ベジタリアンフォーラム2014レポート

2014年09月03日 | 関連イベント
夏の最終日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館第一会議室で開催しました。

8月31日(日)13時、本会の垣本代表のあいさつから開始しました。
本会が推進しているミートフリーマンデー運動の展開について語り、Change.orgで現在行っている署名に関する紹介もありました。


第一部は、モデルで俳優の室伏摩耶(むろふしまや)さんの講演。
国内はもとより、海外でも広く活躍されています。
ベジタリアンになる前の食生 活や、ベジタリアンになってからの自身の変化など、さまざまに語りました。
また、海外に渡航した経験から、海外のベジタリアン事情についても語りました。
国によっては、ベジタリアンが普通に受け入れられている場合もあり、興味は尽きないところでした。
会場からの質問にも答え、とても有意義な時間を過ごしました。




第二部のパネルディスカッションでは、MOMINOKI HOUSEオーナーシェフの山田英知郎(やまだえいちろう)さん、つぶつぶ総店長の池田義彦(いけだよしひこ)さん、Mealink Group(ミーリンクグループ)総代表の望月祐佳(もちづきゆか)さんを迎えました。
本会評議員の山本清美さんの司会で、自己紹介から始まり、現在の仕事を始めた、あるいは団体を運営するようになった経緯や、食事を変えてどのような変化があったかなどをさまざまに語りました。
終わりに、各パネリストが、これからどのようにして行きたいかを語りました。






第三部では、参加者に4グループに分かれてもらい、「菜食やベジタリアンのライフスタイルに思うこと」「ベジタリアンになって悩んでいること(あるいは、なろうと思うが、起きそうな問題について)」をテーマに、Post-Itで書き出して、模造紙に貼り、話し合いました。
職場の飲み会や友達付き合いで困る、あるいは給食のこ となど、広くベジタリアンが共有する悩みのほか、「本当の私に気づける」「食を変えたことで悩みが減った」「特に困っていることはない」と書いた方もいて、さまざまな発見がありました。


最後に、本会の宮恭一副代表があいさつして、終わりました。


MOMINOKI HOUSE・・・1976年に原宿に開業した、老舗の自然食レストラン。
つぶつぶ・・・大谷ゆみこ(通称つぶつぶグランマゆみこ)さんが考案した雑穀創作料理(未来食)。
Mealink Group・・・2010年、ベジタリアンの食事をする学生団体として始まり、現在は社会人部も設けている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京例会(生野菜ジュース専... | トップ | 「ポ-ルマッカ-トニ-ドキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む