試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

モハ101-91[ツヌ122F] 車体振替:旧製品LOT化 (旧モハ101-237[元ラシ104F] 改番,クモハ101-155 回着)

2017-03-07 21:23:59 | 国鉄/JR101系
第四弾。

KATO製101系保留車のユニット間LOT統一は9号車のモハ101形の捻出に悩んだ。
各編成確認中に4ユニットの組違いが発覚している。
これも後日修正を必要とするが今回はモハ101形抽出を主眼に置く。


国鉄101系ツヌ122F (1979/X)。
ツヌ122F:Mc155-M'158-T253-T233-T108-M91-M'c108+Tc75-M231-M'c170(1979/10)。
※イメージ編成。

最終候補に残ったのはモハ101-91(ツヌ122F)だった。
ツヌ122Fは動力車化したクモハ100-108を7号車に組込んだ。
この際ユニット照合を守るためモハ101-215(元ツヌ122F)をモハ101-91Assy車体に振替えている。
Assy車体は再生産品LOTでクモハ100-108と揃っていなかった。
貴重な未改番ユニットで製品印刷標記を維持したかったが保留車,ツヌ122F共にLOT統一を優先する。


モハ101-91(ツヌ122F:再生産品Assy車体組立車)。

ツヌ122Fは全車101系800番代LOT窓セル化されており独特の外観を持っている。
この関係で車体振替対象に含めて来なかった。
ラシ107F,ツヌ106F組成時に車両異動が混乱し再生産品が離散した。
ツヌ122Fもこの影響を受けモハ101-91,サハ101-108が再生産品に入れ替わっている。
※後にサハ101-233も再生産品化。
モハ101形は再び旧製品に戻る上にモハ101-91へ改番される妙な展開になった。


旧モハ101-237(保留車:元ラシ104F)。

保留車のモハ101形は旧モハ101-230,旧モハ101-237(元ラシ104F)の2両だった。
このうち車両番号の転写状態が悪い旧モハ101-237を種車とした。
旧モハ101-237はモハ101-91を改番し出場した。
それから約3年を経て原番号に復帰する珍しいパターンとなる。


入工中のサハ101-290,モハ101-91,旧モハ101-237 (ラシ107F,ツヌ122F,元ラシ104F)。

モハ101-91は101系800番代LOT窓セル化の際に何処かで手抜きをした影響で妻面窓セルだけが旧製品LOTで残されていた。
101系800番代LOT妻面窓セルはサハ101-230(カノ13F)車体振替時に発見した。
旧サハ101-230をサハ101-290(ラシ107F)へ改番する際にこの妻面窓セルも承継させた。
記録に残し把握できていたため今回サハ101-290と妻面窓セルを交換し全窓セルを101系800番代LOT化する。


先に窓セル交換を行ったモハ101-91。

旧モハ101-237は2両の窓セルを併せる。
先にモハ101-91(再生産品車体)を竣工させ保留車へ廻した。
ここでサハ101-290を分解し妻面窓セルを供出させる。
側面窓セルは従来のまま旧モハ101-237に装着していた妻面窓セルと交換を行った。
ややモールド太さが異なる気がするものの色温度はほぼ同系統になっている。


妻面窓セルを交換したサハ101-290。

サハ101-290は編成に復帰しラシ107Fが再出場した。
残すは旧モハ101-237の加工になる。
窓セルは全て101系800番代LOTで揃った。
かつての手抜きが今になって影響を及ぼした事になる。
やはり各部品のLOTは極力合わせた方が良い。
前回サハ101-290の車体振替を行っていなければ気付けなかった点であり入場順に恵まれたと言える。


[モハ101-237]。

一連の車体振替では形式を合わせる事に重視した。
そのお陰で節約式改番を採用し続けられている。
旧モハ101-237も[237]を剥離し[モハ101-]は継続使用とする。
転写状態の悪かった数字は[237]で改番には都合が良かった。
ペイントリムーバー式印刷消去は上手く行った部類に入り塗装被膜への影響も少ない。
但し[237]から[91]へ改めるため一桁少なくなる。
この結果1-3位側は三方コック蓋との距離が微妙になってしまった。
節約式改番である以上桁数変更への対応は難しい。


[モハ101-[9][1]]。

インレタは組数字の残りを用い古インレタ1シートを使い終えた。
まだ中途半端に残る古インレタがあり標記状態の悪い車両の再転写向けとしたい。
組合せは両側とも[モハ101-]+[9]+[1]とした。
[9]はかなり転写糊が劣化しており圧着時にやや歪んでいる。
同一シートから[1]を転写したものの何故か縦方向に伸び[9]と揃っていない。
ただ改番を始めた頃に比べれば大分ましになったと思う。
保留車の改番次第ではやり直しをするかもしれない。




モハ101-91(旧モハ101-237 改番,旧製品車体化)。

独特の外観を維持しつつ新モハ101-91が竣工した。
101系800番代LOT窓セルはどうにか10両分を揃えツヌ122Fの特徴にしている。
元々はムコ予備00F組成やサハ103形750番代編入等でユニット間の見附を揃えるのが発端だった。
それが徐々にツヌ122Fへ集約され最終的に全車の窓セル交換まで至っている。
この特徴は今後も維持したい。




101系800番代LOT化された妻面窓セル(モハ101-91)。

連結面で目立ちにくい箇所ながら妻面窓セルも色温度統一を図れた。
まだ手抜き竣工車の存在を否定できずサハ103形750番代も含め入場時に確認を進めたい。
今回は車体振替に注力していたが記録に残していたお陰で交換に繋がった。
異動の激しいKATO製101系では作業工程を詳細に記した方が後々楽になるだろう。




モハ101-91+クモハ100-108 (モハ101-91車体振替)。

印刷標記からインレタ標記に変わったがツヌ118F時代のユニット対照は維持できた。
種車こそ違うもののクモハ101-155,モハ100-158(ツヌ122F)もツヌ118Fを構成する車両番号である。
クモハ101-155,モハ100-158は関西線水没車応援編成の履歴から推測で付番した。
3両が改番によりツヌ118Fと関連する車両番号になったのは異動都合とは言え面白い。


クモハ101-155(再生産品:保留車)。

そして保留車組成用で最後の1両になっていたクモハ101-155(再生産品)を入手できた。
これで編成化へ半歩前進した。
残りの半歩はクモハ100-108(再生産品)の側面窓セル問題である。
クモハ100-108のユニット相手は今回捻出した旧モハ101-91で再生産品同士には出来た。


旧モハ101-91+クモハ100-108 (元ツヌ122F+保留車)。

ところがクモハ100-108は旧製品LOT並の白Hゴム支持窓セルで旧モハ101-91と見附が揃わない。
灰Hゴム支持窓セルはクモハ100-144(ツヌ113F)のユニット整合に苦労したほど回転が難しい。
全編成から車両振替対象車抽出を行ったばかりだが今度は窓セル抽出車捜索が待つ。
先ずは車体更新車,被車体更新車を含む編成から供出可能な車両を探っていきたい。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クハ103-485[ツヌ329F] 新集... | TOP | 京成3200形モハ3262[3240F] ... »

post a comment

Recent Entries | 国鉄/JR101系