは、真の実力、すなわち知識量や臨床医としての実力や研究者としての実力(これらでおそらく6-7割くらい)なのですが、プレゼンの上手さによって実力不足を補うことができます(あと、如何ともし難いのが人間性とか切れ味とかユーモアとか余裕とか誠実さとかが残り1割で、ボディーブローのように効いてくる気がしますが....)。

場数の効果。場数を踏めば自分のプレゼンの欠点がわかりますので、それを克服しようとします。そして、場は大きい方が自分に対するインパクトや学習効果が高い。ミニマルは自分一人でする学会発表準備のための練習や朝の回診でのプレゼンでしょう。そして最大のものが僕らの場合、国際学会での発表と思います。

何れにしても失敗することが重要。失敗しないと反省が生まれにくい。どんどん恥ずかしい思いをしたら良いと思います。場数を踏めば、自分の失敗なんて自分以外の誰も気にしていないことを実感しますし、自分のプライドがいかにちっぽけなものかもわかります。もちろん、上手くなろうという向上心は前提です。

このように考えると、普段の朝の回診のプレゼンのステージを越えるスタートラインとして学会発表は最適です。こんなに簡単なプレゼン向上の機会はないでしょう。同時に、他人のプレゼンの上手さ下手さを学習するまたとない機会でもあります。日本や世界にはすごいプレゼンターがたくさんいます。

何れにしても、最終的には目の前にいる人を説得できるか否か、こいつがこういうなら聞いてやろうと思わせることができるか否か、で人生は大きく変わるかもしれませんね。

以上、先日、うちの若い人に伝えたことでした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人工呼吸器アラーム音、好き?嫌い?」のアンケート中です

2016-05-18 17:38:12 | 集中治療

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 臨床工学部の奥田晃久さんに作成いただきました。

実際にアラーム音を聴取しながら答えられますので、「あの呼吸器のアラームどんなんだっけ」という事態は防げるはずです。

ただし、機種によってはアラーム音が聞き取りにくい、または音量の大きい箇所があります。申し訳ございませんが、適宜音量を調節、あるいはイヤホンなどをご利用の上ご回答ください。

よろしくお願いします。

https://jp.surveymonkey.com/r/MF68T2W

 

=アンケート概要=
集中治療室で使用する人工呼吸器のアラームを聞いて、聞き取りづらい、うるさ
い、慣れてしまってすぐに腰が上がらないなどと感じたことはないでしょうか。
人工呼吸器に限らずおよそ全ての医療機器のアラーム音は、医療者が感知しやす
く、医療者に不快感を起こさず、できれば患者の人工呼吸器生活に悪影響を与え
ずに、医療者の意味のある介入につながるようなものが理想ですよね。現在まで
アラーム音を改善しようと様々な研究が行われ、2004年にはInternational 
Electro-technical Commission(IEC)により音色や間隔の推奨規格が定められ
(IEC 60601-8)、本邦においても2012年にJapanese Industrial Standards(
JIS)から推奨規格が公表されました(JIS T60601-1-8)。一方、推奨されるア
ラーム音が万人にとって聞き取りやすいとは限らないことを示唆する研究結果も
報告されています。実際、アラーム本来の機能が十分に発揮されていない人工呼
吸器アラーム音があるかもしれません。
そこで今回、人工呼吸器アラーム音についてどのように感じるか、アンケート調
査を企画しました。皆様、ご協力よろしくお願い申し上げます。

回答対象者:すべての医療従事者

https://jp.surveymonkey.com/r/MF68T2W

今回のアンケートでは初の試みとして、音声をリンクしています。
機種によってはアラーム音が聞き取りにくい、または音量の大きい箇所がござい
ます。
恐れ入りますが、適宜音量を調節、あるいはイヤホンなどをご利用の上ご回答く
ださい。
どうしても視聴不能な場合には事務局(info@jseptic.com)までご連絡下さい。

10分以内に終わるアンケートとなっております。
皆様、奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。

締め切りは31日までです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・救急科・集中治療部のホームページができました

2016-04-28 13:04:05 | その他

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・救急科・集中治療部のホームページができました。

http://jichi-saitama.jp

来年度の研修・就職も募集開始しました。よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加